4月最後の金曜日確実にうまくなってるんで、羽生結弦

2021年04月30日

羽生結弦★ロックの系譜




Blinding Lights ,本当にカッコイイなと、もう何回リピートしたことか。

でも、このカッコよさは一朝一夕に創られたものではありません。

長い積み重ねの末にたどり着いた境地だなと思いました。



その発端は2011-12シーズンのエキシビションプログラムとして、奈々美先生が振り付けたVertigo かなと思います。

16歳の羽生選手にこのプログラムを与えた、奈々美先生の慧眼に敬服します。


◆Vertigo (16歳)
2011年 四大陸選手権 EX






カナダに移った2012-13シーズンの『Hello,I love you 』は、カート・ブラウニングさんの振り付け。
ルージュでハートマークとか、Tシャツを観客席に投げ込むとか、演出も凝っています。

◆Hello,I Love You (17歳)
2012年 スケートアメリカ EX






ファン待望の『Vertigo』再演は2015年のファンタジー・オン・アイスで実現しました。
16歳のあどけなさは消えた代りに、大人のセクシーな魅力が大幅増でした。

◆Vertigo 再演 (20歳)
2015年 ファンタジー・オン・アイス






ロックスター、プリンスの曲にジェフリー・バトルさんが振付をしたショートプログラム。
シーズン初試合のオータムクラシックで、フィギュア史上初めて4回転ループに成功した、記念すべきプログラム。
動画はマルセイユGPFのパープル衣装のバージョンです。

◆Let’s go crazy 
2016年 GPF SP (22歳)






そして今シーズンのショートプログラムはジェフリー・バトルさんによるオンラインでの振り付けに自分のアイデアを重ねて完成。
観る人の「何かの活力、何かの気持ちの変わるきっかけになれば」と。

◆Let’s me entertain you 
2021年 世界選手権 SP (26歳)







今回のスターズオンアイスで披露した『Blinding Lights』は、自分自身で振付した結弦くんのオリジナル作品と言えるもの。
曲名の通り、本当に眩しくて、目がくらむようなプログラムです。
「Blinding 」には「分別を失わせるような」という意味もあるそうですが、正にそれですね。

◆Blinding Lights
2021年 スターズ・オン・アイス






スターズ・オン・アイスの全てを素敵なMADにしてくださっています。




こんなに素敵な結弦くんが観れて、本当に幸せ。

今日はあと3時間ほどでSOI八戸公演のライブ放送が始まりますね!

4月30日 13:10~16:15 TBSチャンネル2(CS)
スターズ・オン・アイス八戸公演


最終日、名残惜しいです。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 10:47│羽生結弦 | アイスショー
4月最後の金曜日確実にうまくなってるんで、羽生結弦