Sportiva

2019年04月04日

夜も朝もブログ更新&雑誌



昨日は夜7時だと思ったら、今日は朝8時と、夜討ち朝駆け状態のユヅブログです。



 

みなさん、こんにちは。羽生結弦です。

僕は、毎朝体重計にのることが習慣になっています!みなさんは、朝の習慣ありますか?

木曜日も、頑張っていきましょう!

 


マイレピのインタビューでも言っていましたね。

私も久しぶりで体重計に乗ってみたら、作動しない!
電池を取り換えてもダメ。
余りにも長い間使っていなかったので故障したらしいです。

体重だけでなく、体脂肪、筋肉量、骨量も重要ですから、

新しいの買います!


  


さて、今日は雑誌が2冊発売でした。

早速買ってきました。


IMG_3347


出版される全ての雑誌を買うつもりはないけれど、今日の2冊はどれも外せませんでした。


まずSportivaの写真はほぼ全てが能登さん撮影。

能登さんの写真、特に羽生選手の写真は、どことなく、何となく、表情が柔らかくてふわっとしているような気がします。

能登さんの写真セレクトによってそんな感じをうけるのかなとも思います。

特に視線が合っているショットは能登さんに語りかけているように感じてしまいます。



最後のページは高山真さんの ”フィギュア”に込められた「志」というエッセイで締めくくられています。


IMG_3350




以前能登さんの講座に参加した時に、カメラや機材のお話も伺うことができましたが、ある時それまでずっと使ってきたC社のカメラをN社のに変えたそうです。


現在NIKON850を愛用する能登さんのインタビュー記事がありましたので、フィギュアスケート撮影に関する部分を一部ご紹介します。

このカメラいいな欲しいなと思って価格ドットコムを見ると、本体だけで35万円でした。
これはちょっと無理ですね。



ニコンD850×NIKKORレンズ 写真家インタビュー

選手それぞれのキャラクターを描き切る表現力/スポーツ写真家・能登直さん



2017年9月に発売され、その年のカメラシーンを席巻したニコンD850。この一台を愛機として重宝する写真家たちにインタビューを敢行し、写真家になったきっかけ、写真への考え方、そしてD850の魅力などを存分に語ってもらうのが本連載だ。

今回お話を聞いたのは、おもにフィギュアスケートで撮影するスポーツ写真家、能登直さんだ。数年前まで他社のカメラを使っていたが、あるきっかけでニコンに乗り換えたという。その理由と、D850およびAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRの使用感を聞いた。 


フィギュアスケートならではの撮影テクニックとは?

――フィギュアスケートだと、男女で撮影の仕方も変わるのでしょうか?

女子は顔が下を向いている写真はあまり使われません。形がきれい、顔がかわいらしい、輝いているようなところを狙います。男子は逆に伏し目でも、選手の存在感が感じられるような写真なら成立します。背を向けている写真も男子は成立しやすいですね。そういった着眼点は男子と女子で違います。

――フィギュアスケートは、選手ごとに演技の構成が決まっていますが、それも覚えて撮影に臨むのでしょうか?

シーズンの後半になると演技の流れがわかるようになりますが、完璧に覚えることはないです。大会ごとに自分がカメラを構える場所が変わるので、撮影できる瞬間も変わります。それと、試合本番前に公式練習もあるので、そこである程度目安をつけられます。本番では目と手の動きを見て、顔がどう向くか、手がどう伸びるのか、などを予測しながら撮ります。

掲載媒体によって、撮影する瞬間も変わります。新聞などは記録の意味も含めてジャンプの瞬間の写真も必要ですが、僕らのように雑誌に掲載される場合は、ジャンプやスピンの場面はあまり必要とされていません。

――今まで撮影していて一番美しかった、あるいはかっこよかった選手はいますか?

羽生結弦選手は撮るのが難しいスケーターなんです。演技の中で技と技の境目があまりなく、流れていくので、撮るタイミングがずれるとかっこ悪く見えてしまうんです。こちらがきちんと準備して、狙えるタイミングで狙わないといけません。他のスケーターだと決めポーズがわかりやすい場面もあるのですが、羽生選手はあまりないんです。こちらの瞬発力と集中力が試されるスケーターです。

また、多くのカメラマンが彼を撮影して、多くの写真が世に出るので、ますます「自分らしさを出すにはどうすれば良いか」を考えないといけないです。逆に言えば、彼を撮ることで他のカメラマンと競うことができる面白さも感じています。

他のカメラマンとは、「写真を撮っていて楽しい、もっと撮りたいと思える選手が、点数が伸びる傾向にある」という話になることもあります。パフォーマンスが点数に直結する競技ですからね。



IMG_3352

髪の毛1本1本の質感まで出ている能登さんの写真です。


長いインタビューですが、とても興味深かったので、是非全文お読みくださいね。

インタビュー全文はこちら


長くなってしまうので、Number PLUSについては次の記事で。

ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたものと感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 21:02|Permalink

2018年10月31日

《追記》頑張った!KISS & CRY


《11月1日朝 追記》

羽生選手ヘルシンキ入りしましたね!

元気そうでひとまず安心。

image


オーサーコーチも一緒ですね。尚更安心!

image

今日は日中は外出ですが、しっかり『チームブライアン・新たな旅』を持ち、電車の中、空き時間を活用します。

試合が始まる前には読了したいので!

帰宅後にまた記事更新しますね。  


    


もう試合直前となりましたが、まだ羽生選手の動向は伝えられていません。

しかし今日はこんな素敵な本が3冊も入手できました!

FullSizeRender (85)




どれから手を付けていいのか迷ってしまいます。











『チームブライアン・新たな旅』はじっくり読むとして、『Sportiva』と『KISS & CRY』にはザッと目を通しました。


『Sportiva』は全体の約55%が羽生選手の記事で占められています。

羽生結弦インタビュー「スケート人生第2章」が羽生選手の今の心境を伝えていて、とてもよかったです。

FullSizeRender (86)



『KISS & CRY』Vol.22、これはもう最高でした。

私的には、今シーズンに出版されたムック本の中で最高だと思います。

表紙を開いた瞬間にドッキーンとしますよ!

FullSizeRender (87)


内容は羽生選手とその周辺情報で100%を占めています。

kiss & cry  18-10-31  目次




それはこの本に登場する人物の名前を見て下さればよく分かると思います。

羽生結弦、ブライアン・オーサー、トレイシー・ウィルソン、ジェフリー・バトル、織田信成、無良崇人、山本草太、須本光希、以上です。

これ以外の人物はこの本には名前も写真も登場しません。


出版元の東京ニュース通信社さん、よく頑張ってくれたなと感謝したい気持ちです。
この本の出版を守るために、1か月以上もの間、一旦ペンディングにしながら、まるでアリバイ作りのように、急遽同じシリーズの別の本を1か月のうちに2冊も出版したのですね。

私にはそうとしか思えません。(涙)


表紙の裏に記されたポエムのような端書に羽生選手への想いが溢れています。

謹んで引用させていただきます。


あの金色に輝いた栄光の舞台は、
今でもありありと、
わたしたちの心をときめかせる。

そしてあなたは、
あなた自身のために
新しい未来に向かって、歩きはじめた。
瞳を閉じて、ただ自分を見つめてーーー。

ーあなたの、次の大きな夢。


そしてわたしたちは考える。
あなたが
いつのまにか、誰かの想いを叶えていくのはなぜだろう。
いつのまにか、誰かを勇気づけていくのはなぜだろう。
そして、あなたのその強い目に火がともるとき
誰かの心をいつも熱くするのはなぜだろう。


高い空を見上げて、わたしたちは誓う。


あなたと
あなたの夢をずっとずっと応援し続けていきたい。
ーーこの本とともに。




KISS & CRY編集部からの素晴らしく、そして熱い決意表明として受け取りました。

そして、あったはずの「圧力」に上手く対処しながら初志貫徹するという、気骨ある出版社とお見受けしました。


もしこの本も販売中止になっていたら、と考えるだけでゾッとします。
逆に言えば、それくらい素晴らしい出来栄えです。
とじ込みのポスターも素晴らしいものです。


近所の大型書店では私が今日午後に行ったときには既に売り切れていて、急遽最寄りの駅構内の小さな書店の棚の中で見つけて購入できました。

もし迷っていらっしゃる方がいたら、是非ご購入をお薦めしたいと思います。

現在(10月31日20時現在)Amazonでは、本>スポーツ・アウトドア>スポーツのカテゴリーのランキングは次のようになっています。

1位 チームブライアン新たな旅
2位 KISS & CRY 羽生結弦・オータムクラシック

6位 Sportiva 羽生結弦 新世界を拓く

18-10-31 Amazon ランキング

18-10-31 Amazon ランキング-1

東京ニュース通信社さんを応援するためにも是非購入して差し上げて下さいね!

私も『チームブライアン・新たな旅』と『KISS & CRY』は保存用に、もう1冊買うつもりです。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


withgoldenwings at 20:02|Permalink