全日本前、最後の週末羽生君しか超えられない

2021年12月19日

光満ちる仙台




18日午後6時に点灯された、仙台光のページェント。

結弦くんも観たかな。


【動画】冬の仙台に光降り注ぐ ページェント開幕

開幕した光のページェント

 仙台市の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」(実行委員会主催)が18日、青葉区の定禅寺通で開幕した。新型コロナウイルス対策のため、昨年に続き点灯式はなく静かな幕開けとなったが、ケヤキ並木に出現した光の回廊が師走の杜の都を温かく包んだ。31日まで。

 午後6時、112本のケヤキに取り付けた約42万個の発光ダイオード(LED)電球が一斉に輝き、カメラやスマートフォンを手に点灯の瞬間を待ちわびた見物客から歓声が上がった。

 点灯会場は一番町四丁目商店街入り口付近―せんだいメディアテーク西側交差点の約480メートル。点灯時間は平日午後7~10時、土日午後6~10時、大みそか午後7時~元日午前0時。

 今年は中央緑道を2年ぶりに開放した。密集を避けるため入り口は西側に限定し、四丁目商店街入り口付近―晩翠通は東進のみの通行で、写真撮影の自粛を求める。サンタパレードなどの恒例行事は中止する。

開幕とともに光のトンネルを楽しむ大勢の市民ら=18日午後6時ごろ、仙台市青葉区の定禅寺通

七北田公園は青い光でライトアップ。


噴水も樹木も青に染まる 仙台・七北田公園でライトアップ

医療従事者への謝意を示す青色にライトアップされた並木と噴水=11日午後5時50分ごろ

 新型コロナウイルス対応の最前線で奮闘する医療従事者に感謝の気持ちを伝えようと、仙台市泉区の七北田公園で園内の樹木や噴水を青くライトアップする取り組みが11日、始まった。午後5~9時。26日まで。

 園内にある泉が池周辺の高さ約30メートルのメタセコイア10本が青色のライト20基で照らされた。七北田公園都市緑化ホールの相沢経利館長は「医療従事者の方はご家族も含め、昨年から苦労されている。みんなで感謝の思いを持ち続けたい」と話した。

 青は英国で医療を象徴する色。コロナ禍が続く中、ロンドンで始まったライトアップが世界各国に広がった。

今、仙台は光に溢れているようです。


20日(月)からは仙台駅構内に羽生結弦選手の応援ビジュアルも登場します。



そしてもうすぐ、結弦くん自身が光となって、私たちに降り注ぐ時が来るでしょう。



光って 1


光って 2

その日を待ちわびて。



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

【最近の記事】
全日本前、最後の週末
3次抽選結果と報道写真展
光希くんのロミオとジュリエット
 
スポンサーリンク





withgoldenwings at 00:04│羽生結弦 | 仙台関連
全日本前、最後の週末羽生君しか超えられない