2019ジュニアGPシリーズ

2019年08月31日

仙台出身二人のロミオ



昨日夜明けのSPに続き、今朝は10時ごろからジュニアJPシリーズ、レイクプラシッド大会の男子FSのライストを観ていました。


その結果は、FSも1位で、佐藤駿くんの圧勝でした。

佐藤駿 2019 JGP レイクプラシッド 1


GPシリーズ初出場で初優勝です!


先ずは駿くんの演技を観て下さい。






ジャンプは完全ではなかったけれど、情感あふれる演技でした。

佐藤駿 2019 JGP レイクプラシッド 5_Fotor


ジャッジスコアはこちらからご覧ください。




ニーノ・ロータのこの曲を聴くと、否が応でも結弦くんのロミオを思い出してしまいます。





2013年GPファイナル(福岡)
パトリック・チャン選手に初めて勝てた歴史的な瞬間でした。


2013 GPF fs  8_Fotor

ここが今に続く羽生選手の栄光の道の始まりでした。




こちらはFSは5位でしたが総合2位となったゴゴレフくんの演技。




レイクプラシッド大会表彰式です。

佐藤駿 2019 JGP レイクプラシッド 3_Fotor


初めて出場したGPシリーズで金メダル!


佐藤駿 2019 JGP レイクプラシッド 4_Fotor

白いお花とブルーのリボンのブーケが素敵。


佐藤駿くん、素晴らしい先輩の背中を追って、これからも頑張ってほしい!




しかし、アルトゥニアンコーチの元の男子選手の衣装って、ネイサン・チェン選手含め、どうして練習着のようなものが多いのでしょうか。


今回のゴゴレフ君の衣装(?)もチャコールグレーのTシャツ。
それも、ブカブカなので途中でお腹までまくれ上がっていましたね。

男子のキラキラやデコラティブな衣装に対するアルトゥニアンコーチからのアンチテーゼかな?
なんて、思ってしまいました。

トランジションやPCSをあまり重要視せず、ジャンプ重視のアルトゥニアンコーチですからね。
美しさや芸術性演技性は重要視しないというメッセージ?



でも、フィギュアスケートの楽しみって、技術、表現、音楽、衣装、全部が一体となって表出する総合芸術あるいは総合スポーツなのではないかな、と私は思っています。


だからゴゴレフ君にも、いつか伊藤聡美さんの作るような衣装を着て滑ってもらいたいな、なんて思ってしまいました。きっと似合うと思います。



佐藤駿くんとゴゴレフくんはシニアになっても、ずっと良きライバルになりそうですね。

レイクプラシッドで優勝した駿君は、これで12月にトリノのジュニアGPFに出場できる可能性が大きくなりました。

トリノで会えるといいな


    


ジュニアの試合を見ていると、早く結弦くんの試合を見たくなります。

オータムクラシックまであと2週間です。

プログラムどうなるのでしょうか。
持ち越し説も強いですね。
私も、ここまで何の情報も出ないのは持ち越しだからかな、なんて気もしています。

でもSP、FSのどちらは新しいプログラムを観たい気持ちもあり、あと2週間楽しみに待っています。


IMG_4159

チョコレート買ったり 


西川 ピロケース 1


枕カバーと戯れる結弦くん見たりしながらね 



練習ラストスパートでしょうね。

頑張って
そしてケガしないでね



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 14:16|Permalink