ガンディのフィギュアスケート分析記録

2020年02月18日

ガンディさんのFS分析



2月13日の記事「SPの採点について」で、ガンディさんの四大陸選手権 男子SPの分析をご紹介しましたが、

今度はFSの分析もして下さっています。



ガンディのフィギュアスケート分析記録

四大陸選手権2020 男子FS 



SPでも貼ったからFSのも貼っとくかね
Screenshot_20200211-200029~2.jpg


(メキシコのジャッジ酷いですね。そこまでしてアメリカにすり寄らなければならない立場なのでしょうか? 壁問題の影響ですか?


以下、羽生選手の部分だけ抜粋させていただきました。)

20 4CC  FS  早稲田NEWS
早稲田大学Newsより)



羽生選手

紀平選手のFSと同じように副音声での本人解説を期待してたらSPのほうでした

スーパースラムおめでとうございます👏👏👏
全日本もノービスB、ノービスA、ジュニア、シニアととってるからホントに取れるタイトル全部とりましたね〜


4Lz
ステップアウトと片手のタッチダウン
着氷時のステップアウトがあるのでGOEの評価スタートとなるGOEは+2を上限とする
エラーに対する引き下げはステップアウト-3to-4と片手のタッチダウン-1to-2なので
最終GOEは-2以下
引き算できないJ1(韓国)がGOE-1
引き算としては間違っていないが-5の2人は引きすぎじゃ…?


3F!
エッジエラー!なのでプラス面の2)は満たさず引き下げは-1to-3なので最終GOEは+2以下
J4(メキシコ)が+3


4Tでの拙い着氷とジャンプ間で流れがない/方向を失う/リズムが無くなる
プラス面で満たしそうなのが1)4)のみなので最終GOEは-1以下
J5(イギリス)が+2,J1(韓国)が0


Screenshot_20200213-214222.png


4Sは羽生比では満点の着氷ではないですねー…ってことで+4がずらりですかね
鍵山選手のジャンプを+1から加減するかわりに羽生選手にジャンプは-1から加減するってルールですって言われる方がしっくりくるプロトコルなんだが

自分的に文句のつけようもない要素がどれも+5と+4が半々になってるのは偶然かのぉ?


ねぇ…これまでのSEIMEIでの経験値を生かした上でどこなら30秒削れるかって考えない?

普通は点数に関係ないところを削ると思うのよ

  • 後半ジャンプの1本分のどこか
  • ステップ。クラスターは左右最初の1つしかとらなくなったし、クロスロールは今はレベル認定ではむしろマイナス
  • コレオを少し短縮

このあたりを予想したんだけど、凡人の考えだったわい


答えは真逆に突っ走った感

特にジャンプはこれまでの経験値を全く生かせない。種類も軌道も曲中で跳ぶ場所すら違うやん…。

プログラムに必要ないのは助走。
うん、そうね……。いや、普通無理だから。



再演については自分は肯定派です
特にSEIMEIはケガで真に完成することがなくなったと思っていたので、復活はむしろ嬉しい

SPのバラ1ぐらいの演技ができ、同じ感じで採点されればこの構成で225ぐらいだと予想(下げられまくったら知らんが)

(以上)


全選手(フジテレビ放送分)のFS分析記事はこちら



ガンディさんの分析によれば、上位5位までの選手の順位と総合得点は次のようになります。

1.羽生結弦       299.28
2.ジェイソン・ブラウン 271.93
3.ボーヤン・ジン    266.63
4.ジュンファン・チャ  263.10
5.鍵山優真       262.21



実際の四大陸選手権の結果はこうでした。

20 4CC  総合得点



ジェイソン・ブラウン選手と鍵山優真選手の点数が過大評価されているという分析でした。
これを見ての感想は人により異なるとは思います。

しかし、私が試合の後ガンディさんの得点分析を見たくなってしまうのは、少なくともそこにはいつもガンディさんの判断の理由が述べられているからです。
そしてジャンプやスピン、ステップの細部については演技動画で詳細に確認しての判断であろうと思うからです。


試合でジャッジ諸氏によって下される採点には、何のコメントもなく、
従って、どういう理由でその点数が付けられたかの説明は一切なく、
問答無用の一方的な判断を押し付けてくるだけです。
しかもカメラは1か所設置で、せいぜい時としてそれをスロー再生するだけ。


フィギュアスケートという、メジャーやストップウォッチで測れるわけではない採点競技ならば、
少なくとも、表彰台に乗る選手の成績についての”講評”くらいはあっても良いのではないでしょうか。

例えば、各種文学賞、音楽賞、美術賞では、受賞理由は講評として公開されるわけですから、フィギュアスケートがそうであっても不思議ではないはずです。


また、選手本人またはコーチによって、異議申し立てがあった場合には、採点理由の情報開示はあってしかるべきと思います。


今のこの、ISUジャッジ団という専制君主による絶対王政のような体制、どうにかならないものでしょうか。

現代では、専制君主による情報コントロールは不可能です。
なぜならば、専制君主よりも民衆の方が情報をより多く手にすることが可能だからです。


ISUさん、早くそのことに気が付いて下さいな。

AIができることはAIに任せ、人間が判断すべきことはその根拠を示す。
それがフィギュアスケートが競技として生きていく道だと思いますが、、、。
どうぞよろしくお願い致します。



1か月後の3月19日には世界フィギュアスケート選手権で男子SPが、3月22日にはFSの競技が行われます。

羽生選手が健康で、練習が順調に進んでいますように!!

20 4CC  SP  読売 11



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 09:29|Permalink

2020年01月02日

ガンディさんの全日本分析*SP編




新年2日目の今日はとても良い天気。

3002B498-BB79-40FF-8E9F-C3D313E8CEE8


碧空に羽生選手の願いが叶うようお願いしました。

    


昨年末のことになりますが、一定の選手への配慮、忖度なしにフィギュアスケートの試合結果の分析をして下さっているガンディさんが、12月30日に全日本の男子シングルSP、大晦日の31日にはFSのプロトコルの分析をして下さっていました。


私自身はルールやスケート技術、ジャンプの分析には全くと言っていいほど知識がないので、ガンディさんの分析と、各選手の動画とプロトコルを照らし合わせて見ると、とても勉強になります。



ガンディのフィギュアスケート分析記録

http://gandy.seesaa.net/article/472882001.html

フィギュアスケートの演技を分析。
プロトコルと比較。
その記録のまとめ


今日はSPから、気になった選手の分析を引用させていただきました。


全日本選手権2019男子SP ⇐全ての選手の分析はこちらをクリック

全選手のSPプロトコル




佐藤駿選手

3A
インエッジでの着氷。転倒が分からん連中がそんなもん分かる訳ないな

CCSp
まだレベル4の構成になってないですね
足換え前が6回転未満なので必須回転数に満たない
加点する気がなかったのか引き下げた結果なのかどっちでしょう?

PCSは何でこんなに渋いんですか?


鍵山選手

ジャンプの癖がキツイのぉ……。

CCSp
入りでグラグラしてるんだけど、GOEを見る限りでは気のせいですね?

3Lz!+3T
3Lzはエッジエラー!ではなくeでは?
TESカウンターではGOE平均+3だったようなのでやはり引き下げは最小幅ですね

踏み切りがダメなのでプラス面の2)は満たさず評価のスタートとなるGOEは+3が上限
エッジエラー!の引き下げは-1to-3なので最終GOEは+2以下
プロトコルでも+3になっているJ7は引き算ができないようです


宇野選手

レビューが全くつかないって見る気なさすぎでしょ

4F
プレロテすごいっすね。225°はしてそう

アイスコープから高さも低いし踏み切りは悪くプラス面の1)2)は満たさないのに半数のジャッジがGOE+4をつけてますね

ブレード全体が氷面に付いているので拙い踏み切りで引き下げて欲しいんですけどね
今では全く見られていないエラーだけど諸注意に下げろよって書かれていたことあるんだけどなぁ

3A
アイスコープから高さは低いようですが
58cmだって
9人中8人が+4以上ってすごいですね

CSSp
ウインドミルから2回転以内に基本姿勢になっていない
フォワードで2回転
同じ足でのジャンプ
足換え
ビハインドで7回転
レベル3ですね

CCoSp
キャメルが2回転未満なのでレベル4V

StSq
左足クラスターがチェンジエッジ挟んでるように見えるんですが?


羽生選手

3A
堪えてませんかね?
堪えると2)3)は満たさないのでGOEは最大で+3

3Aはともかくそれ以外のジャンプの加点に渋さにうんざりする

入りに工夫なしで踏み切りメチャクチャ低空幅跳びジャンプと
入りに工夫ありの踏み切りお手本の美しい放物線を描くジャンプに
同じ加点を複数がつけているよ

PCSもGPSカナダ大会よりも低い
ホームであるはずのNHK杯や全日本の方がカナダ大会よりも低いんだよ


高橋選手

全然滑ってなかったのでアイスタッツ解析とやらを最も見たかったのにしてくれなかった

3A<<
これ2Aと¼回転よりもしてるかな?

今季からは回りすぎたジャンプが明確化されたけど
¼よりも回っていないと思うのでプロトコルの表記は2Aでは??

基礎点は3A<<でも2Aでも同じだし2Aでのキックアウトもないし
TESカウンターの表示で演技中にもうGOEは平均-5なので今回はどっちでもいいけどさ

CCSp
足換え前が6回転未満
GOEで引き下げられたかは分からんが

CCoSp
キャメルもシットも2回転していないので2回転している基本姿勢がアップライトしかない
無価値ですね
アップライトフォワードも2回転していないのでレベル3もイミフ

StSq
プラス面の必須項目の3つ全て満たすとは思わんのだが…。

PCSも5項目全てで1.00以上下げて欲しい…。

でもまあ、思ったよりもテクニカルは仕事した
宇野選手がスルーしまくってたのでこちらもそうかと思ったんだけど

回転不足は全部無視すると思ったし(URのものは90°よりも180°に近かったけど)
ステップは問答無用でレベル4だろうなって思ってたから

エッジエラーも取るとは思わなかったのでビックリですよ、うん

友野選手

CSSp
なぜか厳しめでレベル認定されなかった…。
フォワードもサイドも2回転はできてると思うけどな



おまけ、修正幅

テクニカルによるGOEの引き下げは
プロトコルを見る限りでは最小幅っぽいのでそれで計算しています

本田ルーカス剛 -1.13
櫛田 -0.28
佐藤駿 -0.46
山本恭廉 -1.55
山田 -0.73
鈴木 -0.46
石塚 -0.40
鍵山 -2.92
木科 -4.42
宇野 -7.45
島田 -2.09
田中 -0.97
羽生 -0.23
高橋 -2.60
友野 +0.45
日野 -1.43

* * * * *

以上を見ると、ガンディさんの分析によれば、
チェックした選手の内、断トツ優遇されていたのは宇野選手、次いで鍵山選手、高橋選手ということでした。

分かり易過ぎて苦笑してしまいます。

明日はFSの分析をご紹介します。



ニッカンスポーツの1月2日号買えました。

IMG_0774 (2)

春が早く来ますように 



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 16:16|Permalink