ジュニア及びシニアチャンピオン

2020年05月25日

世界ジュニアを制する者は



羽生選手はノービス時代から頭角を現し、ジュニア時代にはJGPF、世界ジュニアのタイトルを獲っています。

たった1シーズンしかなかったジュニア時代にジュニアGPFと世界ジュニアの両方で優勝したところにもう羽生選手の抜群の強さが示されています。


2009 ジュニアGPF sp  3
2009年ジュニアGPF優勝


ジュニア J選手権優勝2010 1_Fotor
2010年世界ジュニア優勝


チャンネル登録しているASTAから新しい動画が上がっています。
世界ジュニアのタイトルを獲った選手が、その後シニアで残した成績を比較した動画です。


*男性フィギュアスケート選手:ジュニア及びシニアチャンピオン



世界ジュニア優勝者でオリンピックチャンピオンになれたのは5人のみです。


ヴィクトール・ペトレンコ 1992年アルベールビルオリンピック
 
ASTA  Junior  2


イリヤ・ク―リック 1998年長野オリンピック

ASTA  Junior  3


アレクセイ・ヤグディン 2002年ソルトレイクシティオリンピック

ASTA  Jonior  4


エフゲニー・プルシェンコ 2006年トリノオリンピック・2014年ソチ(団体)

ASTA  Junior  5


羽生結弦 2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック

ASTA  Junior  9




ASTA  Junior  12

シニアでの
GPファイナル優勝は11%
欧州選手権/四大陸選手権優勝は27%
世界選手権優勝は16%
オリンピック優勝は11%


ヤグディンさんの世界選手権4回優勝、プルシェンコさんの欧州選手権7回優勝もすごいなと思いますが、
何といっても羽生選手のオリンピック2連覇、GPF4連覇、男子シングル初のスーパースラムという記録は断トツです。



日本からも世界ジュニア優勝者は多数輩出していますが、その後の成績を見ると、いかに羽生選手が突出した存在なのかが分かります。


2002年ジュニアチャンピオン 高橋大輔
ASTA  Junior  6


2005年ジュニアチャンピオン 織田信成
ASTA  Junior  7


2006年ジュニアチャンピオン 小塚崇彦
ASTA  Junior  8


2015年ジュニアチャンピオン 宇野昌磨
ASTA  Junior  10




ASTA の動画は色々なランキングを分かりやすく、綺麗なカラーとグッドデザインで見せてくれるところが気に入っています。


まだ6本だけしか上がっていないのですが、お時間がある時に是非ご覧いただければと思います。


*ISUシーズン世界ランキング 2000-2020



*ISUワールドスタンディング 2001-2020
 



*複数のオリンピック金メダリスト




*フィギュアスケーター:高さ比較(男子)



*フィギュアスケーター:高さ比較(女子)



    

本日、緊急事態宣言が全国で解除になりましたね。

アイスリンク仙台も6月1日から営業再開です。

アイスリンク仙台 再開

結弦くんがどこにいるとしても、今日も元気でトレーニングや研究に集中できていますように。


また一気に人出が増えて感染者数が逆戻りしないよう願うばかりです。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。



withgoldenwings at 16:56|Permalink