ソチ2014の優勝は何処に行った?ヒノキの香りに癒されて

2021年09月02日

ISUとJSF




今朝、もう一度羽生選手のCompetition Results を確認してみると、
2014年オリンピック第1位という1行が加えられていました。 

ISU competition results  Yuzuru Hanyu 訂正


世界中のスケートファンがこのことを取り上げて抗議してくれたおかげだと思います。

誰も気づかずにいたら、ISUが自発的に訂正することはきっとなかった気がします。

私も、今日になってもまだ訂正されていなかったら、日本スケート連盟に電話しようと思っていました。
何はともあれ、訂正されてよかったです。



その日本スケート連盟から、昨日付で新しいエンブレムの発表がありました。

新しいエンブレムは、漢字の「氷」のようにも見えるグッドデザインだとは思いますが、
こんなことに時間とお金とエネルギーをかけるよりも、スケ連としてもっと重要なやるべきことがあるのではないかな、と思う感はあるのですが。


つきよみさんが羽生選手の登場ポイントを教えてくれています。

動画はこちらです⇓ 
https://youtu.be/nUX_vE2ThJ4

会長の挨拶が長すぎて…。 羽生選手の画像だけ。

JSF  エンブレム 1


JSF  エンブレム 2


JSF  エンブレム 3


JSF  エンブレム 4



そしてこちらも昨日発表されていました。
JOC杯の受賞者表彰式も2年開催されていなかったのですね。




いつもながらですが、日本スケート連盟の中ではスピードスケートが優先されていますね。

貢献しているのは圧倒的にフィギュアスケートなのになぜ?と、いつも思います。

アルファベット順にしてもF→S の順番なのに。




21 JOC  1


21 JOC  5


21 JOC  6


21 JOC  4

連続受賞おめでとうございます。



JSF  HPより 1



JSF  HPより 2

JSFホームページの圧倒的に美しい羽生選手。


JSFさん、技術力、演技力、思考力、美しさを兼ね備えた、奇跡のように素晴らしい選手が日本にいることの有難さに早く気づいてくださいね。


他の誰に期待しようとも、羽生選手を超えるスケーターは2度と現れませんよ!




お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 11:35│羽生結弦 | 日本スケート連盟
ソチ2014の優勝は何処に行った?ヒノキの香りに癒されて