国民栄誉賞

2021年07月02日

4回転半を跳べたなら





今日7月2日は、3年前に羽生選手が国民栄誉賞を授与された日だったのですね。


あれからもう3年経つんですね。

でも、もっとずっと前だったような気がします。

それだけこの3年間に色々なことがあったからですね。


国民栄誉賞の朝 能登直


この美しい写真、能登さんが授賞式の朝撮影したものだそうです。

羽生選手には持って生まれたノーブルさがありますね。



オリンピック2連覇後も突っ走ってきた3年間を経て、
今シーズンはまた新たなオリンピックシーズンが巡ってきました。

しかし羽生選手はまだ北京については何の言及もしておらず、今は4回転アクセルの完成に打ち込んでいます。

では、もし4回転アクセルに成功したら、その後はどうするのでしょう。

21 国別 4回転アクセル合成 小海途


もう引退してしまうのか。
それとも4Aを新たな武器として、未踏の領域に突き進んでいくのか。
私たちファンとしてもとても興味深いですね。

実は、フィギュアスケートマガジンの最新号の記者座談会でそのことが話題に上がっていたのがずっと気になっていました。

座談会メンバーの吉田さん(共同通信)、高木さん(報知新聞)、小海途さん(スポーツニッポン)の3人が、それぞれが違う予想をしているのです。


まず、【4A導入の時期】について

高木さん私は、シーズンの初戦から入れてくると思います。
このオフも入れる気で練習していると思いますし、ただ、もし羽生選手の中に北京五輪が頭の片隅にもないのであれば、シーズン終盤に向けて4Aを仕上げることを第一に考えていくかもしれませんよね。
ただ、現時点では、初戦からトライしてきそうな気がしています。

吉田さん:試合のために現地入りして、最初の練習で4Aを跳んできたら、確実にその大会で入れることになりますよね。
逆にいうと、その練習でやらなかったら、その大会では「ない」ということです。
シーズン最初の試合、おそらくB級になると思うんですが…。

小海途さん僕は、シーズン初戦は「ない」と思います。
会見での話を聞く限り、北京五輪でとか、北京五輪までにとか、そういうことでもないと思うので、シーズン前半はじっくり入っていって、だんだんとGPファイナルくらいで。


公式練習で、羽生選手が跳ぶたびに、記者席で悲鳴が上がる、または、息をつめてシーンと静まりかえる、どちらもアリでしょうね。


次に【4A成功の後】はどうなるのか、です。

小海途さん:4Aを決めるということはスケーターとしての自分の可能性を感じられることだと思うので、そこでやめる理由はないんじゃないかと思います。
「まだまだうまくなれるんだ」という実感が湧けば、次のモチベーションになるでしょうし。
だから、「後になってみれば通過点だった」となるような気がしますね。
4Aを決めたら決めたで、「その先」に行きたくなるんじゃないかと、

吉田さん:4Aを決める時期にもよると思うんです。
次のシーズンでスパッと決めたら「通過点」になるだろうし、北京五輪が終わって、さらに1年後、2年後となると…どうでしょうか。ただ、仮に次のシーズンで4Aが決まらなかったら、選手を続けるとは思います。

高木さん:願望としては「通過点」にしてほしいですし、私個人の印象では、羽生選手はまだまだスケートがうまくなると思っているんです。
確かにあと何年かすれば年齢的には体力が落ちてくるとは思うんですが、「羽生結弦のスケート」としては、さらに深みが増すと思うので。
だから、個人的には「通過点にしてほしい」と思いつつ、ゴールになる気もしているんです。


三人三様の見方ですよね。

皆さまはどうお考えでしょうか。

私は小海途さんの考えに一番近くて、「後になってみれば通過点だった」と是非思いたいです。


北京の後の冬季オリンピックはミラノ開催です。
羽生選手が4Aを身につけたら、4回目のオリンピック出場さえ不可能ではないような気がします。

たしかプルシェンコさんも以前、ユヅルならオリンピック4連覇も可能だと言っていましたよね。

夢を持って新シーズンの羽生選手を応援したいと思います。




廣済堂出版から出される羽生結弦写真集REGROETHの表紙がきました。


羽生結弦写真集 REGROWTH リグロウス-再生-
羽生結弦
廣済堂出版
2021-07-20



REGROWTH 表紙


REGROWTH 裏表紙


「氷上の王子」羽生結弦の公式最新写真集。
世界選手権、国別対抗戦、アイスショーなど、2020-2021シーズンの活躍・表情を完全網羅。
過去の大会、イベントなど軌跡を振り返る「思い出」の企画や、超ワイドサイズの特典ビジュアル、貴重な素顔ショットも収録。
コロナ禍の無観客の中でも心の中でファンの声援を再生し、苦難を乗り越えて自らの存在も再生させ、さらなる高みを目指して成長するユヅの魅力が満載。
豪華な永久保存版。羽生結弦ファン必携の一冊。



「公式写真集」となっているので、羽生選手公認写真集ということでしょうか。

今年はシニアデビューから10周年のシーズンということもあり、写真集が本当にたくさん出版されますね。
どんな内容なのかこれも楽しみですね。



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 23:51|Permalink

2020年07月02日

いつだって羽生選手は一生懸命だった



明日は若杉和希記者による写真解説講座が公開されます。

若杉さんの声、初めて聴きました!





19 オータムクラシック 若杉和希

オータムクラシックのOtonal ですね。
明日が楽しみです。



昨日はオンライン写真展のオープンで頭がいっぱいになり、書きそびれてしまいましたが
家庭画報8月号購入しました。

家庭画報 2020年8月号 [雑誌]
世界文化社
2020-07-01








8月号の売上の一部は医療機関に寄付されるとのことです。
もしかしたら羽生選手からの要望ではなかろうか、などと考えてしまいました。

今号の売り上げの一部は、新型コロナウイルス感染症の
治療及び感染拡大防止活動を行っている
医療機関に寄付させていただきます


私は通常版を買いましたが、プレミアムライト版にも同じ「羽生結弦・栄光の軌跡」が付いています。

20 7 家庭画報  1


やはりこの写真のインパクトは強いですね。

篠山紀信 3

この篠山紀信さんの写真、前回の羽生結弦展の時に篠山さんのメッセージと共に展示されていましたね。

両足が宙に浮いています!
素晴らしい写真だと思います。



篠山紀信 2



篠山紀信 1

清潔感に溢れた初々しさが眩しいくらいの高校生の結弦くんです。





スケート新シーズン初日の昨日は日本スケート連盟が2020年度の強化選手ページを公開しました。

しかし、全然つながらない。今も繋がらないんですよ!


Sponichi Annex より

日本スケート連盟は新シーズン初日となる1日に公式サイトを更新し、20年度の各種目の強化選手ページを公開した。各選手の紹介ページには「ひとことコメント」という欄が設けられており、フィギュア男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)は
「一生懸命、全力でがんばります!」と端的につづった。

 羽生ら特別強化指定選手をはじめ各スケーターの詳細が記載されているため、同サイトの更新直後からアクセスが集中。同連盟の公式ツイッターが「時間を空けてのアクセスにご協力ください」と注意書きするほどの盛況ぶりだった。


17 10 08 今シーズンの決意 3_Fotor


羽生選手は昔からいつだって一生懸命でした。

これからも同じです。




そして今日、7月2日は国民栄誉賞記念日です。
もう2年になるのですね。

【2018年7月2日】

羽生結弦 国民栄誉賞表彰式

「皆さまと共に取れた賞」

「期待に応えられるだけの努力、技術、芸術を」

スポーツ報知 

配信

国民栄誉賞 官邸



フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を成し遂げた羽生結弦ANA)の国民栄誉賞表彰式が官邸で行われたのは、2年前の2018年7月2日。羽生は出身地の伝統織物「仙台平(せんだいひら)」のはかま姿で臨み、地元愛をにじませた。東日本大震災などの苦難を乗り越えての偉業で、国民に感動や勇気を与えたことが評価された。23歳での受賞は個人としては最年少で、スケート界からは初めて。「皆さまと共に取れた賞」を理由に、記念品については辞退した。  はかまは江戸時代から続く絹織物「精好(せいごう)仙台平」の技術保持者として、人間国宝に認定された仙台市の甲田綏郎(よしお)さんから贈られた。6月に羽生の国民栄誉賞受賞を知った甲田さんから、仙台市を通して申し出があった。「仙台を代表する人、そして震災復興にも尽力してくださっている。立派な装いで式に臨んでほしい」。帯と共に届いたはかまと、羽生家の家紋が入った羽織をあわせ、晴れ舞台に立った。
受賞後の一問一答はこちらから



さて、今日のニュースで知りましたが、遂にトランプ大統領がマスクを着けると言い始めたらしいですね。
過去に私が欧州に住んでいた数年間の内、一度もマスクを着用したことはありませんでした。
風邪をひいても、熱があってもマフラーグルグルでしのいでいました。

基本的にマスクは病人が付けるもので、病原菌を防ぐため、或いは他人に飛沫や菌を飛ばさないための予防措置なのだという社会通念がなく、マスク=病気、のように見られてしまうからです。

羽生選手も、カナダでマスクをしていると「変な人」に見られてしまうと言っていましたね。

欧州では今回のコロナ禍で一気にマスクに対する認識が変わったようですが、アメリカでは未だマスクを着けることに抵抗がある人たちがいるのでしょうね。

これで、少しはアメリカでもマスク着用が常態化してくれるとよいのですが。


マスク 


東京の新たな感染者は今日100人を越えてしまいました。

真剣に第2波対策を講じなければならない段階に近づいているように思います。

まさか小池知事は都知事選が終わるのを待とうなんて考えてはいないだろうけれど、一日も早く具体的な対策を急いでほしいです。
3月24日に東京オリンピック延期が決まった翌日に外出自粛要請を出した前例がありますから本当に心配です。

自衛するしかありません。

皆さまもどうぞくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいね。




  ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。

withgoldenwings at 17:57|Permalink

2018年07月02日

おめでとう! 国民栄誉賞

新シーズンの2日目に国民栄誉賞とは幸先がいいですね。

ファンにはお馴染みの仙台平の袴に羽織姿で颯爽と現れた羽生選手。
美しい日本人男性ですね。
なかなかこれ以上は望めません。

国民栄誉賞 1_Fotor


国民栄誉賞 6_Fotor


国民栄誉賞 7



和服が似合うのは折り紙つきです。
こんな時でも安定の可愛い笑顔なのが嬉しい。

国民栄誉賞 2_Fotor



国民栄誉賞 8_Fotor



受賞ライブ動画もどうぞ。(9:51くらいから始まります)
https://www.youtube.com/watch?v=0ge-owIzlW0


記者会見の中で、「羽生結弦という存在として」という言葉が印象的でした。
生身の「羽生結弦」と、「羽生結弦という存在」とを区別して自覚しているところが、羽生選手らしいなと感じました。

ファンも含めて、サポートしてくれている人達の力、運命の力、環境の力、全てを反映している「羽生結弦という存在」を生きて行く、という強い意思が感じられた記者会見でした。

記者会見はこちらです。



でもあまり背負い込まないで、
これからも自由闊達に生きてね!


国民栄誉賞 記者会見 1_Fotor

そして23歳の「羽生結弦」も楽しんで。 
それが私の願いです。



フィギュアスケートランキング


withgoldenwings at 15:42|Permalink