青い鳥、青い空、青い翼、そして蒼い炎消えた「羽生結弦」

2022年01月15日

二人の王者*内村航平と羽生結弦



昨日の内村航平選手の引退会見を見ました。


3歳から体操を始めて30年間、輝かしい記録を残し、33歳で一旦競技者という立場は離れますが、内村選手はこれからも体操界に多大な影響を与え続けるだろうなという、未来に向かって新しいスタートを宣言する場にもなっていたように感じました。


内村選手は羽生選手より6歳年上ですが、二人ともにオリンピック2連覇したことも共通で、夏の王者と冬の王者として、ペアで語られることもしばしばありました。


ビッグスポーツ賞 21 (2)




引退会見で語られた言葉はとても説得力があり、羽生選手にも共通するものがありました。




かなり長い会見の記録ですが、特に最後の部分で羽生選手に言及しているところです。


 (後輩たちには)体操だけうまくても駄目だよというのは伝えたいですね。人間性が伴っていないと。僕が若い時は競技だけ強ければいいと思ってやってきたんですけど、結果を残していく中で、やっぱり人間性が伴っていないと誰からも尊敬されないし、発言に重みがないというか。僕は小さい時からずっと父親に、『体操選手である前に一人の人間としてちゃんとしていないと駄目だ』と言われ続けて、その意味がようやく分かった。

 大谷翔平君もそうですし、羽生結弦君も、やっぱり人間としての考え方が素晴らしいなと思うから国民の方から支持されて、結果も伴っている。そういうアスリートが本物なのかなと思っているので。そういう高い人間性を持った一人の人間に、体操選手としてあってほしいと思いますね。結果を残すのは当然だと思っているので。

5B87C66B-6DAA-478F-8261-1D7D75F23D54


体操に関してはいろいろあります。美しさとか、着地の大切さとか、6種目やってこそ体操だとか。僕が残してきたことを受け継いでほしいのはありますけど、結果を残してきた身としては、人間性に重きを置いてほしいというのはあります


結果を誰よりも残してきた内村選手だけに、「体操だけ上手くても駄目だよ」という言葉に重みがあります。羽生選手についても、人間としての考え方が素晴らしいから支持されているし、結果も伴っているんだと言及してくれました。

そして演技に美しさを求めるという点においても内村選手と羽生選手は共通していました。
同じ時代に、夏の王者と冬の王者を見られた私たちは本当に幸せだったなぁと感慨に浸ってしまいました。

競技者としての引退はひとつの区切りということで、これからも日本の体操界で活躍を続けてくれることは疑う余地が無いくらい確実なことと思っています。


ひとまずはお疲れさまでした。

そして、これからはまた違う形での活躍を見せていただけると期待しています。



内村航平 引退会見




羽生選手は、今北京オリンピックが始まろうとしている時期に内村選手の引退会見を見て、思うところは多いと思います。

私は羽生選手が北京オリンピックでどういう結果を残すとしても、これで終わりとは全然思っていなくて、「今が一番上手い羽生結弦」と自ら言えるほど絶好調の羽生選手は、もうしばらくは現役を続けてくれると思っています。


どうか北京オリンピックで自身が思い描くスケートができますように。





フィギュアスケートマガジンとフィギュアスケーターズの表紙がきましたね。







どちらもマストバイです。


そしてこん今夜はこれからアナザーストーリーという楽しみが待っています。



未公開素材もあるという特別編、もうすぐ始まりますね!

そろそろテレビの前でスタンバイです。



  お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
フィギュアスケート通信
ANA羽生結弦選手オフィシャルグッズ!
永遠のキング☆内村航平
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 23:24│羽生結弦 | 内村航平
青い鳥、青い空、青い翼、そして蒼い炎消えた「羽生結弦」