ベースボールマガジン社

2020年05月26日

毛受カメラマンのフォトギャラリー



フィギュアスケートマガジンを発行しているベースボールマガジン社も、WEBフォトギャラリーを始めました。
社名からも、野球を中心にした雑誌を発行していると思うのですが、その記念すべき第1回のBBMフォトギャラリーの主人公は野球選手ではなくて、フィギュアスケートの羽生結弦選手というところに、今の羽生選手の存在感、影響力の大きさを感じます。

写真はもちろん全て毛受亮介カメラマンの作品です。



毛受ギャラリー 1
2000年2月7日の四大陸フィギュアスケート選手権のSPにて撮影


最高の一瞬を求めて。羽生結弦を追った四大陸選手権【BBMフォトギャラリー1】

ベースボール・マガジン社の写真部が厳選した写真をお届けするフォトギャラリーを開設しました。カメラマンがファインダー越しに感じた「最高の一瞬」を掲載していきます。ここで紹介するのは誌面で掲載していないものばかり。記念すべき第1回目は、フィギュアスケートの羽生結弦選手です!

この写真を撮るために…

「タイトルバックに使用している大写真は、2020年2月7日、四大陸フィギュアスケート選手権のショートプログラム(@ソウル木洞アイスアリーナ)で撮影したもの。この写真を撮るために、SPのときの撮影ポジションを選びました。開始から2分15秒くらいでしょうか。ジャッジから見て右のショートサイドに向かって、羽生選手が両腕を広げる、まさに待っていた瞬間でした。ただ、顔を真ん中に置いて撮ってしまったのが反省点です。フィギュアスケートマガジンの誌面ではレイアウトの都合で、片方に寄せるトリミングになっていて、手が切れてしまうことに…。せっかくなので、このフォトギャラリーにて「復活」させてもらいました」(毛受)



毛受ギャラリー 01
2020年2月7日、四大陸フィギュアスケート選手権ショートプログラム


「『1』の写真の少し前のシーン。シットスピンの際、ピアノが「タタンッ」と弾ける音に合わせて、羽生選手が羽を広げるように両腕を上げるんです。「ぶゎさっ」という音が響いてきそうです。カッコいい」(毛受)



毛受ギャラリー 02
2020年2月6日、四大陸フィギュアスケート選手権の公式練習


「地下のプラクティスリンクは、比喩的な表現ではなく、吐く息も凍るほどの寒さでした。2月のソウルの気温は、寒い日で氷点下10℃くらい。私は直前まで真夏のオーストラリアにいたので、その寒暖差に恐怖を覚えて、防寒機能抜群のダウンジャケットを慌てて買いに行きました」(毛受)




毛受ギャラリー 03
2020年2月5日、四大陸フィギュアスケート選手権の公式練習終了後にバスへ向かう


「その後、新型コロナウイルスの影響で多くのスポーツが中止となりましたが、2月はマスク着用や検温などの対策をして大会が開催されました」(毛受)



ショートからフリーへ

毛受ギャラリー 2
2020年2月9日、四大陸フィギュアスケート選手権のフリースケーティング


「ルール改正でフリーの時間が短縮。『SEIMEI』のどの部分が削られるのかに注目していました。練習ですべては確認できず、ぶっつけ本番に近い形で撮影に臨んだのですが、このハイドロのシーンはレンズの選択を間違えてしまいました…。もっと近くで演技するだろうという予想が外れてしまった。ただ、結果オーラインと言いますか、これはこれでいいかもしれないと。誌面で展開するときにはでタイトルや文章が載せやすいじゃないか…とポジティブシンキングで乗り切りました」(毛受)



毛受ギャラリー 3

2020年2月9日四大陸フィギュアスケート選手権のフリースケーティング


「苦しんだ昨年後半からプログラム変更へと行き着いた羽生選手。今大会で何かが変わるはずだ、だから演技直後に見せる表情にそれがにじみ出るはずだ、と考えていました。その瞬間を撮ろうと強く意識して、そして収めることができたのが、この表情でした。ホッとしたような、とても清々しい顔に感じました。私も『よし、世界選手権が楽しみだ。さらに気合いを入れて撮るぞ』と誓ったのですが…中止となったのは残念でした」(毛受)



毛受ギャラリー 4

2020年四大陸フィギュアスケート選手権の表彰式


「表彰式での一コマ。羽生選手は気遣いの人で、たくさんの人にその表情を見てもらえるように360度向いてくれるので、カメラマンもみんなが幸せです(たぶん)。しかもこのときはバックスケーティングしながら時間にして1秒強は、こちらに目線がきていました。心の中で絶叫しながら、気づけば18コマもシャッターを切っていました。心を奪われた私は、乙女の心持ち。いやまあ、おっさんなんですけど」(毛受)




毛受ギャラリー 5

2020年2月9日、四大陸フィギュアスケート選手権のエキシビション


「フリーの演技終了後、数時間後に始まったエキシビション。『Hope&Legacy』は感動的でした。『韓国』『四大陸』ということで、『Let’s Go Crazy』かな、と予想していたけれど、もちろんホプレガも大好きなのですが」(毛受)


※BBMフォトギャラリーは毎週火曜日・金曜日に更新予定です。

毎週フィギュアスケートの写真ではないと思いますが、定期的に要チェックです。



フィギュアスケートマガジンで連載されている『羽生結弦 SKATE & JOURNEY』の毛受カメラマンの文と写真をいつも楽しみに読んでいましたが、こうしてWEBでも毛受さんの写真とそれを撮影した時のエピソードや感情を書いていただけて嬉しいです。

カメラマンの方が、写真だけでなく文章も綴って下さることで、一層写真のあじわいが深くなります。


先日発売されたばかりのフィギュアスケートマガジンの中で、一番のお気に入りは毛受さんの記事に添えられたこの一枚でした。


IMG_2084
なんたるボディ!


他にも毛受さんの写真、山口さんの記事がたくさんあります。
BBMフォトギャラリーで是非ご覧ください。

こちらです⇒
https://www.bbm-japan.com/photos/17365418/p2


今年はアイスショーは無しですが、素晴らしい写真集やWEBギャラリーで楽しませていただけて、本当にありがたいなと思います。



昨日緊急事態宣言が解除されたことで、安ど感からかスーパーマーケットはほぼ以前と同じ人出に戻っていました。
東京では新規感染者数がまた2桁になっています。
ワクチンや有効薬ができるまでは、油断せずに慎重に暮らしていくしかありませんね。


羽生選手もどこかでそろそろ氷の上に戻れているとよいのですが。


  ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。



withgoldenwings at 23:06|Permalink