10年、明日へこの週末のテレビ番組

2021年01月15日

ギフト





羽生結弦展でも展示されていた石巻市立湊中学校を訪問した羽生結弦選手。


共に前へ 展示 7


それは2014年6月、ソチ五輪の4か月後のことでした。



あの時、羽生選手と一緒にパリの散歩道のフィニッシュポーズを決めていた男子中学生のことはよく覚えています。

湊中学校



その時のことを、フィギュアスケートマガジンで
「幸せの散歩道 石巻市立湊中学校」と題した記事にしてくれいます。



その『パリ散』少年は今は東北学院大柔道部で活躍している。
名を奥田俊斗さんという。

「あのポーズ、もともと学校でみんなの前でよくやっていたんです。そうしたら、いきなり本人が目の前に現れて(笑)。
周りの人が、一緒にやりなよって。
恥ずかしかったんですけど、友達が羽生選手に、あのポーズやってくださいと言って、羽生選手がやってくれることになって。
僕が、隣で一緒にやってもいいですか、そんな流れでした」


「震災のことを聞いてくれました。今はどんな状況なのと、心配していましたね。
ちょうど仮設校舎から元の場所に戻ってきたタイミングだったので、羽生選手にその過程を話して。
羽生選手がオリンピックのことを話すより、僕たちから震災のことを聞く時間の方が長かったと思います。
間近で羽生選手を見た印象ですか? 
細い人だなと。(笑) 当時、僕は82キロありましたから。
それと僕は羽生先生のことも知っていたので、目元が似ているなあと思いました」


湊中学校は、かつて羽生選手のお父さんが教頭を務めた学校だそうです。
そこに通う生徒にとって、教頭先生の息子がオリンピックに出るということは嬉しく明るいニュースで、生徒会から「応援の寄せ書きを送ろうという声が出た。


「僕もメッセージ、書きました。金メダル獲ってください、応援していますと。目立つように大きく書きましたよ」

奥田さんは、家のテレビでソチの中継を見た。
柔道とフィギュアスケート。
競技は違うが、同じスポーツ選手だ。視線はおのずとアスリート目線になった。

「羽生選手って、自分の考えをぴしっと言うじゃないですか。
そして言ったことは必ず実現する。
それってスポーツの世界では本当に難しいことで、僕も1人のスポーツ選手として、すごい人だと思いました」

テレビで見たあの人が、言ったことを実現するあの人が、今、自分の目の前にいる。
一緒に『パリ散』ポーズをして、震災後の学校や街の様子を聞いてくれた。
それで傷が完全に消えることはないけれど、子供らしく笑い、はしゃいだことは、いま思い出しても特別な瞬間だった。

「体験したことがない時間でした。それを湊中学校のみんなで共有できた。
幸せな時間だったと思います」



羽生選手がこれまでに被災地の支援のためにしてきたことは膨大な量になります。

オリンピック優勝者に与えられる報奨金は全額を寄付、著書の「蒼い炎」の印税も全額を寄付、様々な展覧会でのグッズの売上からの寄付等々、金額にすれば億単位にもなるでしょう。

しかし、それ以上に一番大きなことは、人々の心に勇気や希望や前進する力を与えてきたことだと思います。

被災地の方々にとどまらず、私たちみんなへの羽生選手からのギフト。

彼は、人々に「与えることが自分の使命」と考えている人なのだと思うのです。



miruruさん、映像のこしてくださりありがとうございます。


日本の、世界の、多くの人々の心に与えてくれた、たくさんのギフト。

いつかそれが形を変えて、羽生選手の元に「幸せ」として還流していきますように。




『フィギュアスケートLife』の表紙がきました。
笑顔がいいですね!

フィギュアスケートLife  23

音響デザイナー矢野桂一氏が明かす『天と地と』制作秘話が掲載されるそうです。楽しみです。


1月28日(木)発売です。






最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 01:26│羽生結弦 | 雑誌記事
10年、明日へこの週末のテレビ番組