北京オリンピック

2022年03月03日

同時通訳の仕事




Twitterを読んで泣いてしまうということはまず無いのですが、このkuppyさんの訳してくださった記事には、思わず涙があふれてしまいました。

北京オリンピックでの羽生選手の単独記者会見で中英同時通訳を担当した25歳の中国人女性の記事です。

長い記事ですが、羽生選手に関する部分を抜粋させていただきました。

 


同時通訳 1

羽生結弦の記者会見の同時通訳者 李文瑨

 

これは平凡な物語だ。しかし、それほど平凡というわけでもない。

 

2月14日に羽生結弦のあの異例の会見が開かれるまで、中英同時通訳者の李文瑨は思ってもいなかった。こんなにも多くの人たちが「小さな黒い部屋」にいる彼女の声を聞くことになろうとは。彼女は、いささか落胆して失望した元気のない語気で訳した。羽生結弦が落胆して失望して元気なく言ったあの言葉を。「我还是想做4A。」(訳者注「4回転半降りたいなという気持ちはもちろん少なからずあって…」の部分かと思います。)

 

それは北京冬季オリンピックのメインプレスルームのメディア席の右側に並ぶ黒い小部屋。彼女は同僚と二人、その中の一つの部屋で中英同時通訳——八種類の言語の同時通訳のうちの一種類を担当していた。これまでのオリンピックでは同時通訳者が記者の視野に入ることはなかった。しかし北京冬季オリンピック組織委員会は小さな黒い部屋を会場に設置し、しかも窓を設けていた。

 

窓はかなり大きい。通訳者はそこから防音ガラスを通して、取材を受ける人の表情や身振り手振りをはっきりと見ることができる。それは情報と感情を構成する大切な要素だ。

       

北京冬季オリンピックのその集まりの、小さな黒い部屋の中の通訳者は世界の各地から来ていた。81歳のスイスのお爺さんもいれば60歳のイタリアのおばさんもいて、25歳の中国のお嬢さんもいる。李文瑨はそのお嬢さんだった。



この会見の本当に特殊な点が何なのか、多くの人は気づかなかっただろうが、李文瑨は始まってすぐに気づいた。彼女はこれまでに30回以上の各種の会見を経験してきた。アスリートの隣には通常、広報担当者が座る。ご承知のように、それは一見付き添いのようで、実はある意味護衛だ。しかし羽生結弦は一人で演台に上がった。隣には誰もいない。

 

演台には15の座席がある。羽生結弦はその中央に座った。孤独で、がらんとしている。まるで彼がリンクにいる時と同じだった。


同時通訳 2



「その時私は少し驚きました。それは冬季オリンピックの記者会見の中で、一番記者が多い会見であり、壇上にいる人が一番少ない会見でした。私は不意に感動を覚えました。羽生結弦の誠意を感じました。彼はまるで何の防御もせずに全ての人の前に出てきたかのようでした。」李文瑨は言った。


同時通訳者として、李文瑨はどうしても独自の視点からオリンピックを見ることになる。彼女が立ち会ってきたのは、アスリートが試合後に世界中のメディアと「やり合う」ところ。彼女は、アスリートの言葉の中に込められた感情、情報をできるだけ正確に伝えなければならない。それらの情報はおそらく全てのメディアに掲載されることになる。「人民日報」、「ニューヨークタイムズ」、「読売新聞」…


(中略:中国の
任子威選手、韓国のファン・デボン選手についての部分です。)


小さい頃から今まで、李文瑨は決してスポーツファンだとは言えなかった。北京冬季オリンピックの仕事に参加したことで、彼女に初めて少し好きだと思うアスリートができた。中国の武大靖だ。しかし羽生結弦のその会見は彼女に競技の範疇をはるかに超越したところにあるオリンピックの魅力を感じさせてくれた。

 

その午後、記者たちは30分前からプレスルームを埋め尽くしていた。羽生結弦は入ってくると、まずは全ての人に向かって深々とお辞儀をし、一人で演台に上がった。演台の下にいる広報担当者が、挙手をして質問を始めて良いと説明すると、真っ先に羽生結弦が自ら手を挙げ、まず話をさせてほしいと申し出た。仕事の様々なプロセスについて既に熟知している李文瑨は、問題なく対応することができたが、しかし彼女は防音ガラス越しのプレスルームから、これまでに感じたことのないある種の厳かな空気を感じた。

 

同時通訳 3


ガラス越しに羽生結弦の表情と仕草がはっきり見えた

 

羽生結弦北京冬季オリンピックで唯一、8種の同時通訳が付いたアスリートだった。羽生結弦に勝ったフィギュアスケート金メダリストのネイサン・チェンですら、付けた通訳は5種だけだった。

 

35分間のインタビューで、羽生結弦は一つ一つの質問にとても真摯に応えた。彼の受け答えは的確で、心に響くものであった。「とても驚きました。彼は本当に誠実でした。私は自然と彼の言葉と感情の中に引き込まれていました。」同時通訳の声を聞いていると、4Aを完成させられなかった自分を慰めながらも、やはりどうしても納得できない人物はまるで彼女自身かのようだった。

 

インタビューが終わって羽生結弦が立ち上がり、座っている報道記者に深々とお辞儀をした時、ライブ放送の画面は既に切断されていた。同時通訳者たちも仕事は終了したと思っていたが、何と羽生結弦は再びマイクを手に取り、小さな黒い部屋に視線を向けて言ったのだ。「通訳の方も、ありがとうございました。」そしてもう一度お辞儀をした。

 

李文瑨は言う。「全く思いもよりませんでした。彼の通訳者への感謝の言葉を訳し終えると、私は堪え切れずに泣いてしまいました。もともとはその男の子にそれほど興味があったわけでは無かったのに。」

 

退場の際には同時通訳はもう必要ない。羽生結弦は全部で5回お辞儀をした。4回は集まっている人たちに向かって。最後の1回は壇上から降りた後にオリンピックの旗に身体を向けて。李文瑨に最後のお辞儀は見えなかった。撮影記者や現場のスタッフが一斉に押し寄せて小さな黒い部屋からの視界は遮られてしまったから。

 

彼女はきっとこの記者会見を永遠に忘れないだろう。それは人類で初めて4Aに挑み、失敗した会見。しかし羽生結弦の小さな宇宙はまだ燃えるように熱い。

 

冬季オリンピックでの経験は李文瑨のスポーツへの思いを作った。「今、思います。スポーツはみんなを団結させることができる。任子威、ファン・デボン、羽生結弦、みな同じだと思うんです。アスリートは競技場では成績を争っているけれど、みんな一緒に一つのことをしているんです。それはスポーツというもので、人の心を動かすこと。」

 

 3月の冬季パラリンピックが終われば、李文瑨の2年にわたる北京オリンピック組織委員会での体験は終わる。彼女が北京に残るのか、どこかで別の仕事を始めるのかは自分にもまだわからない。しかし彼女は、隣の小さな黒い部屋にいたあの60過ぎのイタリアのおばさんはとてもいいことを言っていたなと思っている。「私はもう40年やってきたけど、まだ続けたいと思っているの。通訳という仕事は毎日新しいことを学べるだけでなく、世界を繋ぐために頑張ることができるから。」

 

おかげで通訳者李文瑨は気付いた。「信、達、雅」が目指す究極の目標。それはまさにオリンピックのモットーの中にある「together」だったのだと。


kuppykuppy's diaryより


私自身も、言語は違いますがkuppyさまと同じく、大分以前に通訳の仕事をやっていた時期があり、思わず感情移入してしまいました。

1回1回の仕事が一期一会なので、一度でも通訳させていただいた方のことは、時間が経過しても決して忘れてしまうことはありません。


李文瑨さんは北京の羽生結弦会見を決して忘れることはないと思ます。

一生の宝物のような記憶になることと思います。


北京 同時通訳 5





今日はひな祭り。


A28ACE50-A8CA-4F0B-B20D-2EBD932C7C55

今年のお雛さま。




お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
LOTTEの新聞広告
誇りを掴みました
ハーネスで4A降りていた!
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 14:11|Permalink

2022年01月20日

織田さん新著は結弦くんへのエールだった




「フィギュアスケートとは”生き様を観るスポーツである」 

織田信成さんの新著のタイトルです。


6869DAA9-8ECB-4B20-A965-2BCEC9343D0C



平昌オリンピック以降の4年間のフィギュア界の移り変わりと、日本のフィギュアスケートを担ってきた選手たち、そしてもうすぐ始まる北京オリンピックの注目選手についても書かれています。


特に羽生選手に関しては第4章として、特別な章を捧げています。

題して、
第4章 歴代最高のフィギュアスケーター、羽生結弦選手のこと

本当は第1章から順に読むべきなのでしょうけれど、やはり最初に第4章に飛びつくように読んでしまいました。

全体が207ページの内、第4章には35ページが割かれており、本の6分の1が羽生選手のこととなっています。

本は1月17日に出版されたばかりなので、詳しい内容までは書かないつもりですが、特に織田さんの強い想いを感じた部分のみ引用させていただきました。




織田さんは羽生選手より8歳年上ですが、羽生選手は後輩ながら憧れの選手なのだそうです。

こんなジャンプが跳びたい、こんなスピンをしたいと夢見たすべてを形にしたら羽生結弦になった。そんなふうに思えるのだそうです。


織田さんと羽生選手の最初の接点は2008‐2009シーズンの全日本選手権で、その時織田選手は優勝し、14歳の羽生選手は初出場で8位でした。


その翌年のグランプリファイナルに二人共出場していて、羽生選手から挨拶してくれたのが最初の出会いだったのです。
ですから、もう13年くらいの付き合いということになりますね。

二人共、フィギュアスケートオタクと言っていいほど、四六時中フィギュアスケートのことを考えているので、試合やショーで会えば、フィギュアスケートの話は尽きないのだそうです。

壁ドン 2 (3)



ここで突然、二人で温泉に入った!という、ショッキングなエピソードが出てくるのですが、これは意外でした。
羽生選手といえば、食事も入浴も、一人静かに別行動をとるようなイメージがありますが、なんと織田さんと2人で温泉に入ったことがあるそうなんです!!


平昌オリンピックの後、静岡で行われたアイスショーの時ということですが、それはおそらく2018年のファンタジー・オン・アイスの時だと思われます。


18 FaOI 金沢 finale 11_Fotor


私もその静岡公演を観に行っていましたが、出場選手の宿舎は、会場近くの「北の丸」という、和の伝統を生かした大きな旅館だったのです。


{2ee124bd-13fe-4bc7-a9ff-d14b43c215de}


FaOI静岡公演の間は、出場者用の貸し切りだったそうです。

北の丸 FaOI 2018 静岡


記念写真の真ん中に羽生選手、一人置いて織田さんがいますね。

とても素敵な旅館なので、私もいつか必ず泊まってみたいなと思っています。

平昌オリンピックで優勝して2連覇を果たし、羽生選手もリラックスして過ごせたのでしょうね。

それにしても2人だけで温泉なんて・・・そんな経験あるの多分織田さんだけでしょうね。

北の丸 温泉


織田さんはその時初めて、羽生選手のある変化に気づいたということです。

平昌以降の羽生選手の競技やオリンピックに対する発言が前よりもまるくなったなぁとも感じるそうです。
そしてそこがちょっと不満だとも。


織田さんは、羽生選手は「フィギュアスケートに興味が無くても、ルールを知らなくても、一目演技を観たら虜にしてしまう。そんな羽生結弦こそ歴代最高のフィギュアスケーターにふさわしい」と言っています。

しかし彼が頭角を現したころは、実はめちゃくちゃイヤだったそうなのです。
彼が全日本選手権を2連覇したころ、それは全盛期を迎える少し前のことであったにもかかわらず、
「僕たちの心をバット一振りで折ってしまうくらいの技術と精神力がすでに彼にはあり」、
めちゃくちゃ悔しかったそうです。


羽生選手のジャンプは天才的というしかないくらいですが、織田さんが一つ選ぶとしたら、やはりトリプルアクセルだということです。
とても印象的な言葉で表現してくださいました。

「それは『跳ぶ』じゃなくて『舞う』なんです」。
「桜の花びらを集めてフワッと投げるあれ、あんな感じです。舞うんです」。


春よ来い



そして4回転アクセルについては、
もし4回転アクセルを成功させれば、それだけで歴史に名が刻まれる。これほど難しいジャンプを成功させる選手がいるとすれば、それは芸術的なトリプルアクセルを軽々と跳ぶ羽生結弦しかいないと。

ただ4回転アクセル成功にはジャンプの幅と高さ、回転軸をいかに早く作るかがポイントとなり、跳ぶ力の方向と回転する力の方向が完璧に合わなければ成功しないと指摘されています。
この部分は体操の内村さん、白井さんと同じ考えですね。
やはりキーポイントとなるところは理論的には分かっている。しかしそれをピタリと自分の体に落とし込むというのは至難の業だということですね。


2019 GPF Torino  4A



それでも織田さんは、「僕の中では彼ならやってのけるんじゃないかという期待がある」と述べています。
大方の人は、「北京には間に合わないんじゃないか」、「もう少し時間がかかるだろう」とか、考える中で、
織田さんは、「北京という大舞台でこそ、羽生選手は奇跡を起こしてしまうんじゃないか」そんな予感がしていると。


最後に、「羽生選手に今僕が望むこと」として、織田さんの「むき出しの本音」が語られています、

この部分は私が一番共感した部分でした。

その最後の言葉には1000%同感しました。

「北京でネイサン・チェン選手を倒し3連覇を成し遂げることも、
次のミラノ・コルティナで市場初の30代金メダリストを目指すことも、
羽生結弦ならば実現可能です。
  ユヅならできる!」



織田さんの新著は結弦君へのエールのために書かれたようにさえ感じられました。
フィギュアスケートへの愛と情熱、温かい人柄とその本音が垣間見える素敵な本でした。

皆さまにもお薦めしたいと思います。

是非オリンピックの前に!





北京オリンピックではどんな解説が聴けるのか、それもとても楽しみになりました。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
待望!「ハニュウ・ジャンプ」
新次元へ☆「ひねり」と「回転」
楽譜の上を振り付けしながら滑っていく
IOCは問題のツイートを削除

 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 00:45|Permalink

2022年01月17日

楽譜の上を振り付けしながら滑っていく




物議を起こしたIOCのツイートは削除され、大谷選手の名も羽生選手の名も削除されてしまいましたが、実際の引退会見はどうだったのか、ノーカット版を朝日新聞社がYouTubeに上げてくれています。


1時間余りある長時間の会見なので、お時間のある時にご覧ください。

IOCがどんなに不自然な編集をしたか分かると思います。


 





IOCのやり方は本当に不愉快極まりないことでしたが、

今日は気分を変えて、羽生選手の素晴らしい音楽表現について考えてみたいと思います。


昨年末の全日本フィギュアのSP『序奏とロンド・カプリチオーソ』で、音楽表現のPCSで10点満点を得たことは記憶に新しいですね。


21 全日本 SP プロトコル

音楽の表現については、羽生選手を超えるスケーターはいないと言っても過言ではないと思います。


1月7日に発売されたNumber1043号に掲載された、昨年ショパンコンクールで2位に入賞した反田恭平さんが羽生選手の『バラード第1番』について語っている言葉がとても印象的でした。


「たとえば、ピアノでは左手で弾くバス音(低音)がボンと鳴るときに、彼は氷上を回りながら足で蹴っている。そういった動作からは、ショパンの作品の意図を表現し、観客へと伝えるようなものがあると感じました」


17 ロステレ sp  25




「演技冒頭に4回転ジャンプを跳んだ後、音が下降するときに音の高低差をうまく利用して踊ってますよね。さらに、その後一瞬動きが止まり、次の振り付けに移っています。こうした”間”の取り方も非常に秀逸です」


17 ロステレ sp 19_Fotor



また全体的に、足の動きはピアニストにとっての左手のバス音を表し、上半身や手の繊細な動きは右手、メロディーや雰囲気を表現しているように見えます。
このプログラムは『バラード第1番』という曲を氷上に具現化したものといってもいいかもしれません」




足がピアニストの左手、上半身や腕や手の動きがピアニストの右手にあたるという考えは、
ピアニストならではの見方として、とても新鮮でした。

それからは、羽生選手の演技を観るとき、いつもピアニストの右手と左手の音を意識して感じるようにしています。

17 ロステレ sp 27_Fotor




そしてもう一つ、ずっと印象に残っている記事があります。

それは昨年12月24日付の朝日新聞デジタルの記事なのですが、
この中で語られた羽生選手の言葉です。


 「(僕の中の)イメージだと音符があって、その上を振り付けをしながら滑っていく」

楽譜 イラスト
(この上を結弦くんが滑っていくイメージ。) 

2014―15シーズンの世界選手権から2季連続で使用したショパンのピアノ曲「バラード第1番」について、15年夏に語ったことだ。繊細な旋律のこの曲を平昌五輪でも使用し、見事に五輪連覇を成し遂げた。


そして今シーズンは、


「ジャンプありきのプログラムじゃなくて、その曲とか自分の感覚ありきのジャンプみたいな。そういうプログラムにできたら」

「自分の曲に編集されているから、曲が中心にあってプログラムとか振りがあるんじゃなくて、僕があってのその場があって、空気があって、プログラムがあるっていう感じをだしていければ」


ロンド 5 スポニチ



「自分の中で羽生結弦っぽい表現、羽生結弦でしかできない表現のあるSPがどんなものがあるのかなと思ってずっと探していた」

 その末にたどり着いたのが、「序奏とロンド・カプリチオーソ」だ。


ロンド 2 スポニチ


 「先シーズン、すごく心が折れてつらかった時期に滑って、活力をもらった清塚さんのピアノにしたら、もっと気持ちを込めて滑ることができるんじゃないか」


ロンド 4 スポニチ


 111・31点で首位に。思いをピアノの旋律に乗せ、羽生にしかできないプログラムをつくりあげた。


ソチでも、平昌でもそうだったように、
SPで圧倒的な演技をして、優位性を保ったままFSも決めて優勝するイメージ。


ロンド 6 スポニチ



北京では清塚さん編曲の『序奏とロンド・カプリチオーソ』を完璧に滑ることで、金メダルへの、まさに序奏になりますように。


8C64A87E-4B22-4606-85F2-8259044A8888

オリンピックのSPのラッキーカラーはいつもブルー。

『パリの散歩道』、『バラード第1番』、そして今度は『序奏とロンド・カプリチオーソ』



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
消えた「羽生結弦」
二人の王者*内村航平と羽生結弦
青い鳥、青い空、青い翼、そして蒼い炎
フィギュアスケート通信

 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 20:18|Permalink

2021年12月12日

絶対に許されない政治利用



この東スポの記事、今朝になって気が付き、驚愕しました。

なんと、アイスリンク仙台、スケ連、クリケットクラブと羽生選手に関わる3か所に同文の手紙を送ったらしいですね。

なぜ全日本を控えた大切なこの時期に、羽生選手だけにお門違いな手紙を送ったのか、全く理解に苦しみます。



 
ウイグル


またもアスリートが巻き込まれた。北京五輪への外交的ボイコットの流れが世界中で広がる中、フィギュアスケートの五輪2連覇・羽生結弦(27=ANA)へ送られた3通の手紙がSNSで波紋を広げている。

問題のツイートは9日に投稿。中国の人権侵害に反発する投稿者は、羽生へ北京五輪ボイコットを呼びかける意図をつづった上で、羽生に関連する団体や組織など3か所に当てた手紙の写真を公開。これが拡散されると「羽生君を政治利用するな!」「選手の人権を侵害している」「池江選手にやった行為と同じだ」と批判が殺到した。  今夏の東京五輪開幕前には競泳・池江璃花子(ルネサンス)が一部の五輪反対派から「辞退して」と強要されて騒動となった。池江は「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません」と悲痛な叫びを吐露し、アスリートへの誹謗中傷は大きな社会問題となっていた。今回は冬季スポーツの主役が政治的な騒動に巻き込まれた形。そもそも羽生は北京五輪の出場を明言しておらず、完全な〝飛び火〟といっていい。  北京五輪を巡っては米国、オーストラリア、カナダ、英国がすでに外交ボイコットを表明。日本国内からも追随すべきとの声が出始めている。





影響力ある有名人なら他にもたくさんいます。
フィギュアスケートに限っても、宇野選手や鍵山選手はじめ、ネイサン・チェン選手、コリヤダ選手などにも送ったのですか?
なぜ羽生選手だけなのですか?


結局、講義殺到で、今日になって問題のツイートを削除しましたね。




この団体の代表の遠藤修一氏とは、日守党(中国共産党から日本を守る党)という政治団体の代表を務めている人物です。

こんなことを言っている団体です。
「私たちは選挙を目的とする選管届け出済政治団体であり、私たちの政治的最重要テーマである「中共解体」の実現に向けて問題周知や媚中共議員に対する強力な落選運動が必要と考えています。そのためには幅広い連携も必要です。中共解体の一点で共闘しませんか?」


泡沫政治団体のバックに何がいるのかは分かりませんが、この大切な時期に羽生選手に意味もなくストレスをかけてくる行為は、
私は羽生選手に対する攻撃と同じとみなします。


有名人人の宿命とはいえ、どうか羽生選手がこのようなことに煩わされず、ご自分の健康とプログラムの完成に向けて集中できるよう祈るばかりです。




先程関東地方で結構大きな揺れを感じる地震がありました。

最近日本各地で中規模の地震が多発していて心配です。
準備は常に怠りなくしなければと思うこの頃です。

「羽生結弦展 共に、前へ」最後の会場は長崎となったのですね。

新型コロナのため中止になった会場も多かったので、いつかまた開催してほしいなと思います。
東京にももう一度来てほしかったな。




長崎の展示会の主催者は「ノッテステラータ・プロジェクト実行委員会」と名付けらました。


結弦くんの想いは全てこのプログラムの中に込められていると思います。




浄化されます。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 13:38|Permalink

2021年11月18日

来シーズンでも構わない




東スポさんがまた良い記事を書いてくれました。

私も全面的に共感します。    

心配ご無用だ。フィギュアスケートの五輪2連覇・羽生結弦(26=ANA)がグランプリ(GP)シリーズ第6戦ロシア杯(26~28日、ソチ)の欠場を発表。同第4戦のNHK杯に続く回避となったが、王者が見据える「夢」への影響はほとんどなさそうだ。

 現在、人類初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦中の羽生は、NHK杯開幕前の練習で転倒して負傷。「右足関節靱帯損傷」と診断された負傷箇所について「動きによっては痛みが出てしまいますが、日常生活では、痛みの影響がなくなってきました」とコメント。

3連覇が懸かる来年2月の北京五輪の最終選考会は12月の全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)だが、仮に欠場したとしても「選考の土台からは落ちない」(日本スケート連盟の竹内洋輔強化部長)。選考基準に記載される「世界選手権3位以内に入賞した実績」に該当するため、出場可能なのだ。

しかし羽生が目指すのは「北京五輪」ではなく、あくまで「4回転半」だ。そもそも現時点で五輪出場の意向を一度も明言していない。
つまり焦って全日本選手権に照準を合わせる必要もなく、万が一、北京五輪に間に合わなくても問題はない。

かねて羽生は4回転半について「試合で決めて公式の記録にならないと意味がない」と話しているが、実現するなら来季でも構わない――。そんな大きなスケールで考えている可能性は大。
今はただひたすらケガの完治に努め、夢の実現に向かうのみだ。

東スポ記事

なぜか羽生選手は今シーズン限りで現役引退するかのように考える風潮があるように感じますが、私は、彼は意外にもっと長いスパンで考えているのではないかなと思っています。

4回転アクセルにしても、ただ跳べばよいというのではなく、羽生結弦基準の完全な形でプログラムの中に溶け込むように美しく跳びたいということであれば、何回か成功した程度の完成度ではなく、完全な形を創りあげるには、それなりの時間が必要なはず。

それを考えれば、今シーズンに完成するとは限らないわけです。

だからこそ、羽生選手は北京オリンピックをそれほど重要視していないのではないかと感じています。

北京は4回転アクセル成功の「途上にあるならば」、とはそういう意味ではないでしょうか。
つまり4回転アクセルの完成は、北京オリンピックの先にある可能性があるということです。


21 国別 4A 1


むしろ仮に北京オリンピックに出場するのならば、まだ完全ではない(と思われる)4Aにこだわるよりは、4Lo、4Lz、4S、4T、そして新たに身に着けた4Fを含む、5種類の4回転を駆使して、クリーンな演技をすれば3連覇も見えてくるのではないでしょうか。

4A,4Aと周囲から煽られて、怪我を抱えたこの時期に、無理にプログラムに入れる必要はないと思います。

今シーズンは怪我をする選手が多いことを考えると、無理をして回復不可能な怪我をしてしまうことこそが最大のリスクです。


周囲の期待はこの際無視して、自分のペースでゆっくりと、結弦くんの子供の頃からの夢である4回転アクセルを完成させてほしいと、心から願っています。



21 国別 4A 3




どこでまた会えるのか、いつ会えるのかわからないけれど、
いつまでだって待っていますから。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 15:50|Permalink

2021年10月29日

HND⇒PEK TIME TO FLY




今度はANAからプレゼントキャンペーンのお知らせです!


週明け、11月1日(月)10AMのツイートで発表です。

 


ANA 応援キャンペーン2021 1



ANA 応援キャンペーン2021 3

たくさんの自分をこえてきた


ANA 応援キャンペーン2021 5



ANA 応援キャンペーン2021 2

なら、ワクワクするしかない


ANA 応援キャンペーン2021 4

FLY YUZU

ANA 応援キャンペーン2021 6



ANA 応援キャンペーン2021 7


いってきまーす


ANA 応援キャンペーン2021 HND-PEK


チケットの行く先に注目!!

HND ✈ PKN  

北京へ

遂にその時が来る?




ANAのキャンペーンと同日の11月1日(月)からはメゾンコーセー銀座で紫Origin衣装の展示が始まり、
同時にYU ZU RU Collectionの予約品引き取り開始。

11月2日(火)から西川WARM SLEEPキャンペーン開始。

11月4日(木)Phiten 金の羽根ネックレス発売開始。


11月第1週はイベントラッシュです。


そして第2週はいよいよNHK杯がやって来ます。

そのころにはSPの新プログラムも分かりますね。

何だろう?
とても楽しみ。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 18:15|Permalink

2021年09月30日

北京五輪は中国本土の観客のみ






北京冬季五輪の観戦チケット、本土の観客のみ販売

北京オリンピック



[ベルリン 29日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は29日、2022年開催の北京冬季オリンピックのチケットを中国本土の観客にのみ販売する方針を明らかにした。
また、新型コロナウイルスワクチン未接種の選手は北京に到着後21日間の隔離措置が必要だという。

同委によると、北京大会の組織委員会はIOC理事会に対し、2022年冬季大会を「予定通り、安全かつ成功裏に」運営するための原則を通知した。

北京大会は2月4日に開幕する。ワクチン接種は義務化されてはいないものの、米国など複数の国のオリンピック委員会は参加する全てのチームメンバーにワクチン接種を要請している。
 




想像はしていましたが、やはり中国本土の観客に限定されると発表されました。

ワクチン未接種の選手に21日間の隔離措置が要求されるとは厳しい条件です。

健康上の理由でワクチン接種できない選手は参加を躊躇する可能性もあると思います。



羽生選手にとって最後の五輪になるかもしれないと思い、
行けることを願って予約していた北京のホテルを泣く泣くキャンセルしました。



21 World FS 小海途



(でも実はミラノ五輪も諦めてはいないのです!4A成功したら、さらに羽生選手の理想とする4Aに仕上げるためにミラノ五輪まで時間をかけるのもいいかなという思いを込めて。)



21 World CM 3




お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 09:32|Permalink

2021年09月24日

羽生結弦をリスペクトする人々




雲に隠れて見えなかった中秋の名月、
昨夜、2日後でしたが、綺麗な月を見ることができました。


『Notte Stellata 』の歌詞を思い出しました。


月を映す湖をごらん

2016 SC ex ISU (2)

空の星が僕たちのために輝いているよ

SC ex   (2)


やはり月を見るとこの曲を思い浮かべます。
月にはスワンが似合いますね。





冬季オリンピックまで5か月を切った今、
北京は是非とも羽生結弦選手に来てほしいようです。



  • 国籍:日本|生年月日:1994年12月7日
  • オリンピック競技/専門:男子シングル

主な成績

  • オリンピック:金メダル2個(ソチ2014、平昌2018)
  • 世界選手権:優勝2回、2位3回、3位2回
  • 四大陸選手権:優勝1回、2位3回
  • グランプリファイナル:優勝4回、2位2回

フィギュアスケート男子シングルで2連覇中の王者・羽生結弦は、北京2022での勝利が有力視される選手。羽生が優勝すれば、同競技では1928年以来の3連覇達成となる。日本が生んだこの天才アスリートが新たな歴史を刻んだとしても決して驚くことではない。羽生はオリンピックのフィギュア男子シングルにおいてアジア人初、男子スケーターとして1948年以来の最年少で金メダルに輝き、スーパースラムを達成(シニアとジュニアの主要大会すべてを制覇)した唯一の男子シングル・スケーターなのだから。

これまでに世界記録を19回も塗り替えた羽生は、史上最高とまでは言わないまでも歴史上偉大なスケーターとして広く認知されている。つまり、北京2022での羽生の滑りからは目が離せないということだ。

 
短くて手際よい説明ですが、一つだけ言いたいことが。
それは「史上最高」でしょ!ということ 。

「GOAT=the greatest of all time」と呼ばれているのですから。




羽生選手をリスペクトする有名人の長い長いリスト

「美しき4A」さんが作って下さった力作です。

本当にありがとうございます。


以下、14ページに亘る291名の膨大な全リストは【美しき4A】さんのTwitterでご覧ください。


教育界、芸術界、スポーツ界、放送界、その他諸々の世界で、羽生選手をリスペクトし、応援してくださる方々はまだまだ沢山いらっしゃると思います。


このリスト、羽生選手にも見ていただけるとよいですね!

きっと見て下さっていると思います。



北京オリンピックは一つの大イベントではありますが、

それよりも何よりも、ケガ無く4Aを成功することができますように。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 05:05|Permalink

2021年09月20日

一起向未来?








[北京 17日 ロイター] - 2022年北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は17日、北京の首都博物館で式典を行い、大会スローガン「共に未来へ(一起向未来)」を発表した。

大会の文化式典事務局長は、スローガンについて「オリンピック精神を中国流に表現したもの。『共に』という言葉が、一種の団結力、結束力、そして困難を克服する方法を表している」と説明。地球規模の課題を、人類の未来を共有する共同体として克服していくことを意味していると述べた。

北京冬季五輪は2022年2月4日から20日まで開催される。



北京冬季オリンピック、スローガンは「共に未来へ」

22 北京オリンピック スローガン


偶然かもしれませんが、「共に、前へ」と完全にシンクロしていませんか。

共に前へ カバーページ




先日は駐日中国大使館がツィッターで羽生結弦選手にエールを送り、




北京冬季オリンピックのテーマソングのプロモーションビデオでは、アスリートたちの最後に現れるのは中国の選手ではなく、羽生結弦選手。



22 北京オリンピック テーマソング 1



政治的には決して良好とは言えない日中関係にも関わらず、羽生結弦選手は別格のVIP扱いですね。




過密スケジュールで心配だった男子シングルのスケジュールが変更されました。

これまでは団体FSの翌日が個人 SPでしたから、

22 北京オリンピック スケジュール



団体FSが2月7日から2月6日に繰り上がることによって、変更後は一日 だけですが間が空きました。     


1日だけとはいえ、団体FSを滑る選手の負担が軽減されてホッとしました。


しかし北京オリンピックが無事開催されるまでの道のりのはまだ不確定要素も多く、実際にはどんな形になるのかも定かではありません。



日刊スポーツ記事より>

新疆ウイグル自治区などへの中国政府の対応を巡って大会ボイコットや放送の自粛を求める声が世界各地であがる。さらに、まだまだ世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスの影響も心配になる。大会そのものが中止になることはないだろうが、どんな大会になるかは想像もつかない。

観客についても、組織委員会からは何の発表もないまま。中国政府は大会時の海外からの入国者を3万人以内におさえる計画だが、これだと選手、スタッフ、関係者らでいっぱい。少なくとも海外からの観戦者を受け入れる余裕はない。

国内の観客だけを入れる可能性もあるが、これも簡単ではない。15日には内陸部の西安で「全国運動会」が始まった。日本の国体にあたる国内最大規模のスポーツイベントは、そのまま北京大会のテスト。厳格な感染対策をとった上で観客を入れて行い、その検証によって北京大会の観客の有無などを決めるという。

観客だけではない。選手や関係者にとっても、厳しい現実が待つ。大会組織委員会は来月にも感染対策用の「プレーブック」を発表する予定だが、内容は東京大会以上に厳しいものになりそう。入国時の検査や証明書提出はもちろん、その後も隔離など行動を制限されることは間違いない。



諸々考えると、残念で悲しいけれど、北京で羽生選手を応援したいという望みは叶えられそうもありません。


22 北京冬季オリンピック フィギュア会場

フィギュアスケート会場


22 北京オリンピック 会場 2

会場内部は『天と地と』カラーに思えるのですが・・・

果たして結弦くんがここに降り立つ日は来るのでしょうか。




今はただただ羽生選手の健康と安全と4A成功を望むだけです。



今日は先日の卓上カレンダーに続き、壁掛けカレンダーが到着しました。

5292B682-D45A-4EC7-B240-DEC02D50E568


箱を開く瞬間がいいですよね!

神々しいほどの『花になれ』が現れました。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 14:58|Permalink

2021年06月21日

相対的価値と絶対的価値




もうすぐ終わりを迎える今シーズン、

試合は、全日本選手権、世界選手権、国別対抗戦と、たった3つでした。


ショート3回とフリー3回の6回だけの試合の、
最後のフリーの最後のジャンプはこの美しい3回転アクセル。


gifmagazine - 2021-06-21T113024.116



「ここ2試合、トリプルアクセルがあまりにもうまく決まらなくて、すごくショックを受けたというか、悔しかったというか。
なんかトリプルアクセルに対してすごく申し訳ないなっていう気持ちでいました」。


「絶対にきれいに決めてやるんだ、4回転に続く道をここで示すんだという気持ちで、トリプルアクセルに挑みました」。



このトリプルアクセルについて、
フィギュアスケートマガジンの山口さんは、こんな風に語っています。

「近い将来、羽生の4回転アクセルが私たちの目に触れることになる。
その成功ジャンプへの『履歴』を振り返った時に、ストックホルム世界選手権が、そしてこの国別でのトリプルアクセルが、強い存在感をもって歴史に刻まれるだろう」。


21 国別 4A 5

何度転んだって、

21 国別 4A 9

挑戦を楽しんで。

21 国別 4A 10

そうして、いつか掴み取る。

21 国別 4回転アクセル合成 小海途
(スポニチ・小海途さん作成4A合成写真)



点数の記録はいつか破られるだろう。

オリンピック金メダルは4年ごとに誰かが手にするだろう。


しかし、史上初の4回転アクセルを跳んだという記録は誰も破ることができない。

それは初めて成功した人に1回だけ与えられる永遠の記録。

だから、羽生結弦は史上初ということにこだわる。



2016年フィギュア史上初の4回転ループ成功

そして今度はフィギュア史上初の4回転アクセル成功を目指している。




(設定ボタンから日本語字幕が選べます)


「僕にとって最終目標は、オリンピックで金メダルではなくて、
あくまでも4回転半を成功させること」


今の羽生選手にとっては、
オリンピック金メダルは相対的な価値で、

それに対して、
4回転アクセル成功は絶対的な価値


それを目指す過程に北京があれば通過点とすることはあるのだろうが、

もうそれさえも4回転アクセル成功のための一つの機会でしかなくなっているような気がする。




ワクワクする新シーズンがもうすぐ始まります。

羽生選手の夢が叶うその瞬間が見られるシーズンとなりますように、



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 15:13|Permalink

2021年06月06日

東京五輪について思うこと




東京オリンピックまで1か月半となった今でも、果たして開催されるのかどうか、全く混沌とした状態が続いています。

東京五輪 BBC


ここに来て、かなり政府よりだと思われていた新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長までもが、「パンデミックの中での開催は普通でない」とまで言い出しました。

政府はこれに対して「自主的研究」とか言い出しています。
都合の良いところは「専門家の意見」を利用し、不都合な発言が出ると今度はそれを「個人的意見」とするという、ご都合主義には呆れてしまいます。


そんな中で、昨日目にした、元ラグビー選手で、現在は大学教授の平尾剛さんのインタビューが、私の感じていることを代弁して下さったように感じましたので、シェアさせていただきます。



ラグビー元代表・平尾氏が "東京五輪"の闇を斬る
2021年06月05日 06時15分 東スポWEB

このまま開催に突き進んでいいのか。東京五輪の開幕まで、残り50日を切った。国際オリンピック委員会(IOC)は緊急事態宣言下でも行う方針を示し、大会組織委員会の橋本聖子会長(56)も4日の定例会見で「100%の開催ができるように準備していく」と改めて明言した。新型コロナウイルス禍で多くの国民が不安を抱える中、かねて五輪のあり方に疑問を抱いてきた神戸親和女子大の教授で、ラグビー元日本代表の平尾剛氏(46)が緊急提言。強行開催によって生じる弊害とは――。


 ――以前から東京五輪に違和感を覚えていた

 平尾氏(以下敬称略) コロナが流行する前の2017年から反対している。社会的に弱い立場にある人たちに負担をかけていることがその理由だ。シンガポールのコンサルタント会社「ブラックタイディングス社」に(東京五輪招致委員会がコンサル業務として)約2億3000万円を振り込んだ件の疑惑があやふやになったままなのもおかしい。

 ――現在は東京五輪の開催に否定的な声が多い

 平尾 IOCはコロナ禍でも必ずやるという姿勢を崩さない。開催国への配慮もなく、国民の命も顧みない。ここまで露骨な態度にはあぜんとする。(日本側の説明も)筋が通っていないし、社会全体をきちんと見た上で物事を決めているとは思えない。大会組織委員会が看護師500人の確保を要請したことで一線を越えた。今、多くの医療従事者がコロナ対策の最前線で身を削っている。それが分かっていればこんな要請はできないはず。

 ――筋が通っていないと感じる点は

 平尾 そもそも開催の目的が何なのかがはっきりしない。見込まれる経済効果も試算がずさんで、インバウンド需要が期待できなくなった今は絵に描いた餅となった。国民経済ではなく、関係者の利益を優先しているにすぎない。「夢や感動を与える」「国民同士の絆を」とも言っているが、もしそれが目的なら今は開催する必要はない。夢や感動、絆は安定した生活を送ることができる平時において感じられるものである。

――スポーツの価値が下がってしまう

 平尾 スポーツへの見方がどんどん厳しくなっている。あれだけ「お酒を提供するな」って言いながら、選手村ではお酒がOK。飲食店経営者は憤って当然だ。「結局スポーツだけ特別扱いなのか」という雰囲気が広がっている。このままスポーツの価値が下落すれば、将来スポーツをする人が減るだろう。子供たちは、親など周りにいる大人の声掛けや考え方に影響を受けて、スポーツや習い事を始めることがほとんど。スポーツに否定的な人が増えれば、おのずと子供のスポーツ離れは加速する。

 ――アスリートの発信も少ない

 平尾 この期に及んでもスポーツ選手は自分の意見を発信していない。「なんでスポーツ選手は何も言わないのか」「これでいいと思っているのか」など、懐疑的なまなざしも増えている。社会全体が苦しんでいる状況なのに何も発言をしないというのは、スポーツ選手は「パフォーマンスしかできない」「社会に対して関心も持っていない」存在だということを、自ら認めることになる。このままだと、社会とスポーツが切り離されてしまう。

 ――アスリートが発信できない原因は

 平尾 端的にいって知識と教養の不足だと思う。ただこれは選手個人の問題だけでなく「パフォーマンスさえ発揮すればいい」という指導をしてきたスポーツ界全体の構造的な問題でもある。「結果を出せばそれでいい」という勝利至上主義と、それを果たすための「シンプル思考主義」の帰結だろう。こうしたスポーツ教育を根本から見直す必要がある。

 ――五輪の姿を見直すべきか

 平尾 いったん、やめてはどうか。マイナーチェンジだけでは抜本的な解決はできないと思う。IOCを解散し「参加することに意義がある」という理念に立ち返って、これまでとは違うまったく新しい大会を創設してはどうだろうか。

 ――東京五輪を中止するべきだと考えるか

 平尾 もちろん中止にするべきだ。開催すればかなりの確率で感染者が増えることが予測される。再び緊急事態宣言を発出する事態にもなりかねない。宣言発出による経済的な損失は莫大だ。それと中止による損失をてんびんにかければ、今からでも中止にしたほうが損失は少なくなる。社会にかかる負担が軽減されれば、国民一人ひとりの生活も回復傾向に転じるはずだ。もう一線は越えてしまった。対話すらできない現実をしっかり捉えた上で、再びスポーツの価値を一からつくっていかなければならない。

 ☆ひらお・つよし 1975年5月3日生まれ。大阪府出身。中学時代にラグビーを始め、同志社香里高、同志社大を経て、神戸製鋼に加入。1999年ラグビーW杯では、日本代表に選出された。しかし2005年ごろから脳震とうの後遺症に悩まされ、2年後に現役を退いた。自身のケガを機に、06年から神戸親和女子大学大学院の文学研究科修士課程教育学専攻で研究をスタート。現在は同大の発達教育学部ジュニアスポーツ教育学科で教授を務めている。182センチ。 



私自身は2013年に日本がオリンピック開催国に立候補した時から強い違和感を感じていました。

それは東日本大震災のわずか2年にも満たない2013年1月7日のことでした。

オリンピックを開催するよりも被災地救援が先だろう!と強く感じていました。

オリンピックに掛ける莫大な予算を被災地救援にかけていれば、もっと早く、もっと良い支援ができたはずです。
当時の安倍政権は、こともあろうに、「復興五輪」というスローガンをあげ、被災地を宣伝文句代りにしたのです。
現在ではそんな言葉は一切出てこなくなりました。

「アンダーコントロール」と明言したはずの汚染水は、遂に海洋放出する方向が決まっています。

そもそも開催動機が不純で、不祥事続出の東京五輪について、良い話は一度も聞いたことはありません。

今回の東京五輪で浮き彫りにされた、IOCの人命よりも何よりも、自分たちの利益を優先し、開催都市東京や開催国日本の意向を無視する姿勢を見たら、不信感しかありません。

平尾さんの提言のように、現在の腐りきったIOCは一旦解散して、もし続けるならば、もっと質素で本当にスポーツを愛する人々のための新しいオリンピックに生まれ変わってほしいです。


私は以前から、オリンピックはもうギリシャに返すべき時が来たと思っていました。

オリンピック発祥の地ギリシャで聖火を灯し、その地でアスリートたちが技を競うという、本来の姿に戻ってほしいと思います。

夏季オリンピックの華であるマラソンだって、紀元前450年ころのギリシャとペルシャの戦いの歴史に基づいて、実際にマラトンからアテネまでを走ることで、一層盛り上がることでしょう。

開催費用についても、スポンサーに頼らずに、参加各国が選手団の規模に応じて拠出する形で非商業化を図るべきだと思います。


本来スポーツには、個人の技を競うという神聖な側面があると思います。

現在のような、国威発揚の場としてではなく、個人の鍛錬の結果としての技を競う神聖な場としてのオリンピックに立ち返ってほしいというのが私の願いです。


しかし、夏季オリンピックはギリシャに返すとしても、冬季オリンピックはどうするのかということがありますね。

スケートはリンクがあれば大丈夫ですが、問題はスキーやジャンプ競技が可能かということですね。
ギリシャにもペロポネソス半島の北部には立派なスキー場もありますが、この点だけは一考の余地がありそうです。


北京冬季オリンピックまで、あと8か月後しかありません。

こちらも政治がらみで、実際どうなるのかまだ定かではありません。

賢明な羽生選手ですから、全てのケースを考慮して準備は進めているのだと思いますが、
今はオリンピックは考慮に入れずに、4回転アクセルの完成を目指すというのが「正解」だということは正に正しい答えのように感じています。


今日も怪我のないように、そして健康でいてくれたら、それだけで十分です。



<追記>
作家の赤川次郎さんも一市民として「声」を上げてくださっていました。




最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 14:41|Permalink

2021年04月04日

オーサーインタビューと北京のリンク




世界選手権後のオーサーコーチのインタビュー。

エイミーさん翻訳してくださりありがとうございます。


ユヅルとはかなり長い道程を歩んできました。

彼は自分を持っていて、
彼はかなりのプレッシャーを抱えていて、
彼は日本では神様のようなものなのです。

彼は…違うレベルなんだよね。

多くの人は彼はロックスターと言うけれど、そうじゃない。
スピリチュアルなレベルなんだ。
彼は人々の人生に影響を与えるんだよ。
例えば彼がいるだけで泣き出すし、
彼は何かを持っているんだよね。
生まれ持ったものを。

なぜなのか私にも解らないし、正確にどう言えばいいのか分からないけど、
彼の傍にいることはとても凄いことだよ。
練習の時や、ホテルのロビーを通り過ぎて、
ドアに手を掛け、バスに乗りリンクに向かう時でさえね。

ファンは文字通り開演するまでリンクの外で眠るんだよ。
そうすれば試合の練習が良い席で見れるからね。
何百人もの人がだよ。
これは彼がスケートとファンに与えた影響なんだよ。

かなりの長い道程だったけど、
彼は我が道を行くというところがあるので、
だから、私は彼から多くの指示も受けています。

先週は彼はかなりいい状態で滑っていた。
彼にネイサンのようなライバルがいるのはいいことだよ。
私にとってのブライアン・ボイタノのようにね。
より良いアスリートになる、より良いスケーター、より良い競技者になるには必要なことだと思う。

私は来季に何の不安さえ感じませんね。
彼は努力をし続けるでしょう。

現在、ネイサンは3度の世界チャンピオンで、
ユヅルは2度のオリンピックチャンピオンだ。
オリンピックは世界選手権と比べると全然違うからね。

私は丸一年彼とは会いませんでした。
なので私は彼が送ってきたジャンプや、プログラムのランスルーの動画で彼とやってきました。
私はそれに返信する形でね。
彼に会えなかったので一年そうしたんだ。

アメリカのスケーター達は毎日コーチと滑ることができてたし、
ロシアでは何事もないかのようだったよね。
だから毎日スケートして毎日練習してたし、
2週間に一度は試合をしていたよね。

ユヅルは全日本選手権に出たけど、それだけだ。
私は彼のことをとても誇りに思ったし、
我々のことも誇りに思ったよ。
この普通ではない状況下で多少ともいいスケートを披露できたことをね。


21 World 若杉 インスタ 9


 
来季に何の心配も無いというオーサーコーチの言葉が頼もしいです。

来季には当然ながら北京オリンピックが含まれています。

その会場となるリンクが公開されています。


22 北京オリンピック 会場 3

これはもう、『天と地と』に合わせたとしか思えないようなカラーではありませんか。


平昌オリンピックの会場が『SEIMEI』カラーの紫だったように、

FullSizeRender (971)_Fotor


北京オリンピックは『天と地と』カラーに合わせてきたようです。




21 World FS  若杉 1


「北京は羽生結弦を待っている」
というメッセージが込められているのでしょうか。



オーサーコーチのインタビュー掲載という、明日発売のAERAも楽しみです。







最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 19:21|Permalink