東京オリンピック

2021年02月22日

KISSにも色々あるけれど




気持ち悪すぎてこの話題を取り上げたくはないのですが、

「欧米では当たり前」 みたいな、大勘違いなことを言う方たちがいるようなので、
一言言わせていただきたいと思います。


私は欧州の中でも最も愛情表現の濃い国の一つとされるイタリアに10年近く住んでいましたが、
公の場で、唇にキスというのは、絶対にカップルに限られます。

と言っても、きちんとしたお家の方たちは、カップルでも、長期間の別れの前など(空港や駅で時々目にします)、特別の場合を除いては人前で唇に濃厚キッスなどしません。
それはイタリアの地でも、決して行儀のよい振る舞いではないからです。


それ以外の、挨拶としてのキスやハグは日常生活の中の一部ですから、自分がするにしても、されるにしても、ごく普通のことです。

しかし、それは、頬や額や手の甲に、親愛の情や敬意を込めてする場合だけであって、
唇にキスするということとは全く別のことです。



挨拶としてのキスが当たり前だからこそ、性的な意味を持つキスとは明確に区別されています。

益してや、立場上自分に逆らうことが難しい相手に、人前で唇にキスなどしたら、ひんしゅくものです。
それは欧米であろうが、日本であろうが、世界共通で「セクシャルハラスメント」と呼ばれるのではないですか。


キスを強要された方、言わば被害者が、「セクハラとは思っていない」と仮に言ったとしても、
客観的に見て、それは権力の濫用であり、セクシャルハラスメント以外の何物でもありません。



私は高橋選手と橋本聖子元スケ連会長が、その当時、実は恋に落ちていたというのならば、それに対してはむしろ祝福したいくらいです。恋愛は自由です。
もしそうであったなら、橋本会長は愛を貫くために家庭も役職も捨て、高橋選手のために尽くしていてくれたら美談になったであろうに。(マクロン夫妻のようにね)
そうではなかったようで誠に残念です。


高橋選手はあの事件をもみ消すために、強引なキスを受け入れ、「セクハラとは思っていない」と述べることで、
その後は、受け入れた犠牲よりもずっと大きな見返りを受けてきたわけですから、今更「あれは無理やりキスされたパワハラ、セクハラでした」とは絶対言えないでしょう。


それを見越したように、橋本聖子氏を平気で五輪・パラリンピック委員会会長に任命するという、厚顔な人々がここまで幅を利かせている委員会とは一体どういう場所なのでしょう。

醜悪なものをまたしても見せられて、もううんざり。

もう東京オリンピックの話は聞きたくないというのが本音です。

橋本聖子氏の当時の言動についてはこちらにまとめられていました。
醜い画像もありますのでご注意ください。



それにしても、国民の8割以上が開催を望んでいないオリンピックを、巨額の費用(=全て私たち国民の税金)を投入して強行して一体誰が利益を得るのでしょう。


開催日まで5か月しかないのに、世界中から人を受け入れた場合の明確な感染封じ込めの方策やロードマップさえ示されていません。

東京がハブとなり、世界に感染を拡大する事態になるという最悪のケースは想定しているのでしょうか。


昨年末に、一時帰国した、欧州在住の妹によれば、空港での具体的なチェックはなく、ただ自宅待機して様子を観察して下さいとの注意だけで、入国者は普通に公共交通機関を使って、どこへでも移動しているというのが現状だということです。

人出が足りないのか、ガードが甘いのか、これでは何万人もの外国からの入国者に対して、徹底的な防疫措置をとることなど不可能だろうと思わざるを得ません。


どう考えても、私には今の時点で五輪が開催可能とは到底思えません。


オリンピック目指して練習を積んできた選手の皆さんには非情に厳しい環境ですが、
スポーツよりも重要なことは存在するわけであり、その中には選手たちの命と健康を守るということも含まれています。

打ち勝ってもいないのに、「パンデミックに打ち勝ったという証のために」オリンピックを強行するよりも、
「パンデミックから世界とアスリートを守るために」オリンピックを諦めることの方が、より勇気を要する決断ではないでしょうか。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング



ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 00:16|Permalink

2020年03月19日

声を挙げる選手たち



IOCの「通常開催の方針に何の変化もない」との声明に対し、複数のアスリートから批判の声が挙がっています。


7種競技の世界女王で、東京五輪の出場権を得ているカタリーナ・ジョンソン・トンプソン(英国)

「我々の周りにいる全員のリスクを抑えながら、どのように安全に練習を続けていけばいいのか。我々は、情報に従おうとしているが、IOCや地元政府の情報に違いがある。IOCは、五輪まで、わずか4カ月しかない中で『できる限り五輪への準備を進めるように選手たちに奨励する』と発言しているが、政府は、法令で、陸上トラック、ジム、公共施設を閉じ、人々を自宅に隔離することを実施している。もう練習で同じルーティンを続けることは不可能。プレッシャーを感じている」 



英国の陸上中距離の選手で東京五輪出場を目指しているジェシカ・ジャッド

「一体、どのようにできる限りの準備を続けることができるというのだろう。どのレースで我々がタイムを出すことができて、いつ選考会が行われるのか。いつトレーニングが通常通りにできるようになるのか。誰か私に(情報を)共有してくれないだろうか」

リオ五輪女子棒高跳びの金メダリスト、カテリナ・ステファニディ(ギリシャ)

「IOCが我々の健康をリスクにさらしている」


ボートで4度の五輪金メダルを獲得しているマシュー・ピンセント(英国)

IOCの
トーマス・バッハ会長に対して、ツイッターで、「選手たちの不安の声をしっかりと聞かず、すべての不安を考慮した上で、五輪を延期することが最良の選択だと言及しなかった」

(記事全文はこちら

今まで誰も表立って批判しない、批判できない、絶対的な存在だったIOCに、アスリートたちが声を挙げ始めたのです。

IOCとバッハ会長には、一番の当事者であるアスリートの意見に耳を傾けて欲しいです。



一方、SOIも近づいてきましたが、まだ何のお知らせも来ていません。

珍しくも当選したチケットなのでとても残念ですが、実際問題外国からのスケーターは来日できない状況ですし、開催は無理かと思います。
それなら早く中止を発表して欲しいです。

毎日毎日、各国で入国制限、出国制限が発表されています。
世界中がフリーズしたような状況の中、
羽生選手はどこにいるのでしょうね。


最近なぜか『Origin』が懐かしくて。

『SEIMEI』の強さも大好きだけれど、
『Origin』の妖艶さに癒されます。


IMG_1620


スケートカナダの動画です。よろしければご一緒に観ませんか。
こんな時、しばしの現実逃避も必要ですよね。




この時の演技は、KADAKAWAの『氷上の創造者』の中で、マッシミリアーノさんによって、男子シングルの今シーズンのベスト演技に選ばれています。(GPFまでの試合の中で)

「途方もない演技だった。
この演技がエフゲニー・プルシェンコへのオマージュとして生まれ、誰にも真似できない羽生スタイルで再解釈されたプログラムの頂点であったことは疑う余地がない」と。



羽生選手がどこにいるとしても、健康と安全が確保されていますように。

そして皆様の健康と安全が守られますように。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。


withgoldenwings at 15:48|Permalink

2020年01月12日

『全員団結』、、、って、疑問だな


『全員団結』

どこかで聞いたことがあるスローガン

私自身が見聞きしたわけではないけれど、

歴史上の記憶。


『一億火の玉』
とか
『国民総動員』
とか

いやでも連想してしまう。


正直なところ、『全員団結』という言葉にゾッとした。




一人ひとりに応援する選手がいるわけで、

全員団結して応援するつもりはないし、その必要もない。

スポーツやアスリートを、全体主義的な発想でこういう形で利用するのはやめてほしい。



そもそもオリンピックの応援で全員団結する必要ありますか? 

色々な考え方があります。

東京オリンピックに賛成な人もいれば、
反対な人もいる。 

なのに、
『全員団結』しない人は
終いには『非国民』と言われそうな雰囲気。

少なくとも私は、アスリートを「日本人だからと言う理由で」応援することはありません。
どこの国の選手であれ、好きな選手、共感する選手を応援するのです。

 

しかも、本来、東京にオリンピックを招致した時には、
東日本大震災からの『復興オリンピック』と位置付けられていたはず。

今やそんなことは忘れたかのようなお祭り騒ぎ。

その一方で、原発から限り無く溢れ出る汚染水は、
こっそり海に流そうかと画策されている。

被災者への援助は次々と縮小されていく。



土木建設業界が潤うだけのオリンピック。

その莫大な出費(私達の納めた税金)を被災地のために使っていたら、
たった数週間のオリンピックを開催するよりも、

ずっと被災地のために、日本の為になったはず。



ただでさえ国威発揚に利用されがちなスポーツの場に
『全員団結』なんていうアナクロな言葉を持ち出すなんて、
おそらく政府御用達の電通あたりが考えたことだろうけれど、
その発想が無神経で、カッコ悪すぎて、不気味で、ゾッとします。




しかし、真夏の日本のオリンピックって、屋外競技の選手には辛いだろうな。

どうしてよりにもよって最悪な季節に?

これもアメリカに忖度したIOCの意向ですか?
それを丸呑みするJOCの意向ですか?

選手のことなんて二の次三の次で、カネと利権まみれの都市持ち回りオリンピックはもう廃止してもいい時期なのでは。


実施するなら、その発祥の地ギリシャで、
恒久的に、もっと慎ましやかに美しく開催してほしい。

その場合冬季はどうしたらいいのかな、なんて無駄に考えてみたりする。
 




今日は昨日買った素敵な表紙の雑誌の記事を書きたかったのに、、、

フィギュアスケート通信DX 19全日本 1



フィギュアスケート通信DX 19全日本 2



フィギュアスケートプリンス 19 全日本



フィギュアスケートMemorial 19 GPF



結弦くんがカナダにいると思うと安心する。

いつも利用するだけ利用して、実は思い切り彼を冷遇しているJSFからなるべく遠くにいて欲しいから。
今日は日曜日だから練習はお休みなのかな。


四大陸に向けて上手くピーキングできますように。
心身ともに健康でありますように。


  ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 07:57|Permalink