松岡修造

2021年04月20日

新聞色々と報道ステーション





買い物帰りにちょっと立ち寄ったコンビニで、前記事で書いた東スポの新聞を見つけました。

ウェブ記事だけでなく、なんと1面いっぱいを使って、大きくレイアウトされていて驚きました。

東スポさん勇気あります。

IMG_5102

記事の執筆は江川佳孝となっていました。

前から、どなたが書いているのかなと思っていましたが、おそらくこの方がいつもフィギュアスケート関連の記事を執筆しておられるのだと思います。
江川様、ありがとうございます。


そして6面には内村選手の記事も。

IMG_5120

内村選手は鉄棒と、そして羽生選手は氷と、対話しながら演技するということを取り上げ、
超一流の共通点として書かれた良い記事でした。


正直、これまでスポニチやニッカンのような大手スポーツ新聞ほどは意識していたわけではないのですが、ここ一連のフィギュアスケートの記事ですっかり認識が変わりました。

東スポさんには、これからも是非、内容の濃い良い記事を書いてほしいなと思いました。


その他、最近の傾向としては写真が大きくて、新聞2ページ分の大きさも普通になってきましたね。

FullSizeRender - 2021-04-19T222858.727
デイリー

FullSizeRender - 2021-04-19T222851.354
スポーツ報知


結局、今日も色々買ってしまいました。

IMG_5109



そして今夜は、報道ステーションで松岡修造さんによる羽生選手のインタビューがありました。



この時写真を撮っているの田中さんですか? 声が田中さんそっくり!






4A 報ステ 1
  
4A 報ステ 2


4A 報ステ 4


4A 報ステ 5


4A 報ステ 6


4A 報ステ 7

羽生選手はアクセルを愛しているんですね。
まるで恋人を語るかのように熱く。


「自分の可能性を拡げていくっていうのがスポーツの原点だと思うんですよ」by 修造

私も羽生選手の夢とチャレンジを熱烈応援したいと思いました。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 00:36|Permalink

2021年03月12日

あの日以前の全てが在った証明





  昨夜の報道ステーションの動画をpinoさんが上げて下さっています。
ありがとうございます。






練習リンクを失った震災後の16歳の結弦くんのことば。

「スケート2~3年休まなきゃダメなのかな」

「やっちゃダメだろ」っていう思いがありました。

FullSizeRender - 2021-03-11T233308.633



スケートを再開する原点となった2011年4月9日の神戸のチャリティー演技会。

2011 04 09  神戸 1


2011 04 09  神戸 2


2011 04 09  神戸 3


2011 04 09  神戸 5


2011 04 09  神戸 8


2011 04 09  神戸 9


そこから始まった10年間の軌跡は本当に山あり谷ありのジェットコースターだったことは、
ファンならよく知っていることですね。


でも、住む場所が変わっても、どんなことがあっても、結弦くんの心はあの日のまま変わらず、
10年後の今でも変わることなく被災地の人々と共にあります。



今日になってから、落ち着いて昨日の新聞を読みました。

IMG_4554



IMG_4552

見開きの大きな紙面いっぱいに小海途さんの写真と、結弦くんのことばが美しくレイアウトされたスポニチの紙面。


羽生選手の言葉の中で、特に心に響いた部分がありました。



「この痛みも、たくさんの方々の中にある傷も、今も消えることない悲しみや苦しみも…

それがあるなら、なくなったものはないんだなと思いました。

痛みは、傷を教えてくれるもので、傷があるのは、あの日が在った証明なのだなと思います。

あの日以前の全てが、在ったことの証(あかし)だと思います。

忘れないでほしいという声も、忘れたいと思う人も、いろんな人がいると思います。

僕は、忘れたくないですけれど、前を向いて歩いて、走ってきたと思っています」



災害に限らず、人は誰でも心の中に、いつまでも消えない傷を一つ二つ抱えているのではないでしょうか。

それを思い出すのは辛いけれど、その傷が痛むのは、失くしたものがかつて確実にそこに存在したことの証でもあるのですよね。

大切な人、幸せな時間、があったことの証なのですよね。

結弦くんは逆説的な言い方で、それを思い起こさせてくれました。
忘れないことの意味を思い起こさせてくれました。





同じく昨日のスポーツ報知の紙面にも、矢口カメラマンの写真と共に、
見開きいっぱいの結弦くんの言葉が掲載されていました。

IMG_4556


中を開くと、「花は咲く」の作詞をした岩井俊二監督のメッセージがありました。


IMG_4557


岩井監督も仙台出身で、大震災の時はロサンゼルスにいて、東京のスタッフと電話の最中にあの大地震が発生したのだそうです。
帰国後に故郷を訪れ、1週間かけて言葉を紡いで仕上げたのが「花は咲く」の歌詞でした。


「震災による死との遭遇は、人生でたまに経験する死別とは違う。死を受け入れて前に進むことは無理だと直感した。
亡くなった人から影響を受けることがある一方、生きているけど全然会わない人もいる。
物理的な死とは別の意味で、亡くなった人を覚えている限り、生きていることになるのでは」。


結弦くんの言葉と重なるメッセージでした。


心の中にその人がいる限り、その人は生きているのですね。

そうして未来まで、その人と共に歩んで行くことができるのですね。



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 18:17|Permalink

また明日に向かって



今日は朝から大震災関連の番組をずっと見ていました。


NNN未来のチカラ
この10年、羽生結弦選手は被災地にどう向き合ってきたのか。



報道ステーションSP  3.11から明日へ
松岡修造が見た羽生結弦の10年間

松岡さんが能登さんをインタビューという、初めての企画でした。

FullSizeRender - 2021-03-11T233308.633


FullSizeRender - 2021-03-11T233318.601


FullSizeRender - 2021-03-11T233733.023


能登さんの記事は文芸春秋にも。

IMG_4550


私の元にはBe the Light はまだ届かないけれど。

楽しみに待ちます。



そして今夜はこれから明日に日付が変わる時刻に、

3月12日(金)00:00~01:40 NHK BS1
◆羽生結弦 10年間の軌跡~NHK杯フィギュア~


2010年15歳での初出場から、2019年4回目の優勝を果たすまで。
NHK杯フィギュア羽生結弦のすべて。 

20140803040657500




そして明日3月13日(土)14:00~15:30
◆読売カルチャー・田中宜明カメラマンのオンライン講座

写真家 田中宜明に迫る フィギュアスケートの魅力とは…

田中宜明 オンライン講座

<講演内容>※予定

[第一章]カメラマンとしての始まり

[第二章]フリーカメラマンへのきっかけ

[第三章]今までに魅了されたスケーター

[第四章]アイスショーの魅力とは

[第五章]田中さんのお気に入り写真(2015年~)

※Vimeoストリーミング配信です。
※講演終了後、アーカイブ配信をします。3月14日(日)23:59まで視聴いただけます。(3月5日記載)
 なお、アーカイブ配信は、お手元の操作で早送り、巻き戻しができます。
チケットは3月14日(日)21:00まで購入いただけます。

チケット購入
申し込みはこちらです。



同じく3月13日には、
フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel が発売されます。



Quadruple Axel  1


Quadruple Axel  2

対象期間にご予約、ご購入いただいた方だけに
特別に「本誌未掲載コメント」をデータ配信にてプレゼントします!

※2021/3/29 23: 59 までにご購入の方限定の特典になります。
商品出荷時に、ダウンロードURLをメールにてお知らせします。
ダウンロードURLをお届けするためにメールが送信されますので、
あらかじめメール設定などご準備の上、ご購入ください。
※特典PDFのダウンロード期限は、2021/4/28 23: 59となります。

インタビュー記事が多いのが良いですね。




今日、3.11は10年目を迎えましたが、復興への道のりはまだまだ遥か彼方まで続く。

これからもずっと、この大震災のことを忘れずにいることが何よりも大切なこと。


そしていつの日か、被災者の皆さんの元に、本当の春がやって来ますように。




また明日に向かって進もう。

スポニチ 2021 03 11-1


スポニチ 2021 03 11-2




最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 00:06|Permalink