出版物

2020年10月28日

ベスト3を選ぶとすれば




「羽生結弦の言葉」の中から3つを選ぶとしたら、随分迷ってしまいますよね。


111の言葉と125点の写真で構成された「羽生結弦の言葉」 を1ページ1ページ繰っていくと、
写真を見てはその当時を思い出し、言葉を読んではそれが発せられた時を思い起こし、
この本は言葉で振り返る羽生結弦の10年間の歴史になっているなと感じます。


どの言葉にも、どの写真にも思いが込められているので、その中から選ぶのはとても難しかったと思いますが、写真を提供した能登直さん*は3枚の写真を、編集を担当した宮川亮さんは3つの言葉を、それぞれ選んでくださっています。
(*平昌冬季五輪写真は田中宣明氏 、 ソチ冬季五輪写真は藤田孝夫氏より提供)


♦フォトグラファー 能登直氏コメント
このような書籍に写真提供という形で参加できたことを嬉しく思います。競技写真はもちろん、練習風景・ポートレートなどなど、たくさんの写真を2010年から遡って掲載していただきました。世の中がこんな状況だからこそ、結弦くんの言葉とともに写真を通して、前向きな気持ちになれる一冊になっていたら、制作に関わった者として非常に嬉しいです。


♦フォトグラファー・能登直氏が選ぶ3つの写真

羽生結弦の言葉 能登直 1

初めてポートレート撮影した2008年から、変わらずいい表情で撮らせてくれることが本当にありがたいです。


羽生結弦の言葉 能登直 2

ソチ五輪後のパレードでは沿道からの撮影でしたが、平昌五輪後は念願叶って、パレードカーに同乗できました。あれだけ多くの方に祝福を受ける結弦くんを、間近で撮影でき感無量でした。



羽生結弦の言葉 能登直 3

国民栄誉賞表彰式の当日、このような撮影の機会をいただきました。結弦くんの撮影を続けてきたことで、得難い
経験を数多くさせてもらってることに感謝です。



♦担当編集者 コメント
20代で五輪連覇と国民栄誉賞という偉業を達成した日本を代表するスーパースター。スケートの細かな技術のことは門外漢ですが、ケガで長期離脱後に金メダルを獲得した平昌五輪に代表されるように、スポーツ選手として羽生選手のメンタルの強さには心底、感心してきました。その発言からは大人の自分も得るものがたくさんあります。羽生選手の人間としての「凄み」が伝わってくる感動的な名言本です。フィギュアスケートファンはもちろん、中高生にも読んでほしい一冊です。


♦担当編集者が選ぶ3つの言葉

羽生結弦の言葉 宮川亮 1



羽生結弦の言葉 宮川亮 2



羽生結弦の言葉 宮川亮 3


どれも腹の底から出たと感じさせる、羽生選手のスポーツ選手としてのプライドと強さを感じさせる言葉です。負けがあるからこそ、勝ちがある。強い相手にこそ勝ちたいと思う。見た目とは裏腹な負けず嫌いでギラギラした感じが、私はとても好きです。



能登さんの選んだ3枚の写真、どれも素晴らしいですね。
特に和服の正装写真は、どんなトップモデルさんでもこれ以上は望めないほどの完璧な和装男子の美しさだと思います。


宮川さんの選んだ3つの言葉からは、表面の美しさや可愛さで普段は覆われている、アスリート羽生結弦の核のようなものが感じ取れます。


そこで僭越ながら、私も私のベスト3を選ぼうとチャレンジしてみました。

迷いに迷って、無理やり選んだのはこの3つです。


IMG_3032


年齢に関係なく、夢を追い続けることって大切ですね。
私も新たな課題に取り組んで、その実現のためにできる限りの努力をしなくてはと思わせてくれます。


IMG_3030

ファンとして、結弦くんがこんな風に考えていてくれることが嬉しくて。
これからも応援し続けようという気持ちが一層強くなります。


IMG_3029 (1)


心からスケートが好きだから、という気持ちはいつも結弦くんから感じています。
誰かに勝つためでなく、自分のプライドを守るためでなく、
大好きなスケート、大好きなジャンプを極めたいという結弦くんが大好きです。



皆さんもマイベスト3、選んでみませんか?



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 22:28|Permalink

嬉しい時も悲しい時も上を向く




昨日、もう1冊の「羽生結弦の言葉」を近くのセブンイレブンでピックアップしてきました。



FullSizeRender - 2020-10-27T203340.852


セブンネットショッピング特別仕様です。

書店で買ったものと2冊並べると、別々の本のようです。


IMG_3051



しかしカバーを外すと同じ表紙が現れます。

FullSizeRender - 2020-10-27T204945.839



表紙もポストカードも両方とも素敵で選べず、1冊は手元用、もう1冊は保存用にします。


FullSizeRender - 2020-10-27T234048.393




この表紙の写真、いいですね。大好きです。

能登さん、いい瞬間を捉えてくれます。


羽生結弦の言葉 表紙


昨年の全日本の時だと思われますが、涙をたたえたような眼差しです。

悲しい時も上を向く
嬉しい時も上を向く
涙がこぼれないように。

そうして羽生結弦は強くなりました。


私も嬉しい時は上を向き、悲しい時はもっと上を向くようにしたいと思います。


「羽生結弦の言葉」、ベッドサイドに置きます。




ところで、当たり前の事ですが、今季GPシリーズの記録は公認記録にはならないことが正式に発表されました。

東スポWeb より

今季GPシリーズの得点は非公認 選手のモチベーションに影響必至


国際スケート連盟(ISU)の広報担当者は26日、新型コロナウイルスの影響で変則開催となった今季のフィギュアのグランプリ(GP)シリーズについて、得点は世界歴代最高や自己ベストなどISUの公認記録に反映しないと明らかにした。  今季のGPシリーズ6大会は、出場者を地元選手や開催国に拠点を置く選手らに制限。そのため開催国のジャッジにばらつきが出ることが懸念されていたが、公平性を保つためにISUが決断を下した格好だ。これにより、24日まで行われていたGP第1戦のスケートアメリカ、男子ショートプログラムでネーサン・チェン(21=米国)が出した、自己ベストを上回る111・17点も非公認となる。  もともと全日本選手権や全米選手権などのローカル大会や、GPシリーズ前に各地で行われる下部大会の得点は非公認だったが、今季はGPシリーズも同等の扱い。すでに新型コロナウイルスの影響で第2戦のスケートカナダ、第4戦のフランス杯が中止。12月に中国で予定されていたファイナルも同時期の開催を取り止め、延期か中止の判断を先送りにしているように、シリーズそのものの価値は暴落している。今回の得点非公認の決定で、選手たちのモチベーション維持が心配されるところだ。
(東京スポーツ)


最早これをGPシリーズと呼ぶこと自体、無理があるし相応しくないと思います。
名前も変えて欲しいところです。

NHK杯は今のところ観客動員して実施するらしいですが、感染しても自己責任という前提らしいですから、決死の覚悟で観戦しなければなりません。

今更ながら、羽生選手がこういう事態を想定して、自分を守ると同時にファンをも守ろうとして、欠場と言う決断を早期に下してくれたことに感謝しかありません。

もし、NHK杯に羽生選手が出場していたら、ファンはどんな危険を冒してでも現地に行こうとすることは分かりきっているからです。

私もきっとその内の一人だったと思います。

ISUの正式決定によって、ようやく心穏やかに、出場する選手たちの今シーズンの成果を見せていただくことができそうです。


結弦くんは新SPの練習と4Aの研究に没頭しているのかな。
いつか観られるその日まで、楽しみに待っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 00:07|Permalink

2020年10月24日

羽生結弦の言葉と羽根のリップと




今日は朝8時05分からスケートアメリカのライブがあると知っていながら、
土曜日ということで、気のゆるみですっかりお寝坊してしまい、目覚めた時にはほぼ終わっていました。
つまり土曜日に早起きするための動機付けにはならなかったということかな。


結果はやはり想定通り、ネイサン・チェン選手がSP1位だったようですね。

ネイサン・チェンSP首位、羽生の世界最高得点肉薄
日刊スポーツ

18、19年世界選手権優勝のネーサン・チェン(21=米国)が111・17点の高得点で首位発進を決めた。ほぼ完璧な演技で、羽生結弦が2月の4大陸選手権で記録した世界最高得点111・82点に肉薄した。


まだ動画は観てないのですが、しかしある意味、アメリカ国内ジャッジだけの採点で、ほぼノーミスでも、羽生選手のバラード第1番の世界最高得点は超えられなかったということだと理解しました。



それよりもスケートアメリカでは、摂食障害に苦しんでいたグレイシー・ゴールド選手が復帰してくれたことが嬉しかったです。

グレーシー・ゴールド、摂食障害乗り越えGP復帰
日刊スポーツ

14年ソチ・オリンピック(五輪)団体戦銅メダルのグレーシー・ゴールド(25=米国)が、2季ぶりとなるグランプリ(GP)シリーズ復帰を果たした。

今大会に出場する選手の中で、1番手で登場。2WEIが歌う「Survivor」を使用したSPを披露した。冒頭のルッツ、後半のフリップがともに予定した3回転が2回転に。ステップなども慎重さを感じさせたが、演技を終えると引き締まった表情を見せた。得点は46・36点で12位だった。


順位は関係なく、チャレンジを続ける強さを取り戻してくれたことが嬉しい。
FSも頑張って欲しいです。




IMG_3020 (1)

今日は久しぶりにカラッと良く晴れた気持ちの良い日でしたね。
久しぶりにゆっくり外を歩いて、太陽の光を浴びてきました。


そして、前々から予約してあった羽根模様のケースに入ったリップセットをピックアップ。


FullSizeRender - 2020-10-24T195715.764


ミニサイズだけれど、カラーバリエーションがあって楽しいセットです。

IMG_3039 (1)


何よりもケースの羽根模様で気分が上がります。

白鳥のボックス入りでケースは羽根の模様入りとくれば、いやでも羽生結弦選手の
Notte Stellataを連想してしまいませんか?

クレドポー・ボーテもさりげなく羽生選手へのオマージュを捧げてくれたのかな、
なんて勝手に想像してしまいました。



続いて書店に寄って、念のためスポーツ関連書籍のコーナーをチェックすると、

ありました!


FullSizeRender - 2020-10-24T200346.676



発売日は26日ということでしたが、多くの書店ではもう店頭に並んでいるようですね。


255ページからなる、能登さんの写真を見ながら、羽生選手の言葉をかみ締められるという、
写真集でもありながら、名言集でもあるという、想像以上に読み応えのある内容です。

いくつか気に入ったページを。

IMG_3032



IMG_3030



IMG_3029 (1)



IMG_3027

元気をもらえる言葉がいっぱい!


本の最後には
<完全年表> 羽生結弦25年の歩み
があり、1994年の誕生から、2020年スーパースラム達成までの全記録を振り返ることができます。


それに加えて、ポストカードのおまけ付きという心遣いも嬉しいですね。

FullSizeRender - 2020-10-24T200634.438


いつも身近において、パッと開いたところを読むだけで気分転換になりそう。

本当に素敵な一冊です。



さて、明日というか、今晩の深夜から朝にかけては、
スケートアメリカ・女子・男子フリーのライブ放送があります。

10月25日(日)02:55~07:00 テレ朝Ch2
フィギュアスケート グランプリシリーズ アメリカ大会
女子・男子フリースケーティング


朝に弱い分、夜には強いので、今夜はできる限り観ようと思っています。
さすがに明朝7時までは無理ですが、
ネイサン・チェン選手のフリーは観ておきたいです。

結弦くんも夜更かしは平気みたいですから、必ず観てますよね。
一緒に観ている気分で観よう!



  最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 20:41|Permalink

2020年09月25日

プレゼントしたくなる本




みんなにプレゼントしたくなるような本です。


オリジナルポストカードまでついてきます。


羽生結弦の言葉 6



目次です。

羽生結弦の言葉 1


その言葉がいつ語られたかも記載されています。


羽生結弦の言葉 2



羽生結弦の言葉 3



羽生結弦の言葉 4



羽生結弦の言葉 5


どの言葉も記憶に残っています。


羽生結弦の言葉


能登さんの写真と結弦くんの言葉。

仙台コンビの素敵な本です。


誰にでもプレゼントしたくなってしまいます。


10月26日発売です。
ちょうど1か月後ですね。


羽生結弦の言葉 : 真っ暗だからこそ見える光がある
言葉:羽生結弦 写真:能登直
宝島社
2020-10-26



羽生結弦の最新オフィシャルブックは、“魂のメッセージ"の集大成!

シニアデビューした2010-11年シーズンから、初の四大陸選手権制覇を達成した2019-20年シーズンまで10シーズンの記憶と記録を凝縮、完全保存版の一冊!


「逆境は嫌いじゃない。弱いというのは強くなる可能性がある」
「自分が表現したいことは譲れない」
「誰に勝ちたいとかじゃなくて、己に勝ったうえで勝ちたい」
「目標は常に一緒ではなく、高くなっていく」
「プレッシャーは期待された時の『義務』。それをエネルギーにしたい」
「悔しさは僕にとって収穫でしかない」
「勝ち負けよりも、どれだけ成長できるか、どんな経験ができるか」
「守ることや捨てることは、いつでもできる」
「悔しいって言っていてもしょうがない。これからの1分1秒をどう過ごすか」
「真っ暗だからこそ見える光がある」


過去10シーズンにおける記者会見やインタビューから、「アスリート・羽生結弦」の思考や哲学、「人間・羽生結弦」の生きざまを象徴する言葉を厳選し、カメラマン能登直氏が撮影した印象的な写真とともに紹介。
人生に勇気を与えてくれる珠玉の言葉が満載。全国のファンからアスリート、そして勇気を授かりたい人まで。ぜひ読んでほしい名言+ビジュアルブックです。

 

たくさんの人に読んで欲しいですね!
発売日が楽しみです




昨夜は2011年のフレンズ・オン・アイスの放送があるのをすっかり忘れていて、途中で気が付いてどうにか羽生選手の『悲愴』と『ロミオとジュリエット』を観ることが出来ました。

2011年の8月に開催されたアイスショーですから、大震災から5か月しか経っていない時期で、まだアイスリンク仙台も閉鎖中で、このようなアイスショーで練習を重ねていたころになります。

アイスショーなのでユーモラスな演出の演技も見られましたが、、、、
でも羽生選手の演技はアイスショーでも試合のような真剣勝負の気迫が感じられました。


このようなアイスショーでの真剣な演技の積み重ねが、翌2012年のニースの世界選手権に繋がっていったのだなあと、感慨深く観ていました。


16歳の羽生選手はまだ子供のような笑顔が可愛いくて、でも、演技に入るとずっと大人っぽく見えました。




その姿が見えない時期でも、こうして毎日のように出版のニュースやテレビ放送があり、羽生選手の存在感をいつも身近に感じることができるのが嬉しいです。


明日の土曜日には「羽生結弦プログラムコンサート~Music with Wings~」の再放送があります。

テレ朝Ch2(CS)
9/26(土) よる6:30-よる9:00羽生結弦プログラムコンサート ~Music with Wings~


4歳でスケートをはじめて、大会で初めて披露した「ウルトラマンガイア」
全日本ジュニア、ジュニアグランプリファイナル、世界ジュニアと、ジュニアの全タイトルを獲得した「パガニーニの主題による狂詩曲」
羽生結弦の存在をアピールした2012年世界選手権「Romeo & Juliet」
平昌五輪金、66年ぶりの五輪2連覇「SEIMEI」
そして、羽生結弦の原点「Origin」

数々の名シーンと共に、貴重な映像と音楽で楽しめる新たなコンサート!
幼少期から現在に至るまでの羽生結弦選手のプログラムをフルオーケストラによる演奏でお届けします。

羽生選手の「音を纏う」瞬間とフルオーケストラの演奏が融合する感動のコンサートをもう一度お楽しみください!

※公演への羽生選手の出演はありません
テレ朝Ch2より)


プログラムコンサート

何度観ても(聴いても)素晴らしいコンサートです。

週末のお楽しみに



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング

スポンサーリンク



withgoldenwings at 07:03|Permalink

2020年09月18日

羽生結弦の言葉



秋になると出版、講座、トークショーなど、夏とはまた違ったイベントが増えてきますね。


羽生選手の新しい本が発売されるそうです。


ふわっとした能登さんらしい素敵な写真です。

サイズはA5版、10月26日(月)発売です。

羽生結弦の最新オフィシャルブックは“魂のメッセージ”の集大成!

 

 シニアデビューした2010-11年シーズンから、初の四大陸選手権制覇を達成した2019-20年シーズンまで10シーズンの記憶と記録を凝縮、完全保存版の一冊!

 

「逆境は嫌いじゃない。弱いというのは強くなる可能性がある」

「自分が表現したいことは譲れない」

「誰に勝ちたいとかじゃなくて、己に勝ったうえで勝ちたい」

「目標は常に一緒ではなく、高くなっていく」

「プレッシャーは期待された時の『義務』。それをエネルギーにしたい」

「悔しさは僕にとって収穫でしかない」

「勝ち負けよりも、どれだけ成長できるか、どんな経験ができるか」

「守ることや捨てることは、いつでもできる」

「悔しいって言っていてもしょうがない。これからの1分1秒をどう過ごすか」

「真っ暗だからこそ見える光がある」

 

過去10シーズンにおける記者会見やインタビューから、「アスリート・羽生結弦」の思考や哲学、「人間・羽生結弦」の生きざまを象徴する言葉を厳選し、カメラマン能登直氏が撮影した印象的な写真とともに紹介。人生に勇気を与えてくれる珠玉の言葉が満載。全国のファンからアスリート、そして勇気を授かりたい人まで。ぜひ読んでほしい名言+ビジュアルブックです。


宝島社H.P.より)


羽生選手の本、もう何冊目になるんだろう。

以前同じタイプの、「羽生結弦語録」という本がありました。

羽生結弦語録
羽生 結弦
ぴあ
2015-09-25


こちらはぴあ株式会社から発行されたもので、2015年10月1日発売でしたから、丁度5年前になりますね。写真はアフロ提供となっていました。

今回は能登さん撮影の写真なのも嬉しいです。
 




そして伊藤聡美さんのトークショーは、リアルとオンライン、両方で開催ということで、楽しみにしていたのですが、本日19時からの申し込みはあっという間に売り切れてになってしまいました。

伊藤聡美 トークショー


定員は何人だったのか分かりませんが、ズームなら普通のバージョンでも500人くらいは大丈夫のはずです。
次回は是非是非もっと多数の方が参加できる設定にして欲しいです。

できればズームウェビナーにしていただければ、1万人視聴可能ですから、希望者全員が参加できるのではないでしょうか。






今日18日はこれも能登さんのカレンダーの発売日です。

私はAmazonで予約済なのですが、届くのは21日(月)ということです。
楽しみです。





能登直 カレンダー 大1


能登直 カレンダー 大2









能登直 カレンダー 小3 index


能登直 カレンダー 小2



カレンダーが届くともう今年も終わりに近づいているなぁという感じが迫ってきますね。



明日19日には、ハゴロモのカレンダーも発売されます。



ハゴロモ カレンダー 大1_Fotor_Collage





ハゴロモ カレンダー 小1_Fotor_Collage

こちらは書店で確認してからにしようかなと思っています。

実はカレンダーって、特に大きなものはそんなに貼る場所もなく、最早コレクションです。


明日からは4連休になりますが、その最終日22日(火)には楽しみにしているテレビ放送があります。

10月22日(火)
JSPORT 4(BS) 22:30~24:30 
ISUグランプリファイナル 2015ハイライト


FullSizeRender (681)


FullSizeRender (656)
ハビもパトリックもいました。


2015 GPF 表彰式 決定版 (3)

あの感動をもう一度味わえますね


皆さま良き連休をお過ごしください。


 
最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング

スポンサーリンク



withgoldenwings at 22:57|Permalink