北京冬季オリンピック

2022年03月18日

北京記者会見の波紋+羽生結弦展2022開催!



北京で急遽行われた、羽生選手の記者会見について、色々とおかしな記事が出ているようですが、
元ラグビー選手であり、現在は大学で教育学教授を務めていらっしゃる平尾剛さんの記事には本当にがっかりしてしまいました。
(同じく神戸製鋼所属の元ラグビー選手で「ミスター・ラグビー」と呼ばれた平尾誠二さんではありません。私は最初勘違いしてしまいました。)


まず前提からして間違っているので、議論の出発点から方向が違ってしまったようです。

平尾さんはこのニュースはご存じなかったのでしょう。


1A98D219-E7EF-4CAD-BC3D-D79F66952C36



JOCは当初、羽生選手の会見について、日時と場所のみを発表していました。そのため、ネット上を中心に『何の発表だ?』『心臓が止まりそう』などといった書き込みがあふれ、なんらかの重大発表がなされるのでは、という観測が広がりました。

その後、JOCから「本会見はメディア各社からの個別取材申請が多く、個別に対応することが困難なため記者会見形式で実施するものとなり、羽生選手からの発表会見ではございません」と補足の説明がなされました。




それにしても、27歳の羽生選手に対して「背伸びしている」というのはどういう意味なのか全く理解できませんでした。
どこに向かって、何のために、羽生選手は背伸びしなければならないのでしょうか。

羽生選手ほど自分の等身大の姿を正直に見せてくれる人はなかなかいないと思います。
むしろ正直すぎて、誤解されることも多いのだと思います。

「背伸びをしている」のはむしろ、今回めでたく五輪メダリストになった後輩くんたちではないでしょうか。背伸びすることが必ずしも悪いことではないとは思いますが。


羽生選手は優等生を演じているわけでも、背伸びしているわけでもなく、裏表なく誠実に自分の現状や気持ちを語ってくれるからこそ、国籍、政治体制、宗教、文化を超えて、老若男女問わず、人々は羽生選手に感情移入して世界で加速的にファンが増えていくのです。


「おぼこさを残す甘い顔立ちと、顔が小さく手足が長いバランスの取れた体型は、まるでアイドルを彷彿とさせる。優勝のよろこびや惜敗への悔しさなど、喜怒哀楽や心の葛藤を包み隠さず素直に表現するあの態度は、トップアスリートに特徴的な近寄り難さとはほど遠い親しみやすさを醸し出している。「くまのプーさん」を愛でる様からみて取れる庶民感覚と、「少女漫画の主人公」のようだとも形容される卓越性とのギャップは、老若男女の目を惹きつけてやまない。  試合後のインタビューでは、質問をはぐらかすことなく誰ひとり不快にさせないであろうほぼ完璧なコメントを残す。言い訳を口にせず、いまの自分がいるのは周囲からサポートを受けたお陰だと感謝の気持ちを忘れない。メディアやファンが期待する言葉を的確に紡ぐその言語能力もまた優れており、その言動を好意的に解釈し、分析する書き手も後を絶たない。  世界屈指の実力がありながら、その容姿やリンク外での振る舞いまでも卓越している羽生選手は、まさに非の打ちどころがない」


記事の中でここまで書いてくださっている平尾さんに悪意があったとは思いたくないですが、なにか大きな誤解をしていらっしゃるのだと思いました。

元はアスリートだった平尾さんですから、いつの日か羽生選手と直接話す機会があれば、きっとわかってくださるだろうと思っています。




一方、こちらは広報コンサルタントの山口明雄さんが書かれた記事ですが、平尾さんの記事とは対照的に、羽生選手の会見を高く評価して、その意味について詳しく分析してくださっています。

一部抜粋させていただきますが、長い記事なので、お時間があるときにでも是非全文お読みいただきたいと思います。


Q.羽生結弦選手の記者会見が設定されたことについて、どう評価しますか。メダリストでもなく、引退の会見でもありませんでした。

山口さん「広報のアドバイザーを生業としている私は、羽生選手の記者会見は実施すべきだったと思っていました。また、実施してよかったと思います。

羽生選手は、北京の五輪委員会にファンレターが2万超も届いた世界のスーパースターです。もし五輪3連覇を達成していたら、世界中で祝福の嵐が巻き起こり、時代を代表する存在となっていたでしょう。だからこそ、4位という結果を受けて、取材意欲をさらに高めた記者も少なくなかったはずです。
『羽生選手はこの結果をどう受け止めているか』『メダルを逃したのはなぜか』『今後の競技人生をどう考えているのか』など、聞きたいことが山のようにあったと思います。実際、記者会見には200人もの記者が集まったそうです。

『羽生選手、異例の会見』『メダリストでもないのになぜ?』『引退発表でもなかったのに…』というような趣旨の見出しを付けた新聞記事を読みました。つじつまが合いません。取材を申し込んだのは自分たち100以上ものメディアです。自己矛盾も甚だしいと思います。もし、『メダルを逃した選手が、競技直後に記者会見を行う場合は、引退表明が前提』と考えているとしたら、羽生ファンだけでなく国民の知りたい気持ちに鈍感な、硬直化したメディアだと思います」

Q.羽生選手の会見の感想は。

山口さん「羽生選手の会見は、『引退発表か』などと期待していたメディアにとっては、落胆の会見だったであろうと思います。しかし、五輪3連覇という偉業を実現できなかった選手の心の声をじっくりと聞ける、めったにない、貴重で興味深い会見であったと、私は思いました。

例えば、『それは9歳の自分が跳べと言ったから』のコメントは特に興味深く、北京五輪での、4回転半のアクセルジャンプ挑戦へのこだわりを強く感じました。
『軸が細
くて、ジャンプが高くて、きれいだねと思われる4回転半のアクセルのイメージは、9歳の時に出来上がっていた』と羽生選手は話しているのだと、私は理解しました。
『それから、今日まで、ありとあらゆる技術的な探求を続けてきたが、最終的にたどり着いたのが9歳の時のイメージだった。それは自分にしかできない、自分だけのためのアクセルだった』と。

けがなどの悪条件の中で、難度を落として勝敗を優先する選択肢もあったと思います。
羽生選手は9歳の自分の『跳べ』という言葉に運命を託したのです。そして、『自分としては、これまでで最高の演技ができた』と話し、今後のさらなる挑戦を強く印象づけました」

Q.メディア側の伝え方については。

山口さん「私が知る限り、日本のテレビは、羽生選手の気持ちを正確に、温かい視点で伝えていたと思います。一方、一部の新聞は、『メダルを取った選手には座って話を聞く会見が設定されるが、4位の羽生選手の会見は、本来開かれないはずだった』などと、まるで、勝利至上主義の専制主義国家のメディアのような論調です。

一部のネットで、羽生選手は『出たがり屋』だとの批判がありました。全く当たらないと思います。『出たがり屋』とは、企業や団体で言えば、業績が好調であるとか、画期的な新商品を市場に投入するなど、明るい話題であれば、他の役員を差し置いてメディアに登場したがるのに、不祥事など好ましくない案件になると、誰よりも先に雲隠れしてしまう人たちのことです。

羽生選手にとって、4位に終わった後の会見は、気が進む会見ではなかったと思います。断ることもできたでしょう。それでも会見を引き受けたのは、4回転半に力いっぱい挑戦したとの思い、逃げ隠れしない責任感の強さ、そして世界中のファンに感謝を伝えたい思いからだったと思います



記事の中で、私の心に特に強く響いたのは、
「羽生選手は9歳の自分の『跳べ』という言葉に運命を託したのです」という文章です。

誰でも自分の「内なる声」が自分に命じている、と感じる瞬間があると思います。
私にもこれまでの人生に何度かそんなことがありました。
結果として成功しようが、失敗しようが、それを実行しないと、後々取り返しがつかないほどの後悔に襲われるのです。

羽生選手は、自分の心が命じた使命を全うするために、どんなことがあっても北京で4回転アクセルを跳びたかったのだと思います。

それに挑んで、これまでで最高のジャンプを跳べた羽生選手の心は、今、満たされているのではないかな、と思っています。



さて、21日から世界選手権が始まりますが、ネイサン・チェン選手は怪我に配慮して欠場。




それに続いて三浦佳生選手も怪我のため欠場となってしまいました。


三浦佳生選手はせっかくの世界デビューを逃して残念だと思います。

しかし、羽生選手もネイサン選手も欠場では、実質的には世界選手権とは名ばかりのものとなってしまいましたね。


この連休は、溜まってしまったフィギュアスケート雑誌をゆっくり読みたいと思っています。

そして連休明けの23日には、また楽しみが待っていますね!

羽生結弦 北京オリンピック2022 フォトブック
羽生結弦 北京オリンピック2022 フォトブック

TVガイド特別編集 KISS&CRY Vol.43 北京五輪Premium号 (TOKYO NEWS MOOK)
TVガイド特別編集 KISS&CRY Vol.43 北京五輪Premium号 (TOKYO NEWS MOOK)



次に結弦くんに会えるのはいつになるのかな。

KIss & CRY 43 11


そのころはコロナからも戦争からも解放された世界になっていますように。



《追記》

羽生結弦展2022開催が今日発表されました!



これはとても嬉しいお知らせですね!

1 日本橋高島屋S.C.  2022年4月20日(水)~5月9日(月)

2 富山大和          5月13日(金)~5月26日(木)

3 新潟伊勢丹          7月6日(水)~7月18日(月・祝) 

4 ジェイアール名古屋タカシマヤ     7月27日(水)~8月8日(月) 

5 大阪高島屋         8月10日(水)~8月22日(月)

6 藤崎(仙台)   9月15日(木)~9月28日(水)


詳しくはまた次の記事にかきたいと思います。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】

アイスリンク仙台は早期復旧見込み
羽生選手の凄さを語る織田さんと徳力さん
切望!Continues with Wings 第2回

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 15:39|Permalink

2022年03月06日

過去プロメドレー




数日前に見た、celさんがアップしてくださった北京オリンピックのエキシビション練習の時に、羽生選手が見せてくれた過去のプログラムメドレーが観たくて、Twitterから探し出してきました。
celさん、ありがとうございます。

Continues with Wings を思い出します。

2回目のContinues with Wingsはいつになるのかな。
いつまででも待つので、是非実現してほしい。



『ノートルダム・ド・パリ』      


『SEIMEI』


『Hope & Legasy』


『Notte Stellata』

素晴らしく高いディレイドアクセルジャンプ!!  
鳥人?? 



9歳の頃の夢を叶えるという結弦くんのストーリーは完結したでしょうか。




2004年 全日本ノービス優勝 結弦くん9歳。






今日は西川さんで素敵なマスクケースをいただいてきました。

&Freeのルーム&リネンウォーターがお気に入りなのです。

0DA96D34-A55B-4ADE-9144-4473A003B1A4

ショップの方が、「最後の1枚ですよ」と。

ラッキー



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
プルシェンコさんの本当の気持ちは
今月も雑誌ラッシュ・ウクライナで原発攻撃
同時通訳の仕事

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 00:11|Permalink

2022年03月03日

同時通訳の仕事




Twitterを読んで泣いてしまうということはまず無いのですが、このkuppyさんの訳してくださった記事には、思わず涙があふれてしまいました。

北京オリンピックでの羽生選手の単独記者会見で中英同時通訳を担当した25歳の中国人女性の記事です。

長い記事ですが、羽生選手に関する部分を抜粋させていただきました。

 


同時通訳 1

羽生結弦の記者会見の同時通訳者 李文瑨

 

これは平凡な物語だ。しかし、それほど平凡というわけでもない。

 

2月14日に羽生結弦のあの異例の会見が開かれるまで、中英同時通訳者の李文瑨は思ってもいなかった。こんなにも多くの人たちが「小さな黒い部屋」にいる彼女の声を聞くことになろうとは。彼女は、いささか落胆して失望した元気のない語気で訳した。羽生結弦が落胆して失望して元気なく言ったあの言葉を。「我还是想做4A。」(訳者注「4回転半降りたいなという気持ちはもちろん少なからずあって…」の部分かと思います。)

 

それは北京冬季オリンピックのメインプレスルームのメディア席の右側に並ぶ黒い小部屋。彼女は同僚と二人、その中の一つの部屋で中英同時通訳——八種類の言語の同時通訳のうちの一種類を担当していた。これまでのオリンピックでは同時通訳者が記者の視野に入ることはなかった。しかし北京冬季オリンピック組織委員会は小さな黒い部屋を会場に設置し、しかも窓を設けていた。

 

窓はかなり大きい。通訳者はそこから防音ガラスを通して、取材を受ける人の表情や身振り手振りをはっきりと見ることができる。それは情報と感情を構成する大切な要素だ。

       

北京冬季オリンピックのその集まりの、小さな黒い部屋の中の通訳者は世界の各地から来ていた。81歳のスイスのお爺さんもいれば60歳のイタリアのおばさんもいて、25歳の中国のお嬢さんもいる。李文瑨はそのお嬢さんだった。



この会見の本当に特殊な点が何なのか、多くの人は気づかなかっただろうが、李文瑨は始まってすぐに気づいた。彼女はこれまでに30回以上の各種の会見を経験してきた。アスリートの隣には通常、広報担当者が座る。ご承知のように、それは一見付き添いのようで、実はある意味護衛だ。しかし羽生結弦は一人で演台に上がった。隣には誰もいない。

 

演台には15の座席がある。羽生結弦はその中央に座った。孤独で、がらんとしている。まるで彼がリンクにいる時と同じだった。


同時通訳 2



「その時私は少し驚きました。それは冬季オリンピックの記者会見の中で、一番記者が多い会見であり、壇上にいる人が一番少ない会見でした。私は不意に感動を覚えました。羽生結弦の誠意を感じました。彼はまるで何の防御もせずに全ての人の前に出てきたかのようでした。」李文瑨は言った。


同時通訳者として、李文瑨はどうしても独自の視点からオリンピックを見ることになる。彼女が立ち会ってきたのは、アスリートが試合後に世界中のメディアと「やり合う」ところ。彼女は、アスリートの言葉の中に込められた感情、情報をできるだけ正確に伝えなければならない。それらの情報はおそらく全てのメディアに掲載されることになる。「人民日報」、「ニューヨークタイムズ」、「読売新聞」…


(中略:中国の
任子威選手、韓国のファン・デボン選手についての部分です。)


小さい頃から今まで、李文瑨は決してスポーツファンだとは言えなかった。北京冬季オリンピックの仕事に参加したことで、彼女に初めて少し好きだと思うアスリートができた。中国の武大靖だ。しかし羽生結弦のその会見は彼女に競技の範疇をはるかに超越したところにあるオリンピックの魅力を感じさせてくれた。

 

その午後、記者たちは30分前からプレスルームを埋め尽くしていた。羽生結弦は入ってくると、まずは全ての人に向かって深々とお辞儀をし、一人で演台に上がった。演台の下にいる広報担当者が、挙手をして質問を始めて良いと説明すると、真っ先に羽生結弦が自ら手を挙げ、まず話をさせてほしいと申し出た。仕事の様々なプロセスについて既に熟知している李文瑨は、問題なく対応することができたが、しかし彼女は防音ガラス越しのプレスルームから、これまでに感じたことのないある種の厳かな空気を感じた。

 

同時通訳 3


ガラス越しに羽生結弦の表情と仕草がはっきり見えた

 

羽生結弦北京冬季オリンピックで唯一、8種の同時通訳が付いたアスリートだった。羽生結弦に勝ったフィギュアスケート金メダリストのネイサン・チェンですら、付けた通訳は5種だけだった。

 

35分間のインタビューで、羽生結弦は一つ一つの質問にとても真摯に応えた。彼の受け答えは的確で、心に響くものであった。「とても驚きました。彼は本当に誠実でした。私は自然と彼の言葉と感情の中に引き込まれていました。」同時通訳の声を聞いていると、4Aを完成させられなかった自分を慰めながらも、やはりどうしても納得できない人物はまるで彼女自身かのようだった。

 

インタビューが終わって羽生結弦が立ち上がり、座っている報道記者に深々とお辞儀をした時、ライブ放送の画面は既に切断されていた。同時通訳者たちも仕事は終了したと思っていたが、何と羽生結弦は再びマイクを手に取り、小さな黒い部屋に視線を向けて言ったのだ。「通訳の方も、ありがとうございました。」そしてもう一度お辞儀をした。

 

李文瑨は言う。「全く思いもよりませんでした。彼の通訳者への感謝の言葉を訳し終えると、私は堪え切れずに泣いてしまいました。もともとはその男の子にそれほど興味があったわけでは無かったのに。」

 

退場の際には同時通訳はもう必要ない。羽生結弦は全部で5回お辞儀をした。4回は集まっている人たちに向かって。最後の1回は壇上から降りた後にオリンピックの旗に身体を向けて。李文瑨に最後のお辞儀は見えなかった。撮影記者や現場のスタッフが一斉に押し寄せて小さな黒い部屋からの視界は遮られてしまったから。

 

彼女はきっとこの記者会見を永遠に忘れないだろう。それは人類で初めて4Aに挑み、失敗した会見。しかし羽生結弦の小さな宇宙はまだ燃えるように熱い。

 

冬季オリンピックでの経験は李文瑨のスポーツへの思いを作った。「今、思います。スポーツはみんなを団結させることができる。任子威、ファン・デボン、羽生結弦、みな同じだと思うんです。アスリートは競技場では成績を争っているけれど、みんな一緒に一つのことをしているんです。それはスポーツというもので、人の心を動かすこと。」

 

 3月の冬季パラリンピックが終われば、李文瑨の2年にわたる北京オリンピック組織委員会での体験は終わる。彼女が北京に残るのか、どこかで別の仕事を始めるのかは自分にもまだわからない。しかし彼女は、隣の小さな黒い部屋にいたあの60過ぎのイタリアのおばさんはとてもいいことを言っていたなと思っている。「私はもう40年やってきたけど、まだ続けたいと思っているの。通訳という仕事は毎日新しいことを学べるだけでなく、世界を繋ぐために頑張ることができるから。」

 

おかげで通訳者李文瑨は気付いた。「信、達、雅」が目指す究極の目標。それはまさにオリンピックのモットーの中にある「together」だったのだと。


kuppykuppy's diaryより


私自身も、言語は違いますがkuppyさまと同じく、大分以前に通訳の仕事をやっていた時期があり、思わず感情移入してしまいました。

1回1回の仕事が一期一会なので、一度でも通訳させていただいた方のことは、時間が経過しても決して忘れてしまうことはありません。


李文瑨さんは北京の羽生結弦会見を決して忘れることはないと思ます。

一生の宝物のような記憶になることと思います。


北京 同時通訳 5





今日はひな祭り。


A28ACE50-A8CA-4F0B-B20D-2EBD932C7C55

今年のお雛さま。




お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
LOTTEの新聞広告
誇りを掴みました
ハーネスで4A降りていた!
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 14:11|Permalink

2022年02月21日

FS自己解説と都築先生メッセージ




エキシビションの前に、テレビ東京の独占インタビューと『天と地と』の自己解説が放送されました。
これがとても良かった!
その後の都築先生からのメッセージには泣かされます。

ふうせんさんの動画お借りしました。

1B780AF7-D27D-4DAF-BF93-7C9FABD010D1


DFE765B8-F49D-49E9-803F-A6480166DCF0


9A162C46-A154-41FC-900A-041925C1A651

報われない努力だったかもしれないけれど

AC2B8069-FF51-4BC4-9D64-42FD5146941A

一生懸命頑張りました。

24E30481-DC44-4CBF-A8BE-B2CDA365005D

北京での自分の演技、初めて見るそうです。

AC37991F-933D-4759-89C0-FF48CA813F50






656ABDB7-7E0A-44C9-89CC-3D8D05773453


379BB588-F1F8-4032-ADDD-90BEB876BED1


702182B3-3A81-496E-BFA2-969A2FC54856

メダルが欲しいと思えば去年までの構成にして

398C7401-E228-456E-9D5A-864A56E8411D

完璧な演技をすればメダルまでたどり着けたかもしれない。

F15F0A66-A91C-4629-A500-22D2221FEF15

でもそれでは楽しくない。

216CBEA2-A179-49FE-B914-408E90BCC5BD

滑る意味が無い。

21B0A4A7-3BE4-4CE8-8246-5F2A1C2F3C1F

このプログラムを完成させたいという気持ちが一番強かった。

5CF9229F-394E-41E7-8922-AE7C846197AA


B4A587B0-8675-41F1-8348-356C92DD993C

平昌オリンピック後に言っていた「4回転アクセルを目指したい」という目的に向かって努力を続けた4年間だった。



《都築先生からのメッセージ》

AF918170-ADF4-489B-9971-764A250664F6


85A61453-C681-4CB9-A493-2004463E066D


4A5D1811-76F5-425D-9DE1-5CDA0D4FE40A


D5B5CEE1-497C-43BE-A834-1C38E1F6E0A3


0F67D1C2-8BBC-41AB-BA8A-21D0D6466E15


F80C1C51-290C-4644-904F-096E00D43B43

本当によくやったと褒めてやりたい。

6032CEEC-A03E-4C60-AADC-DCA0328454F3

努力は報われないと言ったけど、いやーとんでもない、ものすごい報われて、

5AC59D3F-8182-4EF6-865D-38931EA79711

こんな報われ方をしたスケーターがどこにいるんだ?!

8E39B334-1092-4540-BC9E-DC83DF37B2B6

ユヅの挑戦は無駄ではなかったよ!

C034D6DB-5B99-46EF-8FD2-7EE1A20A5837

本当によく成長してくれましたね。

9AD69529-DC60-4F1B-8392-87994D355B2B

本当にありがとう。感謝しています。

21A00948-CD0C-44B1-BB40-F16B9EE1910B


頑張れ!結弦!

9885E8B3-D91A-4756-9D45-49966A71BFE9

ああ、ああ、なんか苦しいですね。あんまりこういうので泣いたりしないんですけど。
でも多分都築先生は一番、僕が泣き虫なことも知っているし、一番ひとよりも感情強くて、すぐ怒ったり、すぐ泣いたり、悲しくなったり悔しがってまた練習したりっていうのを知ってる人だと思うので。


3F9EE43D-0B7B-42FF-9B7E-53BAEAA3F8B4

危ねえ、涙がこぼれるところでしたよ。

F75250F5-075F-479B-ADB6-78870971D8C4

でも、まあ、僕のアクセルは見せれたと思います。本当に。

7876C854-09AC-4B3F-8373-571D09F98EC9


E5E6E839-5405-4184-A445-605B05FF1341


A918D4AA-95AC-4079-84C1-9ED9E32269AC


8321E7CB-A70A-4276-BABD-A9972ECC156C


4B75775F-630B-4D46-9414-0F05C41BCFBF


378CE53E-9948-484A-9847-03D1CCEBF63B


0FC28689-CBE5-42BE-8162-FA7D1D3BE94C


50B9C77B-784E-49A0-96C2-E72E129EC4E5



この『春よ、来い』は羽生選手の感性を通して創らせてもらった作品。
自分だけでは創ることができなかった傑作なので、音楽家として創らせていただけたこと、本当に羽生選手に感謝しています。
今日は北京には行けないけれど、心はそこにあります。
(清塚信也さんより)




会場の外では、全てを終えて北京を去ってゆく羽生選手を見送るファンの人垣が凄いことになっていました。



今は結弦くんの帰国が待ち遠しい。

都築先生、結弦くんが帰国したら、もっともっと褒めてあげてくださいね。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
中華人民共和国駐日本国大使館より
心を癒すプログラムたち
持って生まれたカリスマ性
世界をつなぐ羽生結弦
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 04:28|Permalink

2022年02月20日

放心・涙・感謝



エキシビションが終わり、しばらく放心状態になっていました。


羽生選手の3回目のオリンピックが終わってしまったのですね。



素晴らしい『春よ、来い』でした。

動画(実況無し)⇒ https://youtu.be/bCneueTDBaU

エキシ 1


エキシ 2


エキシ 3


エキシ 4


エキシ 5


エキシ 6


エキシ 7


エキシ イナバウアー 1


エキシ 8


エキシ 9


エキシ 10


エキシ 11


結弦くん、ありがとう。

涙止まらず。


清塚さんからのメッセージ。

清塚さん、ありがとう。





ボーヤンくん、リウくん、そして北京、

ありがとう。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
早春
ゆづドゥンドゥンと天天ドゥンドゥン
中華人民共和国駐日本国大使館より
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 19:36|Permalink

早春




北京オリンピックは最後の日を迎えました。

最後の花火のようなフィギュアスケートエキシビションは13時から始まります。

羽生選手は21番目に登場します。

22 北京 エキシ順番




昨日の練習で滑っていましたから、やはりエキシプログラムは『春よ、来い』になるのでしょうね。


早春の北京に桜が花開くような舞で魅せてくれますように。

20 全日本 MOI 2

ことによったら衣装が新しくなっているかも?

そんな期待も膨らみます。



日本スケート連盟の竹内洋輔フィギュア強化部長が19日、北京五輪全競技終了後に首都体育館で取材に応じ、大会を総括した。大会前に金を含む複数メダルと入賞4を目標に掲げていたフィギュアスケートは、過去最多の4個のメダルを獲得した。


クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)が世界で初認定された4位の羽生結弦についても言及。「オリンピックにおいて、クワッドアクセルという前人未到の挑戦をして、スケート界に歴史を残す演技を見せてくれた。金メダルと同等の価値があるような、記録とともに記憶に残る結果」と語った。

 フィギュアスケートは2006年トリノ五輪以降5大会連続でメダリストが誕生している。「次のミラノに向かって、メダルを獲得していけるように、また次の4年間に向かって行きたい」と話した。

スポーツ報知記事より抜粋)

竹内 洋輔(たけうち ようすけ、1979年8月15日 - )は、東京都出身の男性フィギュアスケート選手。フィギュアスケート日本オリンピック委員会(JOC)選任コーチ(ジュニア)。2002年ソルトレイクシティオリンピック男子シングル日本代表。

wikipediaより)



これまで、羽生選手の輝かしい戦歴について、積極的な評価をしてこなかったスケ連が、羽生選手の今回の4位という成績を「金メダルと同等の価値がある」と評価したのは画期的なことだなと、正直驚きまた。

実際にフィギュアスケート選手で、全日本選手権優勝の経験もある竹内洋輔フィギュア強化部長に代わってから、少しスケ連内部の雰囲気が変わったとすれば、それは歓迎したいところです。

北京が終わったら、その翌日からはミラノへの道を歩くことになる選手の皆さんをこれまでとは違う姿勢でサポートしていただきたいです。
その中に先頭を行く「羽生結弦」の姿がありますように。


今日の結弦くんはビンドゥンドゥンと戯れたり、

A5A717EA-82B5-4875-B9BD-5CC271137AE5


皆と記念写真撮ったり、

3E1358A1-909B-4F8A-BD1A-66D21548F37A

楽しい時間が過ごせますように。


終わってみれば、
北京オリンピックの本当の勝者は、間違いなく「羽生結弦」だった

22 北京 毎日 貝塚 1




13時からエキシビションが始まります。
今日は私たちも思いっきり楽しみましょう!!!



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
中華人民共和国駐日本国大使館より
心を癒すプログラムたち
持って生まれたカリスマ性
世界をつなぐ羽生結弦
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 11:58|Permalink

ゆづドゥンドゥンと天天ドゥンドゥン




今日の練習はメインリンクで「春よ、来い」でした。



22 北京 ボーヤン instagram

ボーヤンくんinstagramより

可愛すぎる二人は27歳と24歳ですが!




22 北京 EX 春よ来い 




DC30A7C7-1E09-4B7F-89DB-05DA0B8EDAEE

22 北京 EX 練習 2

1AACA93A-1CCF-4EF6-8ABB-3029561DB245


パンダハットをかぶったままスピンできちゃう羽生選手。



4年前の平昌オリンピックでのこのシーン、覚えている方もいらっしゃると思います。
FSのグリーンルームで、ボーヤン選手が出ていく前に、抱きかかえるようにハグして、また抱き寄せて2度ハグする羽生選手の気持ちは、ボーヤン選手の中で忘れられない記憶になっていると思います。

この時、私はボーヤン選手が銅メダルだと信じていたので、尚更にこのシーンが印象に残っています。


4年後の今もこうです。
2人の友情はこれからもずっと長く続いていくことでしょう。




22 北京 EX 製氷

羽生選手は昔からよく製氷を手伝っていました。
氷、本当に大切ですね!!!



そして先程終わったペアの演技で、りくりゅう組が日本として過去最高の7位入賞となりました。

おめでとうございます!!!

素晴らしい演技でした!



優勝したのは中国のスイハン組でした。
母国で悲願の金メダル獲得、おめでとうございます!!!




スイハン組はこれでスーパースラム達成です。

羽生選手の4A挑戦がフィギュアスケート界全体に与える影響力にあらためて驚きます!!



明日は北京冬季オリンピック最終日です。

13:00~ フィギュアスケートエキシビション
21:00~ 閉会式

色々あったけれど、
終わってみれば史上初の4Aと認定されたことは、3つ目の金メダルよりも価値があったなという結論に至っています。

明日はエキシビションを思い切り楽しんでね



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
心を癒すプログラムたち
持って生まれたカリスマ性
世界をつなぐ羽生結弦
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 00:29|Permalink

2022年02月19日

中華人民共和国駐日本国大使館より




 





81729559-F1D9-43A0-B25C-ED17ED2CDAA6
めちゃくちゃ可愛いスリーショット❗️


22 北京 アイスダンス わんりゅう組


中国のアイスダンスのWANG Shiyue / LIU Xinyuは、お二人共に羽生選手と同じ1994年生まれです。
27歳の3人です。


17 国別バンケット 5


このメンバー豪華ですね。

17 国別 バンケット 3 (2)


17 国別 バンケット 4

ハビやパトリックのいた時代。
2017年国別対抗戦、たったの5年前とは思えないくらい急速に変化したフィギュアスケート界です。



中国から練習の動画がたくさん上がってきています。


レッツゴー・クレイジー(17日)




ホープ&レガシー(18日)



SEIMEI(18日)




そして今朝の「めざまし土曜日」が昨日の練習をレポートしています。


本当に素晴らしい「羽生結弦のスケート」です。

いつかこんなメドレー、Continue2で見せてほしいなぁ。

エキシビションは
明日2月20日 
・テレビ東京 13:00~16:00 
・NHK BS1 13:00~15:30

両方とも録画必須ですね。


22 北京 練習 18日

そして今日の練習は15:30から。
何を滑るのでしょうか。



半袖UA、一番好きな練習着


お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
心を癒すプログラムたち
持って生まれたカリスマ性
世界をつなぐ羽生結弦
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 13:15|Permalink

心を癒すプログラムたち



羽生選手は今日も練習リンクに現れました。

なんと9曲メドレーだったそうです。

 


羽生選手は北京のリンクに、これまでのスケート人生の軌跡を描きたかったのかなとも思いました。

ここで終わりだというのではなく、ここからまた新たに始めようという気持ちで。



羽生結弦 9演目を熱演「落としものしてきたものを」
最後は「SEIMEI」締めで喝采

22 北京 練習 18日 1


フィギュアスケート男子で、14年ソチ五輪、18年平昌五輪2連覇の羽生結弦(27)=ANA=が18日、首都体育館のサブリンクで練習を行った。競技終了後の練習では、過去に演じた様々なプログラムを披露している羽生。この日は計9プログラムを披露した。

 Hope&Legacy(16~17年・フリー)に始まり、
パガニーニの主題による狂詩曲(09~10年・フリー)、
ノートルダム・ド・パリ(12~13年・フリー)、
ロミオとジュリエット(13~14年・フリー)、
バラード第1番(14~16年、17~18年、20年・SP)、
秋によせて(19~20年・SP)と、
ホワイト・レジェンド(10~11年・SP)、
ノッテ・ステラータ(エキシビション)、
SEIMEI(18年平昌五輪・フリー)と、
それぞれ見せ場の場面をキレのあるステップ、4回転を含めたジャンプなどを入れ込み、全身全霊で演じきった。特に最後の「SEIMEI」では、中国のボランティアも「SEIMEIだ」と、興奮する中、圧巻のステップを刻んだ。

 練習後は「Hope&Legacyと、バラード第1番、SEIMEIをやろうと思っていたんですけど、色々考えながら、僕の人生の中でちょっと落としものをしてきたものをやろうと。今ならできるって。ノートルダム・ド・パリもサルコーが跳べなかったし、バラード第1番も後半の4回転トーループを跳びたかった」と、選曲理由を説明。最後にSEIMEIにした理由については「平昌五輪のコレオのあの瞬間は一生忘れない。全力の姿をみてほしかった」と、明かした。


Hope &Legasy の練習動画がありました。




 羽生が競技終了後の練習で演じたプログラムは次の通り。

 14日 天と地と(北京五輪・フリー)

 15日 オペラ座の怪人(14-15年シーズン・フリー)

 17日 パリの散歩道(ソチ五輪・SP)、レット・ミー・エンターテイン・ユー(20-21年シーズン・SP)、レッツ・ゴー・クレイジー(16-17年シーズン・SP)
(デイリーより)

14日から今日までに練習リンクで滑った曲は14曲!

忘れ物を拾い集めるような気持で滑ったプログラムたちに癒されていますように。


CAAD9426-F8FF-4D57-8E0A-905E192713C5


しかし、こうなるとエキシビションでは何が飛び出すのか分かりませんね。

羽生選手のプログラムは一つ一つの完成度が高く、どれもその時々の思いがこもっていて、何度見ても見飽きるということがありません。

何がエキシビションに選ばれるのか、期待が膨らみます。




8C49CB50-7A71-40D3-AACD-C9A2C7AC2219

立て続けに出版された3冊、どれも美しく、表紙買いしてしまいます。
内容も充実ですが、まだ全然読めていません。
エキシビションが終わったら、落ち着いて読もうと思っています。



今日も15:30から練習があります。

今日の練習で、エキシビションは何になるのか分かるかもしれませんね。

北京オリンピックの最終日を飾るエキシビション、楽しみです。

そして何よりも、結弦くんが楽しんでくれますように。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
かっこわるくてかっこいい
キーワードはEmpathy
歴史に名を刻むことは金メダルよりも難しい
「4回転ハニュー」と呼ばせて
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 01:49|Permalink

2022年02月18日

持って生まれたカリスマ性




2月14日はソチオリンピック優勝記念日

2014 ソチ 表彰式 25


そして昨日2月17日は平昌オリンピック優勝記念日でした。

18-2-17 FS後 2_Fotor


さらに今年は2月10日の4A記念日が加わり、

毎日新聞 11



寒さも厳しく気持ちも沈みがちな2月は、記念日が続く嬉しい月と化しています。

22 北京 フィニッシュ 1


昨日も羽生選手は練習リンクに元気な姿を見せてくれました。





「お楽しみに!」って言っていましたが、一体何が披露されるのでしょうね。



22 北京 EX 練習 若杉 1

若杉さんナイスショット!


本当に羽生選手ほどフォトジェニックなアスリートは他に存在しませんね。


Getty Images所属のカメラマン氏が被写体としての「羽生結弦」の魅力を語っています。

「羽生結弦」という魔力!



羽生の魅力は「生まれながらのカリスマ性」

 長野五輪から24年、これまで数多くのフィギュアスケーターを撮影してきたが、その中でも最も印象深いのが羽生だという。「ティーンエイジャーの頃から長くトップに立ち、ディック・バトンから66年ぶりとなる五輪2連覇も果たした。彼は特別な存在だよ」と笑顔。羽生が日本国内にとどまらず、世界中のファンに愛される理由について問われると、こう答えた。

「彼には生まれながらのカリスマ性がある。それが魅力の一つ。スキルや表現力の高さもさることながら、プログラムを構成する一つ一つのエレメントを完璧にまで仕上げてくる。一流の選手は一流の写真を撮らせてくれるが、羽生もその一人。素晴らしい被写体だ。

 そもそも、街を歩いているだけで誰もが振り向きそうなオーラを放っている人間が、あれだけのパフォーマンスをできるのだから、人気が出ないわけがない。あれだけ注目される存在でありながらスキャンダルやゴシップがないことも大きい。もし自分の子供がパートナーだといって羽生を連れてきたら、日本中の親が大喜びするんじゃないか(笑)」

全文は結構長い記事ですが、こちらから是非お読みください。


9F2E16C5-5B26-4498-8700-D07AE9A398E2


美しいビジュアルに恵まれながら、それをしのぐほどの実力、誰もが振り向くようなオーラ、誰よりも強い意志と優しい人間性、それがカリスマ性となって世界中の人々を惹きつけています。

 
また今回も「北京落ち」のファンが大量に生まれたと思います。「会見落ち」もね。

私自身は2011年全日本落ちということになります。
ずっと応援させていただき本当に良かったな。

またこれからも羽生選手を応援できることを本当に嬉しく思っています。

先々のことは定かではないけれど、願わくば4年後にミラノで羽生選手を応援するという新たな夢が叶いますように!!



フィギュアスケート通信の華麗な表紙もきました。
2月28日発売です。



今日も練習リンクで男子の練習があります。
今日は何を滑るのかな?

E7B2EFF9-6C21-4B42-BE66-066E33C31AC2

今を楽しんで!!



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
かっこわるくてかっこいい
キーワードはEmpathy
歴史に名を刻むことは金メダルよりも難しい
「4回転ハニュー」と呼ばせて
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 08:32|Permalink

2022年02月17日

世界をつなぐ羽生結弦




エキシビションの練習風景にかすかに流れる『オペラ座のメロディーを聴くだけで、7年前の記憶がよみがえります。

羽生選手が今、このプログラムを中国の地で再演するという選択は、いわば7年前の忘れ物を取りに行くようなことでもあり、オリンピック開催国に対する感謝の意味も込められているのかなとも感じます。




美しいファントムが世界中の人々を魅了することは間違いありません。

衣装はどうなるのでしょう。
私は伊藤聡美さんが超特急で仕上げたという、あのブルーの衣装が大好きですが、新衣装でくる可能性もありますね。
どんな衣装になるのか、それもとても楽しみです。


我が家ではこれが常設展示になっています。

08C561F1-140E-4423-8818-4E3344F0C1B2




羽生選手は、最近ではフィギュアスケート界を越えて、世界で注目される存在になっています。

【北京=共同】北京冬季五輪で国際映像を供給する五輪放送サービス(OBS)のヤニス・エクサルコス最高経営責任者(CEO)が16日、共同通信のインタビューに応じ、世界的な人気を誇るフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)を「スポーツの枠を超えた存在。国や文化の壁を超えて世界の人々を一つにつなぐ、唯一無二のビッグスターだ」とたたえた。

羽生は中国の短文投稿サイト、微博(ウェイボ)で検索上位ワードに登場するなど注目される。「選手としての驚異的な能力と非常に温かく魅力的な人柄で、人々は彼に会いたい、彼のことを知りたいと思う」と分析。デジタル戦略を強化しているOBSにとっても重要な選手と捉えており「多くの問題、分断が起きる現代で前向きな雰囲気を生み出している。彼のような選手がもっと必要だ」と述べた。


先日はフランスの国営放送RFIからも注目されていました。

フランス国営メディアのRFIによると、政府間関係でも国民感情でも「冷たい日中関係」が続いている中で、多くの中国人がフィギュアスケート男子の羽生結弦選手を「熱く応援」し続けていることについて、フランスメディアは強い関心を示している。

日中両国で2019年に行われたある世論調査では、日本人回答者の84%が中国に悪感情を持っていた。また、中国人回答者の62%が日本に悪感情を持っていた。しかし中国人ファンは、羽生結弦選手を「熱烈応援」し続けてきた。羽生選手を支持したのは一般のファンだけでない。中国中央電視台(中国中央テレビ)のベテランスポーツキャスターである陳●氏(●はさんずいに「瑩」)は興奮した様子で、
「絶頂期の羽生選手を見て、報道することができて幸せだ」「羽生選手の青春は永遠ではないが、彼は永遠に人々の記憶の中に残る」と述べた。


なにかとギクシャクしがちな日中間にもかかわらず、「羽生結弦」という存在が、お互いのイメージを好転させるという機会を提供しているように感じます。

個人のレベルで考えても、仲のよい友人がいる国には親近感を感じ、良いイメージを持ちますね。
そう考えると、羽生選手の中国での人気が、日本という国のイメージを好転させているという指摘はうなずけます。


羽生選手の人気は中国だけでなく、政治、文化、宗教、民族に関わりなく世界中ですから、日本のイメージアップにも多大な影響力を発しているということですね。

それは一ファンとして、とても嬉しいことです。


記者会見で競技続行も表明してくれて、これでまたしばらくは元気に生きて行けそうです。




何度でも繰り返し見たくなる記者会見です。

平昌オリンピック後の外国特派員協会、日本ペンクラブの記者会見と並ぶ、名会見だと思います。


今日はまた練習に出てくれるでしょうか。

22 北京 オペラ座 練習 1


今日の男子練習時間は14:15からです。

足の具合、少しでも良くなっていますように。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
かっこわるくてかっこいい
キーワードはEmpathy
歴史に名を刻むことは金メダルよりも難しい
「4回転ハニュー」と呼ばせて
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 05:41|Permalink

2022年02月16日

上海の記憶を北京で上書きする




 アイスリンク仙台の先輩でもある荒川静香さんとの対談では、4回転アクセルの挑戦について本音が語られていたように感じました。

SPでの不運なアクシデント、FS前日の酷い捻挫、右足の感覚のない状態で臨まなければならなかったFSの演技。

その逆境が、あれほどまでの思い切った4A挑戦を後押ししたという事実。

そうして掴んだ4A公式認定でした。

毎日新聞 11

未完の4Aという技をオリンピックという場で挑戦できたのは、既に2連覇している羽生結弦だけの特権でした。



荒川さん

「五輪はどんな場所でしたか?」

羽生選手
「僕はやっぱり五輪は幸せな場所だなって思ってます。この舞台に立って滑っていること自体特別なことですし、全員ができるわけではないので。実際この舞台に立てなくて悔しい涙を流した選手がいたことも僕は知ってるし、その人たちの分まで頑張りたいと思える舞台ですね」




荒川さん
「4回転アクセルへの挑戦は、『他のジャンプの延長線上ではない』と思いましたが、どうでしょうか?」

羽生選手
「例えばトウループ、サルコウだったら4回転半回るんですよね。何回か4回転半のために5回転を練習していたこともあるんですけど、そのとき4回転半回るんです。ただやっぱりアクセルは回転の方法論がぜんぜん違った。他の選手たちにとっては技術的に似てるとか、同じように回れる選手もいるかもしれないですが、僕のアクセルではそうではなくて。だからこそ『僕、羽生結弦のアクセル』になっていたと思いますし、その羽生結弦の(アクセルの)延長線上に、ちゃんと4Aがあったことは僕にとっては誇りです」


荒川さん
「挑戦してよかったですか?」

羽生選手
「どうだろう、過去の自分が答えるんだったら嫌だったって思うけど、自分のうれしさに比べて苦しさの方が何倍も多かったので、だからそういう意味では良かったのかどうかわからないけど、競技のフィギュアスケートを続けていく上で4Aがあったからこそさらに表現やスケーティングを突き詰めてやってこれたし、そういう意味ではよかった」

荒川さん
「勝負しながらの挑戦が、『さすが羽生結弦選手』だなと思いました。どっちかをかなえるのは難しいのに、両方この五輪では挑みましたね?」

羽生選手
「やっぱりルッツとかループをいれて、前半サルコウ、そのあと助走なくトリプルアクセル、後半トウループ、トウループ。そういう構成はできなくはない、練習していれば。ただそれは僕じゃなくていいかなっていう。『羽生結弦のプログラム』としてそれが必要なのかなと思うとなんか違う気がしてる。アクセルを入れて勝ちたいって強く思ってしまいました」

荒川さん
「体さえ整えば完成もみえるのでは?というところまでアクセルは来ましたが、この挑戦は?」

羽生選手
「僕のアクセルの理論で、自分の、羽生結弦のアクセルを保持したままで最高点には本番でできたと思っています。もしかしたら違う技術をとり入れたら回り切れるかもしれないし、着氷時にうまく着氷すればできたかも。でもそれは僕じゃないので。なんか…そんなアクセルだったら僕はいらないって思うんです。やっぱり僕のアクセルでいたい。だからある意味では納得してますし、あれが僕の全てだったかなと今は思っています」

14日の会見では、明確にエキシビションへ出場するとは口にはしていませんが、連日練習を行っている羽生選手。「やっぱりここで滑りたい」という思いとともに、まだ痛みの残るその右足で臨むエキシビションは、北京五輪の大会最終日に行われます。
日テレNEWSより抜粋)



20日のエキシビションのプログラムはどうやら『オペラ座の怪人』のようです。

この日は、前日は跳ばなかった4回転サルコー、4回転トウループを跳んだ。今大会のフリー前日の9日に右足首を捻挫。痛み止めの注射を打って出場した。「足首痛いんですけど。なんやかんや皆さんに言われるかもしれないんですけど。痛み止め飲んで、痛みを消して…楽しくやらせてください! お願いします! この期間だけ楽しみます」と笑顔で話した。


これは『マスカレイド』ではなく、『オペラ座の怪人』のようですね。
どちらにしてもカッコいいけれど。


上海の辛い記憶を北京で上書きするということ!!

羽生選手にとっても、また中国のファンにとっても辛い記憶を、北京で上書きすることで幸せな記憶に変換させようという羽生選手の「愛」を感じます。
ファンに対する愛、プログラムに対する愛。



北京オリンピック最終日を締めくくるのは、羽生結弦が演じるファントムになりそうです。


◆フィギュアスケートエキシビション 
テレビ東京 13:00~

◆北京冬季オリンピック閉会式
NHK総合 21:00~



22北京 EX 練習

このカッコよさは一体何!!



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
かっこわるくてかっこいい
キーワードはEmpathy
歴史に名を刻むことは金メダルよりも難しい
「4回転ハニュー」と呼ばせて
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 05:45|Permalink

2022年02月15日

誇り高き無冠の王者



会見に向かう場面から、既に凄い熱気が感じられます。。



22 北京 記者会見



昨日の記者会見、私は旅先のバスの中で見ていました。

そして彼がこれからもフィギュアスケートを続けてくれること、次のオリンピックに含みを持てせてくれたことに嬉しさがこみ上げてきました。


誇り高き無冠の王者となった羽生選手は、むしろ無冠であったがゆえに一層清々しい王者でした。




 
バレンタイン

私たちの愛を受け取ってもらえてよかった








司会の爆笑問題・田中裕二が「全部出し切った」とする羽生の試合後コメントに対して、競技から退いてしまうかもと心配する声も多いと問うと、村主さんは「羽生選手、このままではやめないと思いますね」と笑顔で返した。

 「本人もいろいろなところで、僕は負けず嫌いだからとおっしゃっている。そんな羽生選手、必ず今まで有言実行で成功させて、チャレンジされてきた方なので、きっとこのまま引退はないと思います」と語った。




村主さんと同様に、私も結弦くんはここでやめないと思っています。

だって、今が一番うまい羽生結弦ですから!!!


559FDBC5-E406-4C6C-BB6C-98E3ACEFA445

ミラノの結弦くんも見てみたいなぁ。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
かっこわるくてかっこいい
キーワードはEmpathy
歴史に名を刻むことは金メダルよりも難しい
「4回転ハニュー」と呼ばせて
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 10:39|Permalink

2022年02月14日

バレンタインデーの記者会見




今日18時30分からの羽生結弦選手記者会見が楽しみでなりません。

各国記者さんたちがどんな質問を用意していても、きっと彼は皆の想定以上の素晴らしい答えを返してくれるでしょう。

羽生選手自身の言葉で、4回転アクセル挑戦の現状と未来、これからの展望、現在の心境を聴くのが楽しみです。

中にはぶしつけな質問をする記者もいるかもしれませんが、羽生選手はユーモアと機転が利いた受け答えで打ち返すことでしょう。

あの平昌オリンピック後の外国特派員協会での会見を思い出します。


外国特派員記者会見 4




動画感謝してお借りしました。


4日回転半、ほぼ回っていると私には見えます。
どうしてもアンダーローテーションとは思えません。
マッシミリアーノさんのご指摘のように”q”マークが正しい判定のように思います。

羽生選手にはこの勇気ある挑戦を誇りに思ってほしい。



今日はバレンタインデー

結弦くんにとびきり美味しいチョコレートをプレゼントしたい


ロッテ 5 (2)

こんな時代もありましたね。


しかも、今日2月14日はソチの金メダル記念日でもあります!!


今も結弦くんはあの時と同じ輝きを放っています。



夕方には笑顔の結弦くんに会えますように。






  お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
かっこわるくてかっこいい
キーワードはEmpathy
歴史に名を刻むことは金メダルよりも難しい
「4回転ハニュー」と呼ばせて
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 09:55|Permalink

2022年02月13日

かっこわるくてかっこいい







ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)の永井泰大さんのツイートより。


羽生結弦の北京2022オリンピック


競技がすべて終わったあと、 
何個目かのインタビューを受けていた羽生結弦は、 
記者からいま入った情報として 
「4回転アクセル、公認されました」と伝えられて、 
あっ、そうなんですか、と文字通り目を丸くして驚いた。 

そして「そっか」とつぶやいたあと、 
照れ隠しみたいに「ハハハ」と笑い、 
目をそらし、何かを噛みしめるみたいにうなずいたあと、 
もう一度、「‥‥そっか」と繰り返した。 

そのまま自分の世界に入っていきそうだった羽生結弦は 
我に返ってインタビューアーとすこし専門的な話をしたが、 
やがてまた噛みしめるように下を向いて黙り、 
「あー‥‥」と安堵の声をもらしたあと、 
すこし目を潤ませながら、 
「なんかちょっと報われました」と笑った。 

まるでドラマのセリフみたいだな、とぼくは思った。 
象徴的な意味ではなく、ほんとに台本があるみたいな、 
どこかからそういうシーンを抜き出してきたみたいな 
ことばと間と表情だった。
 

羽生結弦はしばしばそういう、 
ドラマに出てくるような振る舞いをする。 
いや、自分の印象をもっと正確に言うと、 
ドラマより似ているものがある。 

羽生結弦のことばや行動は、 
ときどきアニメのワンシーンみたいだとぼくは思う。 
完全に主観で申し訳ないけど、 
漫画でもドラマでも映画でもなく、アニメが近い。 

自分を焚きつけるような独り言を言うとき、 
ギアが入ったときと力が抜けたときのギャップ、 
会心の演技が終わったときの雄叫び。 
そしてなによりあのフォルム。 

危険な場面だったから 
例として挙げるのは不謹慎かもしれないけど、 
試合前の6分間練習でほかの選手とぶつかって 
大怪我をしたとき、血をしたたらせながら 
ゆらりと戻ってきたときなんかも 
いま思えばアニメの一場面みたいだった。 

そして彼のトレードマークのひとつ、 
くまのプーさんは、 
主人公のおともとしてついてまわる 
世界観の設定から例外的にはみ出した 
マスコットキャラクターみたいだ。 

羽生結弦はぼそぼそしゃべらない。 
笑うときは「ハハハ」と笑う。 
声を張ってしゃべるわけではないが、 
ひとつひとつ確かめるように選ぶことばの 
輪郭ははっきりしていて滑舌がいい。 
そもそもあの声は誰かがあててるじゃないか? 

そして、羽生結弦は奇跡を起こす。 
土壇場でものすごい力を発揮する。 
ロシアの王子様みたいなスケーターに憧れ、 
その伝説的な人から才能を認められてもいる。
 

彼は4年に一度開催される世界一を決める大会で 
2回続けてチャンピオンになり、 
世界中のライバルたちに注目されている。 
3度目の挑戦となる今回は、 
まだ誰も見たことのない必殺技を繰り出すという。 
しかも、戦うときは特別な 
コスチュームを身に纏う(当たり前だ)。 

ああ、なんて主人公なだ、羽生結弦。 
こんな人が、ほんとにいるですよ、日本に。 
そりゃぁ、海外で大人気になるよなと思う。
 

そんな主人公だから、人々は期待したかもしれない。 
追い詰められた絶体絶命のフリーで 
奇跡の4回転アクセルを決めて 
大逆転の金メダル、なんてことを。 
でも、そういうウソみたいな展開は、 
かえっていまのアニメっぽくはないのかもしれない。 

羽生結弦はお話の主人公みたいだけど、リアルだ。 
ショートプログラムの最初の4回転サルコウのとき、 
氷上の穴に足をとられて踏み切る力が分散され、 
失敗すらできなかった。 
4年間のすべてをかけた本番が台無しになった瞬間、 
彼はいったいどうしたか。 

滑りながらその穴を確認したのだ。 
憤るでも落ち込むでもなく、 
切り替えようとすらせずに、 
ただその穴をちらりと見たのだ。 
いま自分の足がとられたのはあの穴か、と。 

その場面が何度もリプレイされるたび、 
ぼくはそれを確認してちょっとゾッとした。 
どういうレベルの冷静さだ、それは。 

羽生結弦は特別だと思う。 
スポーツ観戦が好きなぼくはたくさんの 
トップアスリートを見てきたけど、 
こんな人はちょっといないと思う。 

才能があって、練習し続けて、冷静で、リアルで、 
ちょっと変なところもそうとうあって、 
ぜんぶひっくるめてどうかというと、かっこいい。
 

かっこわるいことはなんてかっこいいんだろう、 
という使い古されたフレーズがある。 
でも、ほんとにそうなんだ。 
かっこわるいことって、なんてかっこいいんだろう。 

羽生結弦も、かっこわるくてかっこいい。 

彼は宣言する。彼はチャレンジする。彼は努力する。 
限界を超えようとのたうち回り、 
自分にキレたり、氷に話しかけたりする。 
周囲に聞こえるような独り言を言うし、 
失敗するし、顔色が変わるし、 
急にふにゃふにゃしたりする。
 

思えばそれってぜんぶ、 
自分にとってマイナスになることを 
背負い込みたくない人が 
絶対にやらないようにしようと 
慎重に避けていることだと思う。 

そういうことをぜんぶやるのが羽生結弦だ。 
立ち向かうのが羽生結弦だ。 
かっこいい。かっこわるい。かっこいい。 
このオリンピックもやっぱりかっこよかったな、と思う。 

羽生結弦の北京2022オリンピックは終わった。 
主人公の物語に続編があるのか、誰にもわからない。 
たぶん、本人にもわかっていないのだろう。 

でも、多くの人に愛されるアニメって、 
とうとう終わったと思っても、 
また続編が出たりするからね。

 
      



カッコわるいほどの一生懸命さで挑んで、


22 北京 FS cap 2


最後に一番大切なものをつかみ取った。


22 北京 フィニッシュ 1



終わってみればやはり羽生結弦はカッコよかった。

誰も奪えない記録を歴史に刻んで、北京オリンピックの真の勝者となりました。


22 北京 フィニッシュ 5




明日18:30からの羽生選手のインタビューはYouTube配信されるそうです。

何が語られるのか、楽しみでもあり、ちょっと怖くもあります。




22 北京 羽生結弦 記者会見

https://youtu.be/O1oMg-gRr-k

即、リマインダー・オンにしました。

視聴者数が凄いことになりそうですね。



羽生選手からの発表会見ではないそうです。
ちょっと安心しました。

世界中から集まったメディアのみなさん、このまま羽生選手の会見無しでは絶対満足できませんよね!
メダリストの会見場はガラガラに見えたけど。

また抽選になってしまうかも?



Newsweekも羽生結弦特集です。
2月15日発売


ニューズウイーク 目次




お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
キーワードはEmpathy
歴史に名を刻むことは金メダルよりも難しい
「4回転ハニュー」と呼ばせて
羽生選手はプラチナメダル
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 17:05|Permalink