高山真

2021年01月21日

演技に酔う




集英社新書プラス
宇都宮直子 
スケートを語る 第16回 唯一無二  より一部抜粋させていただきました。



さて、私の見た「全日本選手権での羽生結弦」だが、別の次元で生きている人のようだった。

 羽生は、

「自分が出場したことで、ちょっとでも何かの活力になれば。なんかの気持ちの変わるきっかけになれば」

 と語っているが、私は、あらためて彼が唯一無二の選手なのを感じる。

 羽生の発するエネルギーは、独特だ。
人の心を束にして、一瞬で持って行く。人々はそれに抗えないのである。

 私は一昨年、心臓に不調を抱え、試合に行けなかった。ために、羽生を見るのは久しぶりだった。

 演技中は、何も思えなかった。過去、タチアナ・タラソワコーチが話していた状態だったのだと思う。

 曰く、

「私は完全に、羽生に魅了されています。まるで麻酔をかけられたように、身動きが取れないのです。

 食い入るように見つめるしかない。私にとって、彼はそんな存在です」

「天と地と」の演技後、私は隣席に座る編集者に言った。

「今日はとても幸せ」

 ほんとうに、そんな気分だった。羽生結弦のいるリンクのなんと豪華なことか。 

 ビッグハットは、新型コロナ感染症の対策が成されていた。個人的には、NHK杯(大阪)よりもきちんとしていた気がする。消毒液が至る所に置かれていた。

 会場は集客が抑えられていたが、雰囲気がよかった。優しかったと思う。

 登場するすべての選手に、惜しみない拍手が贈られた。バナー掲出は許されていなかったが、客席のあらゆるところで静かに、思いを込めて振られていた。

 ショートの6分間練習の際、羽生が何かを短く言うのが聞こえた。

普段耳にする、あの柔らかい声ではなくて、腹の底から出たとでも言うのだろうか。野太い声だった。

 フリーの6分間練習のときもそうだ。

 手を顔に近づけて、指先を見ながら小さく笑った。それから何かを言った。野太い声ではなく、普段の声で、である。

 私には聞き取れなかったが、編集者によれば、

「『鼻血が出た』って言っていませんでした?」

 ということだった。

 確認は取れていないが、そういう場面がたしかにあった。

 私は会場で、いつもと同じようにメモを取った。長い歳月、ずっとそうしてきた。でも今回、初めてのこともした。

 ノートに、私はこう綴っている。少し乱れた字で、

「高山さん、あなたの愛した羽生はこんなにも綺麗です」。

    

 高山さんがもし羽生選手の『天と地と』を観たら、どんなことを語ったでしょうか。

美しいものを愛した高山さんは、宇都宮さんの隣で、「僕もとても幸せ」と微笑んだ、或いは泣いたに違いないと思いました。

20 全日本 朝日新聞 8



タラソワさんは「麻酔をかけられたように身動きができない」と表現されたということですが、
私は羽生選手の演技を観る時、馥郁たるかおりを放ちながら、淡い金色の液体の中に細かい泡がいつまでも立ち上がってくる、最高のシャンパンを飲んだ時のような心地よい酔いを感じます。

演技が終わった後もしばらく酔いから覚めることができません。
身動きができなくなるという意味では同じです。


20 全日本 朝日新聞 6



羽生選手のプログラムは、『天と地のレクイエム』、『生命』でもあるという『SEIMEI』、そして今回の『天と地と』のように、天上と地上、あの世とこの世、彼岸と此岸、生と死、を暗示するものが多いような気がします。
考えてみれば、最初の世界選手権のときの『ロミオとジュリエット』も生と死のドラマでした。


それが時として、羽生選手の中に儚さや無常観を感じさせるのかもしれません。


20 全日本 朝日新聞 9



また平家物語の冒頭を思い出します。

羽生選手も、戦い続けた長い年月を経て、同じことを感じているのでしょうか。


祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 聖者必衰の理をあらはす
奢れる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし
猛きものも遂には滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ









今日は待ちわびていたNumber1019号の発売日です。

Number 1019号


読むのが楽しみな記事が満載です。

ブック・イン・ブックも楽しみ!



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 06:41|Permalink

2020年10月05日

高山真さんからのご挨拶




集英社のホームページに今日発表された、
高山真さんからの、
本当に最後のメッセージです。

9月24日に執筆され、集英社に託されたということです。



下記リンクの集英社のページで是非お読みください。


特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく 第24回

高山真さんからのご挨拶

https://shinsho-plus.shueisha.co.jp/column/skate2/7071




最後までフィギュアスケートと、その美を愛し、あくまでもポジティブに生き抜いた高山真さん。

これからは、既に召されたレジェンドスケーターの演技を身近で眺め、そしてこちらの世界の現役スケーターの演技を遠くから眺めるという贅沢を味わうことができるのですね。


今はしばし休息し、そして目覚めた時はまた、フィギュアスケートの美について熱く語っておられるような気がします。


羽生結弦ファンとして、これからも高山さんの遺して下さった数々のエッセイ、ご本を大切にしていきます。

心を込めてお礼申し上げます。

ありがとうございました。




もう一度高山さんの解説入りのNotte Stellataを。






集英社が、私たちにも高山さんにメッセージをお渡しするチャンスを作ってくださっています。


たくさんのメッセージが高山さんの元に届きますように。

Angel 2017 ロステレ_Fotor





最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング ブログランキングに参加しています。

スポンサーリンク



withgoldenwings at 16:16|Permalink

2020年10月04日

秋の花を捧げたい



風は冷たくなってきたけれど、晴れて爽やかな10月最初の週末、
近所のお散歩に出かけました。


まず最初に本屋さんに向かいましたが、
前記事の追記に書いたように、ご逝去された高山真さんのことが頭から離れず、
思わず高山さんの著作を探していました。

亡くなられても、著作は残り、高山さんが羽生結弦選手に捧げてくださった想いはこれからもずっと、フィギュアスケートを愛する人々、羽生結弦選手のスケートを愛する人々に伝わって行ってほしいと、心から思いました。

きっと高山さんは、それを一番望んでおられるのではないかな。


高山さんのフィギュアスケートについての深く広い知識に追いつくのは大変ですが、
私も折に触れ読み返す愛読書にします。



FullSizeRender - 2020-10-03T000606.806




いつも行くガーデンには、名は知らないけれど、秋の可憐な花々が咲いていました。

762306D2-CEF4-4346-B421-B2F63AA0A7DE


CBA1FD10-7CFC-4D95-8869-1F2216911ABC

 
秋に咲く薔薇も。

9DA35341-EEA3-4F1C-ADA8-5037156C05FE

 高山さんに捧げたい。

 


そんなお散歩をしていた間に、「Japan Open 2020」 は終わっていました。

羽生選手がいないとなるど、途端に自分の中のフィギュアスケートの重要度が下がってしまうというのは致し方ありません。



 でも一方では、応援したい三原舞依選手が近畿選手権で良い演技ができたようで良かった!

(SPの曲名は「イッツ・マジック」ですが、演技中の音楽はありません。音楽著作権の関係かな?)




三原舞依、復活の舞 566日ぶりリンク笑顔で3位
「氷に乗れて嬉しかった」

Sponichi Annex 10月4日


「滑る以前に名前がコールされた時に試合に帰ってきたという気持ちになった。うれしくて、楽しくて。久しぶりの試合で氷に乗れてうれしかった」

三原舞依 2020近畿 Sponichi Annex


舞依ちゃん、病気に負けないで、がんばれ〜!!




今日はカーニバルオンアイスがあります。

テレビ東京(地上波) 16:00~17:15

カーニバル・オン・アイス2020出演予定
※出場者変更の可能性あり
樋口新葉、川畑和愛、横井ゆは菜、山下真湖、山本草太、
本田ルーカス剛史、日野龍樹、吉田陽菜、浦松千聖、佐藤洸彬
鈴木明子、小松原美里&ティム・コレト
神宮アイスメッセンジャーズ
【ゲストスケーター(VTR出演)】
高橋大輔&村元哉中、ネイサン・チェン、マライア・ベル、アリサ・リュウ


 ネイサン・チェン選手のVTR出演がありますから、羽生選手もきっと観ることでしょうね。

早く試合に出たくてウズウズしているんじゃないかな。

19 スケカナ スポーツナビ 10



でも今は、安全な場所にいるのが一番大切なこと。

羽生選手も、私たちも、今しばらくは我慢の時ですね。



  最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング ブログランキングに参加しています。

スポンサーリンク



withgoldenwings at 08:23|Permalink