アエラ

2020年03月16日

彼にはスケートの本質的な美しさがある




今日発売のAERAに掲載のオーサーコーチのインタビューを読みました。





記事のタイトルは
『結弦は答えがもうわかっている』


IMG_1606


インタビューは世界選手権を戦うことを前提に話していますが、
とても安心させてくれる嬉しい内容でした。


一部引用させていただきました。

2年ぶりに「バラード第1番」と「SEIMEI」を見た感想は?

一言でいうと、「これぞ正真正銘の結弦だ」という気持ちでした。
もちろん昨季から使ってきたプログラムを嫌いだったわけではありませんが、あくまで「オマージュ」ものです。
誰かへの敬意というのは、自己主張を押し込めることになりかねない。
結弦が、彼自身について語り、彼の心の中をそのまま表現できるプログラムは、やはり見ていてワクワクしました。

曲を戻した直後に楽しそうに滑っている様子を見て安心し、1週間もしたら威厳がにじみ出てくるようになり、感銘を受けました。


4回転アクセルは?

結弦はGPファイナルの練習で、みなさんの前で初披露しましたね。しかもコーチが不在という隙を狙って(笑)。
そのニュースを聞いて、私はちっとも驚きませんでした。結弦の性格ならあり得ることです。

でもその時はあまりいいジャンプではなく、転倒でした。
トロントでの練習の方が、もっと悔しい4回転アクセルだという印象です。

(もっと成功に近い4回転アクセル、という意味ですね。)


チームを組んで8シーズン目。羽生が遂げた進化は?

私にとって結弦は、8年前にトロントにやってきた17歳の少年のまま変わりません。
(中略)
結弦は25歳になり、誰からも尊敬されるスケーターになりました。

ジャンプだけでないスケートの本質的な美しさがある。

結弦には「僕のスケートは美しいんだ」というのを伝え続けてほしいです。


どうやら羽生選手は世界選手権に向けて順調に練習を重ねてきたようです。
COVID-19が現れるまでは。

4回転アクセルについても、羽生選手は「答えがこのあたりにある」というのはわかっていて、「もう彼の身体の中に答えはある」という状態まで進んでいるということです。

特に嬉しく思ったのは、オーサーコーチから見て、羽生選手が「8年前の少年のまま変わらず」にいてくれるということ。

トロントに渡った時の、スケートに向かう純粋な気持ちを持った少年は、
フィギュアスケートの代名詞のような偉大な存在になった今も、彼のなかに変わらずに存在するのですね。

それに、羽生選手には「スケートの本質的な美しさがある」と言ってくれたことも、とても嬉しかったです。

どんな分野についても言えると思いますが、しばしば究極の技術は芸術的に美しいものでもあります。





ところで、AERAは本屋さんの週刊誌の棚にあるので、AERAを買おうと手に取ったとき、フッと目の端に「羽生結弦」という文字が飛び込んできました。

アレッと思って、AERAのすぐ上の棚を見ると、これでした。

IMG_1607


「羽生結弦’19-’20全衣装」

それは『女性自身』でした。

滅多に手にすることがない週刊誌ですが、羽生選手の今シーズンに使用した全9種類の衣装が、6ページ分のカラーグラビアになっていました。

IMG_1608



IMG_1609


なぜか、こんなタイトルのページも。

ぬいぐるみ

「ユヅはぬいぐるみ使いも世界一!!」って。

結局AERAを買いに行って女性自身もついで買いしてしまいました。
予期せぬところで出会うと、つい嬉しくなって、衝動買いしてしまいます。

ちなみに表紙のイケメン俳優さんよりも、羽生選手の方が美しいと思ってしまいました。
(ごめんなさい。)




そして帰宅すると、Amazonから『フィギュアスケーターズ』が届きました。




やはり大きいです。

フィギュアスケーターズ19


写真も綺麗で紙質もよく、雑誌と言うよりも写真集な感じです。

IMG_1612


IMG_1614


全体の内、羽生選手のページはおよそ3分の2ほどで、今号は特に練習シーンの写真が充実しています。

IMG_1617

理想のボディ

IMG_1616

理想のフェイス


やはり毎号コレクションとして欠かせない雑誌です。




しかし、こんな風にたくさんの出版物を楽しんでいる一方で、クリケットクラブも一時閉鎖になってしまいました。


羽生選手はどうしているのでしょうか。

リンクでの練習は当面できなくなっても、過去に怪我をした時のように、イメージトレーニングや研究に打ち込むことで、来シーズンに向かって準備を進めているのでしょうか。

しかし、その来シーズンさえ、実際今はどうなるのか分かりません。

不安な事ばかりですが、こんな時こそ、これまでの数々の試練を乗り越えてきた羽生選手の経験が、彼を助けてくれるよう願っています。


ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。


withgoldenwings at 17:50|Permalink

2019年10月12日

アエラ最新号より


今日発売のアエラ、買いたくても台風のためコンビニも書店もお休みで、近所にある朝日新聞販売所ASAで買うことができました。

こちらはまだ多少雨が強い程度ですが、街は人っ子一人いないゴーストタウンのようで、駅までの300メーターほどの一本道が見通せました。


ASAの元気なおじさまは、今日の夕刊は通常通りに宅配で、明日の朝刊が心配だとおっしゃっていました。
どんな天候でも宅配をしてくれる新聞屋さんには頭が下がります。






表紙の福山さん懐かしい〜

一時期ファンでしたー。


でも今回は表紙買いしたわけではないのです。

フィギュアスケートGPシリーズ開幕
『羽生結弦は4回転半を跳ぶ』


男子は昨季のGPファイナルを怪我のため欠場した羽生結弦が、自身5度目のファイナル制覇となるかが注目だ。GPシリーズ開幕に向けてはビデオメッセージでこう語った。
「完成形を目指すに当たって一つ一つの道を大切にしていく。(昨季は)悔しさが残ったので、今シーズンこそ(GPファイナル優勝)という気持ちはあります」
今季は初戦のオータム・クラシックで、2種類の4回転を入れる内容で優勝。試合後には、「4回転半アクセル(4回転半)のために生きている」と、高揚感の溢れる笑顔を見せた。

人類初の大技に挑むのはいつになるのか。例年、大会ごとに急成長を見せるため、カナダ大会、NHK杯、そしてGPファイナルと続くスケジュールは、まさに4回転半への階段を一段ずつ上っていくようだ。


19  オータムクラシック FS スポーツ報知 矢口 5



記事は2ページに、GPシリーズに出場する多数の選手についてサラッと触れるだけのものでしたが、羽生選手の部分のみ抜粋しました。


次のページはネイサン・チェン選手へのインタビュー

『結弦がいるから頑張れる』

この中でネイサン選手は、このように語っています。

「もちろん羽生結弦はここ数年、僕にとって一番影響がある選手です。結弦がいるから僕がここまで頑張ってこられたのです。結弦の演技は、信じられないようなパワーを生み出します。それは『結弦のスケート』が確立されているからですね。僕も結弦のように『僕だけのスケート』という境地に達したいです」


19 ワールド behind  10



競い合える相手がいるということが自分の進歩につながって行くという意味では、ありがたい存在でもあるわけですね。

ネイサン選手はここ2年間GPファイナルと世界選手権を2連覇しています。

しかし2017、2018年のGPファイナル2回と、平昌オリンピック直後の2018年の世界選手権は羽生選手不在の中の優勝でした。そして今年のさいたま世界選手権でも羽生選手は怪我の影響を残した中での出場でした。

そういう意味では、今シーズンのGPファイナルこそは、羽生選手とネイサン選手が共に万全の体調で臨める大会になると思います。

私はどうしても5回目のGPF優勝が見たいのです!

ユヅ頑張ってね!



頑張るといえば、山本草太選手がフィンランディア杯SPで1位発進ですね。


19 フィンランディア杯 SP 草太くん
自己ベスト更新で1位!


よくぞここまで頑張ってきたなと思います。

2016年の世界ジュニア選手権直前に足首骨折という大怪我をする前は、羽生選手と一緒に平昌に行くのが夢と語っていた草太くんでしたから、ここまでに回復する過程ではどんなに悔しい辛い思いをしたことでしょう。

ようやく今年のNHK杯で羽生選手と同じ試合のリンクに立つという夢が叶いますね!

FSも是非1位を目指して、フィンランディア杯初優勝してほしいです。

草太くん DOI



そしてことによったら、オリンピックの舞台に一緒に立つという夢も、北京で叶う可能性だってありますしね!

夢を諦めないで!

帰ってきた草太くんのこれからの活躍が楽しみです。

ユズ ソウタ 2_Fotor

24歳と19歳、兄弟みたいな二人です。身長も同じ172㎝です。




これを書いているうちに雨が大分激しくなってきました。

自宅から多摩川まで直線距離で500mくらいです。
少し高台になっているので大丈夫かと思いますが、心配です。

どうか被害が大きくなりませんように。
皆様もくれぐれもお気をつけて。


ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 16:25|Permalink

2019年09月26日

アエラとデイリー




オータムクラシックとかプレミアムセットとか能登さん講座とか、進化の時とか、毎日続くトピックスがあって、AERAのことをすっかり忘れていました。







オータムクラシック中にもツイッターで情報を送ってくれていた朝日新聞スポーツ部の大西史恭さんの記事です。






94BF38D8-C47F-49A0-9E96-8963310126A6



FDFC293A-5D55-4021-B0BE-3EEEF26E9C29


3ページですが、写真はどれも綺麗です。


短い記事の中にも、オータムクラシック中の印象的な言葉がまとめられています。


5回転ジャンプについてジスラン・ブリアン・コーチは「ユヅはある日、リンクに来て言った。『次のセッションで5回転トーループをやる』と。冗談だろ?って思ったよ。
コーチ人生の中で5回転トーループをやるやつを見るとは想像もしなかったよ」。


ジスランコーチのスマホの中には5回転映像が収められているそうですね。いつか私たちのスマホの中にも収まる日が来るといいですね。



4回転フリップについて羽生選手は「3回くらい降りている。フリップーアクセルとかも降りている」
(試合でも)「やりたいなとは思っているけれど、僕のフリップに加点がつくかというと、そこまで無理して入れる必要はないかな」。

4回転フリップを初めて試合で跳んだと認定されているのは宇野選手ですね。以前から、もしかしたらそれもあってあまりフリップには熱心ではないのかな、とも想像していました。
ルッツが飛べるのにフリップが跳べないはずはないと思っていたので。



そして一番嬉しかったのはこの言葉。

SPでの、ツイヅルー3A-ツイヅルについて羽生選手は「初めて納得いく入りで跳べた。この入りが一番この曲にあっている。一番やりたかったものに戻してできた。自分の中では100%に近い」。



gifmagazine (16)



羽生選手自ら「100%に近い」なんて言うの初めてのような気がします。

この部分本当に美しかったですね。今回のオータムクラシックの中で一番好きなところです。

GOE+3.68でしたが、GOE+5でいいのでは。





一方、こちらは24日のデイリースポーツの特集です。
新大型連載が10月1日(月)から始まるという告知です。
題して「4回転アクセルへの道~羽生結弦 令和新伝説へ~」

「掲載は毎週月曜日から金曜日までの週5回です。
毎週月曜日は1ページのワイド特集で、連載の他に「思い出の名場面」を迫力ある写真とともに振り返ります。火~金曜日は社会面で掲載していきます。
10月1日の初回は特別紙面展開します。紙面の中央見開き2ページを使って大々的に掲載します」ということです。


E6C8B4EF-6E4D-4119-8FC1-D7D73732511A



この時期にこのような連載を開始するということは、デイリーは今シーズン中の4回転アクセルの成功を予測してのことだと思いました。

しかし、見出しに「22年北京五輪での3連覇へ」とあるのはどうなんだろう。ちょっと疑問に感じました。

羽生選手は3連覇を目指すなどとは決して言っていないですし、
「常に強い自分でありつつ、その先にそれ(北京五輪)があったら。自分の中では競技生活の延長線上にあるくらい」と言っています。

北京五輪3連覇を既定路線として、こういう煽るような見出しを勝手に使わないで欲しいと思ってしまいました。



執筆は野口恵美さんです。

毎日は買わないと思いますが、とりあえず月曜日のデイリーはチェックしたいと思います。


  ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 06:14|Permalink

2018年09月13日

今こそ自分のために☆新しい羽生結弦


アエラ最新号、今日やっと届きました。発売日前から予約しておいたのに、プライム会員なのに、月曜日発売だったのに、なぜ水曜日に届くのか、、、ちょっと悲しい。


FullSizeRender (20)




以下AERAの記事からの一部抜粋です。

AERA 18-9-17  3


平昌五輪フィギュアスケート男子で2連覇を成し遂げた羽生結弦が、今シーズンの練習を公開した。達成感を十分に味わった王者が再び滑る。今度は「自分のために」だ。



「いい意味で『もう、いいかな』とは思っていました。やるべきことはやったなと思いましたし、金メダルをとって、部屋に戻って、一番最初に感じたことは、『ああ、今までがんばってきてよかったな』っていうことだったので」


AERA 18-9-17  2



そう、羽生は本人が語るように、がんばってきた。練習拠点だったリンクの閉鎖や、東日本大震災もあった。つらい出来事に直面しても、脇目も振らず滑ってきた。


AERA 18-9-17  4_Fotor




「オリンピックが終わって、1カ月間、スケートができない状態だったころに、ずっと考えていて。もう、勝つとか負けるとか、そういったものに固執しすぎる必要はないのかなと思った。同時に、自分のために滑ってもいいかなと思って」


AERA 18-9-17  1


 
使う曲も、挑むジャンプも、練習環境も、ただ、舞い、跳び、滑るのが楽しかった時代へと戻った。また今シーズンから採点方式が変更されることで、過去の偉大な得点は「歴史的記録」と位置づけられ、一からのスタートとなった。

それらはまさに、新しい羽生結弦の誕生を、意味するのかもしれない。


「今まで、自分のスケートをしなくちゃいけない、期待に応えなくてはいけない、結果を出さなくてはいけないって、プレッシャーがすごくあった。今、それが外れていて。自分がスケートを始めたきっかけというのは、やっぱり、楽しかったから。スケートを滑って、自分の夢を追いかけて、その過程が楽しかったから」

<抜粋以上>


結弦君は自分がどんなに辛い時でも、自分に期待してくれている人たち、自分が結果を残すことで喜んだり、励まされたりする人たちの気持ちを背負ってきたことは誰でも感じていると思います。

アスリートとしての闘争心は誰よりも強いと思いますが、それよりもさらに他者のために戦うという側面が大きかった。
それがプレッシャーでもあり、モチベーションでもあったのだと思います。



18 公開練習 朝日 1_Fotor




卑近な例で大変申し訳ないけれど、手のかかる料理は自分のためだけに作る気になるのは難しくても、それを喜んでくれる人や、楽しみに待っていてくれる人がいれば多少疲れていたとしても頑張って作ります。そして上手くできたら、喜んでもらえたら自分も嬉しい。

しかし、自分の気持ちに余裕があって、時間もたっぷり使えるならば、自分自身のために最高の材料を選んで時間をかけて料理するのは、またこれも別の楽しみ。


今シーズンは結弦君にとって、そんな風に、ようやく自分のための最高の仕事を果たせる贅沢な時が到来したのだと思います。

子供のころから大好きだったプルシェンコさん、ジョニーさんのスケートに思いっきり浸って楽しんで下さいね!


18 公開練習 産経 1



18 公開練習2日目 1_Fotor



吟味した材料を揃えて、大好きなメニューを作って、凝ったテーブルセッティングで提供される結弦君のお料理、じっくり味わうのを楽しみにしてますよ~~~と、伝えたい。

そしてしばらくは気が済むまで好きなメニューを色々作って楽しんでね!と、お願いしたいのです。


18-9-2 SPARK インタ 22



AERAの記事全文はこちらから



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


 


withgoldenwings at 00:08|Permalink