プルシェンコ

2020年09月14日

トゥルソワ選手のロミオとジュリエット



昨晩はTBS地上波のドリーム・オン・アイスを最後まで観ていたために、今日はまだ眠気が抜けません。

終了したのが午前3時近かったので無理もありませんが、TBSさんもう少し早い時間に放送して欲しかった。


ドリーム・オン・アイスの前にはロシアテストスケートのFSの演技が続き、これもなかなか見ごたえがありました。

やはりロシアはフィギュアスケートの層が厚いんだなぁと実感しました。

会場にはほぼ満員の観客が入っていて、マスクをしている人、していない人、が混在している状態で、少々心配になってしまいました。



しかし会場の雰囲気は試合そのもので、選手たちの真剣な演技に引き込まれました。


特に印象に残ったのは、男子では持病を克服して復帰したコリヤダ選手。
結婚もされて、心身ともに充実していることが感じられ、演技も素晴らしかったです。




https://youtu.be/sIcO0G6kPXk

しかし、これだけの演技をしてもニコリともしないミーシンコーチ。
エテリ女史が鉄の女なら、ミーシンコーチは鉄の男か。
オーサーコーチやブリアンコーチだったら、飛び上がって喜びそうなのに。




女子ではトゥルソワ選手が一番印象に残りました。
第1滑走者だったトゥルソワ選手の今シーズンFSプログラムは「ロミオとジュリエット」!

編曲は違っていても原曲は同じなので、いやでもニースの羽生選手を思い出してします。

曲が始まった途端に、頭の中はニースの 羽生選手に占領されてしまいました。




https://youtu.be/JtM4tVEtuhw

トゥルソワ選手は体も一回り大きくなり、演技も以前よりも伸び伸びと大きくなった感じを受けました。

最初の4Lzこそ転倒してしまいましたが、あとは素晴らしいジャンプを重ねて、
もう貫禄のようなものさえ出てきたように感じられました。


衣装はどんなものになるのでしょうか。
できたら白の衣装にしてほしいな。ジュリエットといえばやはり白いイメージ。

これも白、
ロミオとジュリエット 映画 2

これも白、
ロミオとジュリエット 映画 1


そして、これも白。
2014 ロミジュリ_Fotor



これからプログラムをさらに完成させ、衣装を着けての演技が楽しみです。

プルシェンコさんもホッとしたのではないかな。

これから北京オリンピックめざしてプルシェンココーチと共に進んで行くのですね。

ロシアテストスケート トゥルソワFS


「ロミオとジュリエット」で、2012年ニースの羽生選手は世界選手権初出場銅メダル、2019年トリノの佐藤駿選手はJGPF初出場金メダルと、「ロミオとジュリエット」は必勝プログラムに思えてきました。

プルシェンコさんの意識の中にも羽生選手のニースの印象が強く残っているのかもしれないな、なんて思いました。


他にもワリエワ選手、シェルバコワ選手も素晴らしい演技でしたが、勢いとエネルギーを感じるという意味で、私にはトゥソワ選手が魅力的に感じました。

コストルナヤ選手は怪我と準備不十分ということで、FSは欠場となったのは残念でした。
ても、振り付けはジェイリーン・ボーンさんで、オンラインで練習中ということです。
完成が楽しみです。
怪我が軽いものでありますように。


テストスケートFSプログラムは全体では4時間という長さです。



最初がペア、続いて男子シングル、アイスダンス、最後が女子シングルという順番になっています。





ロシアテストスケートが終わった後、深夜01:20~02:50という時間帯にドリーム・オン・アイスのダイジェスト版がTBSで放送されました。


CSで放送された生中継と違って、こちらは随所に羽生成分を交えてあり、結局最後まで眠気と闘いながら観てしまいました。


羽生選手の過去のプログラムからは、2009年の「ミッション・インポッシブル」と





2012年の「Hello, I love you」が流れました。



Chai Tさん、いつもありがとうございます。



「最後Tシャツを投げる時、まだまだちょっと恥ずかしさが残っていたので、あとはもっとカッコよくピッて投げれるようにもっと練習してきたいと思います」って。

その後、本当にカッコよく投げれるようになったのは私たちは良く知っていますよね。


Hello Ilove you


またこんなカッコいいプログラムも観たいですね


昨日のロシアテストスケートとドリーム・オン・アイス、羽生選手も観たのかな?



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング

スポンサーリンク



withgoldenwings at 21:34|Permalink

2020年08月05日

プルシェンコさんにエールを





「プログラムを観たが、ひどいものだ」プルシェンコがコストルナヤ移籍に関して、旧陣営へ辛辣なコメント

THE DIGEST編集部

2020.08.04


https://thedigestweb.com/topics_detail13/id=20664

プルシェンコ コストルナヤ移籍問題



記事のタイトルには「辛辣なコメント」と書かれていますが、私は少しも辛辣とは思いませんでした。
プルシェンコさんが言っていることは極めて真っ当なことだと思いました。

2022年北京オリンピックまでは1年半しかありません。
北京まと明言しているコストルナヤ選手が、限られた時間の中で自分の可能性を追求したいと考えるのは当然のことです。

自分が正しいと判断した道に進もうという彼女の選択を否定する権利は誰にもありません。
もちろんエテリコーチはじめこれまでの指導者に礼を尽くさなければなりませんが。

プルシェンコさんにとっても、コーチとしての力量を示さなければならない正念場です。

プルシェンコさんにエールを送りたいと思います。



よろしければこちらも合わせてお読みください。
過去記事より(2020年5月8日)

プルシェンコさんの挑戦    

コストルナヤ選手、シェルバコワ選手と共にロシア3人娘といわれるトゥルソワ選手が、トゥトべリーゼ女史率いるサンボ70から、プルシェンコさんの元に移籍するというニュースは驚きでした。

ロシア三人娘
(2020欧州選手権)

色々な憶測が行きかっているようですが、これはトゥルソワ選手の挑戦でもあり、同時にプルシェンコさんの大きな挑戦でもあります。

トゥルソワ選手と同時にサンボ70のジャンプコーチのセルゲイ・ロザノフ氏もプルシェンコさんの元に移籍するというのも驚きです。

これまで、トゥトべリーゼ女史の他には、コーチとして表立っていたのはグレイヘンガウス氏、ドゥダコフ氏くらいで、ロザノフ氏の存在はほとんど見えていなかったと思います。

私も初めて聞く名前でした。

野心的な目をしたイケメンコーチであることは間違いないようですね。


セルゲイ・ロザノフ 2


意外にこの方が今回の移籍のキーパーソンなのかもしれないという予感がします。

ロシアフィギュアスケート界に衝撃が走ったことは間違いありません。


この記事が手際よくまとめてくれています。

THE ANSWER の記事より

トルソワ電撃移籍 母国識者がプルシェンコにエールのワケ「大きな重圧が控えている」

5/8(金) 16:33配信

フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)はエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになった。“電撃移籍”を、ロシアの識者はどう見ているのだろうか。現地メディアが報じている。

トゥルソワ

アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワとともに“天才3人娘”として2019-20年のフィギュア界を席巻したトルソワ。トゥトベリーゼコーチのもとを離れたことは衝撃をもって受け止められた。ロシアスポーツ紙「スポルトエクスプレス」では、コーチのセルゲイ・ロザノフ氏もともに移籍することを伝えつつ、識者の反応を紹介している。

セルゲイ・ロザノフ 1
(左端がセルゲイ・ロザノフ氏)
 
まず数多くの名スケーターを育ててきた重鎮
タチアナ・タラソワは「トゥトベリーゼ氏のところには、トルソワの代わりになる教え子がまだたくさんいます。教え子がそのコーチから別のコーチのところへ移籍することはあり得ることです」とエテリ氏のもとには数多くの才能溢れる選手が残ることに触れつつ、こう続けている。

「コーチの変更――それはいつも宝くじのようなものです。エフゲニー(プルシェンコ氏)は自分が指導するもとに、とてもいい少女を、世界記録保持者を得た。これは彼にとってとても大きな責任です。私は、彼がすべてうまくいくように願っています。これは彼にとって有能なコーチとして認められるチャンスです

 プルシェンコ氏にとってはチャンスだとも指摘している。

 またアイスダンスの世界王者でソルトレイクシティ五輪の銀メダリスト、イリヤ・アベルブフ氏はまずトルソワの素質を絶賛している。

「サーシャ・トルソワ――とても優れた才能に恵まれた天才的な女子スケーターであり、4回転ジャンプに関する記録を持っていて、昨シーズン、見事な演技を見せました。彼女は我々の誇りで、彼女の幸運を祈るだけです」

プルシェンコのライバル、ヤグディンも移籍が成功

 さらに同氏は、過去の移籍劇も引き合いに出してこう続けている。

「そういったことはいつの時代でもあったことで、時々、移籍はその選択が正しかったことを証明してきました。例えば、アレクセイ・ヤグディンは彼にすべての技術を教えたアレクセイ・ミーシン氏のもとを去りました、だが、彼にはプルシェンコとのとても激しい競争があった。タチアナ・タラソワ氏はヤグディンが芸術的才能と闘う資質を身につけ、2002年のソルトレイクシティ五輪で金メダルを獲得するのを助けました

ヤグディン 2002

 また、移籍が成績の低下を招く可能性があるのではないかという問いかけに対しては「今、比較をするのは難しいです」と前置きしたうえで、トルソワ、トゥトベリーゼ氏、プルシェンコ氏にも思いを巡らせている。

トゥトベリーゼ氏にとっても、何しろお気に入りの教え子がいなくなるのはいつの時もとても精神的に痛みを伴う複雑な話だからです。みんな、トゥトベリーゼ氏に、トルソワをここまでに育ててくれてありがとうと言わなければなりません。サーシャ(トルソワの愛称)も去る決断をするのに困難な思いをした。

トゥルソワ トゥトベリーゼ


 ジェーニャ(プルシェンコ氏)の幸運を願う必要があります。彼は長い間、選手たちを教えていますが、彼にはとても大きな仕事と大きな重圧が目前にひかえています。これは大きな挑戦です、なぜならすべての人が、サーシャは良い教育を受けた才能あるスケーターであることを分かっているからです。彼女は成長期にあります、彼女の本領を発揮していたコンディションを維持するために、大きな仕事を行う必要があります」

 トルソワのみならず、プルシェンコ氏にとっても大きなプレッシャーとなるだろうと心境を思いやっている。フィギュアスケーターに移籍問題はつきもの。トルソワが新たなシーズンでどんな姿を見せてくれるのか楽しみに待ちたい。
(end)

今シーズンはGpシリーズも開催できるかどうかもわからず、実質的な来シーズン開始となるのはいつになるのか予想もつかない状態ですが、その時まで、水面下でまだまだ色々な動きがあるでしょう。


かつては共にミーシンコーチに師事していたプルシェンコさんとヤグディンさんは、結局ヤグディンさんがタラソワコーチの元に移籍して、その結果ソルトレイクシティオリンピックで金メダルを獲得しました。
この間の確執はヤグディンさんの自伝に詳しく書かれています。

しかし今ではミーシンコーチとタラソワさんも共にロシアフィギュアスケート界の重鎮として、良い関係を取り戻しているいるようです。

タラソワ ミーシン




プルシェンコさんとヤグディンさんの二人はライバル関係にあり、色々あったけれど、ヤグディンさんはプルシェンコさんに個人的に人間として不信感を持ったことは一度もないと本の中で語っています。
この本とても面白く、自信を持ってお薦めできます。
頭脳明晰でかつ感受性が高く、少年のような心を持つヤグディンさんがどこか羽生選手と重なります。


羽生選手は尊敬するプルシェンコさんがコーチとしてどのような挑戦をして行くのか注目しているでしょうね。
選手としてスーパースターだった方がトップコーチとなっているのはむしろ珍しいくらいで、
現在活躍しているコーチとしては、オリンピック2度の銀メダリストのブライアン・オーサーコーチ、オリンピック銅メダリストのステファン・ランビエールコーチが目立つところです。

オリンピック金メダリストのプルシェンコさんがコーチとしても大きな成功を手にすることができるかどうか、期待して見守りたいと思います。

このプルシェンコさんの挑戦は、羽生選手が将来の方向性としてコーチを考えている、いない、にかかわらず、彼にとってもきっと興味深いことでしょう。

Continues 4-15  11


 結果を出すことが全ての世界で戦っていくことの厳しさを誰よりも知っている羽生選手は、遠くからこの移籍問題とその行方を見守っていくと思います。


19 スケカナ EX 矢口 2




それにつけても、2012年のニースワールド後の、羽生選手のクリケットクラブへの移籍がうまくいった陰には、多くの人の協力と配慮、それに、何よりも気持ちよく送り出してくれた阿部奈々美コーチの存在が大きいように思います。


奈々美先生はそのいきさつについては一切語らず、その後も表には立たなくても、ずっと羽生選手を陰ながら支え続けてくれたのだと思います。


花は咲く 7


羽生選手は本当に理想的な移籍をして、結果として連続2度のオリンピック金メダリストになったのです。
それを本当に嬉しく思います。

(過去記事ここまで)


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング


スポンサーリンク


withgoldenwings at 03:35|Permalink

2020年05月08日

プルシェンコさんの挑戦



コストルナヤ選手、シェルバコワ選手と共にロシア3人娘といわれるトゥルソワ選手が、トゥトべリーゼ女史率いるサンボ70から、プルシェンコさんの元に移籍するというニュースは驚きでした。

ロシア三人娘
(2020欧州選手権)

色々な憶測が行きかっているようですが、これはトゥルソワ選手の挑戦でもあり、同時にプルシェンコさんの大きな挑戦でもあります。

トゥルソワ選手と同時にサンボ70のジャンプコーチのセルゲイ・ロザノフ氏もプルシェンコさんの元に移籍するというのも驚きです。

これまで、トゥトべリーゼ女史の他には、コーチとして表立っていたのはグレイヘンガウス氏、ドゥダコフ氏くらいで、ロザノフ氏の存在はほとんど見えていなかったと思います。

私も初めて聞く名前でした。

野心的な目をしたイケメンコーチであることは間違いないようですね。


セルゲイ・ロザノフ 2


意外にこの方が今回の移籍のキーパーソンなのかもしれないという予感がします。

ロシアフィギュアスケート界に衝撃が走ったことは間違いありません。


この記事が手際よくまとめてくれています。

THE ANSWER の記事より

トルソワ電撃移籍 母国識者がプルシェンコにエールのワケ「大きな重圧が控えている」

5/8(金) 16:33配信

フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)はエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになった。“電撃移籍”を、ロシアの識者はどう見ているのだろうか。現地メディアが報じている。

トゥルソワ

アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワとともに“天才3人娘”として2019-20年のフィギュア界を席巻したトルソワ。トゥトベリーゼコーチのもとを離れたことは衝撃をもって受け止められた。ロシアスポーツ紙「スポルトエクスプレス」では、コーチのセルゲイ・ロザノフ氏もともに移籍することを伝えつつ、識者の反応を紹介している。

セルゲイ・ロザノフ 1
(左端がセルゲイ・ロザノフ氏)
 
まず数多くの名スケーターを育ててきた重鎮
タチアナ・タラソワは「トゥトベリーゼ氏のところには、トルソワの代わりになる教え子がまだたくさんいます。教え子がそのコーチから別のコーチのところへ移籍することはあり得ることです」とエテリ氏のもとには数多くの才能溢れる選手が残ることに触れつつ、こう続けている。

「コーチの変更――それはいつも宝くじのようなものです。エフゲニー(プルシェンコ氏)は自分が指導するもとに、とてもいい少女を、世界記録保持者を得た。これは彼にとってとても大きな責任です。私は、彼がすべてうまくいくように願っています。これは彼にとって有能なコーチとして認められるチャンスです

 プルシェンコ氏にとってはチャンスだとも指摘している。

 またアイスダンスの世界王者でソルトレイクシティ五輪の銀メダリスト、イリヤ・アベルブフ氏はまずトルソワの素質を絶賛している。

「サーシャ・トルソワ――とても優れた才能に恵まれた天才的な女子スケーターであり、4回転ジャンプに関する記録を持っていて、昨シーズン、見事な演技を見せました。彼女は我々の誇りで、彼女の幸運を祈るだけです」

プルシェンコのライバル、ヤグディンも移籍が成功

 さらに同氏は、過去の移籍劇も引き合いに出してこう続けている。

「そういったことはいつの時代でもあったことで、時々、移籍はその選択が正しかったことを証明してきました。例えば、アレクセイ・ヤグディンは彼にすべての技術を教えたアレクセイ・ミーシン氏のもとを去りました、だが、彼にはプルシェンコとのとても激しい競争があった。タチアナ・タラソワ氏はヤグディンが芸術的才能と闘う資質を身につけ、2002年のソルトレイクシティ五輪で金メダルを獲得するのを助けました

ヤグディン 2002

 また、移籍が成績の低下を招く可能性があるのではないかという問いかけに対しては「今、比較をするのは難しいです」と前置きしたうえで、トルソワ、トゥトベリーゼ氏、プルシェンコ氏にも思いを巡らせている。

トゥトベリーゼ氏にとっても、何しろお気に入りの教え子がいなくなるのはいつの時もとても精神的に痛みを伴う複雑な話だからです。みんな、トゥトベリーゼ氏に、トルソワをここまでに育ててくれてありがとうと言わなければなりません。サーシャ(トルソワの愛称)も去る決断をするのに困難な思いをした。

トゥルソワ トゥトベリーゼ


 ジェーニャ(プルシェンコ氏)の幸運を願う必要があります。彼は長い間、選手たちを教えていますが、彼にはとても大きな仕事と大きな重圧が目前にひかえています。これは大きな挑戦です、なぜならすべての人が、サーシャは良い教育を受けた才能あるスケーターであることを分かっているからです。彼女は成長期にあります、彼女の本領を発揮していたコンディションを維持するために、大きな仕事を行う必要があります」

 トルソワのみならず、プルシェンコ氏にとっても大きなプレッシャーとなるだろうと心境を思いやっている。フィギュアスケーターに移籍問題はつきもの。トルソワが新たなシーズンでどんな姿を見せてくれるのか楽しみに待ちたい。
(end)

今シーズンはGpシリーズも開催できるかどうかもわからず、実質的な来シーズン開始となるのはいつになるのか予想もつかない状態ですが、その時まで、水面下でまだまだ色々な動きがあるでしょう。


かつては共にミーシンコーチに師事していたプルシェンコさんとヤグディンさんは、結局ヤグディンさんがタラソワコーチの元に移籍して、その結果ソルトレイクシティオリンピックで金メダルを獲得しました。
この間の確執はヤグディンさんの自伝に詳しく書かれています。

しかし今ではミーシンコーチとタラソワさんも共にロシアフィギュアスケート界の重鎮として、良い関係を取り戻しているいるようです。

タラソワ ミーシン




プルシェンコさんとヤグディンさんの二人はライバル関係にあり、色々あったけれど、ヤグディンさんはプルシェンコさんに個人的に人間として不信感を持ったことは一度もないと本の中で語っています。
この本とても面白く、自信を持ってお薦めできます。
頭脳明晰でかつ感受性が高く、少年のような心を持つヤグディンさんがどこか羽生選手と重なります。


羽生選手は尊敬するプルシェンコさんがコーチとしてどのような挑戦をして行くのか注目しているでしょうね。
選手としてスーパースターだった方がトップコーチとなっているのはむしろ珍しいくらいで、
現在活躍しているコーチとしては、オリンピック2度の銀メダリストのブライアン・オーサーコーチ、オリンピック銅メダリストのステファン・ランビエールコーチが目立つところです。

オリンピック金メダリストのプルシェンコさんがコーチとしても大きな成功を手にすることができるかどうか、期待して見守りたいと思います。

このプルシェンコさんの挑戦は、羽生選手が将来の方向性としてコーチを考えている、いない、にかかわらず、彼にとってもきっと興味深いことでしょう。

Continues 4-15  11


 結果を出すことが全ての世界で戦っていくことの厳しさを誰よりも知っている羽生選手は、遠くからこの移籍問題とその行方を見守っていくと思います。


19 スケカナ EX 矢口 2




それにつけても、2012年のニースワールド後の、羽生選手のクリケットクラブへの移籍がうまくいった陰には、多くの人の協力と配慮、それに、何よりも気持ちよく送り出してくれた阿部奈々美コーチの存在が大きいように思います。


奈々美先生はそのいきさつについては一切語らず、その後も表には立たなくても、ずっと羽生選手を陰ながら支え続けてくれたのだと思います。


花は咲く 7


羽生選手は本当に理想的な移籍をして、結果として連続2度のオリンピック金メダリストになったのです。
それを本当に嬉しく思います。


ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。



withgoldenwings at 21:48|Permalink

2019年01月31日

プルシェンコの視点から*アナザーストーリー



アナザーストーリー続きです。

視点2: プルシェンコ

フィギュア界の皇帝が明かすアナザーストーリー

自分が無しえなかったオリンピック連覇

その難しさを一番よく知る彼、プルシェンコ。


アナザーストーリー p 2


プルシェンコ杯ってあるんですね。知りませんでした。

才能ある若いスケーターを発掘して育てるために。

プルシェンコさん、サーシャ君をユヅルの跡継ぎに育てるつもりなのかもしれません。


アナザーストーリー p 10


アナザーストーリー p 9



今の僕の目標は、打倒 羽生結弦

史上最強の彼を超える選手を育てることだから



初めて結弦に会ったのは彼が10歳くらいの時、日本でショーをしていた時のことだね。
あなたにすごく憧れている子供がいるよって言われて会ったんだ。


2009年 1_Fotor
プルシェンコが表紙のフィギュア雑誌を見る結弦くん




一目見て驚いたよ

センスが違う (納得!すごく重要なこと!)


アナザーストーリー p 3


スピンも上手で、ただあまりに痩せてたんで、しっかり鍛えればいい結果が得られるよって言ったんだ。

まさかオリンピックで二つも金メダルを取るとはね





初めて戦えるチャンスとなったのがソチオリンピック


2014  ソチ団体 sp 30




登ってきたなぁ、と思ったよ。

ソチオリンピックに向けて最高の対戦相手ができた。

腕が鳴ったねぇ。

どれだけ昔から知っていようが、リンクに立ったら敵。

彼なら、倒しがいがある。




プルさん、ファイターですねぇ。

ずっとあこがれ続けてきたプルシェンコさんに好敵手と思われること自体が羽生選手にとっては誇りでしょうね。

対等な相手と認めてくれたってことですものね。


2010年のバンクーバーオリンピックで、
わずか1.31点の差でオリンピック連覇を逃したプルシェンコさん。


あの頃は戦い続ける選手が少なくて、みんな直ぐに引退していく。
まだまだ滑れるのに。

僕は連覇を逃した悔しさより、戦う相手がどんどんいなくなることが悔しくて仕方がなかった。



プルシェンコが銀を取ったのは2回。
金を取ったヤグディンとライサチェックは連覇に挑むことなく戦いの場を去って行った。


アナザーストーリー p 5



アナザーストーリー p 6



お前も辞めるのか、お前もかって。
それが悔しくて。


だからこそ、羽生と言う強敵が現れたことにプルシェンコは奮い立ったのだ。


氷の上でどうやって彼を倒すか
ショックを受けさせるか、たたきのめすか、
そればかりを考えた。


それが僕の流儀さ


プルシェンコ 1

こんな時も、そんなこと考えながら羽生選手を観察していたのですね。きっと。


羽生選手の望みは、

プルシェンコさんにとっての
『燃える存在』に少しでも近づけるようになりたい。



でもそんな二人のそれぞれの願いは
プルシェンコさんの怪我による個人戦棄権で叶いませんでした。


ユヅルがソチで金を取った後、引退しない、次も出ると言ってくれて
飛び上がるほど嬉しかった。


私が去っても、彼が参加し続けることで
オリンピックという最高の戦いのレベルが保たれる。

ユヅルは分かっているんだ


最高の演技は試合でしかできないことを

そしてフィギュアスケートの世界に、オリンピックチャンピオンになる以上の喜びは絶対に無いってことをね


プルシェンコから受け取ったバトン


アナザーストーリー p 8_Fotor



そして平昌オリンピックへと邁進した羽生


その間の4年間、若手選手の台頭はあったが、

優勝候補は羽生と答え続けた。


アナザーストーリー p 11



大事なのは技でなく、経験と自信
それを合わせ持っているのはユヅルしかいなかった


連覇がどれだけ難しいか私は身をもって知っているけど、
誰かがやるとしたら世界にユヅルしかいない



だから僕はあのオリンピックでも、ユヅルがその場に立てさえすれば、連覇は間違いないと断言していたんだよ。



18 OLP fs




プルシェンコさんらしい率直なインタビューでした。

強烈な闘争心の持ち主であるがゆえに、一旦自分が認めた相手には絶大な信頼を寄せてくれるのですね。
天才は天才を知る、というか。

羽生選手もそれに応えて今も止まることなく進化し続けています。


プルシェンコさんはおそらく、
羽生選手は次の北京オリンピックは当然のこととして、
その次のオリンピックにも出れるし、勝てるはずということを言いたいのですね。


羽生選手の3年後は27歳、7年後は31歳

35歳まで現役を続けたプルシェンコさんにしてみれば、

彼はまだまだ若くて、大きな可能性を秘めているんだと。


181103 SP  公式練習 2_Fotor


そうであって欲しいし、そうだと信じています。


動画はこちらで見られます。



感動的なハビのインタビューは次回に。




ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。



withgoldenwings at 06:23|Permalink

2018年11月19日

羽生結弦とヤグディンの接点


今回のロステレコムでは、初めてアレクセイ・ヤグディンさんと、彼のかつてのコーチであるタラソワさんが一緒に解説を担当していました。


18 ロステレ タラソワ ヤグディン 3


ヤグディンさんは今はもうあまりスケート界のお仕事はしていないのかと思っていたので、解説する姿を見られたのは嬉しい驚きでした。


羽生選手のFS演技後の二人の解説の一部をSallyさんが翻訳して下さっています。



18 ロステレ タラソワ ヤグディン 2

18 ロステレ タラソワ ヤグディン 1



この解説を読んで、特に「今日のユヅルの演技は私達が皆同じ人間であること、だからこそもちろん、時に疲弊する事もあるという事を示してくれた。私はたまにはミスのある演技も必要だと思う、人生に完璧などないのだから。どんな天才でさえ自身の望むものを手に入れられない日もある」という言葉には、ヤグディンさんも現役時代には怪我に悩んだ経験も多々あり、羽生選手の置かれた状況もよく理解してあたたかい言葉を送ってくれたんだなぁと感動しました。


18 ロステレ FS 坂本清 5



ヤグディンさんは 別の解説の中で、「結弦をこの目で見ることができることをとても嬉しく感じています。羽生結弦と同じ空間で会うのは、人生で初めてです。勇気をもって言うけど、私はどうしてこの瞬間までこの2度のオリンピック王者の演技をこの目で見てこなかったのだろうか。」とも語っています。


ということは、羽生選手もこれまでにヤグディンさんに実際に会ったことがないということになります。 
おそらく何百回、いえ何千回もその演技動画見てきたはずなのに。




それを今回繋げてくれたのはタラソワさんでした。



18 ロステレ タラソワ



 

実際に羽生選手とヤグディンさんが対面できたのかどうかはわかりませんが、少なくとも同じ場所を共有し、互いの存在を身近で感じたことは確かです。


羽生選手が幼い頃からプルシェンコさんに憧れ、その強さ、逞しさ、安定感、カリスマ性を尊敬してきたのもよく分かります。


しかし私は正直なところ、羽生結弦選手とヤグディンさんの中に共通点を感じてきました。

例えば、頭脳明晰、自由闊達、天真爛漫、そしてスケートのスタイルも。 



今回、タラソワさんを接点に二人がもしも遭遇していたら、ヤグディン・プルシェンコ・羽生結弦の三人の天才が作る三角形が完成します。

そこからまた何かが生まれる可能性がありそうです。


いつか三人の天才が同じ場所に立ってくれる日が訪れるといいなぁと、内心 願っています。

夢かもしれないけれど。





ヤグディンさんの『オーバーカム(打ち勝つ)』というタイトルの自伝、とてもよかったです。
内容も興味深く、写真もたっぷりでお薦めです。






自伝と同じタイトルのEXプログラム『オーバーカム』も大好き!
こちらもお勧めです。







以前、この三人について書いた過去記事があります。
三人の天才☆ミドルネームはアマデウス

現役時代のヤグディンさんやプルシェンコさんの動画もたくさん含んだやや長めの記事ですが、お読みいただけたら嬉しいです。


ヤグディン プルシェンコ

  



羽生選手、松葉杖で表彰式出席してくれたのですね。

18 ロステレ 表彰式 1


またひとつ伝説が生まれましたね!

表彰式、明日また書きたいと思います。


He will overcome. 
羽生選手の復活を信じています。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


withgoldenwings at 00:58|Permalink

2018年11月17日

ロシアからの祝福


GPファイナル進出決定おめでとうーー

18 ロステレ FS 1


怪我に見事に対応して、構成を全く変えて危機を乗り越えた対応力に脱帽!

また後で記事上げます。

  


まず最初に今日の公式練習で羽生選手が4回転ループで転倒したことについて。

動画を見ましたがしばらく立ち上がれなくて、足を痛めたのかと心配です。

途中で練習を引き上げましたが、適切な処置のためと思っています。

試合までわずかな時間しかありませんが、どうか無事試合に臨めますようにと祈っています。


  


昨日の試合にはロシアスケート界の多くの重鎮の方々が会場にいらして、前記事のロシアより愛を込めてに書いていた方々も全員羽生選手の演技を観ていたようです。



【Sponichi Annex】
羽生結弦「ありがたいこと」立ち上がったタラソワ氏へ感謝のステップ

男子SPで羽生結弦(ANA)が110・53点をマークし、首位発進を決めた。今月上旬のフィンランド大会でマークした106・69点を3・84点更新する世界最高得点。「実質、ほぼMAXじゃないかな、この構成では」。キス&クライでスコアを知ると、充実の汗を光らせながら笑顔で手を叩いた。

 SPは憧れのジョニー・ウィアー氏がかつて使用した「秋によせて」。ウィアー氏の同プログラムを振り付けたタチアナ・タラソワ氏が、会場で羽生のステップを立って見つめていた。「タラソワさんが立って下さっているのが見えて。とてもありがたいこと」。フィンランド大会ではレベル3にとどまったが、この日はレベル4を獲得。「すごく感情のこもったものになった」と振り返った。

 17日のフリーには自身初のGPシリーズ連勝、日本男子最多となるGP通算10勝、新ルールで初の合計300点超えなど様々な記録が懸かる。「まだフリーがきれいにできていないので。まずは自分の中でSP、フリーを揃えてなんぼ。しっかり揃えられるように」。ノーミスで「Origin」を滑り終えた時、また伝説が生まれる。[ 2018年11月16日 22:58 ]

18 ロステレ SP 小海途
写真:小海途 良幹












































































【日刊スポーツ】
羽生結弦「ルーツ」のロシアで首位発進 恩師に一礼

<フィギュアスケート:GP第5戦ロシア杯>◇16日◇モスクワ◇男子ショートプログラム(SP)

男子SPで羽生結弦(23=ANA)がGP第3戦ヘルシンキ大会で出した106・69点の世界最高点を更新する110・53点をマークして首位発進した。

ロシアへの感謝を込めた。3つのジャンプ要素をすべて決めて、ステップに入るところで、リンクサイドに立つロシアの名将タチアナ・タラソワの姿を見つけた。今季のSP「秋によせて」は、憧れの元全米王者ジョニー・ウィアー氏のプログラムをカバーしたもの。その元の振り付けをしたのがタラソワ氏。前日の練習でも「がんばってね。いつも見てるから」と声をかけてもらっていた。「立って見てくださるのは、ありがたい」と、ステップ中の見せ場であるジャンプを目の前で披露した。

正面上段の席には11-12年シーズンのフリー「ロミオとジュリエット」を手直ししてくれたボブリン、ベステミアノワ夫妻がいた。演技後、スタンディングオベーションしてくれた2人を見つけ、「ありがとうございました」と深々と礼した。

記者会見では「自分のスケートをたどっていくとロシアがルーツ」とロシアとの縁を口にした。17日のフリーで滑るのは、ロシアの“皇帝”ことエフゲニー・プルシェンコ氏の代表作「ニジンスキーに捧ぐ」をカバーした「Origin」。「明日はプルシェンコさんに向けて頑張りたい」と、再び思いを込める。

18 ロステレ SP スポニチ 小海途
写真:小海途良幹




そして個人的に非常に嬉しかったのはこのタラソワさんとヤグディンさんの解説でした。

GPSロシア羽生結弦SP:タラソワ・ヤグディン解説
ロシアン・フィギュアスケート・フォレヴァより)


ヤグディン
結弦をこの目で見られることができることをとても嬉しく感じています。羽生結弦と同じ空間で会うのは、人生で初めてです。

(演技中無言)

ヤグディン
勇気を持って言うけれど、私はどうしてこの瞬間までこの2度のオリンピック王者の演技をこの目で見てこなかったのだろうか。タチヤナ・アナトリエヴナ(タラソワ)、しかしこれは現実世界のフィギュアスケートの神ですね。


タラソワ
そう、現実のものです。まったくの現実です。ただ、彼とブライアンに感謝です。彼の国に、こんな天才が生まれ、全世界に贈ってくれたことに。私たちを驚かせ、私たちを感動させる人を。ジャッジがどんな評価をするのか想像もできません。私がジャッジだったら、プラスを出すのを惜しいとは思わないでしょう。なぜなら、人生で+5を付けることはもうないということになりそうだからです。絶対に。そしてこれ以上の喜びを得ることもないかもしれません。でも、ジャッジは彼に+4を付けるでしょう。おそらく、彼らは人生は永遠のものと考えており、まだ別の天才を見ることができると考えているからです。こんな大きな喜びを与えてくれて、本当にありがとう。


ヤグディン
スケーターが実際に、こんなに冷静に、こんなに落ち着いて、最も難しいジャンプをを遂行するとは…、しかも、こんなに音楽を、一つ一つの動きを感じながら…。


タラソワ
一つ一つの細胞を彼は感じているのです。彼の一つ一つの細胞が音楽を感じているのです。


ヤグディン
もちろん、羽生は本当に練習中毒で、完璧主義者なのでしょう。しかし、こういった才能というのは、何よりもまず生まれながらのものだと思います。


タラソワ
もちろんです。観客も泣いています。昨日オーサーと話したのですが、羽生は今年からまったくの別人になったと彼は言っていました。オープンで、楽しそうで。彼は昨年まで、(オリンピック)優勝に非常に集中していたと。彼にとっては、オリンピックで2回金メダルを取る必要があったのでしょう。オリンピック王者となって、自分自身となるために。楽しんで練習ができるよう、そして新発明のための練習ができるように。新技術のための練習をして、多くの新しいことを学ぶために。

やったー!世界記録!幸せですね。


ヤグディン
そうですね、このホディンの地(注:メガスポルトのある地名)に信じられないような出来事が起こりましたね。このような天才的な演技で男子のショートプログラムが締められました。私とタチヤナ・アナトリエヴナ(タラソワ)はただスタンディング・オベーションです。これを見たあとでは座っていることは不可能です。


タラソワ
ステップシークエンスのときにはもう立っていました。座ってるなんて無理です。


18 ロステレ タラソワ ヤグ 2



いやー素晴らしい解説ですね。
ロシアスケート界のレジェンドとその元コーチによる名解説です。

ヤグディンさんはもうあまりスケート界にはタッチしていないのかと思っていたので、ここでタラソワさんと一緒に羽生選手の解説をして下さるとは、意外な、しかし大きな喜びです。

プルシェンコさんと共にロシア男子フィギュアの黄金期を担った偉大なスケーターヤグディンさんの姿を見られて良かったです。

羽生選手も、昔の映像で見ているのは、プルシェンコさんやジョニーさん、アレクセイ・ヤグディンさんと本田武史さんと言っていましたから、ヤグディンさんからの最高の評価は嬉しかったことでしょう。

poohzuruhanyuさんinstagramより



初めてロステレコム杯に出場したのは2010年のこと、この時は7位に終わりました。
しかしファンによる人気投票ではかなり上位だった(1位?だったか)と記憶しています。

翌年の2011年にも出場し、シニアGPシリーズ初優勝。

そしてこの時、既にオーサーコーチの元にいたハビエル選手と試合で初めて出会ったのでした。


色々な由縁のあるロステレコム杯。
今年は世界一のフィギュアスケーターとなった羽生選手から、ロシアの先達たちに恩返しの演技となりますね。





最後にまだ16歳の結弦君と2011年のクリスマスシーズンのモスクワを散歩しましょう。

18 ロステレ 2011 モスクワ 2



18 ロステレ 2011 モスクワ



18 ロステレ 2011 モスクワ 3

yuzu_kanamiさんのインスタグラムより





どうかどうか怪我が重大なものではありませんように。

羽生選手が無事にOriginを滑れますように。

仮にジャンプが跳べなくても、CwWの時のようにステップとスピンだけでも彼は勝てると信じています。

3位以内でGPファイナル出場のためには欠場という選択肢はないはず。


決して無理はしてほしくないけれど、羽生選手とチームブライアンを信じています。


18 ロステレ SP cap  37


ライスト始まっています。
こちらが機能しています。


ISUリザルトー自動更新します。

羽生選手の登場を信じて待つのみ!


会場入りしました!
ウォーミングアップしています!

ひとまずよかった!!




ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


withgoldenwings at 18:49|Permalink

2018年11月07日

スパシーバ、ジェーニャさん!!



Originを滑った後のキス&クライの最後の方で、羽生選手が「スパシーバ、スパシーバ」と言っているのはすぐに分かりました。

フィンランドなのに、なぜロシア語の「スパシーバ」なんだろうと思いました。

フィンランドの観客にありがとうを言うなら「キートス」のはずですよね。

18-11-4  FS  cap  13_Fotor



18-11-4  FS  cap  15_Fotor




耳を澄ませてよく聞いてみると、「スパシーバ、スパシーバ、ジェーニャさん、スパシーバ」と言っていたようです。
スパシーバと3回も言っています。

この会場にはいないプルシェンコさんに、画面を通してありがとうと伝えたかったんですね。

だからロシア語だったんだね!


gifmagazine
gif です。動かない場合はタップして下さい。



新ルールでの世界最高得点を記録したOriginの演技、この前日がお誕生日だったプルシェンコさんへのプレゼントになりましたね。



気迫あふれるOriginでした。


18-11-4 Origin ELLE  1_Fotor

真剣な表情でエッジにお祈りするのも試合前のルーティーンです。


18-11-4 Origin ELLE  2_Fotor

コーチとの握手も欠かせない。


18-11-4  Origin  cap  1



18-11-4  Origin  cap  2

プーさんをそっと押さえるオーサーコーチの気遣い。


18-11-4  FS  cap  5_Fotor



腕の内側に羽を隠しているんだね。

18-11-4 Origin ELLE  5_Fotor



18-11-4 Origin ELLE  7_Fotor


ラストポーズカッコいいですねー。
オータムクラシックから少し変わった?


18-11-4  FS  cap  12_Fotor




18-11-4 Origin ELLE  6_Fotor

氷をげんこつでコツコツしていましたね。
無事に滑れたお礼を言っていたのかな。


18-11-4 Origin ELLE  8_Fotor



18-11-4 Origin ELLE  9_Fotor
想いのこもったバナーの数々、凄かった!




次はいよいよロシアでの試合です。
更にブラッシュアップした演技を見せようと、あと10日間は猛烈に練習に打ち込みそうな羽生選手です。
ゆっくり体を休めることも忘れないでほしい。


4回転アクセルは全日本の後で挑戦ということを聞いて、正直言ってホッとしました。
これで少なくとも今年中は少しは安心して試合が観らるから。

(画像はELLEオンラインからとキャプチャーしたものです。)



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


withgoldenwings at 00:16|Permalink

2018年09月04日

三人の天才☆ミドルネームはアマデウス


この記事にはYOUTUBE動画が9本含まれています。
お時間のある時に見ていただけたら嬉しいです。
      

私が羽生選手のファンとして、フィギュアスケートをそれなりに熱心に見始める前は、テレビ放映されるオリンピックと世界選手権くらいは見るという程度の、ごく軽いフィギュアスケートファンでした。
特に誰を応援しているということもなく、その時々の素晴らしい演技を見て楽しんでいただけでした。


そんなフィギュアスケートライトファンの私でしたが、素直に『天才』という二文字が受け入れられたのは三人だけです。

アレクセイ・ヤグディン、エフゲニー・プルシェンコ、そして羽生結弦です。


羽生選手も事あるごとに言及している2002年ソルトレイクシティオリンピック。
この頃は、ヤグディンとプルシェンコという二人の天才が競い合っていた時代ですが、
やはり2002年のヤグディンは圧巻でした。
SPの『ウインター』、FSの『仮面の男』、共にパーフェクトな演技で金メダルを獲得。

ヤグディン プルシェンコ
プルシェンコ19歳、ヤグディン21歳


このときプルシェンコはSP冒頭で転倒し銀メダルとなりました。

当時はヤグディンが『王者』と呼ばれていたのでした。


2002ソルトレイクシティ五輪 SP 『ウインター』


このプログラム大好きなのですが、今年のFaOIで滑った『春よ、来い』で、羽生選手が氷のかけらを空中にまき散らすのを見て、即座にこの時のヤグディンを思い出しました。
羽生選手も研究し尽くしているはずのこのプログラムから取り入れてくれたのかなと思って嬉しくなりました。それもContinueだなと思ったのでした。


2002ソルトレイクシティ五輪 FS『仮面の男』


アレクサンドル・デュマ原作の鉄仮面伝説をテーマにしたプログラム。
私は当時この衣装にちょっとショックを受けましたね。


2002ソルトレイクシティ五輪 EX『オーバーカム』


羽生選手の練習着と同じく黒の半そでに黒手袋で演じるこのEXも大好きです。
いつか羽生選手にもこんな衣装でエキシプロを滑ってほしい。


ヤグディンはこのシーズン、GPF、オリンピック、世界選手権(長野)と史上初のフィギュアスケート三冠を制覇しました。

二人目の三冠達成は、言わずと知れた羽生選手ですね。
ヤグディンはまた、17歳で世界選手権初出場で銅メダルを取ったことでも羽生選手と重なります。


元々ヤグディンとプルシェンコは同じミーシンコーチの元にいて、2歳年上のヤグディンは兄弟子でした。
ちょうどオーサーコーチ門下のハビエル・フェルナンデス選手と羽生選手のような関係です。


プルシェンコ ミーシン

しかしヤグディンとミーシンコーチの関係がうまくいかなくなり、1998年にはヤグディンはタラソワコーチの元に移ってしまいます。

ヤグディン 2002



両雄並び立たずと言われますが、このようにトップ選手が同じコーチの元ではなかなかうまくいかないのが普通ですね。
それを考えると改めてユヅーハビの関係が奇跡的なものに思えます。


18-2-17  グリーンルーム



五輪サングラス 2_Fotor




残念なことにその後ヤグディンは股関節を痛めて2003年に現役を引退してしまいました。




ヤグディン引退後、プルシェンコは2003年、2004年の世界選手権も制し、次のオリンピック2006年トリノではSP、FP共に1位となり金メダルを獲得します。
そして次第に『ロシアの皇帝プルシェンコ』と呼ばれるようになります。


2006トリノ五輪 SP 『トスカ』



2006 トリノ五輪 FS『ゴッドファーザー』



2006トリノ五輪 EX『トスカ』生演奏+『カルーゾ』


このEXではエドウィン・マートンさんのバイオリンの氷上生演奏が素晴らしかったです。

開催地トリノに合わせて、プルシェンコの全てのプログラムがイタリア関連でしたね。



選手時代は色々な軋轢のあったヤグディンとプルシェンコでしたが、2014年のソチオリンピックの前には、「プルシェンコはソチでの唯一の希望」とコメントしています。
今では同じイベントに出席するくらい関係は修復されているようです。
自伝の中でエフゲニーのことを人間的に嫌だと思ったことは一度もないと書いていて、
現役中はコーチや周りの環境の中で遠ざかってしまったのではないでしょうか。

ヤグディン プルシェンコ 2



アレクセイ・ヤグディン自伝『オーバーカム』
ロシアのスケート事情や、ミーシンコーチ、タラソワコーチ、プルシェンコとの関係、生い立ちなど、大変興味深い内容です。写真も沢山収録されていて大変面白く、一気読みしてしまいました。


    


三人目の天才、羽生結弦がプルシェンコと初めて会ったのは2009年のアイスショーで、その際「俺を倒したらお前の時代だよ」と言われたそうです。

仲間たち 4


そして2014年ソチオリンピックで金メダルを取ることになります。

2014 ソチ 練習 1




続いて2018年平昌オリンピックでディック・バトン以来66年目となるオリンピック2連覇を成し遂げたのはつい半年ほど前のことですね。

18-2-17 メダルセレモニー 4_Fotor



最早、目に焼き付いているくらい繰り返し見た映像ですが、比較のために置いておきます。


2018 平昌五輪 SP『バラード第1番』


何度見てもため息の出る美しさ。
この繊細さ、エレガンスはヤグディンにもプルシェンコにも無いもの。


2018 平昌五輪 FS『SEIMEI』



世界的に知られているわけではない日本の歴史上の人物をテーマとし、日本の楽曲を使い、日本的な衣装で演じられたプログラムが世界中で絶賛されるという快挙でした。
間違いなく羽生選手の代表的作としてフィギュア史に残るプログラムだと思います。


2018 平昌五輪 EX『ノッテ・ステッラータ』


タラソワコーチが羽生選手にと、ご指名で贈ってくれたこの曲は、至上のEXプログラムとなりました。私にとっても過去最高に好きと言ってもよいくらいのプログラムです。

かつて最盛期のヤグディンのコーチをしていたタラソワさんは、羽生選手の中にも同様の天才を見ていたのかもしれません。

タラソワ



かつて羽生選手のヒーローだったプルシェンコは、今や羽生選手を「僕のヒーロー」とまで言い、ヤグディンからもまた平昌オリンピック後に羽生選手を称えるコメントがありました。
そしてタラソワコーチ、ミーシンコーチからも高く評価されています。



こうして三人の天才の9つのプログラムを観ると、いずれも宝石のような珠玉のプログラム。

この時代に現れた天才スケーターと共に時を刻んでいけることに心から感謝し、嬉しく思っています。



羽生選手は先日の公開練習の会見での一問一答で、次のように語っています。

―何回くらい映像を見ている?

 「いやあ…ぼくほんっとうに、ええと、中学生くらいまでですかね、本当に他の人の演技ってあんまり見ないタイプで。自分のスケートもそんなに見てないんですけど(笑い)。ただ、プルシェンコさんとジョニー・ウィアーさんの演技は本当に何回でも見れていましたし、なんていうんだろう、むしろ、彼らの演技とアレクセイ・ヤグディンさんと本田さん以外はほぼ見ていないんじゃないかなっていうくらい(笑い)。ですね。はい」

18-9-2 SPARK 11

天才は天才を知るってことですね。



今シーズンは、SPでジョニー・ウィアーに捧げる『秋によせて』、FPでプルシェンコに捧げる『Origin』、そしてEXでは秘かにヤグディンに捧げる『春よ、来い』を見られそうです。


我らが天才、羽生選手には「神に愛されし者」として、謹んで "Yuzuru Amadeus Hanyu” という名を献呈したいと思います。



*動画が見れないときはタイトルをタップしていただくとYOUTUBEに移動します。

ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


 


withgoldenwings at 17:22|Permalink