三浦佳生

2021年11月24日

ニースのロミオが背負っていたもの



昨日23日は休日だったこともあり、たくさんのフィギュアスケート番組が組まれていて、久しぶりにテレビ番組をたくさん観てしまいました。


スポーツ酒場”語り亭”で、野口美恵さんが鍵山選手のGPSイタリア大会でのSP7位からの逆転優勝を、ニースの羽生選手のSP7位からの3位入賞に例えて話されていたことは、私も違和感を感じました。

野口さんは深い意味もなく思い付きで言ってしまったのかもしれませんが、『羽生結弦 王者のメソッド2008-2016』という、美しい表紙の本を執筆されていて、ニースのこともよくご存じのはずなのに、なぜあのような発言になったのかなと思っていました。


羽生結弦 王者のメソッド



あのニースの世界選手権FSは2012年3月31日のことでした。
東日本大震災からちょうど1年が経ったところでした。
羽生選手の演技は、大震災からの苦難の1年、羽生選手本人だけでなく、東北の被災者の方々の苦難の1年を乗り越えてきた、その魂の叫びのようなものと感じました。

羽生選手は自分のためというよりも、自分を支えてくれた東北の人たち、ともに戦ってきた周囲の人たちの想いに応えたくて、足の怪我も隠して渾身の力で滑り切ったのです。


それを、父親の経験を引き継ぎ、恵まれた練習環境で、自分のスケートだけにフォーカスして育ってきた鍵山選手の演技と比べるとは、あまりに無神経と言わざるを得ないでしょう。

多くの羽生ファンの皆さんが、私もその中の一人ですが、反論するのは当然だと思います。

当時17歳の羽生選手と、今の18歳の鍵山選手では背負っているものが全く違うのですから。

     

 ボクは17歳の彼を知っている。

 今や伝説となった2012年フランス・ニースでの世界フィギュア。

 その時、彼の足が傷ついていたことも知っている。


 「彼を止めろ。これ以上滑ったら靭(じん)帯やっちゃう(ボクはヒザの故障だと思っていた。だが後日、足首の捻挫だったと明らかになる)」。

おそらく彼も耳元で同じことをささやかれていたのではないか。
彼はそれを振り払うように吠え、カメラのファインダーに収まりきれない激しさで4分30秒を舞った。


 弾ける歓声の中で「あいつの足、壊れてたよね?」と言って泣き、
「オレ、あいつを小さな頃から知ってるんだよ」と言って泣き、
「あいつ、遠くへ行っちゃったよ」と言って泣く。
そういうカメラマンたちの姿を知っている。


 今も彼の本質はあのころと変わっていないことを知っている。知っているから怖い。



 負傷の不安やわれわれが抱える心配をも戦うモチベーションに変えてしまう人だから余計なことは言うまい。
そして気の早い話だが平昌で滑り終わったら指を1本、すーっと天に向けて立ててもらいたい。ニースのときと同じように。そうしたらボクも泣いてしまうだろうな。(編集委員)




12 ニースのロミオ 1


2016年9月1日付けのこの記事を書いたのはスポニチの長久保豊さん。


そして平昌では期待通り1本の指がすーっと立てられたのです。

18 平昌 SEIMEI

長久保さんだけでなく、皆泣きましたよね。


最近、急速に鍵山選手を持ち上げようという風潮がありますが、はっきり言って、羽生選手とは全くの別レベルで、私の中では比較の対象にすらならないと言わせていただきます。




次に見た番組は、全日本ジュニア選手権。
女子がメインの放送でしたが、冒頭、優勝した三浦佳生選手の演技を観ることができました。

これもまた、SP7位からの逆転優勝でした。

点数がが出た時、子供のように号泣する佳生くん。

EE64E4B6-D082-4695-860C-1EDBECA6CA6A


SPの後にひどく落ち込んで、そして逆転優勝がどんなに嬉しかったことでしょうか。


21 全日本ジュニア 三浦佳生 FS
冒頭の3本のジャンプ、加点が凄い!3と4と5!


21 全日本ジュニア 表彰式

全日本ジュニアで優勝するという目標達成しましたね!



女子の演技では、3位銅メダルを獲得した千葉百音選手の演技を観ることができました。

百音ちゃんといえば、どうしても震災後に結弦くんと再会した時のアイスリンク仙台での姿を思い出してしまいますが、美しく強く成長されて感激しました。


FDD8410F-3B22-47DD-B827-FD3A6154CFE0



そして佳生くんも、百音ちゃんも、二人共全日本に出場することが決まりました!




まだこの後、『ドリーム・オン・アイス特別編』を再び堪能し、さらに『KENJIの部屋・佐藤駿エピソード2』も観たのですが、夜も更けてきたので、続きはまた明日にしますね。


結弦くんの足が一日も早く回復しますように。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 02:50|Permalink

2021年11月22日

フィギュアスケートの生ける伝説





この週末はフランス杯、全日本ジュニア選手権での「関東三羽カラス」の活躍を観ことができて元気をもらえました。

今日はそんな三人の関係性が垣間見える、2018年関東ブロック選手権の時の動画を見つけたのでご紹介したいと思います。





屈託のない三人を見て、仲が良く、しかし切磋琢磨できるライバル関係が続くといいなと思いました。

18 関東選手権 2


しかし、もし特別扱いされる選手がいれば、その選手は特別扱いされることに負い目を感じるだろうし、その他の選手を傷つけることにもなってしまいます。

常に公正な評価がなされなければ、公正な競争は生まれません。

三人の友情とライバル関係を保つためには、正しいジャッジングこそ必要なものだと思いました。

スケ連をはじめとした大人の責任こそ問われていると思います。





そして次にシェアしたいのはこちらです。

『羽生結弦-フィギュアの伝説』なぜ彼をGOATと呼ぶのですか

とタイトルが付けられた動画です。

多言語字幕がついているので、設定マークをプルダウンして日本語を選んでください。




このビデオは、フェニックスという歌に触発されています。 なんとなく羽生結弦の話を彷彿とさせます。
羽生のスター効果を感じて、みんなが彼をどう思っているのか、なぜみんなが彼をとても好きなのか見てみましょう。



フィギュアスケートの伝説 1
羽生結弦はオリンピックチャンネル最大のスターです

フィギュアスケートの伝説 2
日本のデータではなく、全世界のデータです

フィギュアスケートの伝説 3
伝説です

フィギュアスケートの伝説 4
羽生が公演に参加すると、1万席のスタジアムが満員になります

フィギュアスケートの伝説 5
みんなが羽生のためにここにいるから

フィギュアスケートの伝説 8


フィギュアスケートの伝説 6
意味が分かんなかったです!

フィギュアスケートの伝説 7
羽生結弦のスター効果に基づいています

フィギュアスケートの伝説 9
今日のトレーニングはうまくいきませんでしたが、それでもあなたは素晴らしいです

フィギュアスケートの伝説 10
彼は心からスケートをするのが好きなのでスケートをします

フィギュアスケートの伝説 11
彼は物質的な生活には興味がないと思います


全てその通りです。
ミーシン先生、流石に羽生結弦の本質を見抜いています。

とても楽しくて素敵な動画ですね




明日は、J SPORT 4で、
フィギュアスケーターのオアシスKENJIの部屋
【佐藤駿 エピソード2】が初放送されます。

【エピソード1】でも結弦君のことをたくさん話してくれたので、今回もまた結弦君とのエピソードが出てくるかもしれません。

その他、祭日であることから、フィギュアスケート関連のテレビ番組もたくさんあります。

◆16:00~18:00 BSフジ 
全日本フィギュアスケート選手権2021

佳生くん、百音ちゃんの演技が観られますね。

◆18:00~21:45 TBSチャンネル2(CS)
フィギュアスケート Dreams on Ice 2021 最終日特別公演

羽生結弦と後輩くんたちも出場。

◆21:00~21:30 J SPORT 4
フィギュアスケーターのオアシスKENJIの部屋
      【佐藤駿 エピソード2】


どれも見逃したくない番組ですね。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 23:58|Permalink

2021年11月21日

関東三羽ガラスの時代が到来!?




昨晩(今朝?)はフランス杯の放送終了まで起きていて、佐藤選手の演技とインタビューを観て安心しました。

駿くんのこれまでの努力がようやく実を結びつつあるのが感じられて嬉しかったです。


21 フランス杯 駿くん insta 1


21 フランス杯 駿くん insta 2


21 フランス杯 駿くん insta 4

FS動画⇒ https://youtu.be/SNqAm7l19rY



FS後インタビューの駿くんは、とても晴れ晴れとした良いお顔をしていました。

まなざしが綺麗な人だなと思います。


ーフリーを終えて

まあ正直、悔しいなっていうのがきたんですけど、
まあでも、初めて試合で4回転ルッツと4回転フリップを、フリップにはアテンション付いてしまったんですけど、でもクリーンに着氷することができて嬉しかったです。

ーSPと合わせてトータルの自己ベストを出したことについて

そうですね、ずっと2年前のジュニアGPファイナルの時ので止まってしまっていたので、そこがずっと悔しかった部分だったんですけど、今回シニアでやっとジュニアグランプリファイナルの自己ベスト更新ができたので、まずはそこは嬉しかったなって思っています。

今回の試合ですごく自信がついたと思うので、まあこの勢いに乗って全日本ではトーループをしっかり決めて、ノーミスの演技ができるように頑張りたいです。


今、ルッツとフリップが両方跳べるのは、結弦くん、駿くん、ネイサンの3人だけではないでしょうか。
全日本で結弦くんと再会できるといいですね。





これまで、そして今も、鍵山選手については、盛り盛り採点で過剰に評価されてきたように感じています。
あまり良い言い方ではないけれど、誉め殺しという言葉もあるくらいで、
現実と見合わない点数を与えられてスポイルされる恐れさえあります。

大人たちは正しく評価して、二人の才能ある若いアスリートが互いに切磋琢磨していけるようサポートしてほしいと願っています。




幼い頃、アイスリンク仙台でともに練習した羽生結弦をリスペクトする駿くんは、
「ロミオとジュリエット」でジュニアグランプリファイナル優勝

19 JGPF 佐藤駿


「オペラ座の怪人」でシニアGPS初の表彰台。

21 フランス杯 表彰式


次のプログラムは何かな? 




そして、駿くんの銀メダルで喜んでいたら、今度は三浦佳生選手が全日本ジュニア選手権で逆転優勝とのニュースが入ってきました!

21 全日本ジュニア 順位表









三浦佳生16歳、佐藤駿17歳、鍵山優真18歳。

この3人が、次世代の男子シングルフィギュアスケートを担っていくキーパーソンたちであることは間違いないですね。

18 関東選手権
(2018年関東選手権)


これからは関東三羽烏の時代へ!



そしてこれも嬉しいニュース!
千葉百音ちゃん、全日本ジュニアで3位入賞、銅メダルです!
21 全日本ジュニア 3位 千葉百音

百音ちゃん綺麗!


色々と良い風が吹いてきたようです。

2011 千葉百音


結弦くん、アイリンの後輩たちの活躍を喜んでいるだろうな。

あとは足の回復を待つだけです。


 
P.S. フランス杯のエキシビションの最中です。
  こちらから



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 22:49|Permalink

2021年11月15日

スケ連はジャンプ構成にまで介入するの?



NHK杯のアイスダンスの件があまりに酷くて、そちらばかりに気を取られていましたが、

今回は山本草太選手、三浦佳生選手、クリケットクラブのチャ・ジュンファン選手、元クリケットクラブのナム・ニューエン選手など、羽生選手をリスペクトしてくれている選手たちの演技が観られたことは嬉しいことでした。


新型コロナの蔓延のせいで、思うような練習もできない中で、選手の皆さんがそれでも前に向かって進んでいるんだなということが分かって感動しました。




ただ、三浦佳生選手のFS後のインタビューの中で、ずっと気にかかっていることがあります。



ージャンプを粘り切るのが印象的だったんですが、どんな思いでした?

意地でもパンクと転倒はしないっていう、この2つを滑る前から意識していたので、そこができてよかったと思います。

ー冒頭、ループではなくトリプルアクセルに変えた、あのあたりはどういう意図だったんですか?

そうですね、あのー、まあ、先生と、あと、そのー、連盟の方々とに、助言をもらって、ループはもっと確率が上がってからやった方がいい、今は自分をアピールする場なので、もっと完成度を重視した方がいいという助言の下、アクセルにしました。



すごく気になったのは、太字の部分なのですが、佳生くんの4回転ループは確率は十分あったし、練習では綺麗に跳んでいました。
それに、「今は自分をアピールする場」ならば、無難にトリプルアクセルを跳ぶよりも、冒頭で4回転ループを跳ぶ方がアピールになるのではないですか?

佳生くんの歯切れの悪い答え方からも、その構成に満足しているとは思えませんでした。

何よりも驚いたのは、スケート連盟が、一人一人のジャンプ構成にまで口出ししているのかということでした。

それは選手自身とコーチが決めることであって、スケ連が口出しする場面ではないでしょう。


FSの予定構成表を見ると気が付きますが、
佳生くんの最初の3本の4回転ジャンプは4Lo-4S-4T+3Tとなっていて、


21 NHK杯 演技構成 三浦かお

これは宇野選手の冒頭のジャンプ構成と全く同じです。

21 NHK杯 演技構成 宇野

実は4回転ジャンプの中でも一番難しいという4回転ループ。
宇野選手の4Loをアピールしたいがために、三浦佳生選手の4Loを回避させたかったのかと思ってしまいました。

私の思い過ごしかもしれませんが、アイスダンスのチームココにたいする酷い扱いを観た後では、そんなことは十分想定されることだと思ってしまいます。


その結果としての、二人のFSのプロトコルです。

佳生くんは4Lo⇒3A、後半の3A⇒3Lo と構成を落とすように指示されたということになりますね。


【三浦佳生選手プロトコル】
21 NHK杯 FSプロトコル 三浦


【宇野昌磨選手プロトコル】
21 NHK杯 FSプロトコル 宇野


佳生くんはもう19日からの全日本ジュニア選手権に向けて気持ちを切り替えているようです。

全日本ジュニアではぜひ4回転ループで魅せてほしいです。





今週末はGPシリーズフランス大会ですが、そこに出場する佐藤俊選手が、明日のJ SPORT4 『KENJIの部屋』に初登場します。

これは是非見ておきたいなと思います。
結弦くんのお話も出るかもしれませんね。


11月16日(火)21:00~21:30 
J SPORT 4(CS) フィギュアスケーターのオアシス KENJIの部屋
【佐藤俊 エピソード1】




佐藤俊 オペラ座の怪人

俊くんの『オペラ座の怪人』の衣装も結弦くんの最初の衣装を思わせます。
フランス大会で観るのが楽しみです。


そして佳生くんのSPの衣装は『Otonal』を思わせます。

21 NHK杯 SP 三浦佳生 四季 冬


ちなみに佳生くんのSPはヴィヴァルディ「四季」より冬、
俊くんのSPは同じく「四季」より夏です。
偶然ですね。



やはり、結弦くんを慕ってくれる選手を応援したくなります。

16歳と18歳、これからが楽しみな二人です。





今日は久しぶりのLOTTEのキャンペーンのお知らせもありました。

E9851868-E513-41DA-9E65-544A409F7158

7D9F107D-66BD-4E72-BEA5-CC2FB2AB93BF

キャンペーン詳細はこちらから。

21 秋 LOTTEキャンペーン 1

10,000セットでは足りないのでは?

明日12時からですね。
一冬中のお菓子のまとめ買いになりそうです。



結弦くんの怪我が順調に回復していきますように。

ゆっくり慎重に治してくださいね。



  お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 21:58|Permalink

2021年09月16日

未来をつくる羽生結弦☆NHK杯





この秋、新しい単行本が出版されるのですね。

著者が、羽生結弦、折山叔美となっているので、結弦くんの過去のインタビューや発言を基にして、折山さんがテーマごとにまとめる形になっているのでしょうか。

折山さんはいつも良い記事を書いて下さる信頼できる書き手なので、安心です。

結弦くんの思考法やメンタルの整え方、ぜひ知りたいです。


まだ画像がありませんが、どんな表紙になるのでしょうか。
集英社ですから、能登さんの写真ですよね。

羽生結弦 未来をつくる
折山 淑美
集英社
2021-10-26


羽生結弦の10年分の軌跡が凝縮された1冊!

フィギュアスケート男子シングルで世界トップとして伝説的な存在であり、活躍を続けている羽生結弦。
2010年にシニアデビューしてからこれまでの大会での言動やインタビューなどをもとに、オリンピック2大会連続で金メダルを獲得しているアスリートの思考法やメンタルの整え方、自身との向き合い方、生き方に迫る。
テーマ別に構成することで、フィギュアスケーターであり、表現者でもある羽生結弦の思考や生き方が浮き彫りに。
過去のスポルティーバのフィギュアスケート特集号の表紙写真など、厳選写真を口絵8ページで掲載。

【著者プロフィール】
羽生結弦 Hanyu Yuzuru
1994年12月7日、宮城県仙台市生まれ。全日本空輸(ANA)所属。幼少期よりスケートを始める。2010年世界ジュニア選手権男子シングルで優勝。13~16年のGPファイナルで4連覇。14年ソチ五輪、18年平昌五輪で連続金メダル獲得の偉業を達成。18年個人最年少での国民栄誉賞を受賞。20年には四大陸選手権で優勝し、ジュニアとシニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」を男子で初めて達成した。



 

NHK杯は男子シングル・三浦佳生、女子シングル・松生理乃、アイスダンス・小松原美里/小松原尊の各選手の出場が決まりました。

妥当な人選で良かったなと思います。



21 NHK杯 エントリー 男子

日本からは羽生選手、宇野選手、三浦選手の3人。
TBAのところに三浦佳生選手が入ります。

21 NHK杯 エントリー メンバー 男子


三浦選手、大喜び!
シニア国際試合なんですね。頑張ってください!



他にもナム・ニューエン選手、チャ・ジュンファン選手はクリケットクラブ仲間ですから、親しく情報交換したり、YUZURUファンのプルキネン選手もいたり、羽生選手にとっても楽しめるNHK杯となりますように。




21 NHK杯 エントリー 女子
女子シングルは紀平選手、坂本選手、松生選手の3人。
みんな頑張ってほしいです。

ロシアからトゥルソワ選手の4種類の4回転ジャンプも是非見てみたい。




そしてアイスダンスはチーム・ココが出場できてよかった!

21 NHK杯 エントリー アイスダンス


チケット争奪戦、凄いことになりそう。

私も頑張らなくちゃ!


チケット申し込みは10月5日(火)からです。

忘れないようにカレンダーにメモしました。

19 NHK  SP cap  5 ブログ

オーサーコーチとジスランコーチ、来てくれるといいね。




お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 01:34|PermalinkComments(0)

2021年05月12日

駿くん佳生くん結弦くん




引き続き今頃になってQuadruple Axelを読んでいます。


Quadruple Axel  1





全日本選手権での素晴らしい演技、しかもSP、FS共に新しいプログラムを観て、後輩スケーター達に大きな影響力を発揮した羽生選手でしたが、その次世代スケーターの中でも、特に私が今後の活躍を期待しているのが、佐藤駿選手と三浦佳生選手です。
二人共以前から羽生ファンであることを公言していますが、インタビューでの答えから、その羽生愛の深さが伝わってきて、羽生選手のレガシーを忠実に受け継いでくれそうで嬉しく思いました。


佐藤駿選手は全日本5位、三浦佳生選手は7位と、今後の躍進が大いに期待できる二人です。

そんな二人の羽生選手の演技を観ての感想を、インタビュー記事の中から抜粋してご紹介します。


先ずは佐藤駿くんインタビューより

駿くんは羽生選手よりも10歳年下で、東日本大震災の時は小学校1年生でした。
当時は羽生選手と同じくアイスリンク仙台のリンクメイトで、羽生選手と同じように仙台で被災しています。

昨年の全日本の時は、股関節の怪我による痛みがあり、痛み止めを飲みながら頑張って、5位という好成績を残しました。
早く怪我が治って、4回転ルッツやサルコウなどのジャンプがしっかり跳べるようになるといいですね。


ー佐藤選手は「憧れは羽生選手」といつもおっしゃっています。この10年間、同郷の羽生選手の背中どのように見ていましたか?

駿くん:この10年は長いようで早かった気がします。
昔から羽生選手に憧れて、追いかけ続けてきたんですけど、当時は自分が全日本選手権に出られるなんて思ってもいませんでした。
「全日本選手権に出場して、同じグループで滑る」ということは夢でもあったので、それが叶ったことはすごく嬉しいです。

ー(羽生選手の)プログラムはどうでしたか?

駿くん:昨シーズンとは曲の雰囲気も変わって、すごくカッコよかったです。
フリーは僕の演技が終わってからだったので、バックステージのモニターで見ていたんですけど、もう完璧でした。何もかもが完璧でした。
そのとき、先生と草太くんがいたんですけど、みんな、「もう、すごい」って言っていました。

ー全日本の期間に羽生選手と交流できましたか?

駿くん:はい、少し。「頑張れ!」って言っていただけました。それは、いろいろなことに対してだと思います。

ー佐藤選手からは、何かお話しされましたか?

駿くん:いや……(恐れ多くて)無理です!

ー「頑張れ」と声をかけてもらえたことは、糧になるのではないでしょうか。

駿くん:そうですね、あらためて「頑張ろう!」と思いました。


駿くんは真面目でシャイな感じというか、いつも羽生選手に会うと緊張してしまう様子がうかがえます。

でもジャンプは綺麗な4回転ルッツも跳べて、これからがとても楽しみなスケーターです。
今は、同期で親しい友人でもある鍵山優馬選手の活躍が目立っていますが、駿くんの潜在能力は鍵山選手に勝るとも劣らないものがあると思っています。

来シーズンの目標を聞かれて、「健康第一」と答えていますが、本当に早く怪我を治して、何よりも健康で、来シーズンに向かって欲しいです。

佐藤駿 羽生結弦





次は三浦佳生選手のインタビューです。

三浦選手はまだ15歳の中学3年生ですが、2種類の4回転ジャンプを持っています。

昨年の全日本選手権では、初出場で7位という素晴らしい成績を残しました。


ー今大会では、羽生選手に特別な感銘を受けたようですが、どのようなところが心に響きましたか?

佳生くん:いや、もうすべてがヤバかったですね。
最初のポーズをとる前から演技に入り込んでいるところはさすがだなと思いましたし、滑りはもちろん、表現のアクセントの利かせ方すごく上手で。それからスピンをしているときでさえ、「プログラムを演じている」といことを忘れていないんだな、と気づきました。

ジャンプに集中している選手が多いなか、たとえばトリプルアクセルを着氷したそのすぐあとにループを跳んだりして、細かい技を利かせているし、どのエレメンツも曲に合っていました。
フリーも動き始めた瞬間からお客さんを引き込んで、会場の空気を変えてしまうあの感じは羽生選手にしか出せないなと思って、もちろん、ほかの選手もすごいですけど、やっぱり別格だなと思いました。


ー勉強になったんですね。演技後のリモート会見で、「あらためて、羽生選手のファンになりました」と熱く話されていたのが印象的でした。

佳生くん:あの演技を見て、ファンにならない人、いないでしょう(笑)!?
もう、「スゴい」「ヤバい」としか言葉が見つからなくて、語彙力を失う素晴らしさでした(笑)。
本当に神です。


ー特に感銘を受けたジャンプは?

佳生くん:アクセル、トウループも好きですけど、もっと好きなのはサルコウとルッツです。いや、全部好きなんですけどね(笑)。全部うまいんですよ!


―全日本選手権では羽生選手と記念撮影もされたんですよね。

佳生くん:メダリストオンアイスの日に、小松原尊選手と羽生選手が話しているところを見かけて、「あっ、チャンスだ!」と思って、ふたりの会話が終わったあとに一緒に撮ってもらいました。
それで、撮影後に「ありがとうございます!」と言ったら、「4回転きれいだったよ、これからも頑張ってね」と、めっちゃやさしい声で言ってくれて。
それまで僕がイメージしていた羽生選手は、インタビューや会見で見るようなキリッとした感じだったんですけど、その時は本当にピュアでやさしそうな雰囲気だったので、それにもすごく驚きました。


21 全日本 三浦佳生


ーそれにはなんと答えたのですか?

佳生:いやもう、小声で「ありがとうございます、ありがとうございます」って、それしか言えなかったです(笑)。
オリンピックを連覇している方に褒めてもらえて、めちゃめちゃ嬉しかったです。


ー羽生選手が三浦選手の演技を見ていたということは、どう思いましたか?

佳生くん:それよりもまず、僕のことを知ってくれていたということ自体が信じられなかったです。その上で僕の演技を見てくれたなんて、「嬉しい」のひと言でした。
羽生選手が視界に入ったとたん、
あまりのオーラに直視できなくなるような存在だったので。

ーそれだけ憧れの存在だったんですね。

佳生くん:歩いているだけであんなにオーラが出る人っていないですよね。まっすぐに前を向いて、すごく集中している表情が、「カッコいい!」と思って。

(メダリストオンアイスで)写真撮影のために待機していた時に、誰かに背中を叩かれたので振り向いたら羽生選手がいて、「おつかれさま」と言ってくれたんです。
本当に「夢か、これ!?」と思いました。


ーNHK杯と全日本選手権では、鍵山優馬選手、佐藤駿選手と一緒になりましたね。何か交流はありましたか?

佳生くん:全日本のフリーが終わって、翌朝、長野駅前で待ち合わせて3人で遊びました。それから女子のフリーを見に行ったんですけど、3人で集まること自体が最近は少なかったので楽しかったです。
ふたりとも演技はすごいのに、普段は年上という感じが全然しなくて。僕より2つ上なのに、逆にすごく可愛らしかったです(笑)


ー鍵山選手、佐藤選手からは、全日本選手権での三浦選手の活躍に対して何か言葉はありましたか?

佳生くん:駿は、「すげぇ」と言ってくれました。優馬はSNSに投稿されていたファンの方の感想を、まるまる読んでくれました。


三浦佳生 instagram  1

この3人は待ち合わせて遊ぶほど仲良しなのですね。


佳生くんは中学生とは思えない程、大人っぽい雰囲気があります。

饒舌で、物怖じせず思ったことを話すところなんかが、羽生選手の若い頃(今でも十分若いけど)を思い出させるところがあります。

まだジュニアの選手ですが、シニアに上がってきたら、確実に駿くん、優馬くんと肩を並べる次世代スケーターになるんじゃないかな。
来シーズンはもう1年、ジュニアで頑張るつもりらしいですから、是非、全日本ジュニアチャンピオンを目指して欲しいです。


駿くんや佳生くんのように、羽生選手に憧れて、羽生選手の演技を見て学び、羽生選手の後を継いでいこうとする選手の活躍を応援したいと思います。

そうして、羽生選手の Hope & Legasy が、Continueされていくと嬉しいですね。



最後に3人の全日本の演技を見たいと思います。


◆佐藤駿選手 FS 「ロミオとジュリエット」




◆三浦佳生選手 FS「ラストサムライ」



そして大先輩の羽生結弦選手 FS「天と地と」


本当に、何もかもが完璧な演技でした。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 16:33|Permalink

2021年05月03日

いつの日か結弦アカデミー





スターズ・オン・アイスでは結弦くんと後輩スケーターたちとの交流が楽しそうでしたね。

21 SOI  souta  3
(一人、問題女子もいるかもですが)


結弦くんも楽しいし、後輩スケーターたちも楽しい、
どちらも楽しくて嬉しいのが伝わってきました。

21 SOI 新谷 insta

この写真の中で、結弦くんより年上なのは、尊さん、龍一さん、プロスケーターとなった無良さんだけ。


フィナーレで皆を誘導する姿は、生徒を引率する若い教師のようにも見えました。

21 SOI  FigureSkating  3


21 SOI  FigureSkating  2



昨日から三浦佳生選手のインスタライブが話題になっていましたが、

結弦くんにコーチや振付をして欲しい選手は他にもたくさんいるでしょうね。

羽生愛を競い合う微笑ましい二人。
私は次世代スケーターでは、佐藤駿選手、三浦佳生選手を応援しています。



実質的に世界最高のスケーターに、技術やメンタル面のコントロールの方法を指導してもらえるならば、こんなに有意義なことは無いですものね。


もしも将来、結弦くんがコーチや振付を手掛けることになったら、
卒論でもこのように言及していたように、

「今回の実験で、フィギュアスケートにおいては、モーションキャプチャ技術により、ジャンプの定量的な分析が可能となりうるという点で有用であることが明らかになった。
技術改革はもちろん、遠隔での指導にも使えるだろう」


遠く離れた場所からも、外国を拠点とする選手でも、誰でも指導することが可能になりそうです。

そんな夢のような「結弦アカデミー」が実現する日がやって来ることを、私はもう夢み始めています。


いつの日か、羽生結弦を中心にした、ウェブを使った指導を世界中のトップを目指したい選手に提供するアカデミーが実現したら素晴らしいですね。


時には小さな子供たちも指導したり、

17 8 16 羽生先生 19


17 8 16 羽生先生 カナロコ 8-1


時には世界のトップクラスの選手を指導したり、


結弦くんのふり幅は、こんなところでも臨機応変に対応できそうです。


これは私の妄想なのですが、もしもいつか結弦アカデミーの専用リンクを作る時が来たら、是非クラウドファンディングも使って欲しい。

そうすれば、微々たる力でも、私もアカデミーに貢献できる機会ができるから。


結弦くん、
あなたの将来計画の中に、是非「結弦アカデミー」を入れておいてくださいね。


 ⇓こんなカッコいい先生どこにもいない。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


羽生選手とは何の関係もありませんが、こんな記事が目に付きました。
「橋本聖子会長がスケート界の怒りを買う理由」⇒文春オンライン
興味のある方だけお読みください。文春、最近頑張ってる。

スポンサーリンク




withgoldenwings at 19:40|Permalink

2021年02月03日

羽生君よりも上?




今日は立春ですね。



一日も早く本当の春が来るようにと祈ります。

EC3C271E-68B8-4B6E-8BE8-102BF19CB799




さて、昨日の記事で取り上げたばかりの三浦佳生選手のことですが、
今日の朝日新聞デジタルでも記事になっていました。
有料記事になっていますが、一部抜粋してシェアしたいと思います。


三浦選手はかつて、羽生選手の恩師である都築章一郎先生の指導を受けていたことがあり、
先生から最高の評価を受けていたそうです。


羽生結弦の恩師が「技術は上」 15歳の新星・三浦佳生 

朝日新聞デジタル

昨季までジュニアで戦った鍵山優真(星槎国際高横浜)と佐藤駿(フジ・コーポレーション)はシニアに上がった。この2人がワンツーフィニッシュを飾った今年の冬季国体少年男子で、大器の予感を感じさせる15歳のジャンプが目をひいた。三浦佳生(かお)(コーセー新横浜プリンスク)だ。

三浦佳生 21 国体 1


総合4位。フリーの演技後、三浦は「すごく悔しい。(鍵山、佐藤に)待っておけよ、という感じです」と力強く語った。2学年上の2人を猛烈に意識した言葉。連覇を狙った全国中学校競技会が中止となり、国体が今季ラストの試合だった。来季にかける15歳の意気込みを感じた。

 実は前日のSPを終えた段階で、三浦はフリーで3種類目の4回転への挑戦を予告。トーループ、サルコー、さらにフリップだ。公式練習でフリップの調子が悪く、本番では中止したが、新しい靴が合わず、古い靴をテーピングでぐるぐる巻きにした状態での演技。結局4回転トーループと3回転トーループの連続ジャンプが1本決まっただけだった。だが、それにしても15歳でここまで跳ぶか?と思うクリーンで大きなジャンプには驚かされた。


gifmagazine - 2021-02-03T182232.291



「4回転トーループを初めて下りたのは中学1年の5月で、サルコーは7月でした」。三浦は平然と言ってのけるが、4回転を初めて跳んだのは12歳だったと言うのだからまたまた驚いた。

当時は羽生結弦(ANA)を育てた都築章一郎コーチの指導を受けていた。
その都築コーチから聞いた三浦評にさらに驚愕(きょうがく)――。

 「同じ時期のことを考えたら、技術的には羽生君よりも上だと思いますよ。自分の能力を出し切れば、全種類の4回転を跳べる能力を持っている。新しい時代のスケーターの素質を持っていると思っています」

 そんな三浦がスケートに出会ったのは4歳の頃だ。「(東京の)神宮のスケート教室にお父さんが連れていってくれて、滑れなくて氷に乗った瞬間に転んだのを覚えています」という。フィギュアの魅力は「みんなおのおのに個性があるんです。みんなと同じじゃつまらないというか。みんなと違うことができる、というところだと思います」。

 一番憧れているスケーターはやはり羽生だ。
「羽生選手は技術やスケーティングも、覇気も、オーラも、顔もいいし……。あと、試合までのコントロールの仕方がとてもうまいなあと思います。負けず嫌いなところも憧れます。自分も負けず嫌いなんですけど、やや空回りしているので……」

(中略) 


 現在指導する佐藤紀子コーチは「まずはスケーティングを安定させること。コツコツとコンスタントに練習を積み重ねていく。努力し続けることが大事です」と話す。そこは三浦本人も自覚している。「スピンやステップでレベルが4を取れるようになっても、そこから加点を引き出せるようにならないといけない。1試合1試合が良かったり悪かったりして波があるので安定させるように。今から猛練習です」と語る。

 スケーティングスキルを上げて、スケートの伸びがさらにグッと増せば、もっと高く、もっと幅の広い、4回転ジャンプが跳べる――。そういう意味では、彼の4回転はまだ無限の可能性を秘めている。春からは高校1年生。ここからどう跳んでいくか。世界の「Kao」になってほしい。(坂上武司)



先輩に「待っておけよ」と言う負けず嫌いなところ、4歳でスケートを始めたこと、12歳の頃には都築先生の指導を受けていたこと、スケート以外では野球観戦がすきなところ、ダイナミックなジャンプが跳べるところ、色々と羽生選手と共通点が多いですね。
ちなみに所属はコーセーとなっています。コーセーさん、目の付け所が流石です。

気が早いですが、5年後のオリンピックの頃には、鍵山優真選手、佐藤駿選手と競い合う存在になっている予感がします。

羽生選手は技術、スケーティング、覇気も、オーラも、顔もいい、それに加えて考える力、それを言葉で表現するコメント力、逆境を跳ね返す強さもあります。

全てを兼ね備えた先輩が身近にいることのアドバンテージは大きいと思います。


丁度タイミングよく、
明日2月4日(木)18:15~18:30 テレ朝Ch2 フィギュアフィギュアスケートレジェンドプログラムで、
羽生選手が史上最年少14歳でジュニアJPF優勝を果たした時の演技が放送されます。

今の三浦佳生選手と同じ、中学3年生の時です。





羽生選手に全ての面で追いつくのは至難のことだと思いますが、

後輩思いの羽生選手はきっと、後輩君たち頑張れ~と応援していると思います。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 19:25|Permalink

2021年02月02日

スッと殺気が落ちていく感じ




今日は節分、明日は立春、

日に日に日差しの中に春を感じることも増えてきました。

しかし長時間の外出は控えているため、家の中で仕事や読書で過ごす時間が長くなります。


今日は『春よ、来い』が表紙のKISS &CRY の記事を読んでいました。


40718911-CA2F-427A-91CD-F864A8E4D5D0



羽生選手のFS演技後インタビューから。

箏の音色を入れたことについて
「より日本風に持っていきたかったというのがあって。
あそこは自分の中では、信玄公と川中島で戦った後に、霧に包まれて離ればなれになって、自分と向き合っている時間みたいな感じなんで。
自分と向き合いながら、自分の鼓動が鳴っていることだとか、血が流れている感覚とか、スッと殺気が落ちていく感じが、感じられたらいいなと思います」


20 全日本 表彰式 10



「スッと殺気が落ちていく」という表現は、自分が経験していないと、なかなか出てこないと思うのです。

羽生選手自身が、演技が終わった後に見せる表情と重なって、
ああ、彼は試合の時、本当に戦いの場に身を置いているのだな、という風に感じました。

そういう意味で、好敵手であった武田信玄公との戦いの中の上杉謙信公に自分を重ね合わせることは、彼にとって抵抗なく自然にできることなのかもしれないなと思ったのでした。


演技が終わった後も数秒間は「殺気」さえ感じる羽生選手が、スッと素に戻る時というのは、特に大きな試合の時には落差が大きいです。

20 全日本 FS 13



20 全日本 表彰式 25



20 全日本 アフロ長田洋平



過去にも何度も、殺気さえ感じる、そんな場面がありましたね。


NHK2015 sp 7


GPF2015 fs 11 (3)



18-2-16  SP  7 - コピー



18-2-16  SP finish 2




羽生選手の中では、『天と地と』は戦いの中に生きた謙信公の物語でもあり、また自分自身の物語でもあるのだろうと思いました。




KISS & CRYの中で、もう一つ、小さなコラムが目に付きました。


『新人賞・三浦佳生  選手が語る羽生選手のすごさ』


15B7E61C-FBC9-44FE-ACB8-AF37CD5955FE


全日本選手権初出場で7位となり、新人賞に輝いた15歳の三浦佳生選手のインタビューです。


ーどんな気持ちで演技に臨みましたか?

「やってやるぞ!」と言う気持ちと、「楽しんでやろう」という気持ち。
あとは羽生選手の演技を見て、羽生選手は常に集中していたので、見習おうと思いました。

ー羽生選手の存在は刺激になったということですか?

「昨日見ていて、あらためてすごいなぁって。ファンになりました。
ファンです、僕は(笑)」


―羽生選手の4回転の素晴らしいと思うところと、ご自身の素晴らしいところを教えてください。

「羽生選手は、高さ、幅、流れ、全部がピカイチ。僕は(羽生選手が)ナンバー1だと思っているので。お手本のようなジャンプで、僕は特にサルコウとルッツが好きです。ルッツは最後まで(エッジが)アウトになった状態で跳んでいて、あれこそが”教科書のようなジャンプ”。
僕のいいところは…勢い、スピードはあるほうだと思っています(照笑)。自爆することも多いので、もうちょっと改善していきたいと思っています(笑)」


羽生選手が全日本に初出場したのは2008年のことでした。
当時14歳で、初出場で8位という成績を残しています。

2008年 全日本


また一人、羽生選手の背中を追う後輩が頭角を現しました。

これからも注目していこうと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 23:25|Permalink

2020年11月29日

カメラマンという仕事



小海途さん、受賞おめでとうございます!! 

完全制覇の笑顔



東京写真記者協会(新聞・通信・放送など35社、会員635人)は27日、優れた報道写真に贈る2020年の協会賞グランプリ、部門賞、奨励賞を発表した。  スポニチ本紙2月10日付に掲載した「完全制覇の笑顔」(小海途良幹記者)がスポーツ部門賞(海外)に選ばれた。

スポニチ本紙の受賞は10年連続。スポーツ部門賞(海外)は
フィギュアスケート四大陸選手権でジュニア、シニア主要国際大会を男子で初めて完全制覇した羽生結弦が、エキシビションの大トリで転倒するも氷上で満面の笑みを浮かべている瞬間を捉えたもの。


《小海途カメラマンが振り返る「とても特別な時間」》
 
 2月初旬に韓国・ソウルで行われたフィギュア四大陸選手権は私にとって2020年唯一の海外取材となりました。  この時、私はその後の世界の惨状を想像できていませんでした。コロナの脅威は忍び寄っていたとはいえ、四大陸選手権は予定通り行われ、いつものように羽生選手は素晴らしい滑りで会場を沸かせました。  いつものように表彰台の真ん中で天に指を突き上げた絶対王者。
この勝利で羽生選手はジュニア、シニアの主要国際大会を完全制覇する“スーパースラム”を達成しました。
試合を終えた羽生選手は、氷上に寝転がり満面の笑みを浮かべました。偉業にふさわしい笑顔だなと感じながら私はシャッターを切りました。  今となれば、あの時間はとても特別なことでした。
この笑顔を見るたびに、再び世界中で安全にスポーツが行われることを願ってやみません。



グランプリ受賞作は朝日新聞の「2020年 米社会分断の果て」。
受賞作を含む約300点のニュース写真は、日本橋三越本店(東京都中央区)で12月16~24日に開催される「第61回2020年報道写真展」(入場無料)で展示される。

Sponichi Annex


さらに、小海途さんだけでなく、この夏のオンライン羽生結弦展で写真解説をしてくれた若杉和希さんの写真が奨励賞に選ばれています。




同じく12月16日から渋谷で開催される、「羽生結弦展 共に、前へ」と合わせて、この写真展にも是非行きたいと思っています。


羽生選手を撮った写真作品がこうして賞に選ばれるというのは、ファンとしても嬉しいですね。
カメラマンにとっても、写真記者協会というプロカメラマンの団体から評価されるというのは特別に誇らしいことだと思います。


私も今ではスマホやデジカメで、いいなと思った時に写真撮るくらいのことしかしていませんが、
一時はカメラマン(ウーマン含めて)いいな、と思っていた時期がありました。
でも、女性の報道カメラマンは圧倒的に少ないですね。

先日、田中宜明さんが、撮影メモリーズの最終回で話してくれたことが印象的でした。

SEASON PHOTOBOOK 2018-19 後編 17

大体これ(バッグ)にカメラ2台から3台入れて、この大きいレンズをひとつと、それとズームレンズ、レンズはだから3本、4本。


SEASON PHOTOBOOK 2018-19 後編 23

バッグの総重量は15,6キロとか普通なっちゃいますね。それを飛行機の中でも機内に持ち込んで上に上げたりする。体力的には結構きついですね。

それができないとカメラマンになれない。



SEASON PHOTOBOOK 2018-19 後編 18

そうねー、でも好きでやってる仕事ですからねー
だからフィギュア好きじゃないとできないですね。




ということなので、
プロカメラマン、特に報道カメラマンやスポーツカメラマンとなるには、まず第1関門は体力という壁があるのですねー。
女性が少ない理由にもなっているのだと思います。

そのうちに、カメラ機材がもっと軽量化されたら、女性フォトグラファーも増えるんじゃないかな。


親愛なるカメラマンさんたち、
これからも羽生選手の様々な瞬間や表情を切り取って、
それを永遠の瞬間に変えていくという素晴らしい仕事をしてくださいとお願いしたいです。



昨日のNHK杯男子シングル観ました。

鍵山選手、素晴らしいフリーの演技を見せてくれましたね。

応援していた佐藤駿選手は今一つ調子が取り戻せず、本来持っている力が出せず、本人も悔しさが残る結果だったろうと思います。
でも、先輩のように「悔しさは収穫でしかない」と思って、
次に向かって行ってくれるだろうと期待しています。


そして私としては、もう一人注目する選手を見つけました。

総合では6位でしたがFSでは2位だった三浦佳生選手

NHK杯 2020 Results


出場種目:男子シングル
生年月日/身長:2005年6月8日/166cm
主な戦績:
2020年 全国中学校大会1位
2019年 ジュニアGPラトビア大会7位
2017年 全日本ノービス選手権(A)1位

まだ15歳の中学生ですが、羽生選手の中学生時代を思わせるスピード感のあるスケーティングや野性味を感じさせるジャンプに惹かれました。

所属は神奈川FSC
羽生選手の恩師、都築章一郎先生の指導するクラブです。
心強い存在ですね。

神奈川FSC


三浦佳生 男子シングル フリー
男子シングル/フリー 11月28日(土)

フリー 演技構成(結果)

2トーループ
4サルコー
4トーループ+3トーループ
フライングキャメルスピン(レベル4)
3アクセル
足換えシットスピン(レベル3)
4トーループ
2アクセル+1オイラー+3サルコー(<)
ステップシークエンス(レベル3)
3フリップ
コレオグラフィックシークエンス
足換えコンビネーションスピン(レベル3)


これから間違いなく頭角を現してくる選手だと思いました。
注目していこうと思っています。

最後に、その三浦選手の「ロミオとジュリエット」を見つけたのでどうぞ見てください。
13歳の時の初めてのジュニアの試合だそうです。

あの「ロミオとジュリエット」を滑るというところに、羽生選手のファンじゃないのかなと、勝手に思ってしまいました。




誰が滑っていても、音楽を聴いただけで、条件反射で涙が出ちゃうのです。



羽生選手はNHK杯の後輩たちの演技をどんな気持ちで観ていたのかな。
きっと、後輩たち、もっと頑張れ!って思っていたのじゃないかな。
周りの「3倍やったら絶対うまくなる」って。


羽生選手がいかに特別な存在か。
不在がゆえにこそ、それを改めて感じさせたNHK杯でした。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 11:08|Permalink