未来をつくる

2021年10月26日

神保町と表参道で





昨日午後、神保町の集英社ビルに行ってきました。

もう夕暮れ時でしたが、空の色とシンクロするようなブルーの衣装の天地様、
美しかったです。


 
IMG_6918




白山通りの向かい側からの方が全体がよく見えます。


IMG_6915




IMG_6910




夕暮れ時の少し愁いを帯びた天地様も美しかったけれど、
もう一度秋晴れの空に浮かぶ天地様も見に来たいな。


3B0B11D9-BE91-4B2A-B2F5-4148238DB520



集英社ビルの行き方は、半蔵門線の神保町のA6出口から地上に出て、
白山通りを100メートルほど右に進んだところです。




帰り道に表参道で途中下車して、駅構内にある広告も見てきました。


千代田線ホームにいらっしゃいました。



IMG_6927



千代田線のホームは長いので、見つけるまでホームを行ったり来たりしましたが、

一番分かり易い見つけ方は、コンコースにある紀ノ国屋のミニショップ”OMO”の前にある階段から千代田線ホームに降りると、すぐ右側の壁面に見つけられます。


IMG_6929


OMOには美味しくてヘルシーなお弁当やお惣菜、飲み物、スイーツなども揃っているので、ちょっとお買い物するのもいいと思います。




次は銀座に行ってみよう。






そして帰宅すると、ポストに本が届いていました!

2CA1353D-BF34-490B-BFEC-F85249CAFEB8



CC804026-EFDB-490F-B49A-66DB9D45AAB6



013FAA44-922F-411A-9699-F0BE37927F5F


読み応えありそうな255ページ。

今日から少しづつ読み始めます。




お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 06:30|Permalink

2021年10月08日

結弦くんの過去と未来




昨晩の地震、皆さま大丈夫でしたでしょうか。

東京では結構大きく長い揺れで、思わずテーブルの下に潜り込んでしまいました。

10年前の東日本大震災の時以来、一番大きい揺れだったと感じました。



 まだ1週間くらいは最大深度5程度の揺れがある可能性があるとのことなので、お互い気を付けましょう。
防災リュックの中身ももう一度チェックしておこうと思います。




東日本大震災以来、ずっと結弦くんと被災地とのかかわりを取材してきたnewsevery取材班が、その10年間の軌跡を記録する本を出版しますね。

自らが被災者であり、また同時に被災者に寄り添う者として過ごしてきた結弦くんの10年間を記録として残してくれるのはありがたいと思います。

本の印税と売り上げの一部を震災復興のために寄付していただけるというのも嬉しいことです。

早速予約しました。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 06:27|Permalink

2021年09月29日

素敵な表紙『未来をつくる』






集英社のホームページに『未来をつくる』の表紙が公開されました。


白いシンプルな表紙に、グレートーンの写真の帯が掛かっています。

能登さん撮影と思われる『天と地と』の写真、とてもいいですね。

結弦くんらしさが感じられて、雰囲気があります。


未來をつくる 帯




著者は羽生結弦、折山淑美と、二人の名が記されているので、羽生選手の言葉や発言、インタビューなどを、折山さんが構成するような形になるのかなと思います。

写真は8ページだけのようです。


『未来をつくる』というタイトルから、羽生選手が自らの未来像も語ってくれているといいなと、期待しています。


10月26日発売なので、まだ1か月も先ですが、この秋一番楽しみにしている本です。



未來をつくる 表紙 1


「少しでも 見ている人たちの生きる活力になれたら」

私は、少しどころか、日々大いに生きる活力をいただいています。


未來をつくる 表紙 2



著者:羽生 結弦著者:折山 淑美



羽生結弦のシニアデビュー後の軌跡が凝縮された1冊!

フィギュアスケート男子シングルで世界トップとして伝説的な存在であり、活躍を続けている羽生結弦。
2010年にシニアデビューしてからこれまでの大会での言動やインタビューなどをもとに、オリンピック2大会連続で金メダルを獲得しているアスリートの思考法やメンタルの整え方、自身との向き合い方、生き方に迫る。
テーマ別に構成することで、フィギュアスケーターであり、表現者でもある羽生結弦の思考や生き方が浮き彫りに。
過去の『スポルティーバ』のフィギュアスケート特集号の表紙写真など、厳選写真を口絵8ページで掲載。

【著者プロフィール】
羽生結弦 Hanyu Yuzuru
1994年12月7日、宮城県仙台市生まれ。全日本空輸(ANA)所属。幼少期よりスケートを始める。2010年世界ジュニア選手権男子シングルで優勝。13〜16年のGPファイナルで4連覇。14年ソチ五輪、18年平昌五輪で連続金メダル獲得の偉業を達成。18年個人最年少での国民栄誉賞を受賞。20年には四大陸選手権で優勝し、ジュニアとシニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」を男子で初めて達成した。
 




こちらの雑誌は昨日発売だったのですが、まだ買えていません。





対象期間にご予約、ご購入いただいた方だけに
特別に「スペシャルメッセージ動画」をデータ配信にてプレゼントします! (101MB)
収録選手:坂本花織/佐藤 駿/島田高志郎/田中刑事/友野一希
樋口新葉/松生理乃/三原舞依/宮原知子/山本草太/横井ゆは菜
スペシャルゲスト
シェイ=リーン・ボーン
※2021/10/19 23: 59 までにご購入の方限定の特典になります。
商品出荷時に、ダウンロードURLをメールにてお知らせします。
ダウンロードURLをお届けするためにメールが送信されますので、
あらかじめメール設定などご準備の上、ご購入ください。
※特典動画のダウンロード期限は、2022/1/17 23: 59となります。
※内容は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。

男子シングルと女子シングルのトップ選手を徹底紹介!
独占インタビュー、密着レポート、スペシャル対談、座談会など、
本誌ならではの豪華企画満載でお届けするファンブックです。
特別付録の「2021/2022シーズン観戦カレンダー」も便利です!
【別冊付録】 2021/2022シーズン観戦カレンダー

[スペシャルレポート] 羽生結弦「スケート人生を懸けた夢」
[羽生結弦を語る] シェイ=リーン・ボーン「全身全霊の演技を」


[スペシャルレポート]
宇野昌磨「ひたむきに進化を求めて」
鍵山優真「北京へ、覚悟の新プログラム」
紀平梨花「いざ、憧れの大舞台へ」

[独占インタビュー]
田中刑事「攻め続けた先に」
佐藤 駿「大技に夢を託して」
友野一希「史上最高の自分へ」
山本草太「新しい自分に出会う旅」
島田高志郎「100パーセントの自分を」
坂本花織「光の射すほうへ」
宮原知子「華やかに、そして力強く」
三原舞依「銀盤に愛を込めて」
松生理乃「駆け上がる階段」
樋口新葉「4年越しの挑戦」
横井ゆは菜「この壁を克服するために」

[オンラインイベント]
友野一希×山本草太×山隈太一朗×須本光希
「温泉同好会 納涼! ! オンラインファンミーティング2021 アフタートーク」

[シリーズ]
「個性を磨く振付師の力」 #12 阿部奈々美

[大好評連載]
町田 樹 「若きスケーターへの手紙」

[アイスショーギャラリー]
ドリームオンアイス2021
ザ・アイス2021
プリンスアイスワールド2021
フレンズオンアイス2021

*********

私としては、表紙の写真は別のチョイスがあったかなと思うのですが…。

そして、内容は盛り沢山ですが、実は読みたい記事はシェイリーン・ボーンさんのインタビューと、奈々美先生の記事だけというのが、すぐに購入を決められない理由かな。

Amazon限定のメッセージ動画に羽生選手はいないようです。


明日書店で内容を確認できたらいいなと思っています。




NHK杯のスケジュールが発表されました。


とにかく、チケットを何とかしなくちゃね

抽選販売はもうすぐですね。
来週火曜日、10月5日からです。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 03:01|Permalink

2021年09月16日

未来をつくる羽生結弦☆NHK杯





この秋、新しい単行本が出版されるのですね。

著者が、羽生結弦、折山叔美となっているので、結弦くんの過去のインタビューや発言を基にして、折山さんがテーマごとにまとめる形になっているのでしょうか。

折山さんはいつも良い記事を書いて下さる信頼できる書き手なので、安心です。

結弦くんの思考法やメンタルの整え方、ぜひ知りたいです。


まだ画像がありませんが、どんな表紙になるのでしょうか。
集英社ですから、能登さんの写真ですよね。

羽生結弦 未来をつくる
折山 淑美
集英社
2021-10-26


羽生結弦の10年分の軌跡が凝縮された1冊!

フィギュアスケート男子シングルで世界トップとして伝説的な存在であり、活躍を続けている羽生結弦。
2010年にシニアデビューしてからこれまでの大会での言動やインタビューなどをもとに、オリンピック2大会連続で金メダルを獲得しているアスリートの思考法やメンタルの整え方、自身との向き合い方、生き方に迫る。
テーマ別に構成することで、フィギュアスケーターであり、表現者でもある羽生結弦の思考や生き方が浮き彫りに。
過去のスポルティーバのフィギュアスケート特集号の表紙写真など、厳選写真を口絵8ページで掲載。

【著者プロフィール】
羽生結弦 Hanyu Yuzuru
1994年12月7日、宮城県仙台市生まれ。全日本空輸(ANA)所属。幼少期よりスケートを始める。2010年世界ジュニア選手権男子シングルで優勝。13~16年のGPファイナルで4連覇。14年ソチ五輪、18年平昌五輪で連続金メダル獲得の偉業を達成。18年個人最年少での国民栄誉賞を受賞。20年には四大陸選手権で優勝し、ジュニアとシニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」を男子で初めて達成した。



 

NHK杯は男子シングル・三浦佳生、女子シングル・松生理乃、アイスダンス・小松原美里/小松原尊の各選手の出場が決まりました。

妥当な人選で良かったなと思います。



21 NHK杯 エントリー 男子

日本からは羽生選手、宇野選手、三浦選手の3人。
TBAのところに三浦佳生選手が入ります。

21 NHK杯 エントリー メンバー 男子


三浦選手、大喜び!
シニア国際試合なんですね。頑張ってください!



他にもナム・ニューエン選手、チャ・ジュンファン選手はクリケットクラブ仲間ですから、親しく情報交換したり、YUZURUファンのプルキネン選手もいたり、羽生選手にとっても楽しめるNHK杯となりますように。




21 NHK杯 エントリー 女子
女子シングルは紀平選手、坂本選手、松生選手の3人。
みんな頑張ってほしいです。

ロシアからトゥルソワ選手の4種類の4回転ジャンプも是非見てみたい。




そしてアイスダンスはチーム・ココが出場できてよかった!

21 NHK杯 エントリー アイスダンス


チケット争奪戦、凄いことになりそう。

私も頑張らなくちゃ!


チケット申し込みは10月5日(火)からです。

忘れないようにカレンダーにメモしました。

19 NHK  SP cap  5 ブログ

オーサーコーチとジスランコーチ、来てくれるといいね。




お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 01:34|PermalinkComments(0)