クワッド・アクセルの科学『羽生結弦 2021-2022』を受け取りに恵比寿へ

2022年08月03日

ロシアより*神から与えられたスケーター




ドーピング問題や戦争のために、フィギュアスケート大国といわれるロシアの選手は表舞台から姿を消してしまいました。

ロシアのスケーターやフィギュア関係者の皆さんは、結弦くんのプロアスリートへの方向転換をどのように受け止めているのでしょうか。

今日付けのNumberWEBの記事をご紹介したいと思います。



結弦の”決断”はフィギュア大国ロシアでどう受け止められたのか?

「神から与えられたスケ-ター」「ユヅルは気さくで親しみやすく…」

2022/08/03  栗田智

NumberWEB  1


「羽生結弦“引退”」のニュースは、ロシアでもすぐさまトップニュースとして報じられた。

 タス通信、RIAノーボスチなどの通信社、スポーツニュースサイトはもちろんのこと、国営テレビの第1チャンネル、RBKやコメルサントなどの経済紙系も速報として取り扱ったのは、外国人選手としてはなかなか異例のことだ。

 興味深かったのは、会見での羽生の言葉に触れながら、競技から引退はするものの4回転半を含めて自分自身への挑戦はこれからも続けることなど、彼の意に寄り添うような丁寧な報じ方をしていたことだ。これは五輪連覇など数々の偉業を成し遂げた者、長い競技人生を終える決断をした者への敬意の表れだろう。

NumberWEB  2



プルシェンコ「活躍を祈ります、わが友ユヅルさん」
 

ファンはもちろん、フィギュアスケート関係者からも続々と反応が寄せられた。

 ロシアフィギュア界の重鎮タチアナ・タラソワは、「彼が競技生活を終えることをさびしく思います。優れた選手こそが大会を華やかに飾ることができるからです」と第一線を退くことを惜しみつつも、「彼がたどったすばらしい道のりを私たちが目にすることができたことにありがとうと言いたいです。彼には最高のプログラム、記録、ジャンプ、スケーティングのすべてがありました。羽生結弦は偉大な個性の持ち主です、間違いなく」と賛辞の言葉を贈った。

18 ロステレ タラソワ


そして、プロのスケーターとしての新たな出発に際して、「私は彼のことが大好きです。これまでも、そしてこれからも。彼が手がけるショーをぜひ見たいと思います。彼自身がそうであるように、別の惑星から来たような信じられないほど素敵なショーになることでしょう」と祝福した。

 羽生にとって少年時代から憧れの存在であった“皇帝”エフゲニー・プルシェンコは、自身のInstagramで、共演したアイスショーでの動画とともにコメントを残している。

「今日、良き友人であり、フィギュアスケート史上最大のスターである傑出したスケート選手、羽生結弦が引退を発表したことを知りました。彼がフィギュアスケートのためにしてきたすべてのことに感謝しています。プロとしてのキャリアが最高のものになること、そしてさまざまなショーで世界中の人々を喜ばせてくれることを心から願っています。今後の活躍を祈ります、わが友ユヅルさん」

18-4-15 Continues_Fotor_Fotor



”ユヅロス”から早くも競技復帰を望む声も


振付師でありアイスショーのプロデューサーでもあるイリヤ・アベルブフは、羽生を「神から与えられたスケーター」と称えた。

「羽生結弦は時代や民族の枠を超えて優れた選手です。彼の名はフィギュアスケートの黄金の殿堂に刻まれました。彼は限界を押し広げ、美を発展させ、フィギュアスケートを新たな高みへと昇華させることに多大な貢献をしました。ヤグディンとプルシェンコに続き、男子フィギュアをまったく別のレベルに引き上げる人物です」

NumberWEB  3


今後については、「彼は日本だけでなく世界で絶対的なアイドルです。今後何年にもわたってあらゆるアイスショーで需要があるでしょう。しかし、彼は挑戦を諦めることをしませんから、もしかしたら30歳を超えてもなお、また五輪に戻りたいと思うかもしれません。ただ、今は競技から離れて、何か別のことに挑戦しようとしているのでしょう」との見方も示した。

 アベルブフに限らず、“ユヅロス”から早くも復帰を望む声は、実はそこかしこで上がっている。アイスダンス選手でソチ五輪団体金メダルのドミトリー・ソロビヨフも、「羽生の決断はファンにとってある種の心の傷になるでしょう。彼の演技は多くの人の記憶に残ります。今後プロとして何年も私たちを喜ばせ、世界中を回ってくれることを願っています。しかし、きっと彼は競技の舞台が恋しくなると思いますよ」と話している。


羽生が「コオオオフたああああん!」と叫んでハグを…

世界選手権に5度の出場を果たし、2019年に引退したマキシム・コフトゥンは、大会でのエピソードを交えてこう回想している。

「ユヅルと世界の舞台で戦うことができたことは光栄なことです。かけがえのないすばらしい経験でした。大会で会うといつもうれしそうにしてくれて、気さくで親しみやすい人でした。いつだったか通路ですれちがうとき、彼は『コオオオフたああああん!』とおかしな叫び声を上げて走ってきてハグをしたのを覚えています。演技後はいつもファンが数えきれないくらいのぬいぐるみを投げ入れましたね。リンクが見えなくなるほどでした。そしてスタンディングオベーション」

NumberWEB  4


そして、「ユヅルはフィギュアスケートを変えました。心の底からそう言えます。彼は真のレジェンドであり、他に言葉はいりません」と賞賛した。


ザギトワは慣れない日本語で「頑張れよ。伝説」


「легенда(レジェンド、伝説)」は、ロシアでも同様に、優れた功績を残した偉大な人物を表す言葉だ。ロシアの若手選手たちも羽生のことをこぞって「レジェンド」と呼んでいる。

 2018年平昌五輪の女子シングル銀メダリストとして知られるエフゲニア・メドベデワは自身のInstagramで、2016年GPファイナル、エキシビションのフィナーレでの画像とともに、「引退おめでとう、レジェンド」とのコメントを残している。

16 GPF ex メドベ 1 (2)_Fotor



羽生と同じく平昌で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワは、2人で撮った同五輪でのセルフィーとともに、日本語で「頑張れよ。伝説」(翻訳の問題か、やや上から目線なのはご愛嬌)、さらに2022年北京五輪の金メダリストであるアンナ・シェルバコワは「真のレジェンド」、アリョーナ・コストルナヤは「グッドラック、レジェンド」とのメッセージを贈り、新たな旅立ちに声援を送っている。


18-2-25 EX  finale 11

 
 彼女たちの言葉通り、羽生結弦はまさにレジェンドであり、後世に永く語り継がれる選手だ。フィギュアスケート大国のロシアでも愛され、リスペクトされていることが、多くの関係者の反応から窺える。そして誰もが、伝説の第二幕を心待ちにしている。(完)


結弦くんが自分のスケートのルーツとまで言っていたロシアフィギュアスケート界は、戦争のためにスケーター達は外国での大会にもアイスショーにも参加できない状態にあります。
いくら練習に励んでも、その成果を世界に発表して観てもらえる場所が無いのはどんなにつらいことでしょう。


文化も芸術もスポーツも、平和あってこそのもの。

日本も77年前の8月15日まで戦火の中にありました。
そのことをイヤでも思い出さずにはいられない8月です。


人類最大の犯罪は戦争といいます。
どうか一日も早く、今も続く戦争が終結しますように。


お読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
FaOI静岡 現役最後のインタビュー
ISUを相対化する夢
2冊のフィギュアスケート写真集


スポンサーリンク




withgoldenwings at 23:11│羽生結弦 | 雑誌記事
クワッド・アクセルの科学『羽生結弦 2021-2022』を受け取りに恵比寿へ