リモート試合

2020年07月17日

新しい試合方式を探る



オンライン羽生結弦展では先程16時に、若杉さんの第3回目の写真解説講座が公開されました。

大好きなバラード第1番の、大大大好きなこの1枚と予告されていたので楽しみに待っていました。


羽生結弦展 Otonal


https://www.yomiuri.co.jp/topics/20200615-OYT8T50061/


若杉さんが「おかえり!羽生くん!」と心の中で叫んでしまった気持ち、わかり過ぎるほどわかります。

羽生結弦展 第3回 1


羽生結弦展 第3回 2

後でゆっくり書き起こししたいなと思います。

    



今シーズンの試合が危ぶまれる中で、アメリカでは新方式で試合が実施されるようです。

7月17日午後7時(アメリカ東部時間)から開始されるペギー・フレミング杯です。




「毎年恒例の第3回ペギーフレミングトロフィーは、バーチャルスケート大会として開催され、7月17日金曜日の午後7時(東部時間)に、 米国フィギュアスケートファンゾーンのビデオコーナーで一般公開されます。 このイベントは当初、ブロードムーアオープンスケート競技の一環として開催される予定でしたが、COVID-19のパンデミックによりキャンセルされました。

試合参加選手は自分のリンクで自分のプログラムを滑走し、記録したビデオを イベントオーガナイザーにそれぞれ提出します。ビデオは、国内、国際、オリンピックの審査員を含む審査委員会によって審査され、審査員はイベントをリモートで審査します。 各競技者は、優れた技術と芸術的表現を発揮し、3:30分のプログラムを滑走します。 音楽、創造性、全体的なパフォーマンスは競争の重点であり、すべてのスケート要素は芸術的観点から評価されます」。


各選手が自分のリンクで演技を1台のカメラで撮影したものを送って、それをジャッジが見て採点するという方式らしいです。

もっとも、この方式では試合の同時性もなく、ビデオは編集も可能なわけですから、厳密には試合とは言えないのかもしれません。

しかし、想定外の新時代に突入してしまったからには、新しい試合方式を探っていかないと、今後当分の間は全てのスポーツの試合は不可能となってしまいそうなので、新方式を試そうというのは前向きな考え方ではないでしょうか。




試合に参加する選手の皆さんにも最初は戸惑いがあると思います。

しかし試行錯誤の第1歩を踏み出すことが重要だと思います。


今回のフレミング杯に参加するスケーターたち

フレミング杯 出場者


カレン・チェン、樋渡知樹、カムデン・プルキネン、ジェイソン・ブラウン…お馴染みの選手たちの名前もありますね。


日本時間では7月18日(土)午前9時からになります。

こちらのリンクから見られそうです。⇓
https://usfigureskatingfanzone.com/sports/2020/7/13/third-annual-peggy-fleming-trophy-virtual-competition.aspx


実際のところ見られるかどうか分かりませんが、明日の朝9時、日曜日としては早起きして観ようと思っています。


以前にも書きましたが、私はZOOMウェビナーなどを使えば、試合の同時性を確保しながらリモート試合は可能だと思っています。


関連過去記事:
「 ZOOMウェビナーでオンライン試合を」(7月15日)
http://blog.livedoor.jp/withgoldenwings/archives/24007837.html

「リモート試合は可能か?」(6月10日)
http://blog.livedoor.jp/withgoldenwings/archives/2020-06-10.html



GPシリーズやGPファイナルが実施できるのかできないのかというギリギリの判断を迫られている今、ISUにはこういうことこそ研究して欲しいと強く思います。
リモート試合もできないのにリモートアワードやってる場合じゃないでしょ。



羽生選手はどんな試合方式であれ、全力で臨んでくれるはず。


現役として滑れる時間が無為に過ぎ去っていってしまう今、
どうしても新プログラムが見たいのです!!



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。

withgoldenwings at 18:18|Permalink

2020年06月30日

次は能登さんカレンダー



写真集の次は、恒例の能登さんのカレンダーの出番です。

Web Sportiva より


羽生結弦
2020-2021 フィギュアスケート シーズンカレンダー

9月18日(金)発売予定 撮影:能登 直

予約限定生産!
お申込み締め切り:7月24日

20-21  カレンダー 1


【ご予約された方限定で販売いたします】
羽生結弦 2020-2021フィギュアスケート
シーズンカレンダー壁掛け版
【仕様】 サイズ:B3 枚数:14
羽生結弦 2020-2021フィギュアスケート
シーズンカレンダー卓上版

【仕様】サイズ: B5判変型( 160mm×570mm )枚数: 14 ※豪華両面刷り


既にAmazonで予約販売中。








【予約限定生産】
フィギュアスケートのグランプリシリーズが始まる10月にあわせて、 2020-2021シーズンのスケジュールを記載した羽生結弦選手のシーズンカレンダー。

『YUZURU 羽生結弦写真集』『YUZURUII 羽生結弦写真集』の撮影を担当したフォトグラファー・能登直氏の写真で構成し、2019-2020シーズンの競技写真はもちろんアイスショーやエキシビションのほか、貴重な練習時の写真など、ここでしか見られないカットは必見のものばかり。

グランプリシリーズのほか、四大陸選手権、世界ジュニア、世界選手権などの主要国際大会はもちろん、全日本選手権、全日本ジュニアなどの国内大会のスケジュールも掲載しており、実用性の高いカレンダーです。(※ 2020年10月~2021年12月のカレンダーになります)

※カレンダー機能のみで文章は掲載しておりません。
※卓上版と壁掛け版の写真はそれぞれすべて違う写真になります。

羽生結弦 2020-2021フィギュアスケートシーズンカレンダー壁掛け版
【仕様】 サイズ: B3 枚数: 14
※カレンダーの写真・デザイン等 変更になる可能性があります。


楽天ブックスでも。

羽生結弦 2020-2021フィギュアスケートシーズンカレンダー 壁掛け版
羽生結弦 2020-2021フィギュアスケートシーズンカレンダー 壁掛け版



羽生結弦 2020-2021フィギュアスケートシーズンカレンダー 卓上版
羽生結弦 2020-2021フィギュアスケートシーズンカレンダー 卓上版



 セブンネットショッピングでも予約受付中です。


予約限定生産なので、うっかり予約を忘れると入手できません。

早速予約しました。


そしてこちらは本日発売のKISS&CRY




明日発売の家庭画報

家庭画報 2020年8月号
世界文化社
2020-07-01





新シーズン開幕も目前になり、写真集、写真展、来シーズンのカレンダーと次々と進んでいきますが、肝心の試合はどうなるのでしょう。

世界各地で、そして日本でも、感染者の数がまた増加してきているようです。


何度も言いますが、ISUには、意味不明なアワードよりも、オンラインリモート試合の可能性を是非とも検討して欲しいです。

コロナのために全てがリモート化し、そういう環境が整ってきていると思います。

やろうと思えば絶対にできるはずです。


ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。

withgoldenwings at 08:00|Permalink

2020年06月10日

リモート試合は可能か?




まずはこのリモートコンサートをご覧ください。

東京フィルハーモニー交響楽団と子供たちによる演奏です。
 


これを見て凄いなと思いました。

最近リモートワークでもよく利用されているZOOMを使って、子供たちが各自の自宅で演奏して参加したのです。

まず最初に指揮者の映像が全参加者に配信され、それに合わせて自分のパートを練習し、本番では見事に全員が一致して、「運命第1楽章」を演奏することができたのです。

思わず拍手してしまいました。


クリメモ 神戸 4



これを見て思ったのですが、フィギュアスケートの試合もリモートでできるのではないかと。

選手は自国のリンクで滑走して試合に参加し、ジャッジもそれぞれ自国から選手の滑走を見てジャッジングします。

もちろん無観客試合となりますが、観客はそれぞれ自宅からライブ放送にアクセスして観戦することが出来るわけです。


どうせ元々ビデオカメラは1台しか設置していないのですから、ジャッジ席中央に1台のビデオカメラを設置し、その画面を大型スクリーンで映し出し、ジャッジはそれぞれの自宅なり、自国のスケート連盟のオフィスなりでジャッジングし、それをISUが集計すれば問題無いように思います。
かえって、ジャッジ間の無用な駆け引き、相談、連絡ができないことで、むしろ有益なこともあるかもしれません。

このようにすれば、選手もジャッジも国境線を越えて移動することなく、試合の実施は可能ではないでしょうか。

収益を上げることが必要ならば、リーズナブルな価格の有料のライブ配信でもよいと思います。

アリーナの大きさには関係なく、観戦したい人は世界中からアクセスして誰でも見られるというメリットもあり、人数の制限が無ければ、たとえば羽生選手が出場したりすれば、世界中から何万人ものリモート観客が押し寄せ、ISUもそれなりの利益が出せるのではないでしょうか。


良いことづくめだと私は考えたのですが、いかがでしょうか?


さらに言えば、こういう時こそAI判定が導入されていれば、技術面のジャッジングはAIに任せて、PCSの部分だけをジャッジが判定するという方法もとれたのにと、非常に残念に思います。


備えあれば憂いなし、と言いますが、コロナでこういう事態になったのをきっかけに、もういい加減AI導入に踏み切ってほしいものです。

でなければ、これから先、また同じような事態が起こるたびに試合不可能となってしまいます。


世の中が急速にリモート化されていく中で、スポーツもまたそこから逃れられないのではないでしょうか。


第4楽章(一部)も是非お聴きください。





街にはアジサイが目立ち始めました。

IMG_2221


IMG_2220


そろそろ梅雨入りですね。

FaOI 2019 Crystal Memories 1_Fotor



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。

withgoldenwings at 00:24|Permalink