モーションキャプチャ

2021年05月16日

羽生選手が投じた一石の波紋





結弦くんの卒業論文の一部を抜粋し、早稲田大学の学術誌「人間科学研究」に特別寄稿された論文は世界中に拡散していきますね。

卒論掲載 人間科学研究


卒論 人間科学研究



4月の数日間だけで44,730回の閲覧回数ですから、5月末にはどのくらいになっているのでしょうね。


早稲田大学 卒論



今度はそれがYouTubeでも紹介されています。
15か国語の字幕付きですから、世界中のほとんどの人が理解できるようになっています。

こうして結弦くんの投げた一石の波紋が広がっていきます。


 


「したがって、各レフリーは、200以上の要因を考慮してショートプログラムで少なくとも300の決定を下す必要があります。

そして300以上の要因を考慮して、フリースケートで少なくとも500の決定を下す必要があります。

また、評価基準のルールは毎年改訂されています。

レフリーは最新の基準を覚えて、1~2秒以内にすべての要素を評価する必要があります。

審判は本当に落ち着いた決断をする時間がありますか?


この作業がどれほど難しいか想像できますか?」



実際このようなことは人間の能力を遥かに越えていると思いませんか。
それを人間にさせたら、不正確で不完全な結果が出てくることは必然的なことです。
ジャッジだって人間ですから、人間の能力を超える作業は不可能なわけです。

そんなことは誰でもわかっているはずです。
しかし敢えてそれを続けていることにどんな意味があるのでしょうか。
多くの人達が不思議に思っていたことだと思います。


そこで、羽生選手は現役のスケーターとして、卒業論文という機会に、問題を解決する方法を研究し、ひとつの可能性として、今後のフィギュアスケートの審判方法を提示したのです。

そこには正しい批判精神もあり、審判の不公正や、一部の選手の不正に対する憤りもあったと思います。当然のことだと思います。
ただ観て、応援している私たちが怒りや悲しみを感じていたのに、本人が何も感じないわけがありません。


ただ、羽生選手の素晴らしいところは、それを不平不満に終わらせずに、自分の経験を未来に向けて役立つ普遍的なものに変換して提示したところだと思います。

そこにはフィギュアスケートに対する深い愛があるのを感じます。



論文はWEB上に公開されていますから、今では誰もがグーグル翻訳などで簡単にその概要を理解することができます。


果たしてISUはこの提案に何か答えることができるのでしょうか。

無視し続けるのならば、やがてフィギュアスケートはスポーツとしては認められなくなるような気がします。


ルールは曖昧で不公正で不公平、審判方法も目視とカメラ1台のみ、前近代的、改善する気なし。
これでは競技スポーツとしては成り立ちません。

一日も早く、真剣に審判方法の改善に取り掛かって欲しいのです。


動画の中にはマッシミリアーノさんとアンジェロさんの解説も引用されていましたね。

マッシミリアーノさんも早速Twitterで取り上げてくれています。


羽生選手の望みはマッシミリアーノさんの望みでもあり、そして私たちの望みでもあります。


最後までまでお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 00:45|Permalink

2021年04月21日

フィギュアスケート界の革命家?





前記事に書いた女性自身の記事を実物で確かめたくて、買ってきました。


IMG_5123


 内容はほぼWEB記事と同じですが、記事の構成はWEB記事とは少し違っていた部分もあります。


ただ、違和感を感じるのは、「悲痛の叫び!」とか、「採点への不満」とかが強調されていて、これでは羽生選手が自分への採点が不満だから、この論文を書いたかのように見えてしまうこと。

羽生選手は、現在のフィギュアスケートの採点方法の不備を正して、全ての選手が公正に平等に、同じ基準で採点評価されることを望んで、この研究を仕上げたのだということを、きちんと書いてほしかった。

女性週刊というジャンルにおいては、多少センセーショナルなタイトルで目を引かせる必要があるのでしょうけれど、羽生選手の意図するところを矮小化するようなキャッチコピーは止めて欲しいのです。


最初と最後にある羽生選手の文章をつなげて読むと、それが羽生選手の主張の要約になるように思いました。

「現在フィギュアスケート界ではジャッジングについての議論が盛んに行われている。近年フィギュアスケートは高難度化が著しく進んでおり、そのために審判員がわずか1秒以内に行われるジャンプを正確に判断することは至難となってきている。
また。ジャンプの評価基準は明記されているものの曖昧な部分が多く、その試合の審判員の裁量に委ねられている部分が大きい」

「一人のジャンプだけではできないかもしれないが、ISUなどの機関が有力な国の連盟に強化選手を使って、少しずつデータをとることを義務付けしてAIを作ったらジャンプに関してだけでなく、ステップやスピンなどの技術的な判定は完全にできるように感じた。(中略)フィギュアスケートにおいてこのモーションキャプチャーは極めて有用であると考える」




現在のジャッジングシステムの問題点に、現役選手が論文という形で批判と提言を行うのは画期的なことだと思います。
多分前例は無いのではないでしょうか。

是非この論文は英訳し、世界中のフィギュアスケート選手、関係者に読んで欲しいですね。

ISUもスケ連も、羽生選手の提言を真摯に受け止めるだけの懐の深さがあるとよいのですが…。
余り期待はできそうもありませんけどね。



4A挑戦といい、今回の問題提起といい、羽生選手は将来、フィギュアスケート界の革命家と呼ばれるかもしれないですね。


余談ですが、革命家といえばエルネスト・チェ・ゲバラ
俳優も顔負けするくらいハンサムで、彼もまた2歳の頃から喘息に苦しめられ、医師となり、そして革命家となりました。

結弦くんはアイドルも顔負けするくらいのカッコよさで、2歳の頃から喘息に苦しめられ、スケーターとなり、そして革命家となる? 
なーんて妄想が膨らんだりしてね。


どこまでも結弦くんを熱烈応援します。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 00:35|Permalink

2020年08月24日

卒論完成と24時間TV




卒論完成おめでとう!




向後千春先生は羽生選手の卒論指導教授なのでしょうね。

早稲田大学人間科学学術院教授。博士(教育学)(東京学芸大学)。専門は、教育工学、教育心理学、インストラクショナルデザイン、アドラー心理学。

先生がお祝いして下さっているところからも、羽生選手の卒論が優秀なものだったことが推測されますね!


羽生選手が早稲田大学に入学したのは2013年でしたから、8年後の2021年3月が卒業のタイムリミットです。

なので私は、羽生選手は今年すべてのアイスショーが中止になったことにより空いた時間を、
目いっぱい勉強に割いて、来年の卒業に向けて頑張っていると信じていました。

羽生選手の性格からしても、一度始めたことを中途半端で終わらせることは無いはずだと信じていたのです。

羽生選手はそんな願いに1000%応えてくれました。
彼にしかできない方法で!


24h TV  2020-1


24h TV  2020-2


24h TV  2020-3


24h TV  2020-4


24h TV  2020-5

「フィギュアスケートにおいて、モーションキャプチャ技術っていうのはどれだけ使えるかっていうのと、どういうふうな展望があるかをまとめた論文です、基本的には」。

自らの体にモーションキャプチャを付け、
陸上でジャンプ。トリプルアクセルをデジタル化することで、将来的な選手の技術向上やAI採点など競技発展に役立つことを願っている。


フィギュアスケートの正しい技術の継承や、多くのファンも望んでいる採点へのAIの導入について、羽生選手も同じ問題意識を持っていることが伝わる卒論テーマが、ことのほか嬉しかったです。

この卒論、是非読ませていただきたいです。
もしかしたら今頃は、もう出版社からオファーが殺到しているかもしれませんね。



24時間テレビの映像お借りしました。
ふうせんさん、norakuroさん、ありがとうございます。


オープニングも羽生選手だったことにはビックリでした。








「病床数が増えれば増えるほど医療の最前線でウイルスと闘っている方々はすごく大変だなと常日頃感じていて。
ウイルスをまず自分に感染させない。そこから広げないことをすることこそが、一番の皆さんへの応援。
感染拡大につながるような行動をしないという選択をしているだけで、僕たちは回復した未来に向かって動けているんだなと思っている」


本当に、一人一人が自分が感染しないようにすることが、同時に周りの人々を守ることになるのですね。



新型コロナ、世界が力を合わせて2年未満に終息させたい=WHO テドロス事務局長
ロイター

このパンデミックが終息する日は必ずやって来ます。
「回復した未来」をあれこれ想像しながら、今を耐えていこうと思いました。






Continues 翼 2_Fotor

ブログランキング

Continues ~with Wings~
テレ朝Ch2 8月30日・9月5日・9月6日
楽しみです!


最後までお読みいただきありがとうございました。


フィギュアスケートランキング

スポンサーリンク


withgoldenwings at 08:01|Permalink