2015年上海世界選手権

2018年07月27日

二つの銀メダル☆2015年上海ワールド

 
ソチオリンピックと平昌オリンピックの間には4回の世界選手権がありました。

さいたま-上海-ボストン-ヘルシンキです。

さいたまとヘルシンキでは、羽生選手が金メダルでしたが、上海とボストンでは、ハビエル・フェルナンデス選手が金メダルに輝き、羽生選手は2年続けて銀メダルに終わっています。

この4年間で羽生選手は 金−銀−銀−金 という結果を残していますが、負けたのは唯一リンクメイトであるハビエル選手にだけでした。

正にユヅハピ時代でしたが、羽生選手にとっては、金メダルに挟まれた二つの銀メダルの時期は、次々と怪我や病気に襲われた苦しい時期でもありました。


2015年上海での世界選手権は、前年2014年全日本選手権の直後の尿膜管遺残症の手術と、その後の右足の酷い捻挫でトロントにも帰れず、十分な練習もままならず日本から上海に直行。


15 ワールド sp 17_Fotor



バラード第1番でSPは1位に。

15 ワールド sp 4-1_Fotor



15 ワールド sp 3_Fotor


15 ワールド sp  8




SPは1位だったものの、FSのオペラ座の怪人で3位となり、総合2位で銀メダルに。



15 ワールド fs  7




15 ワールド fs 1_Fotor



15 ワールド fs 3_Fotor
プーさんの数は過去最高ではなかったかと。



そして金メダルはハビエル選手の元へ。


15 ワールド fs 12_Fotor



15 ワールド 2-1



ハビエル選手にとっては初の世界選手権優勝。


羽生選手が「おめでとう」を言った時、ハビエル選手が、「僕にとっては君がいつもチャンピオンだよ」と言ったというのは、今や有名なエピソードです。


15 ワールド 表彰式 2 (3)_Fotor


15 ワールド 表彰式 3 (3)




自分が優勝した時に、こんなこと言える人はきっとハビエル選手だけだと思います。

世界選手権 2014 1


そんなこと言われたら誰でも泣いてしまうでしょう。

羽生選手はハビエル選手のこと、「競技に向いてないんじゃないか、と思うくらい優しい」と言っていましたね。



悔しさの中にも、ちょっぴりハビのための嬉しさも交じっているような、なんとも言えない表情で銀メダルを見る羽生選手。

「次は絶対勝ってやる!」と、絶対思っていますね。



15 ワールド 表彰式 6_Fotor




15 ワールド fs 12_Fotor


15 ワールド 表彰式 4 (2)



15 ワールド fs  10


楽しい時も辛い時もリンクを共にして、互いの猛烈な努力を知っているからこそ、羽生選手にとって、勝利を譲っても悔いはないと思えるようなライバルは、後にも先にもきっとハビエル選手だけなのだろうと思います。






羽生選手とハビエル・フェルナンデス選手との関係過去記事にもあります。
よろしければご覧ください。

ハビエルとの出会い (7/8)

友情と戦いの歴史 (7/13)



次は2016年ボストンワールドも振り返りたいと思います。




ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


 

withgoldenwings at 00:30|Permalink