紫オリジンさま*声のブログ最終回チケット色々

2021年10月14日

奇跡的!NHK杯チケット





いや~驚きました。

何がって、
なんとNHK杯チケット当選したんです!

一日分でもいいから、どうか当たりますように!と、願いを込めて抽選に申し込みはしたものの、
心のなかでは、「絶対当りっこないだろうな」と思っていたのです。


それが、恐る恐るメールを確認したところ、なんと2日分も当選していたのです!!


6CA6C58B-91D1-414A-A9AC-DC07BCFA4E01

D32297B6-D419-4114-BC6F-A1782F9EAAE4

595FB25D-6032-47EF-B28C-0D2B5C453DAF



11月12日(金)SPの日と、11月14日(日)エキシビションです。

流石に13日(土)のFSは外れてしまいましたが、今回は一番見たかったのが、SPの初戦だったので大満足です。

くじ運がよかったことなんか、今まで全くなかったのに、今回はどういう風の吹き回しか、
はたまた女神さまの気まぐれか、当選したのです!

跳び上がって喜んでしまいました!



もう、代々木第1体育館の入り口の石垣を通って会場入りする羽生選手のイメージが頭の中をグルグルしています。

17 国別 fs  代々木 1


17 国別 fs 代々木


17 国別 代々木入場 1


17 国別 代々木入場 3






未だに発表されていないショートプログラムはどんな曲なんだろう?
ピアノ曲? だったら嬉しいな。
衣装は?
構成は?
振り付けは?
と、妄想が膨らみます。



今回はまだ第1次抽選なので、今回当選しなかった方も、まだまだ可能性があります。
くじ運全く無しの私でも当選したのですから、最後まであきらめないでチャレンジしてくださいね。
どうか希望する皆さまにチケットが行き渡りますように。




every取材班による、『 共に、前へ 羽生結弦 東日本大震災10年の記憶』の表紙が出ました。


共に、前へ 羽生結弦 東日本大震災10年の記憶
日本テレビ「news every.」取材班
祥伝社
2021-10-30



あの夜、真っ暗な空に輝く星を見上げていた結弦くんの姿を思わせる写真が表紙です。


被災地 3月番組 33



出版社からのコメント

【「はじめに」より抜粋】
2014年のソチ、2018年の平昌と、フィギュアスケート男子シングルでオリンピックを連覇した羽生結弦選手。
本書は、日本テレビの報道番組「news every.」で2011年から10年間、羽生選手と震災との関わりをテーマに取材してきた記録をまとめたものである。
震災と向き合い、その記憶を伝えていく。羽生選手がそう思えるようになるまでの様々な葛藤を、私たちは見てきた。

地震の瞬間、感じた恐怖。
自らの幸運に抱いた、後ろめたさ。
震災について語りたくないと思ったこともあった。
オリンピックの金メダルに無力感もあった。
一方で、震災を通じて人の温もりにも触れた。

仙台で震災にあった当時16歳の少年、羽生結弦は、何を思い、感じ、そして被災地の人々とどのように向き合ってきたのか。被災地の人々は羽生にどんな思いを伝えたのか。
2011年3月11日――東日本大震災を語り継いでいくために、羽生選手の記憶を記録として残し、後世に伝えていきたいと思っている。


日本テレビ「news every.」取材班

結弦くんが、最初は被災地代表という立場に違和感を感じていたところから、オリンピック金メダリストとして、逆に自分の知名度、影響力を被災地のために使おうと考えるまでには様々な葛藤があったと思います。

しかし、敢えて被災地代表という立場を引き受けたところに、この先もずっと被災地と寄り添って行くんだという、結弦くんの故郷東北への愛を感じます。

これはもう絶対に買うべき本だと思いました。





オリンピックは、もし結弦くんが北京に行くのならば3回目の出場となります。

実力から考えれば、3連覇は十分考えられることです。

北京オリンピックの公式YouTubeチャンネルに子供たちからのエールを集めた動画がありますが、
この冒頭に連続して出てくるのは、

「羽生結弦選手頑張れ!北京にようこそ!」





今世界一高得点を取れるとされているアメリカの選手の名は一切出てこないですね。

中国でも大人気の羽生選手ですから、どうしても北京に来てほしいという気持ちが伝わってきます。



何かと軋轢の生じやすい日中ですが、一人でも知っている人、好きな人がいると、その国が印象が好転します。
中国と世界の子供たちの心に「羽生結弦」の名と姿が刻まれますように。

単に有名フィギュアスケーターというだけでなく、最早国際的存在であり、社会的存在としての「羽生結弦」という側面がどんどん大きくなって行く感があります。


今シーズンが結弦くんにとって素晴らしいシーズンとなりますように。

その第1戦となるNHK杯で結弦くんの思い描く演技が全うされますように。



そして女神様、NHK杯チケット当てていただきありがとうございました



お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 19:15│羽生結弦 | NHK杯
紫オリジンさま*声のブログ最終回チケット色々