DREAM on Ice!スターズ・オン・アイス特集号

2021年05月27日

『バラ1』も『SEIMEI 』もDOIから始まった




2014年のDOIで初披露されたのが『バラード第1番』

そして2015年のDOIで初披露されたのが『SEIMEI』でした。

二つのプログラムは、その後の羽生結弦の歴史を創ったととも言えると思います、


◆ドリーム・オン・アイス 2014 『バラード第1番』





ドリーム・オン・アイス 2015 『SEIMEI』

  ,br>



この二つのプログラムで、2015年のNHK杯で世界最高得点を更新し、フリーで史上初の200点超え、総合得点でも史上初の300点超えで、初めて300点の壁を破ったのでした。


NHK2015 SEIMEI キスクラ 6_Fotor



そして2週間後のバルセロナGPFでは,、再びSP、FS、総合得点の全てで世界最高得点を更新。

GPF2015 kisscry 20


ドリーム・オン・アイスから始まった『バラード第1番』と『SEIMEI』の歴史は、そのまま羽生結弦の歴史となったのです。


そんなことを考えながら、今度のDOIではどんなプログラムが披露されるのか、そしてそれがどんな風に進化を遂げて行くのか、まだ見ぬうちから想像ばかりが膨らんでいきます。


『Let Me Entertain You』もとても素敵だったけれど、新シーズンのプログラムは、やはり羽生選手しか表現できない繊細さと優雅さで、ピアノ曲のプログラムを滑ってほしいと期待してしまいます。

もしもショパンなら、『革命のエチュード』か『英雄ポロネーズ』希望です!


はたしてどんなサプライズが待っているのか、7月が待ち遠しいですね。

チケットはもうほとんど諦めていますが…。



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 22:42│羽生結弦 | アイスショー
DREAM on Ice!スターズ・オン・アイス特集号