もしも二人が戦えば佐藤駿くんと4回転ルッツ

2021年01月27日

ジャンプで比べる結弦vsネイサン




昨日の記事 「もし二人が戦えば」で、羽生選手とネイサン・チェン選手が、今シーズン直接戦う場があった場合、つまり世界選手権があった場合、
点数の面から見て、どのような可能性があるのかを考えてみました。


今日は、両選手のジャンプを比較している動画で、二人の4回転ジャンプを見てみましょう。

同じエレメンツを取り出して比較することで、二人の選手の違いや特徴も分かり易いと思います。

4Lz、4Lo、4S、4Tの順番で、羽生結弦選手とネイサン・チェン選手のジャンプが比較できます。


 

いかがでしょうか。

私は、ネイサン・チェン選手のGOEが、羽生選手に比べて高く付けつけられているのが目に付きました。
明らかに羽生選手の方が正しく美しいジャンプでも、GOEは何故かネイサン選手の方が高くなるケースが多いのは何故でしょうか。

やはりジャッジのアメリカ忖度があるとしか思えません。

羽生選手は今、そんな忖度を凌駕するほどの、絶対的な強さと美しさで勝つことを目指して練習に励んでいるのだと思います。




それでは今度は羽生選手が現在跳んでいる4種類の4回転ジャンプ、4S、4Lo、4Lz、4Tを集めた動画を観てみましょう。





正しいエッジ、プレロテ無し、美しく流れる着氷、本当に美しいジャンプばかりで惚れ惚れします。

羽生選手も、ネイサン・チェン選手も、FSでは共に4種類の4回転を5回入れたプログラムになると思われますが、ジャンプの美しさでは、羽生選手に勝てる選手はいないと思っています。


素晴らしい2つの新プログラムを創り出した羽生選手が、健康で、体力、気力共に充実していれば、必ず勝利はその手で掴めるはずです。

20 全日本 小海途 1
photo: 小海途良幹




最近のお気に入りドリンクです。

1228BD42-D5D1-4E9B-886B-ADE1A8188192



伊藤園の「京ゆず」、一目惚れならぬ一口惚れ、というのも納得の美味しさです。
Youtubeや読書のお供に。

69CD226F-BBCB-4983-A4AF-2F55FEFAFC44

見つけたら是非お試し下さいね。



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 19:05│羽生結弦 
もしも二人が戦えば佐藤駿くんと4回転ルッツ