ペギー・フレミング杯

2020年07月18日

ペギー・フレミング杯



今朝のペギー・フレミング杯のオンライン大会を観ることが出来ました。

初めてリモートで行われたフィギュアスケートの試合となりました。


フレミング杯 5



最初は無人のアイスリンクで滑る姿に寂しさを感じましたが、だんだん慣れてくるにしたがって、全力で滑り、演技するスケーターたちの姿に引き込まれていきました。

選手たちにとっても観客の熱気、エネルギーに満ちた会場の盛り上がりが与えてくれる高揚感が無いことは最初は戸惑うこともあるとは思います。

しかし、リモートで試合を行うことが、それほど非現実的な事ではないというのは確認できたのではないでしょうか。


今回の大会は事前に選手各自が用意した演技ビデオをあらかじめ主催者に送り、それをジャッジ達が採点した結果を発表するという形式でしたが、もう少し進んで、映像のリアルタイムでの共有ができれば、更にもう1歩前に進んだリモート試合ができる可能性を提示してくれたと思います。


新型コロナウィルスのワクチンと治療薬が完成するまでは、リモート方式の試合で切り抜けるというのも、十分考慮に値するのでは、と感じました。

全てのことがリモート化していく中で、スポーツだけがそれを採り入れないという理由はありません。


カムデン君のファンクラブがペギー・フレミング杯のルールを書いてくれています。

独自のルールがあるんですね。





◆滑走順

フレミング杯 出場者



なんと、これはクリケットクラブではありませんか!

突然クリケットクラブが出てきて驚きました。

フレミング杯 2


フレミング杯 3


ジェイソン・ブラウン選手はトロントのクリケットクラブからの映像だったのです。

最早ファンにとっても懐かしいようなクリケットクラブのリンク。

そこでひとり滑るブラウン選手を見て、羽生選手を想って胸が締め付けられるような思いがしました。

とても綺麗なプログラムでした。



試合の結果は、ジェイソン・ブラウン選手の優勝でした。

フレミング杯 1


フレミング杯 4

ペギー・フレミング杯の動画はこちらから視聴可能です。

クリケットクラブで滑るブラウン選手は1:35:30くらいから。



今年のメディアデーにはクリケットクラブからの中継で羽生選手の新プログラムのお披露目なんてどうでしょうか。

本気でそう思ってしまいました。



今夜はこれからFaOI2017ですね。


【ファンタジー・オン・アイス 2017】テレ朝Ch2
<幕張公演>■7月18日(土)よる10:20~ ※会場音のみ
<神戸公演>■7月19日(日)午前10:00~ ※会場音のみ


今週末の楽しみですね。



18 公開練習 7 デイリー 1_Fotor

リモートのフレミング杯、彼もきっとどこかで見ていたはず。

新プログラム、順調に進んでいますように。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。

withgoldenwings at 21:48|Permalink