長島昭久

2020年08月31日

夏の終わり



まだまだ残暑は続いていても、8月が終わると夏も終わったという感じになりますね。

巣ごもり状態だった夏の間中ずっと楽しませていただいたオンライン羽生結弦展も今日が最終日です。
名残り惜しいですね。
今日はもう一度全て見ておきましょう。

若杉カメラマンの写真解説楽しかったです。

いつかまた、大きな写真を会場で見られる日が来ることを願って。




https://www.yomiuri.co.jp/topics/20200615-OYT8T50061/




9月になるともう秋に向けて色々なことが動き出します。


9月2日(水)は午前10時から雪肌精オリジナルミラーキャンペーンの予約が開始されます。

雪肌精 オリジナルミラー


果たして首尾よく予約できるかどうか分かりませんが、ダメもとで参加してみたいと思います。

http://www.kose.co.jp/sekkisei/miyabi/hanyu_cp202009/



9月8日(火)はシニアデビューからの10年を振り返る、別冊フィギュアスケート通信DXの発売日。

いつもはカラフルな表紙のことが多いですが、今回は黒い練習着の羽生選手です。
ある意味、どんな衣装よりも羽生選手らしい最高の衣装です。

フィギュアスケート通信 別冊 1

裏表紙には2つのオリンピック金メダル。

フィギュアスケート通信 別冊 4




 
<内容紹介>
公認大会で史上初となる4回転ループに成功、オリンピック2連覇、世界歴代最高得点の歴史的記録保持者であるなど、スポーツ界において数々の伝説を残す羽生結弦選手。その進化は今もなお止まらず、2019-2020シーズンからは4回転アクセルの次に難しい4回転ルッツをプログラムに組み込み、より高難易度なプログラムに挑戦し続けています。
そんな羽生結弦選手ですが、シニア選手としてデビューしてから今年で10シーズン目を迎えました。その記念として、これまでの歩みを振り返る特別号を出版したいと思い企画しました。デビュー戦であるNHK杯2010から歴史的快挙を成し遂げた四大陸選手権2020まで、たっぷりの写真で当時の感動が甦る特別号です。



9月18日は能登さんのカレンダーの発売日です。









続いて19日はハゴロモのカレンダー。








例年であれば、いよいよ試合シーズンに入り、GPシリーズを追いかけてあっという間に年末になるといった具合でしたが、今年は羽生選手のいないGPシリーズには興味も持てず、どのように秋冬を過ごしたらいいものだろうか…



何やら日本スケート連盟周辺がザワザワしているようですね。

橋本聖子氏が新内閣では五輪相を外れるかもしれないとか、
https://hochi.news/articles/20200830-OHT1T50216.html


長島現会長が突然羽生選手を持ち上げだしたりとか。


羽生選手は自分が一私人であり、一アマチュア選手でありながらも、既に公人に近い存在なのだということを理解しているのです。

「羽生結弦」と言う存在の公共性を客観的に正しく認識しているからこその判断なのです。



某国首相のように、正真正銘の「公人」でありながら、最後まで徹頭徹尾「私人」であった方とは正反対の、責任感の強い人なのです。




最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング

スポンサーリンク


withgoldenwings at 18:19|Permalink

2019年03月28日

「絶対」王者を「相対」化したいのか?


私はこの件について全く情報を追えていないのですが、スケ連副会長であり、衆議院議員の長島昭久氏のツイートが話題になっているようですね。


長島昭久議員の指摘に羽生ファン激怒? 「プレゼント投げ込み」めぐり謝罪騒動

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000002-jct-ent


何故にこの方がスケート連盟副会長でいらっしゃるのかは定かではありませんが、少しはご自分の立場と言うものをお考えになってから発言なさった方が良いのではないでしょうか。


羽生選手に拘わらず、花やプレゼントがリンクに投げ込まれるのは長い間の慣例であること。

18 ロステレ ELLE  16


それ故にリンクを片付ける少年少女スケーターはフラワーボーイ、フラワーガールと呼ばれていること。

18 ロステレ ELLE  14


リンクの片づけは各国での試合では適切に処理されていること。

そのようなこともご存じないようですね。



長島議員のtwitterを拝見していたら、過去にこのようなことをつぶやいておられました。

「橋本聖子会長からのお声がけで」副会長に就任されたそうです。

道理で、今回の発言も腑に落ちました。





しかし日本スケート連盟では橋本会長のお声がけだけで選手歴0のファン代表が副会長に就任できてしまうのですか?

橋本会長の職権乱用、スケ連の私物化を疑ってしまいます。


私は以前から内心、某T選手がいづれの日かスケ連に入ってくるのを心配しています。

杞憂に終わるとよいのですが。



ちなみに長島昭久議員の選挙区は東京21区(八王子市、立川市、日野市、国立市、多摩市の一部、稲城市の一部)です。
当該選挙区にお住いの方は次の選挙では今回の件も忘れずにおきましょう。





それとは別に、今回の世界選手権で私が最初に違和感を感じたのは、18日の大会最初の記者会見でした。





なぜ宇野選手が真ん中に座ってるの?

19 3 18 記者会見 1


座る席を間違えたのかと思いました。

しかし、会見が始まってからも、質問に対する返答の順番も、羽生選手がマイクを握った途端に、「宇野選手から」という声が浴びせられました。


いつものように最初にマイクを握って答えようとした羽生選手を、主催者である日本スケ連の司会者はそれを遮って、「宇野選手から」と指名したのです。



19 3 18 記者会見 2



19 3 18 記者会見 3


羽生選手は戸惑ったよな様子で急いでマイクをもとに位置に戻し、下を向いて苦笑していました。

この日帰国したばかりの羽生選手に冷や水を浴びせるかのような扱いに唖然としました。


どういう論理でこういうことができるのでしょうね。


2連覇中の現オリンピックチャンピオン、日本人選手で唯一の2度の世界チャンピオンですよ!


まさか昨年の全日本チャンピオンだから宇野選手が真ん中なの!?

色々な考えが頭の中で渦巻きました。



これは世界選手権です。
世界中の記者が詰めかけ、世界中に配信される記者会見ですよ!

各国の記者たちも当惑したのではないでしょうか。

羽生選手に恥をかかせたかったのかと思いました。


そして日本スケ連のドメドメさ(ドメスティックさ)に呆れ果てました。


世界中からあつまった記者さん達もさぞかし驚いたと思います。


当然ながら質問は羽生選手に集中し、10の質問の内、羽生選手を指名した質問7つに対し、宇野選手には共同通信と日経の原記者の二人だけ。

真ん中に座らされて手持ち無沙汰に佇む宇野選手がむしろ気の毒なくらいでした。



記者会見終了後、羽生選手は感情を表すことなく、宇野選手と田中選手の椅子まで整えて、いつものように深く一礼して去って行きました。


日本スケ連は何故ゆえにここまで羽生選手を嫌っている(としか思えません)のでしょうか。

何か深い闇を感じてしまいます。



試合では結局メダルを獲得できたのは羽生選手だけ。

あれだけ盛り上げていた宇野選手は自滅してしまいました。




そして羽生選手は試合が終わるや否やカナダに帰ってしまいました。


最早日本はアウェーなのか。

自分を愛して大切にしてくれる所がホームですよね。


今や彼が心穏やかに治療とリハビリに打ち込めるところはカナダなのか。

なんとも寂しいことです。



今はゆっくり傷を癒して下さい。
また会える日をいつまでも待っています。


19 3 18 記者会見 5_Fotor



今日はモヤモヤをぶつけた記事でごめんなさい。
ずっと気になっていたのですが、試合の興奮と感動が収まってくると、また思い出して怒りが再び湧いてきてしまいました。




  ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

画像はキャプチャーしたものと感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 14:22|Permalink