結弦くんの笑顔の魅力努力は嘘をつく、でも無駄にはならない。

2021年05月16日

羽生選手が投じた一石の波紋





結弦くんの卒業論文の一部を抜粋し、早稲田大学の学術誌「人間科学研究」に特別寄稿された論文は世界中に拡散していきますね。

卒論掲載 人間科学研究


卒論 人間科学研究



4月の数日間だけで44,730回の閲覧回数ですから、5月末にはどのくらいになっているのでしょうね。


早稲田大学 卒論



今度はそれがYouTubeでも紹介されています。
15か国語の字幕付きですから、世界中のほとんどの人が理解できるようになっています。

こうして結弦くんの投げた一石の波紋が広がっていきます。


 


「したがって、各レフリーは、200以上の要因を考慮してショートプログラムで少なくとも300の決定を下す必要があります。

そして300以上の要因を考慮して、フリースケートで少なくとも500の決定を下す必要があります。

また、評価基準のルールは毎年改訂されています。

レフリーは最新の基準を覚えて、1~2秒以内にすべての要素を評価する必要があります。

審判は本当に落ち着いた決断をする時間がありますか?


この作業がどれほど難しいか想像できますか?」



実際このようなことは人間の能力を遥かに越えていると思いませんか。
それを人間にさせたら、不正確で不完全な結果が出てくることは必然的なことです。
ジャッジだって人間ですから、人間の能力を超える作業は不可能なわけです。

そんなことは誰でもわかっているはずです。
しかし敢えてそれを続けていることにどんな意味があるのでしょうか。
多くの人達が不思議に思っていたことだと思います。


そこで、羽生選手は現役のスケーターとして、卒業論文という機会に、問題を解決する方法を研究し、ひとつの可能性として、今後のフィギュアスケートの審判方法を提示したのです。

そこには正しい批判精神もあり、審判の不公正や、一部の選手の不正に対する憤りもあったと思います。当然のことだと思います。
ただ観て、応援している私たちが怒りや悲しみを感じていたのに、本人が何も感じないわけがありません。


ただ、羽生選手の素晴らしいところは、それを不平不満に終わらせずに、自分の経験を未来に向けて役立つ普遍的なものに変換して提示したところだと思います。

そこにはフィギュアスケートに対する深い愛があるのを感じます。



論文はWEB上に公開されていますから、今では誰もがグーグル翻訳などで簡単にその概要を理解することができます。


果たしてISUはこの提案に何か答えることができるのでしょうか。

無視し続けるのならば、やがてフィギュアスケートはスポーツとしては認められなくなるような気がします。


ルールは曖昧で不公正で不公平、審判方法も目視とカメラ1台のみ、前近代的、改善する気なし。
これでは競技スポーツとしては成り立ちません。

一日も早く、真剣に審判方法の改善に取り掛かって欲しいのです。


動画の中にはマッシミリアーノさんとアンジェロさんの解説も引用されていましたね。

マッシミリアーノさんも早速Twitterで取り上げてくれています。


羽生選手の望みはマッシミリアーノさんの望みでもあり、そして私たちの望みでもあります。


最後までまでお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 00:45│羽生結弦 | 早稲田大学
結弦くんの笑顔の魅力努力は嘘をつく、でも無駄にはならない。