共に前へ

2021年01月13日

notte stellata




昨日は冷たい雨でしたが、東京での最終日となった羽生結弦展に行ってきました。


渋谷駅と会場とのシャトルバスがあることがありがたかったです。

21D042B1-E3C4-4DB4-8EE8-E19CC17A78CB


とても寒く、雨も降っていたため、今日は外で並ばずに直ぐに会場に案内していただけました。

5EF5FB4C-4F2B-46E3-835D-EE94EE161E8A



2度目だったので、改めて展示された写真をしっかり見て、解説文は全て読んできました。


共に前へ 18



共に前へ 石巻



共に前へ 20



『レクイエム』、『悲愴』、『Notte stellata』、

もう一度3つの衣装を見られてよかった。

いずれも、写真で見るよりも10倍くらいキラキラと輝いています。

共に前へ 7


共に前へ 展示 10



共に前へ 展示 8

いつまでも立ち去りがたい思いでした。




最後に、前回買い忘れたnotte stellataのロゴが入ったハンカチを買い、名残り惜しく会場を後にしました。

9D6273E4-2B24-4FEB-8C8D-39889ED51E86



”Y"のイニシャル入りのは、今日私が持って行ったハンカチ。
フワフワの白いタオル地にグレーと金の刺繍。

BARNEYS NEWYORKのオリジナルです。

余談ですが、新宿に行くといつも立ち寄っていたBARNEYS NEWYORK新宿店が2月末で閉店になってしまいます。商品セレクトもお店のインテリアも大好きだったのに。
本家の米国では、BARNEYS NEWYORKは既に経営破綻してしまいました。
素敵なお店や美味しい小さなレストランが姿を消していくのが悲しいです。




今日は福岡、大阪でも緊急事態宣言が出てしまいましたが、
これから巡回開催される予定の、福岡、宮城、大阪、宮崎の会場での展覧会がどうか無事開催されることを願っています。

特に宮城会場での開催期間2月26日(金)~3月14日(日)には、
東日本大震災10年目を迎える3月11日を含んでいます。



共に前へ 展示 4_Fotor


一人でも多くの方に、「共に、前へ」という羽生選手の思いを共有していただけることを願っています。



最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 02:32|Permalink

2021年01月12日

今日で終了、羽生結弦展・東京会場



『羽生結弦展 共に前へ』東京会場の展示が、本日12日をもって終了となることが告知されました。

感染対策もしっかりして、予約制のため混雑することもなく開催されていたのに残念です。


共に前へ カバーページ





本日分のチケット申し込みは現時点でまだ可能です。こちらから。

【開催時間】10:00~18:00 ※最終入場は閉場の30分前まで 
【料金】無料

私は15日に行く予定でしたが、急遽本日に変えて、最後にもう一度見てきます。


共に前へ 0

               


一昨日は矢口亨さんの写真集のオンライン講座に参加して、楽しい時間を過ごさせていただきましたが、
同じくフィギュアスケートを撮るカメラマンとしてベテランの田中宜明さんが5Gマルチアングルを紹介している動画を初めて見ました。

私はauユーザーではないので知らなかったのですが、皆さまはもうご存知でしょうか。


これはかなり面白いツールだと思うし、田中さんが色々と示唆に富むことを話しておられます。






ニュース記事もありました。
12月の記事なので、皆さんもう既読かもしれませんが、私は初めて読みましたのでシェアさせていただきたいと思います。

スポーツフォトグラファー田中宜明が考える、
マルチアングル映像の楽しみ方

2020/12/18(金) 7:04   VICTORY

フィギュアスケートの映像を同時に複数の角度から再生できるコンテンツが、「auスマートパスプレミアム」で2020年9月25日から配信開始となった。映像を4画面の複数アングルで同時に視聴できる機能「マルチアングル動画プレイヤー」を使用し、自由にカメラを切り替えながら演技を楽しむことができる。  20年に渡り、フィギュアスケートを撮り続け、羽生結弦をはじめとするトップスケーターたちの厚い信頼を得るスポーツフォトグラファー田中宣明氏に、マルチアングルが可能にする、フィギュアスケートの新たな楽しみ方を伺った。

■どこから撮るか。選手のアドリブがフォトグラファーを悩ませる

(中略)

各国の放送局で使用されるフィギュアスケートの大会映像の元となる動画素材は、会場にある5台~10台のカメラによって撮影される。それらを開催国の放送局が1本に編集したものが国際映像と呼ばれ、それぞれの国でテロップをつけられて放送される。一方、国際映像に使われなかった部分の動画素材は、今まで一定期間が過ぎると破棄されてきた。このマルチアングル映像では、捨てられてきた動画素材を“有効活用”されている。編集前の生素材が流れるため、開催国ごとのカメラワークの違いが表れるのも、楽しみ方の一つかもしれない。

ー寄りと引き、それぞれで見所が変わりそうです。 田中:現場にいても、距離によって感じるものが違いますからね。近ければジャンプの着氷の瞬間の振動や、エッジが削れる音も伝わってくる。そういう迫力のある画を撮りたいなら近くにポジションをとります。逆に、全身やきれいな軌跡がわかるものを撮りたいなら、リンクの上から撮るようにします。 ー田中さんとしては、どちらからの撮影がお好きですか? 田中:フォトグラファーとしては好みを出さないので、その日のプログラムに応じて、ファンが欲しいと思う写真を狙っています。でも、一フィギュアファンとしてマニアックな話をすると、好きになればなるほど細かいところを見たくなるというのはありますね。フィギュアスケートの刃は二枚になっているんですが、それを切り替えている瞬間とか見たくなっちゃいます。 ーマルチアングル映像では、寄りの映像だけを流すこともできます。 田中:それはいいですね。僕も後から録画でテレビの放送を見ることもあるんですけど、全身の美しさを見たいシーンで、正直「そこで寄るなよ~」ということはよくあるんです。もしくは、アップだとしても顔ではなく足元を見たいとかね。人気選手ほど、どうしても顔ばかりアップになりがちなんですが。 ー足元だけの映像で一曲というマニアックな楽しみ方もありそうですね。 田中:フィギュアスケートが好きな人ほど楽しめるコンテンツですよね。
エッジワークや着氷の瞬間の足元を間近で見ると、勉強になりますよ。ルッツやフリップなどのエッジの瞬間、なんてわかるしね。  今はジャッジスコアも全部わかるから、見比べながら答え合わせもできますね。回転不足と判断された4回転を見返しながら、「だからかぁ」なんて。
ある意味マルチアングル映像はジャッジ泣かせな技術かもしれない。

(中略)
ーあらためて感じる写真の良さというのもありそうです。 田中:写真でしか伝わらない部分というのはずっと大切にしていきたいですね。たとえば演技中の一瞬の鋭い視線。映像だと流れてしまう瞬間ですが、それを印象強く切り取ることができるのは写真の強みです。一方、演技、衣装、音楽のフィギュアスケートの3要素をすべて伝えられるのは映像だけ。補完的に、フィギュアスケートの魅力を伝えていければと思います。  マルチアングル映像のさらなる楽しみ方として、田中氏が解説するYouTube映像を配信するなどの企画も始まっており、田中氏が撮影した渾身の1枚と、そのプログラムのマルチアングル映像を見比べながら、田中氏のフォトグラファー視点を感じることができるものになっている。

現在、「auスマートパスプレミアム」では、フィギュアスケート団体戦「世界フィギュアスケート国別対抗戦2019」、「グランプリシリーズ2020」アメリカ大会、中国大会のマルチアングル映像が配信されている。これまで見ることができなかった未公開の試合映像をマルチアングルノーカットで楽しむことができる。さらに今後は「グランプリシリーズ2020」ロシア大会のマルチアングル映像も配信される予定である。

長い記事なので、記事全文はこちらからお読みください。


このマルチアングル映像、田中さんが指摘しているように、色々な使い方ができそうです。

フィギュアスケートの大会映像の元となる動画素材は、会場にある5台~10台のカメラによって撮影される」のならば、ジャッジングのために設置されるたった1台のカメラよりも演技の技術や表現をずっと正確に捉えているはずですから、このシステムで世界中の人々が試合を見られるようになれば、ジャッジも不正確な判定に言い訳はできなくなるでしょうね。

いずれ遠くない未来には、AIや多方向からのカメラの設置により、現在のジャッジングの時代錯誤的なシステムは改善されると信じたいです。


マルチアングル 1

しかし田中さん、本当にギンガムチェックがお好きなんですね。

私も好きです。
同じく白×黒ギンガムのシャツ、スカート、パンツ、コートまで持っています。



最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 05:06|Permalink

2020年12月18日

グッズで楽しむ




今日は外出予定を取りやめたので、
羽生結弦展で思わず買ってしまったグッズの写真を撮ることができました。

皆さまにもお見せしますね。 


展覧会の出口近くに設置されたこの棚を見ると、やはり欲しくなってしまうのは、
もう、仕方ないと思います。


FullSizeRender - 2020-12-17T032648.804

クリアファイルだけと決めていたのに、

共に前へ クリアファイル G



悲愴セットも買ってしまいました。
これです。
共に前へ 悲愴 E

Notte Stellata、レクイエム、悲愴と、3種類の内で迷ったのですが。
悲愴の衣装が大好きなのと、ブルーの濃淡のコントラストが綺麗だったので、これに決めました。



今日はひとつづつ大切に開けて、写真を撮ってみました。


先ずはシュシュから。

FullSizeRender - 2020-12-18T162112.338

サファイヤ色のクリスタルが効いています。

実際に髪につけてみましたが、サイズ感もグッドで、普段使い用にもう一つ通販で買うつもりです。



FullSizeRender - 2020-12-18T162316.463

我が家のプーさんに試着してもらったら、
プーさんには意外にブルーが似合うことを発見。

ブルーとイエローのコントラストがいいですね!

カナダ産の蜂蜜ボトルを持ってドレスアップしたプーさんの顔が心なしか嬉しそうに見えませんか。

プーさんのお着換え用にも、シュシュは3種類揃えたいです。

しばらくはこのまま飾っておこうと思います。



次はミラーです。

表面はキラキラするラメ加工されていて、薄くて軽いので、バッグのサイドポケットに滑り込ませておくのにピッタリです。

FullSizeRender - 2020-12-18T162346.411



FullSizeRender - 2020-12-18T162356.163

開けると両面がミラーになっているので、メイク直しにも活躍すると思います。


そしてポーチがまた、とっても素敵なのです。


FullSizeRender - 2020-12-18T163510.861



表面のプリント面に、透明ではあるけれどしっかりした素材のオーガンジーを合わせてあり、
その間にクリスタルのラインストーン2本がゆらゆらと動くように取り付けられています。

FullSizeRender - 2020-12-18T163502.764


こんな素敵なポーチ、市販品でもなかなか見つけられないのでは。

広げた時のサイズは幅17㎝、高さ18㎝くらいで、結構たくさんの物が入りそうです。

裏面はネイビーの無地サテンです。


FullSizeRender - 2020-12-18T163457.590

これも絶対もう一つ欲しいもの。



次は扇子です。
今は季節が違いますが、夏になったら是非持ち歩きたいものです。


FullSizeRender - 2020-12-18T162601.441

テーマカラーのペパーミントグリーンの布製の袋に入って、さらにロゴ入りの黒い箱に収められています。




FullSizeRender - 2020-12-18T162614.276

手持ちの羽根のアクセサリーパーツを付けてみました。


FullSizeRender - 2020-12-18T162822.965

広げるとこんな感じです。


クリアファイルも2枚セットになっていて、

FullSizeRender - 2020-12-18T175312.965

衝動買いしてしまいましたが、後悔無しです


通販サイトも見たのですが、お届け時期が4月上旬となっていたので、
それまで待ちきれない方は会場で購入するのがいいのではないかなと思いました。



私はこのセットで今のところは大満足ですが、
2022年2月28日までにはきっと何回か追加購入すること確実です。


そんなわけで、今日の午後はグッズで楽しい時間を過ごせましたが、
ちょっと気になるニュースも見つけました。



スウェーデンで第2波猛威、コロナ対策「失敗した」と国王

配信

【AFP=時事】(更新)強制力を伴わない独自の新型コロナウイルス対策で物議を醸してきたスウェーデンが、予想外に大きな感染第2波の猛威に苦しんでいる。カール16世グスタフ国王(King Carl XVI Gustaf)は、国内で多くの死者が出ている点に触れ、「われわれは失敗したと思う」と述べた。  グスタフ国王の発言は、今年1年間を振り返る公共放送スウェーデン・テレビ(SVT)のインタビューでのもの。番組の予告編が17日に放映された。  専門家らは国王の口調が珍しく厳しかった点に注目しており、政府の政策への強い非難と受け止める声もある。スウェーデンは象徴君主制で、国王は政治的な発言を控えるのが通例。  スウェーデン王室はAFPの取材に、国王の発言は「政治的ではない」と強調。スウェーデン社会全体について言及したもので、「パンデミック(世界的な大流行)により影響を受けたすべての人々に共感を示した」だけだと説明した。 ■11月から死者増加、「パンデミック法」制定急ぐ  17日現在、入院中の新型コロナ感染者数は2500人を超え、4月下旬の感染第1波のピーク時を上回った。一方、集中治療室内の患者数は4月の半分程度にとどまっている。新型コロナ感染に関連する死者数は16日時点で累計7802人となった。このうち1800人以上が11月1日以降の死者で、先週だけで500人以上が亡くなっている。  新型コロナ対策でスウェーデンは、強制力のある措置をほとんど取らず、マスク着用も義務化しないなど独自路線を貫いてきた。市民の「責任感」に頼る方針で、感染対策の勧告を無視しても罰則はない。  メディアが「集団免疫」戦略だと報じる一方、スウェーデン政府が公式に集団免疫獲得を目指していると表明したことはない。ただ、保健当局者らは、春に感染者が多かったことで第2波は弱まるだろうとの見解を示していた。  ステファン・ロベーン(Stefan Lofven)首相は17日、記者会見で国王の発言について問われ、政府がすでに認めたことを繰り返しただけとの認識を表明。「もちろん、これほど多くの国民が亡くなったという事実は、失敗としか考えられない」と述べた上で、戦略全体の「真の結論が導き出されるのは、パンデミックを乗り越えた後になる」と付け加えた。  政府は、来年3月の施行をめどに1年間限定の「パンデミック法」の制定を目指している。施行されれば、公共の場に集まってもよい人数の制限や、事業者の営業時間・サービス提供時間の短縮や休業の命令が閣僚レベルで可能になる。【翻訳編集】 AFPBB News



スウェーデンはこれまで欧州の中でも独自の対応をしてきたのが裏目に出ているようです。

そういう意味では日本のGo Toキャンペーンも、その「独自の対応」が裏目に出ているのが現状です。

やはりマスク、手洗い、ソーシャルディスタンスを基本にするしかないように思います。


来年3月22日~28日の世界選手権の行方が気になりますね。
3月1日~7日の世界ジュニアフィギュアスケート選手権は既に中止が決まっています。


そして全日本、本当に大丈夫なのかな。

結弦くん、何があっても健康第1で。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 17:59|Permalink

2020年12月04日

12月3日のスケ連報告




新たに12月3日付けの報告が日本スケート連盟H.P.に上がっていたのでシェアしたいと思います。



2020.12.03

SPEEDFIGURESHORTJSFSCHOOL
本連盟関係者の新型コロナウイルス感染症発生について、感染者数等を随時発表します。

12月3日(木) 18:00現在

感染者数:11名
療養入院解除後:1名
濃厚接触者数:20名
(内訳)
 陰性:19名
 結果待ち:1名

なお感染者、濃厚接触者については保健所による行政指導に基づく隔離等、また陰性者についても当面の自主隔離等の対応を行い、感染拡大防止措置に努めています。
     12月1日付けの報告はなぜか既に消去されていますが、このようになっていました。
    12月1日の過去記事より転載)

    新型コロナウイルス感染症発生について

    本連盟関係者の新型コロナウイルス感染症発生について、感染者数等を随時発表します。


    12月1日(火) 12:00現在

    感染者数:8名
    濃厚接触者数:22名
    (内訳)
     陰性:10名
     結果待ち:12名

    なお感染者、濃厚接触者については保健所による行政指導に基づく隔離等、また陰性者についても当面の自主隔離等の対応を行い、感染拡大防止措置に努めています。



    12月1日には感染者は8人と記されていたので、
    その後12月3日までに感染者は3人増えているということになります。


    果たしてスケ連はこれでも危機感を感じないのでしょうか。
    スピードスケートではいち早く国内大会を中止し、世界選手権への派遣も取りやめにしているのに、
    フィギュアスケートに関しては、国内大会は有観客、世界選手権には派遣の方向と、余りにも対応が違いすぎませんか?
    なぜなのでしょう???

    無観客にした場合のチケット払い戻しが嫌なのでしょうか?
    その様なことを想像したくはないですが、しかしまた、その様に思われても仕方がないというのも正直な気持ちです。

    正しい方向に向かうのに”TOO LATE”ということはありません。
    もし全日本選手権大会を開催するのならば、無観客、選手及び全関係者へのPCR検査の徹底が相応しい対応ではないかと考えています。

        



    そんな心配と憂鬱をさておいて、
    『羽生結弦展 共に前へ』のオフィシャルグッズも出揃い、通信販売のお知らせが来ています。

    販売は日テレ屋Webが担当です。



    共に前へ 日テレ屋 0
    共に前へ 日テレ屋 1

    共に前へ 日テレ屋 2

    一部防災グッズを除き、受注生産というのは嬉しいですね。

    それに12月16日から来年2月28日までという長期間購入申し込み可能というのも嬉しい。
    迷う時間もまた楽しいかもしれません


    肝心の展覧会来場登録は12月6日(日)午前10時からです。
    東京海上に行かれる予定の皆さま、どうぞお忘れなく。
    こちらから登録⇒ 羽生結弦展 共に、前へ | Peatix


    最後までお読みいただきありがとうございました。

    フィギュアスケートランキング
    ブログランキングに参加しています。


    スポンサーリンク



    withgoldenwings at 14:33|Permalink

    2020年12月02日

    いっそマスクも作ってほしい



    羽生結弦展のグッズが今日も追加されました。


    共に前へ 0_Fotor_Collage

    多目的に使えそうな巾着です。
       
     

    コンパクトミラーとシュシュとリップクリームくらいは入りそう。

    私としては、今までなかなか適当なものが見つからなかった、マスク入れにしたいなと思ってしまいました。

    ビジューで飾られたゴージャスな巾着です


    共に前へ 32


    共に前へ 33




    共に前へ 34

    どれも素敵で、1つだけ選ぶことはできない。



    グッズ欄はもう一つあるので、最後の一つは何でしょう。

    いっそマスクを作ってほしい。

    着けるのが楽しみになるような、素敵なマスクになると思いませんか?





    S-syleのお誕生日メッセージ、まだ募集中です。
    12月7日(月)いっぱいまで大丈夫。



    お祝いコメントは12月25日発売の1月号に掲載されます。
    紙面に載せきれない分も、全メッセージがWebで公開されるそうです。

    どうぞお忘れなく。

    誕生日 2013 19才-2

    お誕生日の結弦くんを想像して。



    最後までお読みいただきありがとうございました。

    フィギュアスケートランキング
    ブログランキングに参加しています。


    スポンサーリンク



    withgoldenwings at 13:24|Permalink

    2020年12月01日

    今度はコンパクトミラー




    なんて素敵なコンパクトミラー

    共に前へ 28_Fotor_Collage

    どれか一つなんて選べない。

    シュシュといい、コンパクトミラーといい、

    共に前へ 24

    やはりこれは伊藤聡美さん監修に違いないと、勝手に思い込む私です。





    グッズはこれで11種類になりました。
    でもまだ空欄は2つあります。

    何が来るのでしょうね。

    今日は一般ニュースにも展覧会開催のニュースが来ています。
    添えられた写真が素敵。昨年のGPFのエキシビションです。


    19 GPF EX

    【羽生結弦展を開催へ 大震災時の生活や思い伝える】
    日刊スポーツ 2020年12月1日12時20分




    そして今日から始まったロッテキシリトールの新しいマルチケースのキャンペーン。

    次から次に新しい何かが始まるので、ついて行けなーい!


    キシリトール キャンペーン 2020 12月 1

    対象商品は4つのボトルです。
    キシリトール キャンペーン 2020 12月 2



    しかもお店では別デザインのバラード第1番のマルチケースなのですね。
    早々と見つけた方もいらっしゃるようです。


    ホープ&レガシーとバラード第1番という組み合わせ。
    どちらも大好きなプログラムなので、どこかで見つけて手に入れたいな。




    前記事に書いたスピードスケート選手の新型コロナ感染について、
    本日付の日本スケート連盟からのお知らせです。

    濃厚接触者の数が昨日よりも増えています。


    日本スケート連盟H.P.より
    新型コロナウイルス感染症発生について

    本連盟関係者の新型コロナウイルス感染症発生について、感染者数等を随時発表します。


    12月1日(火) 12:00現在

    感染者数:8名
    濃厚接触者数:22名
    (内訳)
     陰性:10名
     結果待ち:12名

    なお感染者、濃厚接触者については保健所による行政指導に基づく隔離等、また陰性者についても当面の自主隔離等の対応を行い、感染拡大防止措置に努めています。


    羽生選手も驚いて、感染した選手の皆さんのことを心配していると思います。
    このまま、全日本フィギュアを有観客で実施するとは流石に考えられません。
    しかし考えられないようなことをやってきた実績のある組織なので、安心はできないのです。

    羽生選手はじめ、選手の皆さんの健康をただ祈ることしかできないのが悔しいし、悲しいです。



    最後までお読みいただきありがとうございました。

    フィギュアスケートランキング
    ブログランキングに参加しています。


    スポンサーリンク



    withgoldenwings at 20:28|Permalink

    2020年11月30日

    思い出カレンダーは幻なのか




    綺麗なシュシュ!


    共に前へ 24


     


    衣装デザインをモチーフにしたシュシュと聞くと、もしやこれは伊藤聡美さん監修デザインでは?
    と、勝手に想像してしまいました。


    シュシュとして髪につけるのは勿論ですが、
    ブレスレット好きな私としては、これはセーターの袖口にアクセサリー的に使いたい。

    ゴールドのブレスレットと重ねて手首につけても素敵!


    防災グッズとは言えないかもしれないけれど、災害時の避難の時には髪をまとめるための必需品とも言えますね。


    グッズの空欄は残りあと3つになりました。
    意外性のある品物が出てくるので、今度は何だろうと楽しみです。


    私の希望はノートとペンのセット、
    防水シート、
    ゴム手袋、
    全部が入るリュック
    etc.



    12月16日からの
    羽生結弦展「共に。前へ」
    東日本大震災 あの日、そして今

    楽しみですね。
    でもその前に、12月6日午前10時からの来場登録をクリアしないと。
    忘れないように、カレンダーに書き入れておきました。




    楽しい企画の一方で、大ショックだったのがスポーツ報知さんからのお知らせ

    羽生結弦カレンダーに関するおわびとお知らせ
    スポーツ報知


    この度、報知新聞社発行「羽生結弦 2021 カスタマイズカレンダー」専用販売サイトに、第三者からの不正アクセスがあり、最大1,469人分の個人情報が流出した可能性があることが判明いたしました。

     現在、同サイトを運営する高速オフセット(本社大阪市)が調査を行うとともに、ご購入者さまに個別に通知をさせていただいております。

     また、今回の不正アクセスにより、「羽生結弦 2021 カスタマイズカレンダー」のオンライン販売につきましては中止させていただいております。

     現在、オンラインによらない同カレンダーの販売再開を高速オフセットと協議しております。販売再開の目処が立ちましたら、弊社の新聞紙面・SNS・当サイトなどでご報告させていただきます。

     この件に関しましてのお問い合わせは、h.customize-shop@kousoku-offset.co.jp(高速オフセット「羽生結弦カスタマイズカレンダー」担当)までお願いいたします。なお、不正アクセスにつきましてはサイト(https://yuzuru.cdbg.jp/)におきましてもお知らせさせていただいております。

     皆様には多大なるご迷惑、ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。


    先日の記事にも書いたように、既に使用する写真を選んで、カレンダーを買い物かごに入れていたのですが、もう一つの卓上カレンダーの写真を選んでいる最中にサイトがメンテナンス中なってしまい、今回の不正アクセスのため、結局オンライン販売が中止になってしまいました。

    どういう目的でカレンダー作成サイトに不正アクセスして個人情報を盗もうとしているのか理解できませんが、いくらセキュリティが万全でも、ハッカーはそれを突破して侵入してくるのですね。
    今回のことで初めて実感しました。

    現在オンラインによらない方法を協議中とのことですので、何とかしてこの企画が立ち消えにならないよう頑張ってほしいです。


    IMG_3210


    私のトリノGPFの思い出カレンダー、実現させてください!

    幻のマイカレンダーにはしたくないので。





    そして明日12月1日は、

    婦人画報 2021 1月号

    「羽生結弦 10年の軌跡」という記事の掲載される婦人画報の発売日です。




    羽生結弦 10年の軌跡
    フィギュアスケーター、羽生結弦には「夢」が似合う。いつだって夢は現実的な目標として、
    彼の生き方の中心にあった、シニアに転向してからの10年間、幼いころからの大きな夢を2度も叶えた。
    それでもなお、羽生結弦は夢を見ることを諦めない。
    その挑む姿で、多くの人に希望と力を与え続ける、羽生結弦の10年の軌跡をたどる。






    結弦くんの誕生日がある12月は、まだ色々な企画が来そうな気がします。

    でも一番心待ちにしているのは、
    どんな企画よりも、結弦君本人からのメッセージです。

    できたら元気な声が聴きたいな。



    25歳の最後の1週間、元気で楽しく過ごせますように。



    最後までお読みいただきありがとうございました。

    フィギュアスケートランキング
    ブログランキングに参加しています。


    スポンサーリンク



    withgoldenwings at 21:14|Permalink

    2020年11月25日

    オフィシャルグッズとカスタマイズカレンダー



    ここ何日か更新されていなかった「羽生結弦展 共に、前へ 」のオフィシャルグッズに新しいアイテムが追加されました。

    トートバッグです。



    欲を言えば、このロゴマークが右下くらいに付いていたらもっと良かったのだけど。

    共に前へ 0

    でもトートバッグは今では全員持ち歩くアイテムになっているので、お買い物などに日常的に使えますね。


    これでグッズは6個になりました。

    共に前へ 23

    残り6個はどんなアイテムが来るでしょうね。

    床に敷くシートとか、アルミ加工の防寒具とか、リュックも絶対必要だな。

    防災グッズをスマートで美しく、しかも日常も使えるものにするという試みが新鮮です。



    さて私は散々迷っていたカスタマイズカレンダーの写真をようやく決めました。

    テーマは「トリノの戦い」

    なんだか歴史の教科書に載っていてもいいような題名になっていますが、
    昨年のイタリア・トリノのGPFがテーマです。


    IMG_3210


    特に、公式練習で挑戦した4Aの練習と、力を出し尽くしたOriginは忘れられません。

    中央のタテ型写真は、エッジに祈り?を捧げる羽生選手とOriginの演技中の美しい横顔の写真。

    左側のヨコ型の3枚は、トリノGPFのマークが入ったKISS&CRY、Otonal、そしてEXのNotte Stellata。

    右側のヨコ型の3枚は全て練習シーンで、クールダウン、4Aの軌跡、そして4Aチャレンジ後の氷上の羽生選手です。

    世界で一つだけ、自分だけのカレンダーになるので、でき上がりがとても楽しみです。


    卓上型も作りたいのですが、現在カレンダー作成のウェブサイトが、メンテナンス中になってしまっていて、復旧を待っているところです。



    ところで少し心配なニュースが出ています。

    宮城で自治体トップへの感染広がる 富谷市長と白石市長も陽性

    新型コロナウイルスへの感染が確認された大崎市の伊藤康志市長と会食を共にし、濃厚接触者と認定された宮城県内6市町の市長・町長のうち、富谷市長と白石市長の陽性が判明しました。その他の4人は陰性でした。
    記事全文はこちら

    さらに県議会議員8人も。

    宮城県議会議員8人がコロナ感染 飲食伴う懇親会に参加も

    宮城県内では24日に16人の感染が確認され、このうちの半分が自民党会派の県議会議員でした。 この中には17日夜の懇親会に参加していた議員もいるということです。
    記事全文はこちら

    幸い仙台市長は陰性だったとのことです。

    宮城県でも感染が広がっているようです。


    どうか羽生選手が健康でいてくれますように。

    前にも書きましたが、今シーズンはむしろ、羽生選手は全休にしてくれても全然かまわないと、
    私個人的にはそう思っています。

    今は安全第一であるべき時かと。

    過去記事:今年は試合に出なくてもいいのでは


    最後までお読みいただきありがとうございました。

    フィギュアスケートランキング
    ブログランキングに参加しています。


    スポンサーリンク



    withgoldenwings at 00:07|Permalink

    2020年11月21日

    Be the Light





    共に前へ 0

    羽生結弦展のロゴマークがすごく可愛いですね。

    やはりこの写真が元になっているとしか思えない。


    被災地 3月番組 36




    Be the Light

    あの夜、星空を見上げた少年が

    今、光になる。




    ”Be the Light”というタイトルは、羽生選手自身が命名したように感じています。

    SEIMEIとか、Otonalとか、Originとか、Hope & Legacyとか、これまで自分のプログラムに名前を付けてきたように。
    羽生結弦(著)、能登直(著)となっていますし。


    写真集は来年3月発売なのに、もうAmazonランキング全体で2位になっています。








    そしてこちらはSportsnaviの記事より、能登さんが選んだ珠玉の1枚。


    フォトグラファーが選ぶ、フィギュアスケート珠玉の一枚
    羽生結弦・珠玉のベストショットを厳選
    すべてのシーンで絵になる世界王者の演技
     
     アスリートの瞬間を切り取り、観る者に感動を増幅させてくれるスポーツフォトグラファーたち。
    すべての人間が同じプログラム、同じシーンを観ているなかで、彼らはいかにスケーターの「らしさ」、そして自分の写真「らしさ」を表現しているのだろうか。
    第1回は、羽生結弦選手の「珠玉の一枚」を4人のスポーツフォトグラファーが厳選。被写体としての羽生結弦選手をどう切り取ったのか、その撮影意図について語ってもらった



    能登直「角度を変えれば新しい羽生結弦を表現できる」

    能登直 珠玉の1枚 1



    僕は同郷という縁もあり、2007年から結弦くんを撮影してきましたが、精神的にブレないというか、小さい時からしっかりしたスケーターだなというイメージを持っています。
    ずっと彼を撮影してきた側の感覚として、拠点を仙台からカナダのトロントに移した時にコーチ・振付師も変更になり、徐々に撮るのが難しいプログラムに進化していった印象を持っています。


     ソチ五輪の前くらいまではフィギュアスケートは女子の方が人気があり、当時は、そこまで「他のフォトグラファーとの違いを出さなければ」とは意識していませんでした。その後、徐々に男子の人気が高まり、多くの写真が世の中にあふれ、自分の写真が埋もれそうな状況になってきました。
    結弦くんはそういう意味で、僕に他のフォトグラファーとの違いを意識して工夫する必要性を気付かせてくれたスケーターです。


    能登直 珠玉の1枚 2

    記事全文はこちらから。



    昨年のGPFの写真、羽生選手の脚と手が一直線になった美しいポージングが見事に捉えられて
    います。
    能登さんの撮る羽生選手の写真には、どこか独特の透明感や温かみのある雰囲気が感じられます。
    A3サイズの写真集Be the Light、見開きではA2サイズの大きさ。
    今までにない大判の写真集にどんな写真がセレクトされるのか楽しみです。


    昨日は羽生結弦展オフィシャルグッズの第5弾も発表されました。



    共に前へ 21

    共に前へ 22

    これはフィギュアスケート観戦の必需品ですね。
    はやくこれを持ってスケート観に行きたいなぁ。

    今回の羽生結弦展のテーマカラーはターコイズブルーのようです。
    綺麗な色ですね。
    他にもこの色のグッズがありそうです。

    オフィシャルグッズの撮影も能登さんが担当しています。

    グッズの撮影まで能登さんなんて、なんて贅沢な羽生結弦展。 

    先ずは12月6日午前10時からの来場登録申し込みをクリアしないと。


    最後までお読みいただきありがとうございました。

    フィギュアスケートランキング
    ブログランキングに参加しています。


    スポンサーリンク






    withgoldenwings at 01:48|Permalink