宇都宮直子

2021年01月21日

演技に酔う




集英社新書プラス
宇都宮直子 
スケートを語る 第16回 唯一無二  より一部抜粋させていただきました。



さて、私の見た「全日本選手権での羽生結弦」だが、別の次元で生きている人のようだった。

 羽生は、

「自分が出場したことで、ちょっとでも何かの活力になれば。なんかの気持ちの変わるきっかけになれば」

 と語っているが、私は、あらためて彼が唯一無二の選手なのを感じる。

 羽生の発するエネルギーは、独特だ。
人の心を束にして、一瞬で持って行く。人々はそれに抗えないのである。

 私は一昨年、心臓に不調を抱え、試合に行けなかった。ために、羽生を見るのは久しぶりだった。

 演技中は、何も思えなかった。過去、タチアナ・タラソワコーチが話していた状態だったのだと思う。

 曰く、

「私は完全に、羽生に魅了されています。まるで麻酔をかけられたように、身動きが取れないのです。

 食い入るように見つめるしかない。私にとって、彼はそんな存在です」

「天と地と」の演技後、私は隣席に座る編集者に言った。

「今日はとても幸せ」

 ほんとうに、そんな気分だった。羽生結弦のいるリンクのなんと豪華なことか。 

 ビッグハットは、新型コロナ感染症の対策が成されていた。個人的には、NHK杯(大阪)よりもきちんとしていた気がする。消毒液が至る所に置かれていた。

 会場は集客が抑えられていたが、雰囲気がよかった。優しかったと思う。

 登場するすべての選手に、惜しみない拍手が贈られた。バナー掲出は許されていなかったが、客席のあらゆるところで静かに、思いを込めて振られていた。

 ショートの6分間練習の際、羽生が何かを短く言うのが聞こえた。

普段耳にする、あの柔らかい声ではなくて、腹の底から出たとでも言うのだろうか。野太い声だった。

 フリーの6分間練習のときもそうだ。

 手を顔に近づけて、指先を見ながら小さく笑った。それから何かを言った。野太い声ではなく、普段の声で、である。

 私には聞き取れなかったが、編集者によれば、

「『鼻血が出た』って言っていませんでした?」

 ということだった。

 確認は取れていないが、そういう場面がたしかにあった。

 私は会場で、いつもと同じようにメモを取った。長い歳月、ずっとそうしてきた。でも今回、初めてのこともした。

 ノートに、私はこう綴っている。少し乱れた字で、

「高山さん、あなたの愛した羽生はこんなにも綺麗です」。

    

 高山さんがもし羽生選手の『天と地と』を観たら、どんなことを語ったでしょうか。

美しいものを愛した高山さんは、宇都宮さんの隣で、「僕もとても幸せ」と微笑んだ、或いは泣いたに違いないと思いました。

20 全日本 朝日新聞 8



タラソワさんは「麻酔をかけられたように身動きができない」と表現されたということですが、
私は羽生選手の演技を観る時、馥郁たるかおりを放ちながら、淡い金色の液体の中に細かい泡がいつまでも立ち上がってくる、最高のシャンパンを飲んだ時のような心地よい酔いを感じます。

演技が終わった後もしばらく酔いから覚めることができません。
身動きができなくなるという意味では同じです。


20 全日本 朝日新聞 6



羽生選手のプログラムは、『天と地のレクイエム』、『生命』でもあるという『SEIMEI』、そして今回の『天と地と』のように、天上と地上、あの世とこの世、彼岸と此岸、生と死、を暗示するものが多いような気がします。
考えてみれば、最初の世界選手権のときの『ロミオとジュリエット』も生と死のドラマでした。


それが時として、羽生選手の中に儚さや無常観を感じさせるのかもしれません。


20 全日本 朝日新聞 9



また平家物語の冒頭を思い出します。

羽生選手も、戦い続けた長い年月を経て、同じことを感じているのでしょうか。


祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 聖者必衰の理をあらはす
奢れる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし
猛きものも遂には滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ









今日は待ちわびていたNumber1019号の発売日です。

Number 1019号


読むのが楽しみな記事が満載です。

ブック・イン・ブックも楽しみ!



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 06:41|Permalink

2020年07月15日

秘すれば花なり





19 ワールド EX cap 32_Fotor


結弦くんは恋も失恋も知っている。


私はそう思っている。


そうでなければ、あのような深い感情表現が生まれるだろうか。


矢口亨 写真集 春よ来い



けれど、秘すれば花。 


存在場所も、プライベートライフも極力明かさない。


言葉にするのはフィギュアスケートのことに限定する。


FullSizeRender (848)



しかし、心に秘めた恋の一つや二つ、


25歳男子の等身大の心の中に無いはずがない。


そうであって欲しい。


GUM making  16_Fotor



都築先生、私はそう思っていますが、

間違いでしょうか。







ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。

withgoldenwings at 17:15|Permalink

2020年01月18日

一気読み



都築先生の本を買い、その足でカフェに入り、
一気読みしてしまいました。


宇都宮直子著
「羽生結弦を生んだ男 都築章一郎の道程」 



都築章一郎 目次
目次からも分かるように、都築章一郎先生のフィギュアスケートのルーツであるロシアのスケーター、コーチのインタビューを通して、日本のフィギュアスケートの黎明期からの歴史を生きてきた都築先生の歩んだ道を浮き彫りにして行くという構成の本です。

切り拓きながら歩んできた道の険しさと、都築先生のフィギュアスケートにかける情熱の深さを初めて知りました。 

日本のスケ―ト界の、正にパイオニアと言える方だということが良く解りました。



そして、羽生選手に対するロシアフィギュアスケート界の重鎮たちの言葉が凄い!

タラソワ ミーシン



アレクセイ・ミーシンは語る。
「羽生結弦。そうですね、彼はすごく良い子です。もうスーパーに、ウルトラ良い子です。
本当に、本当に良いです。
両手を上げるくらい、完璧です。天性のものを持っています。エッジワークも素晴らしい。優れている。
本にはどうぞそう書いて下さい」
ミーシンは技術面を大切に考える指導者である。ならば、羽生の表現力はどうか。優れていると思うか。
彼は笑った。楽しそうに言った。
「どうお答えしたら、いいんでしょう。あの、それって、まるで『ミーシン先生、太陽は温かいですか?』と訊くのと同じだと思いますよ」



ヴィクトール・ルイシキンは語る。
「羽生はもう、一つの『現象』です。フィギュアスケートには、数えきれないほどのチャンピオンがいますが、次第に忘れ去られていきます。
でも、中にはそうならない人もいる。『現象』となって残っていく。歴史にしっかり刻まれる。
羽生結弦は、そういうチャンピオンです。世界的な『現象』そのものだと思います」



タチアナ・タラソワは語る。
「彼が滑っている時は、呼吸をするのを忘れる」

「羽生を見た瞬間、偉大なチャンピオンになるとわかりました。
羽生には豊かな才能があります。神によってもたらされたものが、です」

「私は完全に、羽生に魅了されています。まるで麻酔をかけられたように、身動きが取れないのです。食い入るように見つめるしかない。
私にとって、彼はそんな存在です」

タラソワ



都築章一郎は語る。
「『挑戦をしなさい』とは、常に言っていました。
『未知の世界に向かいなさい』とも言いました。
羽生は賢い子でしたから、自分なりに解釈し、心に残してくれたのではないかと思っています。
それから『芸術家になりなさい』とも言い続けました。いつか日本のフィギュアスケートにも芸術の時代がやってくる。それに対応できるような、美しいスケートが必要だと思いました。
私は彼に一スケーターで終わってほしくなかったのです」


FullSizeRender (839)



数多くの優れたスケーターを見てきた方たちに、ここまで称賛される羽生選手のファンでいることに幸せを感じました。

そして、これまで知らなかったロシアと日本のフィギュアスケート界のつながりを知って、羽生選手が「僕のスケートのルーツはロシア」と言っていたことの意味が少し理解できました。

たくさんの方に読んでいただきたい本です。


この本の中には阿部奈々美先生への言及はありませんでしたが、奈々美先生にも是非、本を書いていただきたいなと思いました。

いつかそれが可能な時がきたならば。


ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 05:52|Permalink