カミラ・ワリエワ

2021年09月13日

主役はトゥルソワ選手!




ロシアテストスケートFS、今日の主役はなんといってもトゥルソワ選手でした。

トゥルソワちゃんと呼びたくなるような子供っぽさはなくなり、とても大人っぽく変身しました。

そして4回転4種5本という、男子でも羽生結弦選手、ネイサン・チェン選手くらいしかできない構成をやり遂げました!

4F, 4S, 2A3T, 4T, 4Lz3T, 4Lz, 3Lz1Eu3S


SPにトリプルアクセルも入れる予定だとすると、「向かう所敵なし」状態になりそう。







 国内のシニア強化選手らが集結し、22年北京五輪シーズンとなる今季のプログラムを披露した。女子フリーで、昨年の世界選手権3位のアレクサンドラ・トルソワは4回転ジャンプ4種5本という異次元の構成にチャレンジ。前半はフリップ、サルコー、トーループを降りた。基礎点の上がる後半に大技4回転ルッツを2本着氷。その1本目は3回転トーループをつけるコンビネーションだった。

 女性ボーカルに合わせて、ジャンプだけでなく力強さの増したスケーティングも披露。今季から再び指導を受けるエテリ・トゥトベリゼ・コーチも、演技後に拍手を送るほどだった。ショートプログラムではトリプルアクセルの成功も目指すトルソワは、超高難度の構成で北京五輪シーズンを戦うことになりそうだ。(Sponichi Annex



しかしエテリコーチって、選手の出来栄えによって態度があれほどまであからさまに変わるのかって驚いた。

SPでは最高の出来栄えだったのに、FSでは2回の転倒があり、泣きそうな顔のワリエワ選手にはニコリともしない険しい顔。その反面、トゥルソワ選手には笑顔で拍手。
ある意味分かり易いけれど怖い。

最終グループ5人の内、トクタミシェワ選手以外の4人がサンボ70のエテリ門下で占めている。

同じ育成方法で選手を次々に送り出してくるノウハウを持っているのだろうけれど、まるでどこかの芸能プロダクションのよう。

もちろん選手の個性はあるけれど、同じような演技、同じようなジャンプスタイルで、段々に新鮮味は無くなってくるかもしれないなとも感じた。








しかしロシアテストスケートで頭角を現したワリエワ選手とトゥルソワ選手にはこれからも注目しよう。

女子で驚いて、男子は吹っ飛んでしまった感。


きっと見ていたはずの羽生選手もロシア女子には驚いているだろうな。


羽生選手の4回転アクセル、どうか、どうか、完成しますように。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 02:57|Permalink

2021年09月12日

ロシアテストスケートFSが楽しみ




昨夜のロシア・テストスケート、見ごたえがありました。

男子はやはりコリヤダ選手のSPが変わったことに注目していたのですが、
パバロッティの煌びやかな声にやや押され気味な感じがしました。
まだ新プログラムの曲に慣れていないのか冒頭のジャンプで転倒したのが残念でした。


SP男子最終グループ 2:02:10~

SP女子最終グループ 4:24:20~






男子シングルにも増して、女子シングルが凄いことになっていました。

シェルバコワ選手の安定した演技も素晴らしかったし、トクタミシェワ選手の円熟した演技も流石と思いましたが、一番感動したのはワリエワ選手の演技でした。

スケーティングから溢れてくるのは15歳とは思えないエレガンス。

その上ドレスはまるでアルマーニのオートクチュールのよう。

胸には藤の花?


21 ロシアテストスケート 1


本番用の衣装ではないようですが、私はこの衣装がとても気に入っています。




冒頭のトリプルアクセルも華麗!

3Aの後のハイキックが羽生選手を思わせませんか?


gifmagazine - 2021-09-12T161553.406



3A  3F  3Lz-3T  という演技構成。

私の中では昨夜の一番でした。
本当に、
Beautifully delivered !!

     


今夜のフリーがとても楽しみですね!!








それはそうと、今日Twitterで目にしたこの件、気になります。

今年3月に開催されたストックホルム世界選手権でネイサン・チェン選手が優勝したことについて、
タラソワコーチがインタビューに答えています。



彼が勝ったのは良いことです。そして今、ダンスを判断するのに全てがうまくいくでしょうか?
彼らが上手にスケートすればすべてがうまくいくので、私はこのトピックが好きではありません。
陳や羽生のせいではありません。
「間違いなくスケートをしなければならない」とタラソワは「チャンピオンシップ」マキシム・パコモフの特派員とのインタビューで語った。

世界選手権プログラムの最終形態では、ビクトリア。シニッィーナとニキータ・カツァラポフがアメリカのデュエットと金を競います。
日本の羽生結弦が勝利すれば、アメリカ人にダンスの勝利が与えられるという話がありました。

自動翻訳機にかけました。

。。。。。

真偽のほどは分かりませんが、いかにもありそうなことだなぁと思いました。

もしも羽生結弦が男子シングルで優勝していれば、女子シングルはロシア女子であることから、アメリカに花を持たせる場面はアイスダンスしかありません。

逆にネイサン・チェンが男子シングルで優勝してくれれば、女子シングルはロシア、アイスダンスもロシアでもアメリカは納得するということでしょうね。


この構図、北京にもそのまま当てはまるようで怖いです。

最早、選手の演技内容というよりも政治的な思惑の方が優先されているような気がしてきました。

覇権争いに突入している米中の戦いがこんなところまで影響してくるのですね。
北京という中国の中枢で、アメリカに移民した中国人の子孫が星条旗を上げるということの意味は、アメリカスケ連にとってどれほど大きいかということです。


過去記事「歴史に残るのは誰?」にも書いたアレクサンダー・ヴェデニン氏の言葉が現実感を持ってきます。

ー 世界でのフィギュアスケートの審査で、ロシア、カナダ、米国のスケート連盟が力を持っていることは周知の事実ですが?

 

そう、そして彼らの間では選手の成績やチームの順位についての政治的闘争がいつもあるんだ。そのための審査員に対する圧力は、実によくあること。もちろん選手やコーチがそれを感じるのはさらによくない。大きな競技会に選手を連れていくコーチは心臓発作を起こすぐらいだ。 ナショナルチームに選抜されて3年、ワールドカップで5年寿命が縮み、オリンピックのストレスと言ったら気が狂いそうだ。

 


北京で羽生選手が優勝するためには、そんなことの全てを凌駕して、
見る者すべてをひれ伏せさせるほどに「圧倒的に勝つ」しかありません。


しかし、5か月先にどんな結果が出ようとも、羽生結弦のスケートが世界一であることに変わりはありません。
世界はそれを知っています。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 16:04|Permalink