フィギュアスケート通信

2021年04月06日

AERAと雑誌色々



昨日買ったアエラ読みました。

羽生選手関連のページは、3か所で9ページあります。

① p.20~21  ブライアン・オーサー独占インタビュー

62F8D4BE-E377-4ECF-BC62-2C835E9A5E8C


「旅に出した子が大人になった、という感慨さえありました」というオーサーコーチの言葉に実感こもっているなぁと思いました。


② p.22~24  世界選手権前後の会見を完全収録

C28667EF-8C4A-4F53-A23C-14B9F3AC5990


写真を見て分かる通り、このページの文字は他のページのフォントよりも格段に小さくて、読むのが大変でしたが、フィギュアスケートマガジンの手法のように羽生選手の語った言葉を全て収録しているので、保存用にいいと思います。
ともかく一言も漏らさずに記載してあるのはありがたいです。


③ p.42~45  4回転アクセルへの渇望

後半のカラーページにも記事があります。
羽生選手を中心とした、世界選手権のまとめ記事となっています。

F21D3938-A3BC-4BB0-BA72-4C3762F03301



今回のアエラの中では、やはりオーサーコーチの記事が読みたかったのですが、
記事の最後で来季の計画について訊かれたオーサーコーチの答えがまた、とても良かったったです。

「逆境の中で結弦が劇的に成長する姿を、私たちは何度も目撃してきました。
彼を信じてあげてください。
それが今言える、来季のプランです」

オーサーコーチ、もちろん信じていますとも!!



クリケットクラブのメンバーであり、早稲田大学の後輩でもある西山真瑚選手の活動を紹介する記事もあります。こちらも是非お読みください。p.28~29です。




FODの契約がある方は、雑誌読み放題でも記事は読めますが、440円という価格なら買って保存がお薦めです。

AERA4/12号
AERA編集部
朝日新聞出版
2021-04-05




今週は雑誌の発売が続きます。


4月7日(水)



Amazonでは現在品切れ中です。

現地リポート、記者座談会、毛受カメラマン写真館など、読みどころ満載です。

フィギュアスケートマガジン 21ワールド 1


フィギュアスケートマガジン 21ワールド 2


フィギュアスケートマガジン 21ワールド 3


フィギュアスケートマガジン 21ワールド 4


フィギュアスケートマガジン 21ワールド 5


フィギュアスケートマガジン 21ワールド 6


フィギュアスケートマガジン 21ワールド 7



4月12日(月)




ビデオで流れれているベートーベンのピアノソナタ「月光」の第3楽章も滑ってほしい曲の一つ。

やっぱり結弦くんにはピアノ曲が似合う。



4月13日(火)



表紙も来ました。

フィギュアスケート通信 2021 ワールド 裏表紙


フィギュアスケート通信 2021 ワールド 裏表紙



そして4月15日から国別対抗戦が始まります。

21 国別対抗戦 TOPページ


私はテレ朝動画のライブ配信で見ることに決めました。(4月9日より販売開始)
公式練習も見られるのはここだけだからです。

チケットは当たらないだろうし、何よりも今、あまり動こうという気にならないのです。

でも応援は全力であることに変わりありません!

 
羽生選手からのメッセージ
21 国別 羽生結弦

誰かの光になれるように

「色んなところへ行くたびに人がいなくて本当に仕事がない人たちもたくさんいたり、苦しんでいる状況なんだろうな、というのを強く感じました。

ただ、その中でも、会う人、声をかけてくれる人たちが、もちろん世界選手権は完全に良い演技だったとは言えないんですけど、それでも『勇気をもらえました』とか『希望の光』でしたとか、そういう言葉をいただいた時に、僕はたとえ結果が良くなかったとしても、良い演技だったと納得できる演技じゃなかったとしても、誰かのためになれているのかな、という感じがして、それを常に心の中に持ちながら演技したいなと思ってこの言葉にしました」


羽生選手はいつだって内側から光を発している。
早くまた、リンクで発光する君と会いたい。



21 国別放送予定 1
21 国別放送予定 2

羽生選手が健康でケガ無く、体調も戻り、
そして、思い描く演技ができますように。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 16:10|Permalink

2021年01月16日

言葉はいらない、写真が語る




晴れて暖かい日だった今日は、日光浴を兼ねて近くの書店までお散歩。
といっても数分で着いてしまうのですが。


そしてこれを大切に抱えて帰ってきました。


4197333F-05B5-43E2-90B3-BD5087E4039E


中身は、「言葉はいらない、写真が語る」と言っているよう。

フィギュアスケートマガジンとは別のやり方だけど、これもまた良き哉。


98705EAD-D24C-49F1-862B-1FE525983B29



C93057E4-570E-4A63-AAEC-730A53494863



C2B8A208-21AB-44A0-8764-A14D48CB7557



D3FB403B-537E-46C1-9ADF-A2C2B64113C6



表紙から裏表紙まで、徹頭徹尾、羽生結弦だけ。

90F6DF25-0344-4D05-8EBE-8B65B44E4F43


本当に見事なまでに、表彰式と世界選手権代表集合写真以外には、
1枚たりとも他の選手は写っていません。

写真は長瀬友哉さん/フォートキシモトと西村尚己さん/アフロスポーツの撮影したもの。
どれも素晴らしい写真です。


これは絶対にMUST BUYと言えると思います。




さらにこれから発売される雑誌の表紙が出てきました。


21日発売のNumber 1019号の表紙です。

Number 1019号


<内容紹介>

羽生結弦、全日本選手権の勇姿を完全詳報! 

※2つの新プログラムを、本田武史氏による技術解説、
ジェフリー・バトルとシェイ=リーン・ボーンへのリモート取材、
音響デザイナー矢野桂一氏による楽曲解説、の3記事で詳報。
※全16ページのブック・イン・ブック
「アーティストが語る、羽生結弦歴代プログラムの美」も収録。

●特集コンテンツ●
【完全勝利の舞台裏】
羽生結弦「猛き光を放って」


【新プログラム解説】
本田武史「驚きの完成度と4Aへの布石」

【新SP&FS誕生の過程】
ジェフリー・バトル/シェイ=リーン・ボーン
「リモート振付で感じたユヅの成熟」


【音響デザイナーが語る音へのこだわり】
矢野桂一「曲を身体に染み込ませている」

【最前線の応援団長】
松岡修造が振り返る逆境とチャレンジの10年。

【羽生の故郷のいま】
アイスリンク仙台「希望の光を再びここから」

【指導教授も驚嘆】
課題を探求して辿り着いた3人分の卒論。

【全16ページ ブック・イン・ブック】
アーティストが語る、羽生結弦歴代プログラムの美。


【楽しみの方法論】
宇野昌磨「進化は微笑みとともに」

【コロナ禍の中の決断】
ネイサン・チェン「五輪を見据えた2年の休学」

【シニア1年目の挑戦】
鍵山優真「こういう17歳もいるんだぞ」

【特別インタビュー】
紀平梨花「計画通りの4回転」

【クロスインタビュー】
坂本花織×三原舞依「ふたりで世界へ行くために」

【激動の初シーズン】
村元哉中&髙橋大輔「天国への回り道」

【無良崇人が見た可能性】
佐藤駿「がむしゃらから戦略的演技へ」

【日本フィギュアの虎の穴に潜入】
木下アカデミー「世界標準の選手育成術」

16ページのブック・イン・ブックも付いてくる、
羽生結弦特集のようなNumber1019号は2冊買いします!



Numberは640円という買いやすいお値段の上、この内容で付録付きとは嬉しいです。


しかし、Numberとワールドフィギュアスケーティングの表紙が被ってしまいましたね。

20 全日本 フィギュアスケーティング

こちらは1月25日発売です。

トップアスリート競演の全日本選手権を中心にNHK杯、全日本ジュニアなど、激動の2020年フィギュアスケートシーンを一挙紹介。




フィギュアスケーターズの表紙は
Let me entertain you

こちらも躍動感があって素敵な写真が表紙になっています。

羽生選手の表情の美しさが際立って。


フィギュアスケーターズ 2020全日本






<内容紹介>

フィギュアスケーターズの究極の美を追求
規格外のサイズでおとどけするフィギュアスケート・アート・マガジン「FIGURE SKATERS」待望の第21弾!

羽生結弦優勝!!
★第89回全日本フィギュアスケート選手権大会
Short Program: Let Me Entertain You『レット・ミー・エンターテイン・ユー』
Free Skating: Heaven and Earth『天と地と』
★オールジャパン メダリスト・オン・アイス2020『春よ、来い』
★YUZURU HANYU at Press Canferences/羽生結弦 記者会見ギャラリー

第89回全日本フィギュアスケート選手権大会
紀平梨花
宇野昌磨/鍵山優真
坂本花織/宮原知子
松生理乃/三原舞依/河辺愛菜/樋口新葉/横井ゆは菜/白岩優奈/新田谷凜

オールジャパン メダリスト・オン・アイス2020
紀平梨花 他


今月は全日本を振り返る雑誌ラッシュで、巣ごもりでも楽しく過ごしたいと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 17:37|Permalink