フィギュアスケートニュース販売中止

2018年10月02日

出版の自由はどうなっているの?


『フィギュアスケートニュース』の販売中止の件、出版元であるメディアックスが大変残念な結論を出したことにはがっかりもしましたし、ともかく「全てお答えできません」という対応にドッと疲れました。
砂を噛むような思いとはこういうことを言うのでしょうか。

でも、メディアックスへの問い合わせ記事にはたくさんの拍手をいただき心強かったです。
ありがとうございました。


フィギュアスケートニュース



幸いなことに、同じように販売中止と言われていた『フィギュアスケート日本男子応援ブック』の方は、普通に近所の大手書店にも並んでおり、問題なく購入できました。


フィギュアスケート日本男子応援ブック



この表紙を開いた中表紙が『フィギュアスケートニュース』と同じ写真というのが皮肉です。

FullSizeRender (33)



初めて大きな写真でみる新衣装の細部をジーっと凝視してしまいました。
いつもながらとても凝った作りです。
せめて1度はこの目で見れるチャンスが掴めるといいのですが。
もう今シーズンのチケットのことが心配になってきました。

オータムクラシック特集としてほとんどが羽生選手の写真で構成されていますが、以前から応援している山本草太選手、須本光希選手のページがあったのも良かったと思います。


『フィギュアスケートニュース』も入手できた方もいらっしゃるようなので、諦めずに入手するよう努力してみようと思っています。


購入できた方がパラパラ動画をアップして下さっていますので、せめてこれで内容を確認しました。
一体どこが問題なのでしょうか。謎は深まるばかりです。





似たような2冊の本の内容にもかかわらず、1冊は販売され、もう1冊は販売中止に追い込まれた理由はどこにあるのでしょう。

その違いを把握すれば、自ずと2誌の明暗を分けた理由も推測できるのではないでしょうか。



比較するために、もう一方の『日本男子応援ブック』のパラパラ動画と比べて見ましょう。




この二つの本の内容で違うところを考えてみると、『フィギュアスケートニュース』は、オータムクラシック・インターナショナルの特集号の名の通り、出場選手のみの写真で構成されています。その中で日本からは羽生選手だけしか出場していないので、内容は羽生結弦選手と他の外国人出場選手の写真で構成されており、当然のことですが出場していない他の日本人選手の写真はありません。


それに対して『日本男子応援ブック』では、速報・オータムクラシックと銘打ちながらも、最後の数ページを、宇野昌磨選手、友野一希選手各1ページ、須本光希選手、山本草太選手各2ページ、故デニス・テン選手の追悼に1ページを割いていることです。逆にオータムクラシックに出場していた外国人選手の写真は、表彰式の写真1枚を除いては皆無です。


その他は両誌とも全て羽生結弦選手なのですから、真実は藪の中だとしても、このあたりに問題の核心があるのかなと推測することも可能でしょう。

というか、そう推測されても仕方がないようにも思います。



メディアックス社にはホームページのお知らせ欄からでもよいので、是非とも正式コメントを発表していただきたいと思っています。

仮に圧力がどこからかかったのか明言できないとしても、二度とこのような事態を招かないために、販売中止の経緯を明らかにするのが出版社としてのせめてもの矜持と誠意ではないでしょうか。


何よりも、自由な出版を妨げようとする何者かが闇の中にいるとすれば、また同じことが起こる可能性がある。

そして自主規制と忖度が始まる。
それを一番恐れています。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。



withgoldenwings at 02:20|Permalink

2018年09月30日

出版界の謎、闇、疑問


いくつかの書店をチェックしたところ、昨日発売予定だった2冊のフィギュアスケート本は、結局こちらの1冊は普通に販売され、


フィギュアスケート日本男子応援ブック



こちらの1冊は販売中止にとういう結果になっているようです。

フィギュアスケートニュース




通常出版界で販売差し止め、あるいは出版差し止めとなる法的要件は相当厳しいもののはずです。

法的な措置でこのような結果になったたのだとすれば、出版元からそれ相当な説明がなされるはずなのに、出版元からは何の説明もなく、販売差し止めを請求した当事者がいるのだとすれば、そちらサイドからも何の事情説明もないのは不思議でなりません。


もしも、上記のような法的措置に基づくことなく、何らかの圧力により自発的に出版元が販売自粛を決めたのだとすれば、更にもっと大きく由々しき問題です。

言論の自由、出版の自由、表現の自由は、民主的な社会の健全性を保つために致命的なほど大切なものです。


このようなことが安易にまかり通る出版界ならば闇の中でどのようなことが進行しているのか怖いです。一フィギュアスケート雑誌のことだけではなく、どのような分野でも起こり得るということです。



最近も雑誌『新潮+45』がLGBTに関する記事により休刊となりました。
記事の内容は決して容認できるような論調ではありません。

しかしながら、このような自分の意見とは全く相入れない論調の雑誌でも、言論の自由、表現の自由という観点から考えれば、世論の圧力により安易に休刊ということになったことには少々怖さも感じます。



今回のフィギュアスケート雑誌の件は、各種予約サイトでも非常に多くの方が購入手続きをしていたにもかかわらず、一方的に注文がキャンセルされて何の説明も無いというのも余りにも読者を無視しているとも思います。
一体何が起こっているのでしょうか。


もしも出版サイドに何らかの決定的な不備があったということならば納得もいきます。
次回からは訂正すればよいことです。
しかし事の事情が闇に閉ざされたままであれば、またいつ同じことが起こっても不思議ではなくなります。

このような事態を二度と招かないためにも、出版元から是非とも販売ができなくなった事情をご説明いただきたいと思うのは私だけではないはずと思っています。




ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
 


withgoldenwings at 16:38|Permalink