イゴール・ボブリン

2020年06月04日

本日のミッション




  矢口さんの写真集は、写真のサイズ、余白のカラーにもこだわった究極の1冊になりそうです。




矢口亨 写真集 先行カット 第2弾 1
p.92  p.93



矢口亨 写真集 先行カット 第2弾 2
p.18  p.19

17日の発売日まで少しづつ見せてくれるのかな。



第1弾の先行公開カットはこの2枚でした。


矢口亨 写真集 先行カット 1




矢口亨 写真集 先行カット 2


映画の予告編みたいで、だんだんに期待が高まりますね。


Amazon でもようやく!


矢口亨 写真集 Amazon


と思ったら、ベストセラー1位で、もう在庫切れになっています。

また戻るとは思うけれど、私は近所の書店で予約しました。
意外にそれが一番確実な方法かも。





5月31日の記事「ロシアの恩師から」に書いたイゴール・ボブリン、ナタリア・ベステミアノワご夫妻による羽生選手のプログラムブラッシュアップの様子を、ぴのさんがアップして下さっていました。
これ探していました! ありがとうございます。


「彼は何度かモスクワに来ましたが、その時はロシア語を話さず、英語を少し話すだけでした。しかし、私はいつも彼の目の中に疑問が存在するのを見ていました。彼は滑った後、視線で『どこが正しいの? どこが間違っているの?』とすでに尋ねていました。彼は常に成長したがっていました。200、300のジャンプを跳ぶことはできても、その後に無関心な状態が始まる。人は単調なものに飽きます。願望がスケーターにとって一番重要なのです」

もの凄い吸収力で進化していったのだと思います。






そして、今日のミッションは西川公式オンラインショップでの12時からの予約販売。


20 西川キャンペーン 6


20 西川キャンペーン 4

20 西川キャンペーン 5

ダメもとで頑張ってみます。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。

withgoldenwings at 05:35|Permalink

2020年05月31日

ロシアの恩師から


イゴール・ボブリンさんの名は、夫人であるナタリア・ベステミアノワさんの名と共に、羽生選手がことあるごとに、恩師として名を挙げる方です。

2012年のニース世界選手権の前、ボブリンさんとベステミアノワさんにプログラムのブラッシュアップをしてもらうため、短期間ですがロシアに渡り練習していたのです。

Yuzuru Hanyuの存在を世界に知らしめた、2012年世界選手権の「悲愴」と「ロミオとジュリエット」は、阿部奈々美先生の振付の上に、さらにお二人によるブラッシュアップがあってこそ完成した作品なのです。

2012 セセン 練習 2
2012年ニースワールド公式練習


そのイゴール・ボブリンさんが、ロシアスポーツ誌「スポルトエクスプレス」の記事の中で、その当時の羽生選手の印象を回顧しています。



振付師として活躍するボブリン氏が地元紙に羽生の印象語る 

イゴール・ボブリン 記事 1


新型コロナウイルス感染拡大によって3月の世界選手権が中止となり、シーズンに幕を下ろしたフィギュアスケート界。1981年欧州選手権王者イゴール・ボブリン氏(ロシア)は、過去に指導したことのある五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)について「唯一無二」と絶賛。「彼の顔を見てください」と表情にも着目している。ロシアスポーツ紙「スポルトエクスプレス」が報じている。

引退後は指導者、振付師として活動している66歳のボブリン氏。同紙のインタビューで「あなたはソチ五輪まで、神秘的なオーラを出すユヅル・ハニュウとともに仕事をしていました。彼はあなたにはどう見えましたか?」と質問され、こう話している。

「彼は何度かモスクワに来ましたが、その時はロシア語を話さず、英語を少し話すだけでした。しかし、私はいつも彼の目の中に疑問が存在するのを見ていました。彼は滑った後、視線で『どこが正しいの? どこが間違っているの?』とすでに尋ねていました。彼は常に成長したがっていました。200、300のジャンプを跳ぶことはできても、その後に無関心な状態が始まる。人は単調なものに飽きます。願望がスケーターにとって一番重要なのです」

ロミジュリ2012 2

 羽生はソチ、平昌と2大会連続で五輪金メダルを獲得。今年2月の四大陸選手権で優勝し、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」という男子初の快挙も達成した。成し遂げてきた偉業の裏には、飽くなき探求心があるとボブリン氏は考えているようだ。

ボブリン氏が「才能」と感じた羽生の力は…

 ボブリン氏は続けて、「ハニュウは唯一無二の存在のままで、彼のようなスケーターはすぐには現れません」と絶賛。その理由をこう語っている。

「(他の)すべての人が彼のようにフィギュアスケートを愛せるわけではありません。彼のプログラムは今まで私に感動の涙を呼び起こしてきました。彼の顔を見てください。彼は自制した生活を送っているがゆえに、表情を変えることすらせずに多くの感情を表現することができます。それは才能です」

Nice 8_Fotor

 フィギュア界に幾度となく感動を届けてきた羽生の競技に対する情熱、卓越した表現力に、ボブリン氏も感服している。(了)


羽生選手がロシアの恩師を忘れないと同じく、ボブリンさんも羽生選手を今でもこのような強い印象と共に記憶していて下さることは嬉しいことです。
羽生結弦は唯一無二の存在で、そう簡単には現れることのない才能だということも明言されています。

今、全ての試合、アイスショーが見れないからこそ、羽生選手の唯一無二の存在感が際立ってきているように感じています。

2012年ニース世界選手権で「ロミオとジュリエット」を滑りきった直後の羽生選手のインタビューです。
17歳の羽生選手のひたむきさを感じます。





ようやく再開したというクリケットクラブ、明日から再開するアイスリンク仙台。

今日もどこかで元気にトレーニングできていますように。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。

withgoldenwings at 19:22|Permalink