フィギュア激闘録

2021年06月02日

ループジャンパーとしてのプライド




6月に入り、色々新しいことが始まっています。


 昨日はまず最初に、受付が始まった田中さんと能登さんのコラボ講座に早速申し込みました。

GoToイベント対象講座とかで、20%OFFになるそうです。
GoToって、まだやっていたとは知りませんでした。



<講演内容>※予定

◆第1章 能登さんご紹介、二人の出会い...
◆第2章 それぞれの発表・活動の舞台
◆第3章 アイスショーなど共にした仕事について
◆第4章 それぞれのベストショット
上記以外にパレードのお話も予定しています

【講 師】田中 宣明

【ゲスト】能登 直

【聞き手】新村 香

【日 時】2021年6月20日(日)14:00~15:30(入室開始13:30)

【受講料】GoToイベント価格 2,640円(税込み)「通常価格3,300円(税込み)」

時間が1時間半となっていますが、新村さん含めて3人のお話が1時間半で収まるのかどうか、かなり心配です。
むしろ休憩をはさんで、3時間くらい時間をかけた講座にして欲しいところです。

初めての企画ですから、また2回、3回と、続けてくれたら嬉しいですね。



そしてフジテレビFODでは、フィギュア激闘録の配信が始まりました。

FOD フィギュア激闘録

特別なシーズンとなった2020-21シーズン。羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真、紀平梨花などトップスケーターたちの戦いをプレイバック。全日本選手権や世界選手権の舞台裏ドキュメントやフジテレビ独占インタビューを毎週配信。

毎週月曜日0時に最新話が追加されていきます。

第1回は羽生選手の全日本前インタビューです。
16分のインタビューで、内容的には既出のものも多かったですが、
こうしてまとまった形でインタビューを聴き返してみると、羽生選手が全日本選手権にどんな気持ちで臨んでいたのかがよく分かります。

これは初めて聴いたと思うのですが、羽生選手は今シーズンのFSプログラムで、ルッツよりもループを選んだ理由を、自分はループジャンパーとしてのプライドを持っていいる、と言っていたことが印象的でした。一時はルッツ、フリップと同じ点数になることが発表されていましたが、いつの間にか中止となったしまったことにも触れていました。

実は一番難しいというループジャンプを回避する選手が多い中で、羽生選手は最初に試合で成功させた選手でもあり、思い入れが深いのでしょうね。

羽生選手のループジャンプ大好きです。


FOD インタビュー 1



一昨年の全日本の後の四大陸選手権で再び滑った『バラード第1番』と『SEIMEI』というプログラムで、自分がやるべき演技、自分が求めるスケートに出会えた。
今シーズンは自分らしいプログラムを観て欲しいと語っていました。

つやつやのお肌と唇、二つ並んだ小さなホクロ、綺麗な横顔に見とれていると、あっという間に終わってしまう16分です。




そしてスターズオンアイスの公式動画も6月1日にYouTubeに上がっています。

◆横浜公演



八戸公演


この動画も何度も繰り返し観ることになるでしょうね。



最後までまでお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 06:02|Permalink