春よ来い

2021年08月31日

夏の終わりに




残暑は残っているとはいえ、8月末ともなると、
蝉の声も聞こえなくなり、日も短くなり、
秋の気配を感じるようになってきました。

今日は8月最後の日で、仕事も一段落して少し時間ができたので、
午後のひと時、YouTubeを巡る時間を取ることができました。

いくつか気に入っている動画をシェアさせてください。




昨日、結弦くんが語った「透明感」

「純粋」

「ひたむき」

「一生懸命」

「キラキラ感」


それは自分自身を語っているようでした。


雪肌精 みやびやかなひと刻 第2夜 1



結弦くんの透明感というのは、誰もが感じると思うのですが、

2019年に24時間テレビで共演したユーミンが、近くで見て、話して、感じた、
結弦くんの透明感についての語りが真実をついているように思います。

当時このラジオ番組、私も聞きました。
 






その時の「春よ、来い」がこちらです。







そして今年の24時間テレビで滑った「ホワイトレジェンド」と「花になれ」でも、
透明感はさらに増しているように感じました。





不思議ですが、この方は年齢を重ねるにつれて益々透明感を増しています。


every  24hTV  2



一方で、この春のスターズ・オン・アイスのオープニングの「Blinding Lights」も忘れられません。





ここまでカッコいいダンスを氷上で踊れるスケーターは他にいませんね。

よくプログラムの後半にアップテンポなダンスを取り入れて、カッコよさをアピールしてくるNくんを遥かに上回る技術力と表現力。


本物のカッコよさとはこういうものだ!
ということを暗に示しているかのようです。

Blinding Lights  28_Fotor_Fotor



ここにある「清潔感と透明感のあるセクシーさ」というのは、結弦くんでなければ出せない魅力です。

いつまでも観ていたくなるような中毒性がありますね。




明日から始まる9月、ようやく試合の季節に突入しますが、果たしてどんな秋になるのでしょうか。

国際情勢も、国内政治も、新型コロナの感染拡大も、不確実性満載の秋になりそうですが、

そんな中でも、どうか結弦くんの健康が守られて、その夢が一日も早く叶いますように。

8月最後の日の願いです。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 17:03|Permalink

2021年06月13日

その瞬間ダイヤモンド!

 


ファンタジー・オン・アイス幕張公演と神戸公演を一日で観るなんて実際には不可能ですが、

今日は2公演をはしごした気分になりました。 

神戸公演は幕張公演とはアーティストのメンバーも変わって、幕張とはまた全然別な公演になっているところが長期間続くファンタジー・オン・アイスの楽しいところです。

観る人を飽きさせないのです。



『勝手にしやがれ』のノブくん最高!



また是非どこかで見せて欲しい!



そして、結弦くんと清塚さんとの『春よ、来い』はやはり圧巻のプログラムです。



清塚さんのグリッサンド3連続でフィニッシュ!


18 FaOI 神戸 春よ来い 12_Fotor





フィナーレでのユヅとハビのこの一瞬。

(元)プリプリの香ちゃんの『ダイヤモンド』にのって滑る二人も嬉しそう。


18 FaOI ユヅ ハビ_Fotor


平昌で一緒に表彰台に乗ってから初めて再会したのかな。

こういう瞬間、本当にダイアモンド!



初参加のサーシャ君のヘランジも可愛い~

18 FaOI 神戸 サーシャ


AB58588E-DDF3-4F97-A0F1-E9606CE3BFCC



18 FaOI 神戸 finale 7_Fotor


ずっとあこがれの選手だった人の息子さんが自分の後を追ってくれるって幸せですね。



今、引き続き『フィギぺディア』を観ています。

21時まで続くので、夕食はテレビを見ながら作ったジェノベーゼソースをパスタに絡めてサッと済ませることにしましょう。



最後までまでお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 19:20|Permalink

2021年03月28日

これからGALA、言論と報道の自由について





私自身は喘息ではありませんが、ごく近い身内に喘息持ちが2人います。

ひどい発作の時は救急搬送をお願いしたことも何度かあります。


息が吸えないという現象と死んでしまうかもという恐怖心で、発作は本当に怖いと言っていました。

それなので、喘息という病気はこれまでも身近に感じてきました。


羽生選手が喘息という基礎疾患を抱えていることは、秘密でもなんでもなく、羽生選手本人も認めていることです。
ですから、プライバシーの暴露にも当たらないと思います。




前記事に参照したロシアメディアの記事の信憑性を疑っている方もいるようですが、
少なくとも、ロシアには羽生選手の喘息を報道することによるメリットはないはずです。


それについて書かれていたブログ記事を削除せざるを得なかったブロガーさんもいるようですが、私は削除するつもりはありません。

どういう方が記事にクレームをつけてきたのか知りませんが、そういう方々はネット上に無数に拡散している羽生選手に関する真偽不明な記事の一つ一つにもクレームを出しているのでしょうか。
今回のロシアの記事や、それを取り上げたブログにだけクレームをつけるというのは何故でしょうか。
その行為の中に、既にクレーマーの方々の指向が示されています。


「報道の自由」は、世界共通の最大の価値の一つです。

個人のブログ記事が気に入らないのであれば、読まなければいいし、
報道が間違っているというのならば、反証を提示していただきたいです。



それよりも私は、今回の世界選手権代表団に医師が帯同していたのかどうかを、日本スケート連盟に問いたいです。




◆若杉カメラマンが、読売のインスタにたくさんの写真を上げて下さっています。

若杉さん、ありがとうございます。

21 World 若杉 インスタ 5



21 World 若杉 インスタ 6



21 World 若杉 インスタ 7




21 World 若杉 インスタ 9


21 World 若杉 インスタ 12


Get even stronger !

21 World 若杉 インスタ 11

いつまでも応援していきます。


◆今夜のエキシビション

羽生選手は出場するのですね。


滑走順は、各カテゴリーの優勝者の直ぐ前です。
羽生選手に対するリスペクトと思います。


この後エキシビションは21:30~24:00にISUのYou Tubeチャンネルで歩生放送されます。

なんと待ち受け画面は「春よ、来い」



FOD プレミアム LIVE放送 21:30~24:00





結弦くんが連れてくる春が、世界中に広がりますように。


フジテレビ(地上波)の放送もあります。
3月29日(日)01:00~02:00
(1時間なのでダイジェスト版でしょうか。)



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 21:03|Permalink

2021年03月01日

春の初日



今日から3月、春到来を実感する暖かな一日でしたね。

3月1日は春の初日という風に感じます。



3月14日に閉館が決まっている仙台縁日の最後のポスターは能登さんの写真になりましたね。

何度も何度も、能登さんの撮った羽生選手の写真展が開かれてきた場所ですから、最後の展示も能登さん撮影の『春よ、来い』で締めくくることができてよかった。


Be the Light 2



その能登さんの写真集の先行公開写真が掲載されているエクラ4月号は今日発売でしたね。






まだ見ていないのですが、エクラ編集長の方は以前からフィギュアスケートファンで、2010年頃から、羽生選手に注目なさっていたそうです。


4月号では「羽生結弦という奇跡」と題した特集も。
3月11日発売の能登 直氏による大型写真集「光ーBe the Lightー」の発売を記念して、珠玉の写真をエクラ先行で特別に掲載しています。

この特集を制作する段階での裏話ですが。担当の副編集長Kと一緒に、スポルティーバ編集部を訪れ、写真集になる前の、色校の段階での能登氏の写真を見せていただきました。
すごい。鳥肌モノです。これはエクラの読者の方にもっと見ていただきたい、予定のページ数だけではもったいない、もっと羽生選手の写真を掲載したい!という気持ちになり、私は即、ページを増やす決断をしました。

私は個人的にフィギュア観戦が趣味で、初めて羽生選手の試合を見たのは、彼のシニアデビューの年、2010年の名古屋でのNHK杯だったと思います。そのときの「これはすごい選手が来た!」という感動がありました。
本誌特集では、スポーツライターの折山淑子氏による特別寄稿も掲載しています。羽生選手を間近で見続けてきた目線から、また新たな羽生選手の魅力が感じられることかと思います。お楽しみください。

Webeclatより)

 

◆今日の矢口さんの一枚


矢口さんの蔵出しのお写真、
これから10日間、毎日の楽しみになります!


◆今夜の注目テレビ番組

3月1日(月)BS-TBS 22:00~22:54
にっぽん!歴史鑑定
「越後の龍・上杉謙信」~最強伝説は本当か?

これは是非見たいと思います。
皆さまもお時間合えば是非。
『天と地と』のイメージが一層深まるかも。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング



ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 21:45|Permalink

2020年12月31日

光のさす方へ



今年も最後の日となりました。


Sportivaから折山淑美さんの素敵な2本の記事をお借りして、全日本選手権を振り返り、
今年最後を締めくくりたいと思います。

 


全日本選手権ショート・プログラム(SP)首位発進後、翌日のフリーに向けて羽生結弦は「まずはしっかりと体を回復させることが大事だと思います」と話した。フリー当日の午前の公式練習では、落ち着いた雰囲気が印象的だった。

(中略)

 迎えた夜の本番。
羽生は、1969年のNHK大河ドラマ『天と地と』のテーマ曲で滑り出すと、


20 全日本 FS 8



計算された動きの中で力みのない4回転ループを難なく決め、


gifmagazine - 2020-12-31T141047.978


4回転サルコウ、

gifmagazine - 2020-12-31T141336.079



トリプルアクセル+2回転トーループ、3回転ループと、流れを途絶えさせない。


gifmagazine - 2020-12-31T141803.681



さらに後半も力む素振りも見せず、4回転トーループ+3回転トーループと

gifmagazine - 2020-12-31T142133.631



4回転トーループ+1オイラー+3回転サルコウ、

gifmagazine - 2020-12-31T142435.287



トリプルアクセルを鮮やかに跳んだ。

gifmagazine - 2020-12-31T143016.332



SPでは4回転2本に不満を持っていたが、この日は「これぞ羽生結弦のジャンプ!」と強くアピールするような、見事なノーミスのジャンプを続けた。

 羽生は演技後にこう話した。

「まずは自分自身、このプログラムに思い入れがあって曲を聞けばすごく感情も入るし、振りの一つひとつにもいろんな意味を込めています。そうした中でもやっぱりジャンプを完成させないと、プログラムの一連の流れとして伝わるものも伝わらなくなってしまう、と。
本当に自分が伝えたいものが、このプログラムで見せたかったことが、ジャンプが途切れなかったという意味でも、少しは見せられたのかなと思います」

そしてメダリスト・オン・アイスでは、
スケートを滑る喜びを取り戻すきっかけとなった「春よ、来い」を舞った。



新型コロナウイルス感染拡大を受け、羽生結弦は感染リスクを考慮し、グランプリ(GP)シリーズの欠場を決めた。自身の行動を自粛することで、ファンやメディア、関係者らが移動に伴う感染のリスクを減らしたいという配慮もあった。

 そうした中、出場を決めた12月25〜27日の全日本フィギュアスケート選手権。だが、感染の第3波の中での開催となり、「自分が出てもいいのか」との葛藤があったと、競技前日の公開練習後に吐露していた。そして、5年ぶりの優勝を果たした後も、その思いは消え去っていないと話した。

「僕の望みはとても個人的なことなので、貫いてよかったのかとの葛藤は今でもあります。ただ、自分としては、もし(来年3月の)世界選手権が開催されるのであれば、(大会に向けて)近づいておかなければ今後が難しいという思いがすごくあった。コロナ禍の暗い世の中でも、自分自身がつかみ取りたい"光"に手を伸ばしたという感じです」


20 全日本 EX  1



 開催されることになれば、世界選手権で2022年北京五輪の国別出場枠が決まる。そうした大切な大会への出場権を争う全日本選手権に、日本男子フィギュアを牽引する者の責務として参加した面もあったのかもしれない。

 (中略)

 羽生は「精神的にはどん底まで落ち込んだ時期もあった」と振り返る。4回転アクセルの練習の衝撃で足に痛みが出て、他のジャンプもどんどん崩れた。トリプルアクセルさえ跳べない時期もあり、「これからどんどん技術が落ちていくのだろうか」との思いがよぎり、負のスパイラルに陥ったという。

「自分がやっていることがすごく無駄に思える時期が長かった。トレーニングや練習の方向を考えるだけでなく、新しいプログラムの振り付けも考えなければいけなかったり、自分で自分をプロデュースしていかなければいけないプレッシャーもありました。応援してくれる人たちの期待に、本当に応えられるのか。そもそも自分は4回転アクセルを跳べるのかと......。

 それに、入ってくる情報では他の選手が皆すごくうまくなっているようだったので、自分ひとりが取り残され、ただ暗闇に落ちていくような感覚になった時もありました。『ひとりは嫌だな』『疲れたな』『もうやめようか』とも思ったりして。

 でも、エキシビションの『春よ、来い』と、

20 全日本 EX 4




ノービス時代の『ロシアより愛をこめて』を滑った時に、

2004 ノービス ロシアより愛をこめて




『やっぱりスケートが好きなんだな』と思ったんです。


スケートじゃないと自分はすべての感情を出し切ることができないな、と。だったらもうちょっとわがままになって、誰かのためではなく自分のためにも競技を続けてもいいのかな、という気持ちになれた。そこでちょっと前に踏み出せました」


(中略)

「今、スケートができること自体、本当に恵まれていることなんだなと思いました。苦しかったかもしれないけど、こういう状況だからこそ、自分の演技が明日までではなくてもいいから、その時だけでも、演技が終わった後の1秒だけでもいいから、見ている人たちの生きる活力に少しでもなったらいいなと思いました


 SPの『レット・ミー・エンターテイン・ユー』は「すべてを見どころにしたいと考えた」と羽生が話すように、持っている技術を要素以外のつなぎにも詰め込み、途切れることなく演じ切り、観客とも一体になろうとするプログラムだ。


20 全日本 SP


フリーの『天と地と』では、戦国武将・上杉謙信が抱いた、戦いの中での葛藤を自らとリンクさせ、羽生の今の心象風景を緊張感の中で見せようとした。

20 全日本 FS 13




最後までお読みいただきありがとうございました。 

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 15:54|Permalink

2020年12月29日

メディアジェニック・言葉の力





羽生選手の言語力の高さは、ソチオリンピック後の記者会見などによって、良く分かっていましたが、今回のインタビューや会見での言葉や受け答えは、それに一層磨きがかかっていたように感じました。

インタビュアーや司会者の言葉に対して、適切で、かつ時にはピリリとスパイスが効いた応答は、聞いていて小気味いいものでした。

そんな羽生選手の言葉の力について、的確に指摘したジャーナリストの記事を見つけたのでシェアしたいと思います。



羽生結弦が「絶対メディア王者」である理由
ー進化が止まらない「言葉たち」の裏側

森田浩之 ジャーナリスト
12/28(月) 11;48


20 全日本 FS アフロ


「絶対王者」羽生結弦が帰ってきた。彼にとっては320日ぶりの実戦となった12月25〜26日の全日本選手権。今シーズンの初戦であり、しかもショートプログラムとフリーの両方で新しいプログラムに挑むというハードルがあったにもかかわらず、羽生は圧巻の演技を見せて優勝を果たした。オリンピック2連覇を遂げても、なおアスリートとしての進化を続けているかにみえた。

しかし、羽生が進化しているのはフィギュアスケートの演技だけではない。テレビカメラの前での振る舞いや、記者会見での言葉の選び方といったメディア対応の力に、いっそう磨きがかかっていた。

いや、「いっそう」などという形容では足りないだろう。最近のアスリートはおしなべてメディアとのつき合いが上手だが、もともと羽生のメディア対応力はそのなかでもずば抜けていた。その高い能力に、今大会ではすごみが加わったように思える。

羽生をそうさせた大きな要因は、いま世界を覆っている新型コロナウイルスの感染拡大であり、そのなかで羽生自らが闘ってきた道のりだった。

高すぎる「言葉力」

英語に「メディアジェニック(mediagenic)」という言葉がある。「メディア映えする」といった意味だが、以前から羽生はこのメディアジェニックな偏差値がとんでもなく高かった。

演技を終えた後の表情や視線、観客に向けての会釈などはもちろんのこと、採点を待つ「キス・アンド・クライ」での振る舞いや、テレビカメラを前にしたときの話の仕方など、羽生のあらゆる所作には多くの人を引きつけるものがあった。

けれども羽生のメディア力で最強なのは、おそらく彼の持つ言葉の力だろう。羽生には、その発言を集めた本が何冊も出ているくらい「名言」とされるものが多い。なかでも舌を巻くもののひとつは、2014年12月にグランプリファイナルで連覇した後の会見での言葉だ。

記者からの問いは「わが子を羽生選手のように育てたいというお母さんが多いのですが、どうしたら羽生選手のように育つと思いますか?」というもの。正面からは答えようのない困った質問だ。しかし羽生は巧みに論点をそらしつつ、こんな答えをしてみせた。

「僕は『僕』です。人間はひとりとして、同じ人はいない。十人十色です。僕にも悪いところはたくさんあります。でも悪いところだけではなくて、いいところを見つめていただければ、(子どもは)喜んで、もっと成長できるんじゃないかと思います」

「わが子を羽生選手のように育てたいというお母さんが多いのですが」という質問は、羽生を日本人のロールモデルとみなしている。その問いへの答えに、「僕にも悪いところはたくさんあります」という、自分を等身大に見せる表現がさらりと入っているところに「言葉力」のとんでもない高さが感じられる。

「世の中」を連発した裏側

そんな羽生のメディア対応力に、今大会は少しだけ違う様子が見えた。大会の直前から期間中を通じてテレビ画面から羽生の言葉を聞き続けていたが、彼が何度も繰り返して口にし、最も重く響いたのは、コロナ禍にからむ発言に聞かれた「世の中」という言葉だった。たとえば、こんな感じだ。

「最初はピアノ曲を探していたけど、ニュースや世の中の状況を見て、やっぱり明るい曲のほうがいいなと。こんなつらい状況でも、みなさんが自分のスケートを見てくださる。ちょっとでも明るい話題になればいいな」

──ショートプログラムを終えた後、この演技にロビー・ウィリアムスの躍動感のある曲「レット・ミー・エンターテイン・ユー」を選んだ理由を聞かれて。

「今この世の中、つらいこと苦しいこと……毎日テレビを見てて、つらいなとか、明るいニュースがないなとか思う方もいるかもしれません」

──フリーを終えた後のテレビインタビューで。

「世の中」という言葉を連発した裏には、並々ならぬ思いがあっただろう。羽生は、「世の中」に元気を与えるために演技の選曲や振り付けの哲学をどう考えたかまで語っている。いまアスリートは、ふつうに「(世の中に)元気を送りたい」「感動を届けたい」などと口にするが、それとはレベルが違うものだ。自分が何か決然とした行動を起こせば「世の中」に一石を投じられることを、今の羽生は知っている。

コロナ禍に対する徹底的なまでに慎重な姿勢は、今大会での発言だけではない。羽生は今シーズン、新型コロナの感染拡大を理由にグランプリ(GP)シリーズを欠場していた。ぜんそくを抱える自分の健康面へのリスク、移動による感染リスク、そして自分が動くことによって「多くの人たちが移動することになる」というリスクを考慮した判断だった。

「東京五輪ができていない」

今大会の羽生の言葉のなかでもとくに注目したいもののひとつは、東京オリンピックの開催の可否に触れたように聞こえるくだりだ。優勝を決めた後で合同取材に応じた羽生は、最初に「来年3月の世界選手権はめざすとして、その先、つまり北京五輪はどうするのか」という趣旨の質問をされた。羽生は「まずは世界選手権があるかどうかが最も大事なこと。GPを含め、どうなるか。その先はまだわかんないです」と答えた。

さらに彼にとっての北京五輪の位置づけを聞かれて、羽生はこう答えた。

「率直に言うと、東京(五輪)ができていない。僕の思いとしては五輪のことを考えている場合じゃない。スケーターのひとりとして言えば、競技の最終目標として開催してもらいたいし、出て優勝したい思いはもちろんある。ただ、東京すら開催されていない現実がある」

「東京(五輪)ができていない」という表現は、2020年に予定されながら1年延期となり、しかも21年の開催が確実視されていない東京五輪の現状への危惧を率直に表したものとも受け取れる。アスリートが社会的発言を控えがちな日本で、自国開催のオリンピックが成立するかどうかという点に率直に言及した著名な選手は、羽生くらいではないだろうか。

時代のメッセンジャーとして

今大会の羽生は、自らの影響力を認識して、とりわけコロナ禍にからむメッセージを発しようとしていたかにみえた。彼のメディアジェニックな能力の高さは、そうした意思によってさらに研ぎ澄まされた。

「絶対王者」と呼ばれつづけたスーパーアスリートは、まだ進化を続けている。同時に「絶対メディア王者」である羽生は、その面でも同じように進化している。いま世界を覆っている危機に反応し、それに応じて自らの演技を考えた。そして本人が意識するとしないとにかかわらず、メディアを通じて発する言葉にも今の世界を覆う危機への思いを色濃くにじませることになった。

そんな彼の姿は、もはやアスリートという枠にとどまらず、大切なメッセージを伝えるためにどこからかやって来た使者のようでさえあった。

羽生が自ら発する言葉に無自覚なはずはない。その証拠に今大会の優勝を決めた直後、羽生はこう語っている。

「暗い世の中、暗いトンネルの中、絶対いつかは光が射すと思うので。そういうものも自分の演技から、言葉たちから、感じていただけたらと思います

そう、羽生にとって世の中とつながる手段は「演技」だけではない。「言葉たち」も大きな媒介なのだ。 





そして全日本選手権のエキシビションであるメダリスト・オン・アイスで、

この世の中に一番伝えたいメッセージだった。本当に少しでも心が温かくなるような演技がしたかった」と、羽生選手は「春よ、来い」を再び舞った。






20 全日本 MOI 2



明るい光差す春が

B8941D54-A72C-48B8-980C-F44D3F3D7F4E


やがて訪れますように。

20 全日本 表彰式 27




最後までお読みいただきありがとうございました。 

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 03:36|Permalink

2020年03月03日

スプリングソナタ




今日はひな祭り。


季節は春に向かっているけれど、今年は心が季節について行けません。


18 FaOI 神戸 春よ来い 後半 29_Fotor


春になったなと思う時、いつも聴きたくなるのはスプリングソナタ。



初めて心の故郷フィレンツェに着いた時、街角から聴こえてきた曲。

春のイタリアの澄んだ青空に吸い込まれていく音符♬が見えるようでした。


18 FaOI 神戸 春よ来い 10_Fotor



今のイタリアを思うと悲しい気持ちになりますが、一日も早く、またイタリアの深い青の空を見上げたい。





ズッカーマン(ヴァイオリン)とバレンボイム(ピアノ)の組み合わせが好き。



春は人間界の出来事には無関心に今年もやって来ます。

天地無私春又帰



世界が一日も早く春を楽しめるようになりますように。

every 春 12




弥生の節句には古箏バージョンが似合います。




以前書いた記事、春☆LA PRIMAVERA もよかったらお読みくださいね。


ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。


withgoldenwings at 13:17|Permalink

2020年02月04日

立春



男子シングルで史上初のスーパースラム達成が間近です。

スーパースラムとはISU主催の主要国際大会全てのタイトルを制覇すること。

これまで男子シングルでこれを達成した選手は存在しません。

達成すれば世界初です。

世界初が大好きな羽生選手ですから、どうしてもこれは取りたいですよね!
このために今シーズンの四大陸出場を希望したと言ってもいいくらいでしょう。



◆世界ジュニア選手権:2010年

ジュニア J選手権優勝2010 1_Fotor


◆ジュニアGPファイナル:2010年

2009 JGPF 代々木第一体育館


◆オリンピック:2014年・2018年 

2014 ソチ 表彰式 6 (3)


18-2-17 メダルセレモニー 6-1_Fotor



◆世界選手権:2014年・2017年

2014 セセン 表彰式 7 (2)


17 ワールド 表彰式 1 (6)



◆GPファイナル:2013年・2014年・2015年・2016年

GPF2013  2 (2)


GPF2014 (7)


GPF2015 表彰式 7 (2)_Fotor



16 GPF 表彰式 11-1


◆四大陸選手権:2020年?


こうして写真を並べてみると、羽生選手の両側の選手の移り変わりにフィギュアスケートの歴史を感じます。

この四大陸では是非とも優勝して、史上初の男子スーパースラムを達成してほしいですね!!!



さて、その四大陸の予定構成を見ると、メディアの煽りとは距離を置いた、冷静な判断によって考えられたものだと分かります。

SP予定構成
20 4CC 予定構成 SP

FS予定構成
20 4CC 予定構成 FS


SPはこれまで通り、FSは4Lz、4S、4Tのクワド3種4本で構成されています。

今回はこの構成を完璧に滑って、ワールドではこれに4Loを加えて4種5本にする予定でしょうか。

ともかく今回はこれをノーミスで滑れば大丈夫!

全出場選手の予定構成はこちら



もう今日から公開練習が始まりますが、羽生選手は全部に参加しなくてもいいので、健康と安全第1で大会を無事終わってほしい。




今日は立春。

早く暖かくなって、ウィルスの猛威も弱まりますように。


桜の花が咲くようなバレエも美しい。






そしてこちらは一番好きな2018年GPヘルシンキのEXの『春よ来い』です。

照明が抜群に綺麗でした。




四大陸のエキシビションでまた滑ってくれたら嬉しいな。

18 ヘルシンキ 4K  3

誰もが春を待っている。


ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 15:12|Permalink

2019年08月25日

今夜はトシさんと




昨晩の「春よ、来い」の余韻が冷めやらず、録画を何度も繰り返して観てしまいます。


(Youtubeの動画は日テレによってブロックされてしまったようです) 


番組の中では、羽生結弦選手と松任谷由実さん、厚真町民管弦楽団の皆さんを前面に出した演出でしたが、実はこのコラボレーションの陰のコンダクターは清塚さんではなかったのかなと感じました。


指揮台の前に立っていたはずの、楽団のリーダーであり指揮者だった松下さんに代わって、出演者全体をリードして下さったような気がします。


24時間TV 6


羽生選手もFaOIで聴きなれた清塚さんのピアノがあればこそ、安心して滑れたのだと思います。



24時間TV 5


清塚さん、ありがとう!


 




さて、今夜は今夜で、トシさんの夏の裏話スペシャルがあります。





決定!龍玄としの「プライベーとし生放送」夏の裏話SP!


8月25日(日)21時〜

TBS系列 UTAGE でも大活躍のチャレンジャー龍玄とし

その番組の裏話や、日々描き続ける「絵」についての裏話
また、レコーディングの裏話
ちょっとさかのぼって、ファンタジーオンアイスの裏話などなど
この夏に起こった出来事の裏話を
思う存分語ります!
Toshlove歓喜の発表もあり!?

https://ch.nicovideo.jp/toshl/blomaga


どうやらファンタジー・オン・アイスの裏話も聞けそうです。


IMG_4091

今夜も楽しみ!



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 15:02|Permalink

24時間テレビ2019



24時間テレビ2019

羽生選手は昨年9月6日に地震による土砂崩れで大きな被害を受けた
北海道厚真町を訪問。


24時間TV 3



どうしても津波を連想してしまう羽生選手。


「気持ちとしての”春”
本当にいろんな意味の”春”っていうものが
届いたらいいなっていう風に思いながら
滑らせていただきます」


そんな気持ちを込めた「春よ、来い」


24時間TV 1








(動画、感謝してお借りしました)



「春よ、来い」の演技はとても美しく、観るたび洗練されていくようです。


24時間TV 5_Fotor



しかし実際には、厚真町民吹奏楽団の皆さんの演奏、ユーミンのボーカル、清塚さんのピアノ、そして羽生選手の滑りを上手く繋げて、ひとつのパフォーマンスとして纏めるのはとても難しかったと思います。


全員の気持ちが結集してひとつのパフォーマンスを完成させたのだと思います。


24時間TV 1



「音楽って心」
という、ユーミンの言葉が心に響きました。

「皆さんが私達のパフォーマンスを通して
新たな勇気を持ってくれたら
こんなに音楽をやっていて幸せなことはありません」


24時間TV 2


そして羽生選手は、

「僕自身もすごく心を込めて滑りました。
皆さんにとっても前を向いて歩いていけるような、
そんな春が来ますようにって思って、滑ることができました」



24時間TV 4





テレビ局にただひとつお願いは、演技中にナレーションや他の画像を被せるのはやめてほしい。

とびきり美しい羽生選手の演技全体をじっくり観てほしいから。



24時間TV 4





しかしハスカップの味ってどんなだろう。


24時間TV 2


美味しそう。
飲んでみたくなりました。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 02:04|Permalink

2018年10月10日

3連休色々


この3連休にはフィギュアスケート界では色々なイベントがありましたね

ジャパンオープンとカーニバルオンアイス、JGPSスロバキア大会、近畿フィギュアスケート選手権。

しかし正直そのどれもほとんど見ていなくて、唯一録画していたのはFaOI静岡公演最終日だけでした。


やはり羽生選手が出場していないと何か物足りなくて、ピリッとしないのです。

良くも悪くも、羽生選手のいつも真剣な全力投入な姿を見ていると、他の選手を見てもどこか物足りなさを感じてしまうのです。

無論、試合ですから全ての選手が真剣に取り組んではいるのは分かりますが、その密度が違うというか、熱量が違うというか、どこかが違うのです。

ファンのひいき目と言われればそうなのかもしれませんが、、、


ジャパンオープンでは、ザギトワ選手とハビエル・フェルナンデス選手がやはり別格の演技だなと思いました。




ひとつ気になったのは、近畿日本で4年ぶりに現役復帰した高橋選手の衣装でした。

遠目に見た時の第1印象が、なんだかSEIMEIの衣装に似た感じに見えたのですが、近くに寄った時に見ると、SEIMEIの衣装を引きちぎったような、ボロボロになったSEIMEIの衣装のように見えてしまったことです。

私は高橋選手の現役時代の功績は評価していますし、(羽生選手に出会うまでは)応援もしていたので、今回の現役復帰でも頑張ってほしいと思っています。

しかし、この衣装はいただけないなと思ってしまいました。

高橋選手の復帰を飾るには、もっとふさわしい衣装があるのではないかな。




もうひとつ気になったのは、バナーのことです。

近畿日本選手権では高橋選手の例の公式バナーと言われるものが会場に結構あったように思います。
そして今度は宇野選手の公式バナーも発売されたとのことですね。


”公式”の意味もよくわからないのですが、ともかくみんな一緒のお揃いのバナーを会場で掲げるという考え方がよく分かりません。
なんとなくピョンチャンオリンピックで見た某国の応援団を連想してしまいます。



私は羽生選手のファンの方々が趣向をこらした色とりどりのバナーを会場で見るのも楽しみの一つなので、ただアルファベットが印刷されただけの”公式”バナーにはなんの魅力も感じません。

ただ、特に全日本選手権で、あのようなバナーが一斉に会場に掲げられるのは、もう見たくない光景です。


でもそんなこと心配しなくても、羽生ファンのアートとも呼べるような個性的で凝ったバナーが会場を圧倒するのは間違いないですね




FaOI静岡公演最終日の最後の楽しみはあの美しい『春よ、来い』です。

春よ来い 1_Fotor



関ジャムに出演していたピアニストの清塚さんが、羽生選手の最後のスピンの時の3連続グリッサンドを披露していたのを見て、真似してみたらものすごく指が痛くて、思い切りやったら怪我しそう。
清塚さんが如何にあの演奏に真剣に熱心に取り組んでいたのかがよーく分かりました。


18 FaOI 静岡 17_Fotor

清塚さん、ありがとう!



今日は本の発売やら、東京西川の新キャンペーンやら、色々ゲットすべきものがあります。

午後からお出かけして頑張ってみます。


こんなことがあると、ついつい仕事が少々おろそかになってしまうのが心配だけど。




ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


withgoldenwings at 12:26|Permalink

2018年09月17日

氷に口づけ☆FaOI in 静岡


今年はFaOI 静岡 に2日目と3日目に行くことができました。


春よ来い 静岡 30_Fotor



しかしこの週末に改めて放送されたものを観ると、色々肉眼では見れなかったものが見えてきます。


春よ来い 静岡 8_Fotor



氷を溶かすような熱い口づけ、

春よ来い 静岡 11_Fotor



春よ来い 静岡 12_Fotor



春よ来い 静岡 13_Fotor



春よ来い 静岡 14_Fotor



春よ来い 静岡 15_Fotor



雄大なイナバウアー、

春よ来い 静岡 21_Fotor


春よ来い 静岡 22_Fotor



野をかけるような疾走感。

春よ来い 静岡 20_Fotor



春よ来い 静岡 18_Fotor



改めて『春よ、来い』の素晴らしさを味わいました。

見れば見るほど美しいプログラムです。


春よ来い 静岡 31_Fotor



今シーズンのSPが『秋によせて』ですから、もしもEXが『春よ、来い』だと秋と春が揃いますね。
その間の冬を飛び越えてしまいますが、『Origin』の使用曲、アート・オン・アイスが冬のイメージを担ってくれたら、今シーズンのプログラムの流れ的にはいい感じになりそうです。


『ノッテ・ステッラータ』といい、『春よ来い』といい、デイヴィッド・ウィルソンさんの美意識によって創られるプログラム大好きです。

ジャンプの数ではなく、スケーティングの美しさでこれだけの表現ができる羽生選手であればこそのプラグラムだと思います。

ジャンプが跳べるだけではなかなかこのレベルの作品には仕上がらないのでは。

 

昨日は能登さんの新しいカレンダーも届きました。

10月始まりですから、早速使えますね。

壁掛けタイプの中では、これが一番結弦君を感じるかな。

FullSizeRender (28)



これも大好き。

FullSizeRender (29)


そして卓上タイプは写真とカレンダー部分をどう組み合わせるかという楽しみがありますね。

私は10月はこれで始めようかな。

FullSizeRender (26)

日替わりで変えても楽しいですね。

FullSizeRender (27)









もうこの連休明けには「羽生選手、初戦の地へ」とかのニュースが流れそうです。
20日からは練習の様子も出てくるかもしれません。

羽生結弦ファンにとっても、いよいよシーズン開幕ですね!

来週はワクワクドキドキの1週間になりそうです。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
 


withgoldenwings at 16:16|Permalink

2018年06月22日

天地無私春又帰

今や満開の花のような羽生選手。

18 FaOI 神戸 春よ来い 後半 29_Fotor


18 FaOI 神戸 春よ来い 12_Fotor


18 FaOI 神戸 春よ来い 後半 40_Fotor




天地無私春又帰

FullSizeRender (80)


昔、父が書いた短冊ですが、気に入ってずっと部屋に飾っていました。
「誰の元にも春は又やって来る」という意味だということです。

私は、「たとえ私が存在しなくなっても、春は同じようにやってくる」という意味だと誤解していました。


羽生選手の「春よ、来い」と重なって、感慨深いものがあります。


18 FaOI 神戸 春よ来い 前半 15-1_Fotor




辛いことや楽しいこと、悲しいことや嬉しいこと、色々なことがあっても、
春は全ての人に又平等にやってくる。


季節の春も、人生の春も、そうであって欲しい。

18 FaOI 神戸 春よ来い 前半 24_Fotor



18 FaOI 神戸 春よ来い 17_Fotor






春を届けて去って行くフローラ。後姿も美しく。

18 FaOI 神戸 春よ来い 後半 60_Fotor





古琴バージョンも素敵でした。音楽によって受け取る印象も変わります。
古琴だと本当にたおやかな天女のよう。

(再生できない場合は左上のYuzuru Hanyuをタップしてみて下さい)


こちらはピアノバージョン。力強さも感じます。





フィギュアスケートランキング
Continues with Wings  2




withgoldenwings at 17:19|Permalink

2018年06月21日

春の女神フローラのように

羽生選手は男性だけれど、まるで花と春の女神フローラのよう。


疾走して風をおこし、

春よ来い 風をおこし



花びらをまき散らし、

18 FaOI 神戸 春よ来い 前半 23_Fotor


18 FaOI 神戸 春よ来い 前半 25_Fotor



大地に口づけする。

18 FaOI 神戸 春よ来い 8_Fotor





すると春がやって来る。

18 FaOI 神戸 春よ来い 後半 49_Fotor


18 FaOI 神戸 春よ来い 後半 50-1



そんな物語を思い出させます。



レクイエムとNotte Stellata のコンセプトを合わせたようなプログラムだと
感じました。


今はただただ美しさに惑溺したいです。



フィギュアスケートランキング





withgoldenwings at 04:13|Permalink

2018年06月16日

花の舞

FaOI 神戸公演では天女のような舞が見られたという。

たった1枚公開されたお写真から想像してみる。

18 FaOI 神戸 1-1




こんな感じでしょうか?

花は咲く 14




日曜深夜の放送を待たねばならないかもしれません。



フィギュアスケートランキング

withgoldenwings at 11:25|Permalink