中国シチズン

2022年05月20日

告白の日の櫻花物羽




中国シチズンの一問一答は昨日で終わりなのかと思っていましたが、

今日5月20日は中国では「告白の日」ということで、
最後に羽生選手からファンへの想いを伝える動画が公開されました。
 

Q:羽生さんのファンの皆さんに向けて、何か一言お願いします。

えー、本当に本当にたくさん応援していただき、ありがとうございます。
まあ僕は夢に向かって、また目標に向かって、毎日諦めずに頑張ったり、
本当に個人的に、個人的な思いと共にスケートを滑っていることも、もちろんあるんですけれども、
やっぱり皆さんに見ていただいたり、皆さんからお力を受け取りながら滑っていたり、そういった瞬間がとても好きです。

これからも一生懸命努力して、これからも更にいい演技と、いいプログラムたちを作っていきたいなって思うので、どうかこれからも応援よろしくお願いします!



これはとても嬉しいファンへの告白と受け取っていいのでしょうか。

「これからも更にいい演技と、いいプログラムたち」を期待してもいいってことですよね!

実質的には現役続行宣言と受け取ってもいいですよね!


中国シチズン 桜花 1


中国シチズン 櫻花 2


「櫻花物羽」とは「桜の羽」。
桜の花をテーマにした限定モデルですね。
文字盤の淡いブルーに桜のお花が、『天と地と』の衣装を思い起こさせます。





もう全ての一問一答をつなげてYouTube動画を作ってくださっています。




ライブビューイングみたいですね。

これからも新たな羽生選手のプログラムが見られると思うと、心が浮き立ってきます



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
ジェンダーの固定観念をとっくに超越している
クリアファイルはどこに?
フォトグラファーたちの夏

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 21:47|Permalink

2022年05月19日

最後の一問一答とファンタジー・オン・アイス




中国シチズンの一問一答も今日が最後となりました。
 

はい、えー本当に男子シングルは強い選手がたくさんいて、本当に心から尊敬できるスケーターがたくさんいます。
まあ僕の場合はもちろん勝ちたいという気持ちもたくさんありますけれども、
でもそれよりも自分のプログラムの中に曲とちゃんとマッチしたジャンプだったり、スピンだったり、ステップだったり、またはそのー、ジャンプとか、そういう技術的な要素じゃない表現する部分であったり、そういったものも含めて、全てが曲と一体化しているフィギュアスケートを目指したいなぁと常日頃から思っています。


これが正に羽生選手自身による「羽生結弦のフィギュアスケート」の定義ですね。

1週間毎日羽生選手の一問一答が楽しみでした。
明日の5月20日「告白の日」にはどんなことが起きるのでしょうか。

シチズン最終日




ところで今日は幕張の2次抽選の発表日でした。
予想通りというか、見事に外れました。

これでFaOI前半は名古屋に、後半は静岡に遠征が決定しました。
本当に今年の幕張公演チケットは激戦です。
私は2015年からFaOIに行っていますが、これまで幕張公演が1回も取れないことはありませんでした。

まあ、名古屋と静岡で、2つのプログラムが1回ずつは見られるわけで、良しとしなければいけませんね。


でも、でも、そうしたら幕張公演の生中継があるというではありませんか!

FaOI 2022 幕張 放送予定

しかも、北海道から九州まで、日本全国の映画館でのライブビューイングまで!!

詳細・お申し込みはこちらから。


そしてチケットリセールも始まります。
受付期間 5月21日(土)12:00~5月24日(火)17:59
抽選結果発表 5月26日(木)15:00

ただし、紙チケットは対象外ということです。

まだまだ諦めるのは早いかもしれないですね!


今はもうプログラムも完成していて、練習真っ最中でしょうね。
羽生選手はどんなプログラムになるのかな。

北京以来の羽生選手の演技、ドキドキします。


もうオープニングのあの音楽が頭の中に響いてくるようです

結弦くんもFaOIを楽しんでくれますように!
ハビとも久々に再会できますね。


お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
ジェンダーの固定観念をとっくに超越している
クリアファイルはどこに?
フォトグラファーたちの夏

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 23:36|Permalink

2022年05月18日

ジェンダーの固定観念をとっくに超越している




 今日のシチズンの一問一答。

Q:4Aを跳ぶ際に難しいポイントは何だと思いますか?

A:えっと、やっぱり4回転半て、たくさん回転しなきゃいけないですし、
早く回転を回りつつ、また高さもすごく高く跳ばなきゃいけないジャンプなので、
回転の速さとジャンプの高さを両立させて、また、バランスを取るのがとても大変です。


今日の質問は4回転半ジャンプについて、という重要な質問でした。


速さと高さ、そしてバランスの3要素がピタッと合致しないと跳べないところが難しいジャンプ。
でも足首さえ完治すれば、いつかクリーンに着氷できると信じています。

一問一答は明日が最終日ですね。
残っている質問はこの一つだけになりました。
Q2 目まぐるしく変化する試合環境や強敵にどのように対応していますか?

明日はどんな答が返ってくるでしょうか。

C91686B7-3B50-43A5-9C0A-AD15DF0B010D




Nympheaさんのブログ、「惑星ハニューにようこそ」に、再びとても興味深い記事の翻訳を載せてくださっています。

「コリエレ・デッラ・セーラ」という、イタリアでは「ラ・レプブリカ」と並ぶ2大全国紙(日本でいえば朝日と読売のような感じ)の一つが、記事の中で羽生結弦選手を取り上げています。

一部引用させていただきましたが、全文は「惑星ハニューへようこそ」で是非お読みください。


最近では、羽生結弦という名はイタリアでも、特にフィギュアスケートファンでなくても知っているくらい知名度は上がっているように感じます。


スポーツ界は偏見が多過ぎる

コスタンツァ・リッツァカーザ・ドルソーニャ
(作家、ジャーナリスト)
2022年5月4日


(読者ミケーレさんからの質問)

親愛なるコスタンツァ
あなたのコラムではよくスポーツについて取り上げていますね。
僕は、「異性愛者だけが山から身を投じることが出来ます。何故なら(滑降には)勇気が必要だからです」というソフィア・ゴッジャの同性愛者を侮辱する発言に衝撃を受けました。
確かにホモセクシャリティ(同性愛)を公言するスキーヤーはごく僅かですし、サッカー選手についても同じです(それどころか存在しません)。
しかし、これらのスポーツに同性愛者がいない理由や、スキーやサッカーが特に「男性的な」スポーツである理由ではなく、まさにイタリアにおけるこのような極端に保守的な姿勢について掘り下げるべきではないですか?これは非常に若い世代を含むスポーツ選手達の間でも頻繁に見られる姿勢です。
世界中を飛び回る29歳の若い女性であるゴッジャのようなオリンピックチャンピオンが、
未だにこのような思考的バリアと偏見を持っていることに僕は驚愕しています(ミケーレ)



(コスタンツァさんからの返信)

親愛なるミケーレ
全くその通りです。そして残念なことに、これはイタリアだけではありません。
同性愛嫌悪の考えは世界中のスポーツ界に根強く残っています。ソフィア・ゴッジャの発言は、ラトビアのデニス・ヴァシリエフスのポニーテールや、繋ぎやパンツスタイルの衣装を好み、5回転ジャンプを跳びたいと公言して従来の「お姫様」スタイルを拒否するロシアのサーシャ・トゥルソワを批判する人々が未だに存在するフィギュアスケート界に蔓延する偏見を思い出させました。
フィギュアスケートは、ほとんどのLGBT+アスリートが、メディアからなぶりものにされたり、ジャッジ達から格下げされたり、スポンサーを失うことを怖れ、引退後にようやくカミングアウトするスポーツです。
ジョニー・ウィアーが自国連盟から虐められたのは有名です。フランスのアイスダンサー、ギヨーム・シゼロンがゲイゆえに元ジャッジから「冷たく」「説得力に乏しい」と形容されたことは有名です。アダム・リッポンがロシアのアレクセイ・ヤグディンから「自然の過ち」のレッテルを貼られたことは有名です。昨年、22歳の未来のオリンピックチャンピオン、ネイサン・チェンは、「ゲイに支配された」スポーツで異性愛者でいることはフラストレーションが溜まる、と発言しました(他の状況ならナショナルチーム代表の座を失う可能性もある非難すべき発言です)。
その後、チェンは謝罪しましたが、私の友人のサリーは、彼の発言が、別のアメリカ人、スコット・ハミルトンの発言と全く同じニュアンスであることを思い出しました。80年代のチャンピオンだったハミルトンは、自身の同性愛嫌悪を告白し、「ゲイと間違われないために」常に(チェンと同じように)非常に男性的な衣装ばかりを選んでいたと語りました。

幸いなことに、皆がこのように偏見の固まりという訳ではありません。
最近、プリーツスカートを履いた中国のアイスダンスの男子スケーター、シンユー・リウの写真が雑誌「Purple」を飾り、話題になりました。

何よりも、フィギュアスケートは全ての男子選手の中で最も力強く、最もカリスマ性があり、同時に多くの女子スケーターより繊細で優美なこのスポーツのレジェンド、日本の羽生結弦に目を向けることが出来ます。彼は武道、セクシーな首元、白鳥の羽根、フリルで飾られたピンクのブラウス、タンクトップを脱ぎ捨てて観客席に投げる数百万人の少女達を絶叫させるパフォーマンスなど、男性的要素と女性的要素をごく自然に混合し、ジェンダーの固定観念をとっくの昔に超越しています。何故なら、羽生がインタビューで発言しているように、フィギュアスケートは性別云々とは全く関係のない、己の個性の表現だからです。彼は皆の模範です。


本当に羽生選手の先入観にとらわれない柔軟な姿勢、考え方には共感を感じます。
スポーツ界には未だに男性性、女性性を固定的に考えて、性別によるプロトタイプを抜け出せない人たちが大勢いるんだなと感じます。

そんな中で、羽生選手はプログラムを表現するためなら、どんな衣装でも着こなし、どんなものにも自分を投入できるという、表現者として素晴らしい能力を持っていると思います。

男とか女とか、そんな狭い枠を取り払い、人間としての素晴らしさを体現してくれます。

それにしても、ネイサン・チェン選手が「ゲイと間違われないために」、非常に男性的な衣装ばかり(Tシャツのこと?)を選んでいたのだとしたら、ようやくその訳が理解できます(笑)。


ゲイであるとか、ヘテロであるとかということよりも、人間として一番大切な本質は全く別のところにあるのだと思います。

F8A1EE49-F1F6-41DD-BFBC-FDBCAC52FC9B



「ジェンダーの固定観念をとっくの昔に超越している」羽生選手を誇りに思います。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
クリアファイルはどこに?
フォトグラファーたちの夏
中国シチズン動画配信
コロンブスの卵

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 18:03|Permalink

クリアファイルはどこに?




今日の一問一答は

Q4 またコラボ企画があったら、どのプログラムをテーマにしたシグネチャーモデルがいいと思いますか?     

どのプログラムがいいというはっきりとした答えではありませんでしたが、『春よ、来い』を思わせる時計の紹介がありましたね。

シチズン 桜

可愛い時計ですね。

私は、次回はブルーの文字盤に桜があしらわれた時計なんかがいいなぁと思いました。
『天と地と』と『春よ、来い』を合わせたようなイメージで。


以前、中国で一番人気のある日本の時計メーカーはシチズンだと、中国人の知人から聞いたことがあります。
羽生選手がアンバサダーを務めることで、シチズンの人気は益々高まっているでしょうね。


E66E8646-2227-43E4-A3A4-5BB711ACEEBB


D437A607-BBB6-4661-9DA6-BE989220CABB


C9E1E96E-85E3-473D-B2BD-314AD70A86FC


しかし、中国シチズンの時計は日本では入手できないのが本当に残念です。




さて、ロッテのクリアファイルですが、イオンが全くない地域なので、近所のコンビニ数軒に問い合わせてみたのですが全く見つかりませんでした。
ロッテのお客様相談室に問い合わせても、どこでキャンペーンが行われるかは分からないという答えしかありません。
仕方なく、とりあえず確実に手に入る通販を申し込みました。



遅れてキャンペーンが始まるコンビニとかがあればよいのですが。


でも、クリアファイルは羽生結弦展の素敵なのがたくさんありますからね。

そんな理由で、今回は通販だけでも満足できそうです。


それにしても、近所にイオンがある方、こんな風景が見られるなんて、羨ましい



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
フォトグラファーたちの夏
中国シチズン動画配信
コロンブスの卵

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 01:10|Permalink

2022年05月16日

中国シチズン動画配信




7日間連続の中国シチズンによる動画配信は中国の羽生結弦ファンの皆さんには嬉しい企画ですね!

中国だけでなく、もちろん私たちにとっても。





520の発音が「ウォー・アイ・ニー」となるということかな?



1日目の質問は
Q5 オリンピックでファンから届いた手紙の中に強く印象に残ったものがありましたか?



2日目は
Q7 未来の自分に何を言いたいですか?


結弦くん自身が、未来の自分に幸せであってほしいと願っています。

「もしかしたら、1週間とか、1か月とか、かかるかもしれないですけど。
その後に、ちゃんと幸せだなと思えるような人生を歩んでいたらいいなって思っています」

その言葉から、今の結弦くんの胸中を思い、切なくなります。

でも、
「これからも、今の自分もそうやって、未来の自分が幸せだなって思えるように歩んでいきたいなって思っています」という言葉に少し救われる気がします。


本当に結弦くんには幸せでいてほしい気持ちでいっぱいです。


そして今日、3日目の質問は、
Q6 好きな中国料理は?そして故郷のおいしいものを紹介してください。



中華料理が好きと明言したことで、中国のファンは大喜びだったのではないでしょうか。
中でも餃子が大好きなのは有名ですね。


そして故郷のお薦め料理ではデザートとして「ずんだ餅」の名を挙げました。

ずんだ餅といえば、週末仙台の撮影の時のこの場面を直ぐに連想します。


週末仙台 35


週末仙台 37


地下鉄国際センター駅の2階のカフェです。

この頃の結弦くん、まだ少年ぽくて可愛いですね。


週末仙台 38




それにしても、氷上にいる時とは違う結弦くんの、普通の日本の青年としての親しみやすい話し方や優しい雰囲気が、中国でプロトタイプ化している、かつての侵略者としての日本人というイメージを変えてくれるのではないかなとさえ思います。

こういう形で国際親善にも貢献し、同時に故郷の名物も紹介し、さらにスポンサー(AJINOMOTO)にまで配慮するって、結弦くん凄いなと思います。


明日も楽しみです。



  お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
コロンブスの卵
バレエとフィギュアスケートの融合『序奏とロンド・カプリチオーソ』
マッシミリアーノ・アンベージ特別寄稿
わがなすことは我のみぞ知る

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 00:42|Permalink

2022年05月15日

コロンブスの卵




このところ、イリヤ・マリニン選手の4A動画が大きな反響を呼んでいるようですねね。

これは5月3日の記事にあげたYouTube動画ですが、これとはまた別の時の動画でしょうか。









場所は全て同じところのようですね。

うーん、私には4回転半は回ってはいないように見えます。
プレローテーションで半回転しているように見えますから、実際に回っているのは4回転くらい?



これに比べたら羽生選手の北京の4Aの方がはるかに完成度は高いと思います。




マリニン選手は羽生選手とそっくりな衣装を着るほど、羽生選手をリスペクトもし、かなり意識していると思います。
この衣装も『Let Me Entertain You』を思わせますね。

イリヤ マリニン 1


羽生選手の挑戦が、10歳年下のマリニン選手の刺激になったとしたら、フィギュアスケート界全体の発展を願う羽生選手も喜んでくれるかもしれません。




こちらは本当に『SEIMEI』そっくりさんですね。
2018年の映像ですから13歳くらいでしょうか。才能ある選手であることは確かなようです。



しかし、最初にチャレンジするのと、その後を追って真似るのとは全く意味が違います。

よく「コロンブスの卵」と例えられますが、知ってしまえば当たり前で簡単なことのように思えることでも、最初に発見したり、最初にチャレンジするのはとても困難で、時として危険も伴う大変なことなのです。


余談ですが、ではなぜ最初に成し遂げることの困難さを『コロンブスの卵』と言うようになったのでしょうか。

◆『コロンブスの卵』の逸話

『コロンブスの卵』は、イタリアの探検家であるコロンブスが新大陸を発見した後に、スペインで貴族のパーティーに出席した際の出来事が由来だといわれています。

パーティーでコロンブスは「自国には優れた人材が豊富なので、あなたじゃなくても新大陸の発見は誰にでもできる」と中傷されました。そこでコロンブスは、置いてあった卵をテーブルに立てるように指示しましたが、中傷してきた誰にもできませんでした。


しかしコロンブスは、卵の尻をテーブルで潰して立てて、全員の前で卵を立てることに成功しました。新大陸の発見も卵と同じで、誰かが成功した後であればやり方は理解できるものの、最初に思い付いて実行することが重要で難しいことを説いたのです。


これには異説もあり、実はルネッサンス時代のイタリア・フィレンツェの建築家のフィリッポ・ブルネレスキの逸話だという説もあります。
この説は同時代の画家で建築家のジョルジョ・ヴァザーリが書き残したものです。ヴァザーリは同時代の芸術家たちのエピソードを集めて、『芸術家列伝』という著作を残しているので、こちらの方が信憑性は高いのではないかと思います。
ブルネレスキは、現在もフィレンツェのシンボルであるドゥオーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ(フィレンツェ大聖堂・花の聖母寺)の設計者です。


ブルネレスキはフィレンツェ大聖堂を建設するコンペの際に、巨大な二重構造のクーポラを築造する計画を、図面すら見せずに「私に建設を任せてください」と提案しました。他の建築家が猛反発したので、ブルネレスキは『卵を大理石の上に立てられた建築家に任せましょう』と提案しましたが、その場の誰も卵を立てられませんでした。

しかしブルネレスキは、卵の底を潰して大理石に立ててみせて、他の建築家は『そんな方法なんて知っていればできた』と批判しましたが、ブルネレスキは『その通り、最初にやるのが最も難しく、もし計画や図面を見せていれば、皆さんは真似をしていたでしょう』と発言し、コンペを勝ち取ったという説があります。

もしブルネレスキ説が本当であるならば、『コロンブスの卵』ではなく、『ブルネレスキの卵』と呼ばれていたかもしれないですね。

私はフィレンツェに住んでいたことがあるので、フィレンツェ大聖堂はとても身近に感じますが、この説は今回調べて初めて知りました。

そういえば、フィレンツェ大聖堂のクーポラは卵の下半分を伏せたような形をしていますね(笑)。
クーポラの頂上まで行くには、二重になった狭~い壁の間の階段をらせん状に登っていきます、


Firenze Duomo



というわけで、羽生選手の4回転アクセルの初認定は、後から誰が跳んだとしても、その偉業は永久に記録されることなのです。

マリニン選手も頑張っていると思いますが、単にプレローテーションで4Aを1本単独で跳ぶことは、羽生選手のようにプログラムの中で音楽に溶け込ませて4Aを跳ぶことからは程遠いことです。
それは本人もよく分かっているのではないでしょうか。


足を痛めた羽生選手がこれからさらに4回転アクセルへの挑戦を続けるのかどうかは分かりません。
しかし、4Aの先陣を切った功績は永遠に残ります。

4A認定を知った瞬間、羽生選手の顔がパッと輝きました。

この場面を見ると、今でもウルウルしてしまいます。

羽生選手が少しでも報われたと感じられたこと、本当に嬉しく思いました。



羽生選手もマリニン選手の動画を見たと思いますが、
今頃、「負けないっすよ、後輩くん!」なんてつぶやいているかもしれないですね。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
バレエとフィギュアスケートの融合『序奏とロンド・カプリチオーソ』
マッシミリアーノ・アンベージ特別寄稿
わがなすことは我のみぞ知る

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 08:23|Permalink

2020年09月29日

結弦Watch




今朝はこの声で目を覚ましました。
それだけで幸せな気分になれます。





昨日は色々と想定外なことが事柄が多くて、ブログを書く時間もとることができませんでした。

誰にでもそんな日ってありますよね。

何か物事がうまくかみ合わない日って、、、。





昨日先行発売された、中国シチズンの羽生結弦コラボモデルの時計は9秒で完売だったそうですね。
 

この方も入手できなかったようですが、中国のファンの数に対して先行発売127個では、
入手できるのは奇跡のようなものでしょう。

やはり初回のみ10%OFFだったようです。



Notte Stellataのスワンのイメージで、

FullSizeRender - 2020-09-27T144108.411

オルゴールBOXに入っていて、

FullSizeRender - 2020-09-27T144044.632


ダイヤモンドが煌いて、

FullSizeRender - 2020-09-28T213600.747

誰もが欲しくなるような時計です。



残念ながら日本での発売予定はないようですが、
でも、日本には「結弦」と命名された時計があります。

以前シチズンの売り場で見せていただいたことがあります。

CITIZEN  2


CITIZEN  8

こちらも素敵な時計でしたよ!





昨日は12:00から伊藤聡美さんのオンライントークショーの追加分の発売もありました。

伊藤聡美 ケツジツ 


是非参加したかったのでチャレンジしたのですが、こちらも9秒とは言わないけれど、1分くらいで売り切れてしまったようです。
一旦は買えたかなと思ったのですが、マイページを見ると購入記録なし、となっていて、
結局買えなかったのだと分かりました。

1回限りではなく、是非何度も開催して欲しいと、カドカワさんにお願いしたいです。






羽生選手を応援しているつもりなのに、 しばしば応援されているのは私です。

今日は良い日でありますように。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。



スポンサーリンク



withgoldenwings at 07:27|Permalink