友野選手ノーミスSP首位発進!不在が示す存在感

2021年11月27日

全日本エントリー!そして友野選手銅メダルおめでとう!





こちらは、先程終わったロステレコム杯男子シングルFSの結果です。

21 ロステレコム FS結果

友野選手は5位となり、総合では銅メダルを獲得しました。


21 ロステレコム 総合結果





21 ロステコム プロトコル 友野

最初の4T-3T素晴らしく綺麗でした。GOE+2.58ついています。

後半ジャンプの乱れがあり、5位という結果でしたが、総合では銅メダルです。

2018年は優勝・羽生結弦、2位・モリス・クヴィテラシヴィリ、3位・友野一希でした。
今年は優勝・モリス・クヴィテラシヴィリ、2位・ミハイル・コリヤダ、3位・友野一希でした。
今回の表彰台に羽生選手がいないのが本当に寂しく感じました。

全選手のプロトコルはこちらです。


「メダルが取れてうれしいが、悔しい気持ちはある。前回と違って、表彰台に乗れて悔しいという気持ちがあることに自分の中でびっくりしている」

「次の全日本はこの悔しさをバネに頑張りたい。今大会で次のレベルに踏み出せた気がするので、また一歩一歩、本当に僕は一歩一歩なので、全日本に向けて一つ一つ成長していければいいなというふうに思う」



田中刑事選手はSP10位から調子を戻せず、FS10位も10位となり、総合では9位となりました。
でも前を向いています。

「SPの出遅れは過ぎてしまったことで戻せないので、できなかった部分をやろうと思って滑った。(11月に27歳の誕生日を迎え)ベテランになるとは思うが、まだまだいろいろな曲を滑りたい。いろいろな表現もしていきたい。まだまだ不完全だが、しっかりと自分の滑りたいイメージを持ってシーズン中に成し遂げたいと思う」。

「(GPシリーズは)調子を上げきれないままの演技。帰ってから失敗した部分を練習したい。まだまだ、たくさんの課題がある。やりきったと思えるくらい練習して全日本選手権の会場に向かいたい」。


男女フリーは、明日11月28日(日)10:00からテレ朝系地上波で放送されます。





一方、今日は全日本選手権のエントリーが発表され 、そこに羽生結弦の名前がありましたね!    

21 全日本エントリー

名前があるだけで気分が上がります。

でもどうか無理しないで、完全治癒を条件に、出場してくれたらいいなと思います。

19 全日本


こんな光景がまたみられると嬉しいですね。(2019年全日本)




今回のロステレコムでは、そこにいたはずの結弦くんの応援をして、多くのファンが結弦くんのバナーを持参してくれたようです。


21 ロステレコム ユヅ 1



21 ロステレコム杯 ユヅ 2


世界が結弦くんを応援し、その帰還を待っているのです。

結弦くんを想う気持ちは世界共通ですね。


20 全日本 天と地と 3


一日も早い王の帰還を待っています!



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 23:32│羽生結弦 | 全日本選手権
友野選手ノーミスSP首位発進!不在が示す存在感