3連覇と4A、どちらもイコールだと思っています全米男子FS結果と動画

2022年01月09日

全米男子SP結果と動画




皆さまこんにちは。

戦いに勝つには、敵を知ることが一番大事だと言いますね。

そんな理由で、早朝の全米フィギュア男子シングルを観ました。


こちらは、日本時間で早朝に行われた全米フィギュアの男子SPの結果です。

22 全米フィギュア SP結果

なにやら凄い点数になっています。

アメリカお得意の爆盛りですね。どうしてこのような点数が付けられるのか、私には理解できませんが、動画を見て確認してみましょう。


1位 ネイサン・チェン選手 115.39点




22 全米フィギュア SP ネイサン


私にはジャンプジャンプ以外は取り立てて特徴のない演技と感じられました。
どうしても器械体操みが感じられてしまって・・・。


2位 ヴィンセント・ジョー選手 112.78点




22 全米フィギュア SP ヴィンセント


今シーズンのヴィンセント・ジョー選手調子よさそうです。
ことによったらネイサン選手を越えてくる可能性すらあるのではないでしょうか。


3位 イリヤ・マリニン選手 103.46点




22 全米フィギュア SP イリヤ


初めて見た選手だなと思ったら、今シーズンシニアデビューしたばかりの17歳です。
デビュー戦でSP3位とは快挙ですね。

どことなくアメリカっぽくない滑りに感じましたが、お名前からするとロシア系なのかもしれません。
ともかく足がとても長いのが目立ちました。

過去にはSEIMEIそっくりの衣装で滑っていたところを見ると、ひょっとして熱烈な結弦ファンなのかも。⇒  https://youtu.be/rQj40f2dSCo

初々しさ満載で、アメリカフィギュア界の新風という感じを受けました。
フリーでも注目したいです。



4位 ジェイソン・ブラウン選手 100.84点



22 全米フィギュア SP ジェイソン


4回転を一つも跳ばななくても100点越えする素晴らしいスケーティングは観ていて気持ちよくなります。
もしもジェイソン選手が4回転を跳べたらなら、結弦くんの最も手強いライバルになるでしょうね。
PCSは1番高く49.15です。


爆盛り点数は無視するとしても、いずれにせよこのような選手たちとの戦いになることは確かなので、結弦くんもしっかり対策を立ててくると思います。



最後にわれらが羽生結弦選手の全日本フィギュアでのSPを観ておきましょう。




21 全日本 SP プロトコル
全日本では111.31点となっていますが、アメリカ基準で採点したら120点越えになるのではないでしょうか。
リンクが一瞬で劇場と化してしまいます。

平昌オリンピック後のアナザーストーリーでの、ディック・バトンさんの言葉を思い出します。

「私の評価基準は演技がちゃんと劇場になっているかどうか、それだけだ。
独創的でお客を呼べる劇場にね。


羽生結弦の演技はそういう意味では最高だ。
皆をうっとりさせる。満員御礼間違い無しだね。

ユヅルはどこかで見たような演技はしない。
いま見逃すと二度と見られないような演技、それだけが価値があるんだ。

みんな同じような演技じゃ、点数だけで感動は無い。


用は点数を超越した感動を与えられるかどうかだ。

ユヅルにはできる。

オリンピックの前に怪我があったけど、彼が戻ってくことだけを願っていた。

本物のスケーターをね。」





全米フィギュア男子FSは、
明日早朝02:15~06:30です。
JSPORTS 4(CS)でライブ放送があります。


SPは今日午後17:00~21:00に再放送があります。


SP上位選手の日本語解説付きのダイジェストもJSPORTS 4から上がってきています。






「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
by 孫氏


21 全日本 SP 日刊


結弦くん。全米をじっくり観戦して、最高の勝ち戦略を構築してください!



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
3連覇と4A、どちらもイコールだと思っています
エブリィとNumber1043号
フォトグラファーたちの想い

 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 15:26│羽生結弦 | 北京冬季オリンピック
3連覇と4A、どちらもイコールだと思っています全米男子FS結果と動画