カタルシス羽生結弦エロス説

2022年06月28日

ジェフリー・バトルさんインタビュー





ファンタジー・オン・アイスAツアーの写真が満載の『KISS & CRY』が届きました。




まだ全部を読めてはいないのですが、ジェフリー・バトルさんのインタビューだけは真っ先に読みました。

その中で初めて知ったことがありました。

意外にも、ファンタジー・オン・アイスのオープニングとフィナーレの振付は、最初はデイヴィッド・ウィルソンさんが担当する予定だったそうです。

ところが、ウィルソンさんが出発直前に新型コロナウィルスの陽性反応が出てしまい、来日不可能となり、急遽バトルさんにその役割が託されたということです。



日本に行くまでの短期間に振り付けのアイデアを出し、幕張公演の前の火曜日に到着して、直ぐにリハーサルに臨んだということです。

火曜日に到着して金曜日に本番でも、あんなに素敵な「午後のパレード」や「ロマンスの神様」を仕上げられるバトルさんも、そしてそれをこなしてしまうスケーターの皆さんの力量も凄いです。



FaOI 2022 幕張 オープニング 3 デイリー


幕張初日 毎日新聞 1




Bツアーのオープニング「略奪」、フィナーレの「You raise me up / Nessun dorma」もとても魅惑的でした。

E50D1BCF-CC9E-4D79-BBE7-C760736968D7




でも、こんなのは多分、結弦くんの自主振り付けなのでしょうけれどね。

B42A2ED1-A64B-45F0-B0E6-64647F6E2C32



そういえば、こんなこともありましたね。

羽生脱ぎ

コンセプト的には同じものを感じませんか(笑)。

お家では普通にこういうことしていそうな感じ。
セクシーというよりもいたずらワンコみたいな感じで可愛い!



しかし最後はピシッと決まります。

FaOI 静岡 フィニッシュ



ジェフリー・バトルさんが重責を担っていることが分かると同時に、もしもウィルソンさんが来日できていたら、オープニングとフィナーレ、そして羽生選手の『レゾン』と『ダムパリ』という、デイヴィッド・ウィルソン版ファンタジー・オン・アイスはどんなだっただろうという好奇心も湧いてきます。


いつかデイヴィッド・ウィルソンさん振付けによるファンタジー・オン・アイスも観たいなと思いました。



そして、多くのトップ選手を見てきたバトルさんが感じる羽生選手の特別なところは?
という質問には、こう答えていました。

「彼はここぞという時に、必要なパフォーマンスを見せることができる。
そして氷の上では、観客の前でエネルギーをはじけさせる。まるで彼はパフォーマンスをするために生まれてきたかのようです」。


79EA9BCD-6DAF-407B-9FE8-243CF64A4D3C



それは今回のファンタジー・オン・アイスでもしっかり発揮されていました。

来シーズンのプログラムについてはまだ未定ということですが、次に来るプログラムがどんなものになるのか、本当に楽しみでなりません。





ショーの最後のサプライズだった結弦くんの『ノートルダム・ド・パリ』を、
美しい歌声でサポートしてくださった新妻聖子さんが、instagramに素晴らしいコメントを寄せてくださっています。


たった一人で広いリンクに立つスケーターを歌声で鼓舞してくれるような新妻さんの優しさを感じました。本当に感動しました。

正直なところ、新島さんの存在は今回初めて知ったのですが、すっかりファンになってしまいました。
本当にありがとうございました。

ファンタジー・オン・アイスは、私にとっては知らなかったアーティストを新発見する場所にもなっています。
これからもどんなアーティストとの出会いがあるのか、それもファンタジー・オン・アイスの楽しみの一つです。



お読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
カタルシス
夜明けのダムパリ
目が覚めたら全部夢だったのかなって
Vincero-僕は勝つよ

 スポンサーリンク




withgoldenwings at 23:52│羽生結弦 | インタビュー
カタルシス羽生結弦エロス説