ジェフリー・バトルさんインタビュークライマックスは『ダムパリ』だった

2022年06月29日

羽生結弦エロス説



ギリシャ神話では、エロスは美と愛の女神アフロディーテの子であり、

あらゆるものを結合する力を擬人化したものとされています。


アフロディーテとエロス エルミタージュ
(アフロディーテとエロス:エルミタージュ美術館)




エロスとは普通には恋愛、性愛の意味であるが、プラトンは肉欲から始まり、愛の上昇の種々の段階を説き、

最高の純粋な愛は美のイデアに対するあこがれであるとし、

エロスは真善美に到達しようとする哲学的衝動を意味する

と説く。

フロイトの精神分析では生の本能(リビドー)を指す。

(広辞苑より)



「美のイデアに対するあこがれ」 
「真善美に到達しようとする哲学的衝動」


これは正にそのまま羽生結弦の生き方ではありませんか。



ギリシャ神話のエロスは、ローマ神話ではキューピッドにあたります。


背中に羽を持ち、弓矢を持っています。(それって羽生結弦の名前でしょ!)



Angelo  La primavera
(ボッティチェリ「春」より)



キューピッドはいたずらっ子なので、所かまわず矢を放ち、射貫かれた人を恋に陥らせます。



FaOI 2022 名古屋フィナーレ



 
FaOI 名古屋 最終日 2




だからやっぱり羽生結弦はエロスの化身と言えるでしょ?


83517E76-7B29-47A4-8B1F-32B879ED827E


エロチックではなく、エロチック。
この「ス」が大切なのです。



お読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
カタルシス
夜明けのダムパリ
目が覚めたら全部夢だったのかなって
Vincero-僕は勝つよ

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 18:56│羽生結弦 
ジェフリー・バトルさんインタビュークライマックスは『ダムパリ』だった