スターズ・オン・アイス2021

2021年08月31日

夏の終わりに




残暑は残っているとはいえ、8月末ともなると、
蝉の声も聞こえなくなり、日も短くなり、
秋の気配を感じるようになってきました。

今日は8月最後の日で、仕事も一段落して少し時間ができたので、
午後のひと時、YouTubeを巡る時間を取ることができました。

いくつか気に入っている動画をシェアさせてください。




昨日、結弦くんが語った「透明感」

「純粋」

「ひたむき」

「一生懸命」

「キラキラ感」


それは自分自身を語っているようでした。


雪肌精 みやびやかなひと刻 第2夜 1



結弦くんの透明感というのは、誰もが感じると思うのですが、

2019年に24時間テレビで共演したユーミンが、近くで見て、話して、感じた、
結弦くんの透明感についての語りが真実をついているように思います。

当時このラジオ番組、私も聞きました。
 






その時の「春よ、来い」がこちらです。







そして今年の24時間テレビで滑った「ホワイトレジェンド」と「花になれ」でも、
透明感はさらに増しているように感じました。





不思議ですが、この方は年齢を重ねるにつれて益々透明感を増しています。


every  24hTV  2



一方で、この春のスターズ・オン・アイスのオープニングの「Blinding Lights」も忘れられません。





ここまでカッコいいダンスを氷上で踊れるスケーターは他にいませんね。

よくプログラムの後半にアップテンポなダンスを取り入れて、カッコよさをアピールしてくるNくんを遥かに上回る技術力と表現力。


本物のカッコよさとはこういうものだ!
ということを暗に示しているかのようです。

Blinding Lights  28_Fotor_Fotor



ここにある「清潔感と透明感のあるセクシーさ」というのは、結弦くんでなければ出せない魅力です。

いつまでも観ていたくなるような中毒性がありますね。




明日から始まる9月、ようやく試合の季節に突入しますが、果たしてどんな秋になるのでしょうか。

国際情勢も、国内政治も、新型コロナの感染拡大も、不確実性満載の秋になりそうですが、

そんな中でも、どうか結弦くんの健康が守られて、その夢が一日も早く叶いますように。

8月最後の日の願いです。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 17:03|Permalink

2021年06月01日

友野選手のこと



スターズ・オン・アイス最終日のバックステージでの羽生選手と友野選手のやり取りを見ていて、思い出したのは、
Quadruple Axel 2021に掲載されていた友野選手と本田太一選手のスペシャル対談のこと。


友野選手と、今シーズンで引退することを決めた本田選手は、共に大阪出身の同い年で、良きライバルとして、小学生時代から競い合ってきたそうです。

その二人が羽生選手の新プログラムについて話している部分を一部抜粋してご紹介します。



太一:ショートプログラムは、セルフコレオの部分も多いみたいなんですけど、羽生くんがほんまに滑りたいプログラムを滑っているような感じがあって、思うがままの動きをしているようなパッションを感じましたね。

一希:うん。

太一:フリーは『天と地と』って、言われてますけど。

一希:「”地”はどこ⁉」という(笑)?

太一:滑る前から「ノーミスするだろうな」と思わせるオーラで、素晴らしい演技をしているのに、逆にあっさりしているようにも見えて、すごく不思議な感覚でした。
昌磨と優真くんが見せた「おおっ!」という盛り上がりとは違って、しーんとする感じというか。

一希:そうそう。

太一:昌磨と優真くんのときは、声を出さないように気をつけながら、関係者席のみんなが盛り上がっていたんだよね。
でも、羽生くんのときは、みんながじっとして唸るみたいな(笑)。

一希:「見た?」「見た?」って、顔を合わせながら(笑)。

太一:圧巻という言葉が合っているかどうかわからないですけど、本当にすごかったです。心がざわめくというか。

一希:関係者席を黙らせてた。みんな「はあ~」となっていました。

太一:そうそう。


友野選手と本田選手の対話から、羽生選手の新プログラムに対する感じ方がすごくよく分かって、とても共感しました。
二人共羽生選手を崇拝している感じが伝わってきました。



友野選手と言えば、もう一つ、直ぐに思い出すのは、2018年のロステレコム杯の時のことです。

羽生選手が金メダル、友野選手が銅メダルと、二人で一緒に表彰台に上りました。

友野選手にとっても忘れられない試合ではないのかな。

18 ロステレ 表彰式 29_Fotor


ケガをしてしまった羽生選手をどうにか手助けしようと、一生懸命だった友野選手の姿、よく覚えています。

18 ロステレ 表彰式 30_Fotor


あのころと比べると、友野選手もすっかりベテラン選手の一人になりましたね。

21 SOI 舞台裏


羽生選手は自分が信頼して安心できる人だけにいたずらを仕掛ける人なので、例えばオーサーコーチ、ジスランコーチ、ハビ、日本では織田さん、無良さん、それからフォトグラファーの田中さんとか。
友野選手とも、お互い気心が知れた気の置けない仲間なんだろうなと思いました。


それにしても、私には「友野グダグダで草w」の意味が最初全く分かりませんでした。

羽生選手、相当Twitterウォッチングしているってことですよね(笑)。


最後までまでお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 02:20|Permalink

2021年05月31日

僕なんかの後を・・・



昨日のスターズ・オン・アイス特別版は盛りだくさんな内容で、3時間45分もあり、
一度では最後まで終われず、2回に分けて録画を観終わりました。


一番最後に収録された、八戸最終日終了後の羽生選手のインタビューが、とても気持ちのこもったもので、羽生選手も少し涙ぐんでいるように見えました。

見ているこちらも、羽生選手の気持ちを思うと涙が浮かんでしまいます。



力は足りなかったかもしれないですけど、でも本当にみんな一生懸命にやってくださって、
僕なんか、ほんとに僕なんかの後をすごくついてきて、

IMG_5591



一生懸命みんなで走って、なんか、本来のスターズの形ではないかもしれないですけど、今年ならではのスターズ・オン・アイスができたんではないかなと、本当に感慨深くて、

IMG_5592


あぁ一生忘れられない公演になったなっていうふうに思っています。

IMG_5593



今は本当に未来がどうなるか分からない世の中で、震災の時もそうでしたけれど、何をきっかけに前に進んだらいいのか、どこから始めたらいいのか、本当に分からない世の中だなというふうに思っています。

だからこそ、あの、フィナーレの曲の歌詞にもありましたけれども、少しでも誰かの心の中に、ここから未来に向かって始めようって、思えたらいいなという風に思っています。

IMG_5595


ありがとうございました。

皆さんも健康で。ありがとうございました・

IMG_5614 (1)



「僕なんかのあとを後をついてきて・・・」なんて言っていますが、本当に出演していた全ての後輩スケーターは、間違いなく、心から羽生先輩を誇りに思い、その後ろ姿から何かを学んでいると思います。

今回見ていて、羽生選手が、スケーターとして、またエンターテイナーとして、いかに突出した存在なのかがはっきり分かりました。
一人別次元の人が混じっているというふうに感じました。

八戸という土地であったことも、羽生選手にとっては震災後に練習した忘れられない場所であり、一層感慨深かったのだと思います。

八戸リンク 1 - コピー


大震災の時と同じく、今またコロナ禍という経験したことのない試練の中で、会場で、またテレビ画面を通して観ている人々に何か前を向く力を持ってほしいという思いが切々と伝わってきました。


これから何度も見返すことになる大切な録画となりました。

IMG_5612 (1)


再放送は、TBSチャンネル2(CS)で、6月5日(土)20:00~23:45です。


最後までまでお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 18:06|Permalink

2021年05月04日

もう誰も止められない羽生結弦






ドイツでの羽生熱は一気に盛り上がってきているようですね。
アイスベアさんがドイツ語字幕を入れて下さっています。
ありがたいです。






https://youtu.be/uJPJBqDHLY4


21 World 男子SP ドイツ語解説 1


最初は「さて どのくらい楽しませてもらえるかはジャンプ次第というところ」と、
お手並み拝見的な感じだったのが、

最後には、「どんな最上級の言葉を使ったとしても、今の3分間を表すことなんてできやしない」
「私にとってこれは、フィギュアスケート史上最高のショートプログラムでした」

となっていましたね。

私が知る限り、ドイツ人、わりと頑固な人が多いように思いますが、
そのドイツ人解説者にプログラムの最初と最後で、羽生結弦に対する評価をガラリと変えさせてしまう結弦くんって、あらためて凄いな。




さて今日は、テレ朝Ch2で午前9時から午後3時まで、6時間ぶっ続けでファンタジー・オン・アイス2019幕張公演2日目、3日目の再放送がありました。


2日目は『クリスタルメモリーズ』、3日目は『マスカレイド』と、
久しぶりにトシさんと結弦くんの、歌声とスケートのコラボレーションを見て、とても懐かしかったです。







(動画はそれぞれ富山公演と仙台公演のものです)


会場から大歓声の湧き上がる2年前と、拍手のみで歓声皆無の今年のスターズ・オン・アイスと、
その違いを思いながら、少し悲しい気持ちにもなりました。


しかしこの2年間の結弦くんは、様々な試練を乗り越えて、心身ともに一層逞しくなったことは確実です。
彼自身が言っているように、「確実にうまくなっている羽生結弦」なのです。


ISUジャッジによる不等な仕打ちを逆手にとって、精神も体も鍛えられた羽生結弦は、もう怖いものなしというオーラをまき散らしています。




君を超えることはもう誰にも不可能。



そして明日はいよいよContinues with Wingsの再放送ですね!

Continue with Wings

【再放送】テレ朝Ch2

<初日 公演>(2018年4月13日)
■5月5日(水・祝) あさ8:30~
<2日目 公演>(2018年4月14日)
■5月5日(水・祝) 午前11:03~
<最終日 公演>(2018年4月15日)
■5月5日(水・祝) 午後1:31~

朝の8:30から夕方の4時まで、ぶっ続けの7時間半、ほぼ出ずっぱりの結弦くんを堪能しましょう

ゴールデンウィークの最後を飾る至福の1日になるでしょう。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 22:43|Permalink

2021年04月26日

余韻冷めない月曜日




昨日の余韻が冷めやらぬ月曜日です。

録画を何度もリピートしてしまいます。

特にオープニングの衝撃は忘れられません。

(さかえさんの動画をお借りしています。いつもありがとうございます。) 


ショーの開始直前、幕の中でなにやら叫ぶ声が聞こえて、
「えっ、何なの?」と思ったのはこれだったんですね。


この後、羽生選手が光に包まれて出てきた後に、突然音楽が止まり、もう一度幕の中に戻ってしまいました。
そして再度出てきたら、今度は全く別のクラシック曲がかかるという2回続けての音響トラブルがあったのでした。
そして、ようやく3度目に、気を取り直して始まったのがこの演技。

こんな音響トラブル珍しいですね。音響担当の方、相当緊張していたのでしょう。
でも結弦くんは何事も無かったように、魅惑的な演技が始まりました。

今後、何百回もリピートするだろうな。


絶好調に見える結弦くんの脚を見て驚きました。

4回転アクセルの練習でできた大きなあざが痛々しくて。


着氷する時の衝撃で足首を痛めることを避けるために、どうしてもひざ下全体で衝撃を受けるように転倒しているのじゃないかな。

できたらなるべく早くクリケットに帰って、コーチと共に練習して欲しい気持ちでいっぱいになります。
クリケットにはハーネスの専門家もいることだし。
カナダの入国規制は良く知らないけれど、何か帰る方策はあるような気がする。

オーサーコーチ、AERAのインタビューで、何かアイデアがあるって言ってましたね。
ブライアン、助けてあげて!!
4月11日「オーサーコーチのアイデアとは」



21 SOI  最終日放送 1

結弦くんだってみんなと繋がりたいんだ。

今回のショーで、仲間とのつながり、後輩とのつながり、ファンとのつながりが確認できたのじゃないかな。


カッコいい結弦くん、セクシーな結弦くんも大好きだけど、
この天使の輪のサラサラヘアの結弦くんが、私にとってはデフォルトの結弦くんです。

きっと、実際会ったらこんな感じなんじゃないかなと思わせる。




今日はこんなに晴れた気持ちの良いお天気なのに、近所のローズガーデンも昨日から閉鎖になってしまいました。
これからが一番美しいローズ・ド・メの季節なのに。

前日に行っておいてよかった。

603E9FE5-D071-43E3-AADF-F1711C9F2F62


EDD49DE6-B401-4C99-A00D-7989382147E4


D9559F38-6A1C-4A73-A646-342389959FC1

白薔薇に白い衣装を想う。

00738190-7DA9-4F13-9669-D65875C80FC7



327C5399-FB81-4D2E-8E06-5F6D6205E7F1

ローズガーデンなのに、水中では花菖蒲も誇らしげに咲いていた。


19E38264-5429-4C65-8DDA-74EAD8AA7F03

せめていつも元気な街路樹のツツジを見習おう。



4月28日からはスターズ・オン・アイス八戸公演が始まります。

東北地方の方がたくさん観てくださり、前に進む力になるといいですね。


そして、私たちにも八戸公演を観る機会を作ってくれてありがとう。

『生中継!フィギュアスケート 木下グループpresents スターズ・オン・アイス ジャパンツアー2021 八戸公演』
4月30日(金)午後1時10分〜生中継(TBSチャンネル2・CS放送)


現実に戻れば過酷な日々だけれど、
どんな時でも人間は、美しいものや心躍らせるものに感動することができます。

そして、それが前を向くエネルギーになるのです。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 15:28|Permalink

特別な日




昨夜は疲れてしまって、S1と、横浜公演楽日の番組を観るやいなや睡魔に襲われてしまいました。


21 SOI  S1  2


でも今朝は意外に元気に起きられました。

きっと昨日結弦くんにエネルギーチャージしてもらえたおかげですね。


 


結弦くんのソロパート、やはりすべて自分で振り付けていたんだ。


「今回全部自分のパートは振り付けを自分でやったので、どこから見てもカッコよく見ていただきたいですし。せっかくやるんだったら」


gifmagazine - 2021-04-26T044645.148


はい、どこから見てもこれ以上は望めないくらいカッコよかったです。

21 SOI  S1  3


今後はショーの自分のパートは自分の振り付けになりそうな予感。
一昨年のFaOIのオープニングのソロパートも自分で振り付けていましたね。

将来はアイスショーのプロデューサーとしても、振付師としても、活躍してくれそうな気配さえ感じさます。


何か楽しいプログラムをと、選んでくれたのは白い衣装のLet’sgo Crazy

gifmagazine - 2021-04-26T060702.291


結弦くんにとって白プリンス様は、4回転ループを初めて試合で降りた、大切な思い出でもあるでしょう。

2016 AC  1 (2)
2016年 オータムクラシック


4回転アクセル初成功への思いも込められているのかもしれません。





「こういう世の中で、せっかくこうやって足を運んで会場に来ていただけたり、
僕があの場所で滑ることっていうのが、何かしらの意味につながるものじゃないと・・・・・
何か・・ただリスクを負っただけになっちゃうと思ったんですよ」


21 SOI  S1  1

「どうか、この特別な日を忘れないで。
そして僕たちも一生懸命頑張っていきます。最後まで健康でいてください!」



昨日は私にとっても特別な日となりました。

これで秋まで生きて行けそうです。

21 SOI  S1  4

こちらこそ、ありがとうございました!



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 06:52|Permalink

2021年04月25日

Blinding Light



 横浜公演楽日のスターズ・オン・アイス、凄いものを観ました。


今日の私の席が、選手出入り口の真正面となるショートサイドのほぼ真ん中だったので、

オープニングの結弦くんを真正面に見ることになりました。

マッシミリアーノさんがあげてくださった映像が、実際に私が観たものと一番近い感じ。




ゆえに、双眼鏡のレンズに切り取られた彼は、まるで私に向かって踊りながら近づいてくると錯覚してしまうほど。

キラキラの衣装は眩いほどで、それにも増して、彼自身が発する光が眩くて、それを目に焼き付けようと、瞬きもせずに見入っていました。


目に入った映像としては、土曜日のライブ放送分とほぼ同じになるのかな。
それが自分の目の前に展開されたのです。


1E1E7BD0-FA71-4BB3-A7EC-0DE166F00413


9B84A19F-0E10-4EF7-A117-C4CFB2181BE9

5728560F-8209-4EC6-A413-2644E94992DB

F11F27CC-4B65-4C7C-BC23-FC7CE5EA5110

5C2B4CD5-84F3-4A1C-83F4-EECF8F47BA5A

D1655AC9-48B3-49E7-B559-BFA8FB70AA68


正にこれが、私に向かって近づいてくるのですから、気を失いそうになりました。


実際の煌きは2次元映像ではとらえられない程で、大げさですが、その100倍は輝いていた、と言いたいほどです。


その姿が私の目と脳裏に焼き付いて、どうかいつまでも消えませんように。




何よりも一番嬉しかったのは、結弦くんがみんなの前で滑ることを楽しんで、喜んでいることが感じられたこと。


私たちにとっては、結弦くんは眩しいひとつの光だけれど、結弦くんにとっても、Continuesで話してくれたように、ファンの存在が小さな無数の空の星のような存在であってくれたらいいなと思いました。


数時間前に帰宅しましたが、まだ脳が正常に戻っていない感じがします。
素敵すぎて疲れました。
これを悩殺と呼ぶのでしょうか。

羽生結弦、危険な男です。



今夜はTBS地上波で、楽日のダイジェストが放送されるようです。

01:23~02:23 スターズ・オン・アイス2021


ライブ配信をご覧になった方は、羽生選手のインタビューも観れたのだと思いますが、
私はまだなので、それも楽しみにしています。


とりあえず、オープニングのマイケルのインパクトが強すぎて、まだプリンスに進めません。

今夜の放送を観た後で、また後程続きが書けますように。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 22:06|Permalink

歴史に詳しいマッシミリアーノさん




今日が今シーズンに観られる最後のアイスショーになると思うとなかなか眠れない。


マッシミリアーノさんのこんなつぶやきを見つけました。
このオープニング、お気に入りの様子。



次のシーズンに羽生結弦は、世界選手権とオリンピックのメダルを合わせて10個獲得した史上4番目のスケーターになる可能性があるのだが、これは第2次世界大戦後では初めてのことである。
過去においてはボックル(オーストリア・11個)、シェーファー(オーストリア・12個)、サルコウ(スウェーデン・14個)の3人だけ。


マッシさん、スポーツジャーナリストだけあって、こういう歴史上の記録に凄く詳しい方ですね。

普通はなかなか気が付かない記録をよく指摘してくださいます。

羽生選手はオリンピックメダル2個、世界選手権メダル7個、合計9個を持っていますから、あと1つで10個達成です。




◆スターズ・オン・アイス横浜公演最終回についてのお知らせが24日付で来ていました。


「STARS ON ICE JAPAN TOUR 2021」横浜公演 4/25(日)公演の開催について

4月25日(日)の「STARS ON ICE JAPAN TOUR 2021」横浜公演は予定通り開催いたしますが、東京都、大阪府、京都府、兵庫県での緊急事態宣言の発令に伴い、ご来場をお控えになるお客様にはチケットの払い戻し対応をさせていただきます。

チケット払い戻しの詳細に関しましては、後日、改めてオフィシャルサイトにてお知らせいたします。お手元にございます上記の公演チケットは、払い戻し等、今後のお手続きに必要となりますので、大切に保管くださいますようお願い申し上げます。

ご来場いただけるお客様におかれましては、こちらより、 「新型コロナウイルス感染拡大防止に関しての取り組みとお客様へのお願い」を再度ご確認いただき、当日の会場での感染症対策にご理解・ご協力をいただけますよう、改めてお願い申し上げます。

※払い戻し対象は4月25日(日)公演のみとなります。
※払い戻し詳細は、後日、準備が整い次第、ご案内をさせていただきます。
※会場での払い戻しの受付は出来ません。
※ご購入先によって払戻方法・払戻期間が異なりますので必ずご購入先の案内をご確認ください。

25日のチケットだけは払い戻しに応じるようです。
遠くから遠征してこられる方にとっては、もう少しお知らせが早ければ良かったですね。
今回のスターズ・オン・アイスは、チケットの取り扱いなど、何かと不手際が目立ちます。

しかしリスクを承知で出場してくれたスケーターたちには何の責任もありません。

どうか最後まで、出演者、観客の皆さんの健康が守られますように。

私も不織布のとN-95マスクの二重装着で行ってきます。

01F9C61E-8D8E-4CFC-950F-7FFD7D05C458

「本当に大変な中、リスクも犯しながらも、こうやって皆さんに会えて、そして、僕たちも滑れて、本当に幸せです。こういう貴重な場をありがとうございました。
そして、最後まで健康でお帰り下さい!」


1177C719-DCD6-4F07-9B52-AC38A1EEBF02



色々な葛藤を経て、出場を決めてくれた羽生選手に、
大きな拍手で心からのありがとうを伝えてきます。

5DF207A9-9F2C-4378-8325-B9AA4D0E7E1B



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 02:41|Permalink

2021年04月24日

マイケル?



 
昨日横浜で観た時は夢中だったけれど、
今日テレビ画面で観ると、
これはマイケル?
かと思うキレキレのダンス。

どこをどう見せたらカッコいいのか、完全に分かり切ってやっていますね。
一挙手一投足が完璧 


ライトまでYuzuruのY字型?


テレビの画面からなので綺麗ではないけれど、余りのカッコよさに思わず画面どりしてしまいました。

自分の楽しみです。


1E1E7BD0-FA71-4BB3-A7EC-0DE166F00413



23670552-14C0-455A-BD3F-B0AA782593B0



9B84A19F-0E10-4EF7-A117-C4CFB2181BE9


5728560F-8209-4EC6-A413-2644E94992DB



5C2B4CD5-84F3-4A1C-83F4-EECF8F47BA5A


D1655AC9-48B3-49E7-B559-BFA8FB70AA68


C9BBE61E-C1B3-4AFF-9385-1D8B382D28CC


F4D99235-8C17-4B62-952A-2E6971EC2C94


415AE4AC-7587-46F0-95AA-392132FF8C15


F1CAEBFB-822A-43E8-93F4-E4CAE388205D


519FFAB6-1D8E-4DCC-8A2D-37FDB4E94BD0


FD6A9582-AA87-4F1A-9B29-B4A99EA8CD55


80A9BB7A-B87E-4037-A0EE-11B184D3DE4B


AD0B95A1-0197-4024-9F2C-882E4A7D93BD


D4AD9620-C50A-41D5-87B6-872A02729784


最後、お顔は見えないけれど笑顔になっていますね。


この場面、既視感あるなと思ったら、

Continues の時のオープニングかな。


FullSizeRender (188)_Fotor

3年前の結弦くんの細さよ!

今では、体形が全く別人のような逞しさになりましたね。

4回転アクセルのための武器を整えているのだなと思いました。




今日、東京は緊急事態宣言となりました。
東京でのイベントは基本無観客となるようですが、神奈川はどうなるのでしょうか。

神奈川はまだ「蔓延防止」に留まっているいるようですが、明日の公演が気掛かりです。


実は、23日のリセールチケットを購入した時に、最終日25日のチケットも購入しておいたのです。


もし無事に開催されるならば、本当に今シーズン最後のアイスショーと思ってしっかり目に焼き付けてこようと思います。

25日の公演は有料チケットでの配信があります。


4月25日(日)13:00公演におきまして有料ライブ配信が決定いたしました。
ライブ配信日時:2021年4月25日(日)12:30 開場 / 13:00開演
配信視聴券:3,000円(税込)
視聴券の購入はこちら
https://w.pia.jp/t/soi2021/


そしてTBS地上波でも、25日(日)の深夜となる、26日(月)01:23~02:23 に放送があります。
時間的にダイジェスト版かと思われますが、結弦くんの登場場面は観られるはずです。



世界的に新型コロナウイルスの変異株が次々と生まれている中、アイスショーだけでなく、秋からの試合シーズンまで長引いたらどうなってしまうのか、本当に心配です。


色々な考え方はあると思うし、結弦くんがどんな考えでアイスショー出演を決めてくれたのか分かりませんが、
私の頭の中には今、「カルぺ・ディエム」という言葉が反響しています。


今は今を楽しむしかない。明日の運命は誰にも分らないゆえに。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 19:19|Permalink