オリンピック2連覇

2022年01月11日

永遠のキング☆内村航平





1 1 1 と、1が3つ続く日に、体操界のキング・内村航平選手の引退が発表されました。


体操・内村航平が現役引退 個人総合で五輪連覇、世界大会でメダル28個の伝説刻む

 体操男子の内村航平(33=ジョイカル)が現役引退を決断したことが10日、分かった。11日にマネジメント会社から正式に発表された。個人総合で12年ロンドン、16年リオデジャネイロの五輪連覇など、世界選手権を含めた世界大会で、体操ニッポン史上最多となる通算28個のメダルを獲得。美しい演技で築いた黄金のキャリアに、終止符を打つ時が訪れた。

体操界にキングとして君臨してきた内村が、現役生活に別れを告げる。生まれ故郷・北九州で行われた昨年10月の世界選手権を終えた後は、進退について「続けるにしても辞めるにしても、相当考えないといけない」と話していた。あれから2カ月以上が経過。熟考の末に導いた答えは「引退」だった。  個人総合で12年ロンドン、16年リオデジャネイロと五輪連覇し、世界選手権を含め前人未到の世界大会8連覇を達成。15年世界選手権とリオでは、団体総合でも日本を世界一に導いた。  16年12月以降は日本体操界初のプロ選手として活動したが、近年は故障との闘いが続いていた。「体操の体への破壊力ってえぐい」。17年世界選手権の予選で左足首を痛めて棄権し、個人総合の連勝は40でストップ。深刻な両肩痛を抱えていた19年は、全日本選手権で悪夢の予選落ちを喫した。  20年2月、「6種目やってこその体操」とこだわってきた個人総合と決別し、種目別の鉄棒に絞った。熾烈な国内選考を勝ち抜いて出場した昨夏の東京五輪
は、落下があって予選落ち。「一生、悔いが残る」と振り返るほどのショックだったが、心身を立て直して世界選手権に出場した。  昨年10月24日、同選手権の種目別鉄棒の決勝が競技者としてのラスト演技となった。「会心の一撃」と自賛した完璧な着地で締めくくると、コロナ下で無観客だった東京五輪とは違い、北九州の観客が沸いた。「結果が全てと言ってきたけど、結果が全てじゃなかった。それをみなさんに感じ取ってもらえたんじゃないかな」。順位は6位でも、悔いはなかった。
内村航平 最終演技
(昨年10月の世界体操選手権最終日、男子鉄棒決勝の演技を終えた内村選手とガッツポーズで出迎える橋本選手。撮影:小海途良幹)


 「自分が自分であることを唯一、証明できるもの」と言う体操からは、引退後も離れることはない。今も練習は継続しており、演技の実演などで普及活動に力を注ぐ方針。抜群の知名度を生かし、競技の枠を越えたフィールドでの活躍にも期待が懸かる。
世界大会で積み重ねたメダルは、金13個を含む計28個。美しい演技と黄金に彩られたキャリアは、永遠に記憶と記録に刻まれる。




キラキラした瞳で、結弦くんに貴重なアドバイスをしてくれたすぐ後に、引退のニュースを聴くことになるなんて、想像していませんでした。


SPARK 8


寂しい気持ちでいっぱいです。


内村選手の打ち立てた記録は、今後誰も破ることができないと思います。


体操史上、最も偉大な選手と称えられるキングは、後ろ姿さえカッコよかったです。


SPARK 6



SPARK 7
 


でも、これで終わりじゃない。

これからは指導者として、また新たな「内村航平」であってくれるでしょう。


これまで美しい体操を見せていただきありがとうございました。

50年たっても、100年たっても、内村航平は体操の歴史に燦然と輝き続ける永遠のキングです。

内村航平 世界体操 2021

引退会見は14日(金)に行われるということです。



内村選手引退のニュースを、結弦くんはどんな気持ちで聴いたのでしょう。

五輪2連覇の内村選手は、結弦くんにとって、唯一のロールモデルともいえる存在だったと思います。

内村選手引退を知って、彼からのエールに応えるためにも、オリンピック3連覇を達成しようという気持ちは、さらに高まったと思います。


皆の期待を力に変えて頑張って!!


お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
僕がやるしかない
全米男子FS結果と動画
全米男子SP結果と動画

 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 23:55|Permalink

2020年09月14日

言うべきことは言い、やるべきことはやる




大坂なおみさん、全米オープン優勝おめでとうございます!!

大坂なおみ 2020全米オープン優勝



警察の過剰な暴力により犠牲になった黒人の名を記したマスクを付けて入場⇒豪快にプレー⇒勝利⇒仰向けに寝転ぶ⇒満面の笑み

天然な無邪気さがカッコよさになっている。


そんな大坂選手がますます好きになりました。
 


彼女がマスクに記した7人の方がどのような状況で殺されなければならなかったのか。

7枚のマスクを全て着用することを目標にがんばったそうです。




大坂なおみさんの行動について、政治的であるとか、アスリートがすべきことではないとか、様々な批判も聞かれました。

しかし、彼女はそれに臆することなく、自分の主張を貫きつつ全米オープンを戦い、そして優勝を勝ち取りました。

アスリートはアスリートである前に社会の中の一員であり、譲れない主張を持ってもいいのだということを、勇気をもって示してくれました。


アスリートの社会における役割と位置づけについて、ロンドンつれづれさんが、そのブログの中で書かれていることに全く同感しましたので、一部引用させていただきました。




彼はこれまで口にしたことはほぼ全て実現してきた。 「有言実行の人」と言われるが、たとえ有言したあとで実行できないにしても、大きな夢やゴールを口にすることを「何様」とか「上から」とかいって非難する人たちは、「謙虚」と「臆病」をごっちゃにしているのではないだろうか。

 

自分の意見をはっきり述べることや、自分のゴールを人に宣言することは、かなり勇気がいることなのだ。 つまり、結果に責任を持つ覚悟がある、ということだからだ。 しかも、うまく行かなかった時の外野の騒ぎを考えれば、色々言わないで無難におとなしくしていた方が楽、と思うだろう。


しかし、敢えて自分から発信するという人々は、責任を取る覚悟でやっているのだ。
 

 

犠牲者の名前を書いたブラックのマスクをして毎試合現れる大坂選手にしても、GPシリーズを欠場する、と宣言した羽生選手にしても、非難する人たちがいることを覚悟の上でやっているのである。 いや、実際、彼らが何をしたところで、あるいは何をしなかったとしても、非難する人たちはいるのだ。 それも重々承知だろう。


彼らは、自分たちの手にしているパワーを知っている。 自分たちの言動が人々に与える影響も。 それを知っているからこそ、社会のために良い結果を出す方向にそのパワーを使うという使命を感じているのだろう。
 

 全米オープンを勝ち上がってきた大坂選手のBLM行動に対し、賛同の意思を表す人々が日本にもどんどん増えてきている。いや、増えてきたのではなく、もともといたのだ、声を上げていなかっただけで。 彼女に対する心無い批判があまりにも目に余るので、これまで静かだった人々がちゃんと声を出し始めているのだろう。 そして、大坂さんは、勝ちあがることで自分のパワーが増すことも重々知っているだろう。 


金メダルメダルを連覇したことで、「影響力」というパワーをしっかり手に入れた羽生選手と同じように。 「10年経っても、復興は難しいと思うから、僕はオリンピックで勝って力を手に入れたい」と言った16歳の羽生選手は、知っていたのだ。 アスリートが社会に影響を与えるには、まずはトップに立つことだ。 それは実に明快にシンプルだ。 勝ちさえすれば注目はあつまるし、メディア露出も増え、その声は世界中に届く。 大坂選手が全米でやっているように。 そしてその影響力を知っているからこそ、責任をとる覚悟もしているのだろう。 


(中略)

己の立場を知り、己の行動によりどういう結果が出るかを知って自分の行動形態を変えることは、実はたいへんに「謙虚」なのである。 本当はリンクに投げ込まれたファンからのプレゼントだって一つ二つ拾って見せたいだろうに、絶対にそれをしないのも、すべてのファンを平等に扱うと決めているからだろうと想像がつくが、それすらも「傲慢」という人もいるのだ。


 いろいろな経験を経て、自分のたった一つの言動がファンの行動をどのように動かすか、それを正確に理解している。 だからこそ、一定数の批判を覚悟で責任のある行動をとっている。 これこそ本当の謙虚さではないか。



(引用ここまで)

全文は是非とも、ロンドンつれづれさんのブログでお読みください。
非情に示唆の多い文章です。




羽生選手はソチオリンピック、平昌オリンピックで連覇を果たしました。


普通は、アスリートにとってオリンピック金メダルは目的であり、ゴールでしょう。

しかし羽生選手にとっては、それはゴールではなく出発点でした。

金メダルを獲って初めて、そこから自分の存在が意味を持ってくることを理解していたのです。


ソチ 記者会見 2 (2)



だから、彼はオリンピックで金メダルを獲っても引退ということは考えられなかったのだと思います。


これから先、羽生選手が現役を続けるにせよ、引退するにせよ、必ず自分の獲得した社会的影響力を有効に使う生き方をして行くのだろうと思っています。


そして私たちにはこれからもずっと、そんな羽生選手を見守って行ける幸せが約束されているのだと思っています。



今、この記事を書きながら、TBSで放送中のドリーム・オン・アイスを観ています。
羽生選手の過去映像も出てきています。

それについては次の記事で。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング

スポンサーリンク



withgoldenwings at 01:57|Permalink

2020年02月17日

2連覇記念日




2年前の今日、2月17日は、平昌オリンピックで羽生選手が2連覇を決めた日。


FullSizeRender (58)_Fotor



「バラード第1番」、「SEIMEI」、「Notte Stellata」という、
これ以上望めない程の3つの最高のプログラムの組み合わせだった。


まるで、大粒のサファイアとエメラルドとダイアモンドで創られた宝飾品のように。



この記念すべき日に、もう一度3つのプログラムを観ないで過ごすなんてこと、とても無理です。
NHKのノーカット実況無しバージョンをどうぞ。

(YouTubeでしか見られないのでリンクを貼りました)



 SP「バラード第1番」動画 

18-2-16 SP 7_Fotor



 FS「SEIMEI」動画

18 OP SEIMEI cap 3_Fotor



 EX「Notte Stellata」 動画 


18 2 25 スワン 8_Fotor




何度でも言いたい。

本当に、本当に、オリンピック2連覇おめでとう。

2連覇を見せてくれてありがとう。


18-2-27 ANA 1_Fotor


結弦くんにとっても、ファンにとっても、一生の宝物


2月17日は永遠に忘れない
2連覇記念日


(217、お誕生日は127だね。)


ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 17:53|Permalink