マッシさんの投稿からベスト3を選ぶとすれば

2020年10月28日

嬉しい時も悲しい時も上を向く




昨日、もう1冊の「羽生結弦の言葉」を近くのセブンイレブンでピックアップしてきました。



FullSizeRender - 2020-10-27T203340.852


セブンネットショッピング特別仕様です。

書店で買ったものと2冊並べると、別々の本のようです。


IMG_3051



しかしカバーを外すと同じ表紙が現れます。

FullSizeRender - 2020-10-27T204945.839



表紙もポストカードも両方とも素敵で選べず、1冊は手元用、もう1冊は保存用にします。


FullSizeRender - 2020-10-27T234048.393




この表紙の写真、いいですね。大好きです。

能登さん、いい瞬間を捉えてくれます。


羽生結弦の言葉 表紙


昨年の全日本の時だと思われますが、涙をたたえたような眼差しです。

悲しい時も上を向く
嬉しい時も上を向く
涙がこぼれないように。

そうして羽生結弦は強くなりました。


私も嬉しい時は上を向き、悲しい時はもっと上を向くようにしたいと思います。


「羽生結弦の言葉」、ベッドサイドに置きます。




ところで、当たり前の事ですが、今季GPシリーズの記録は公認記録にはならないことが正式に発表されました。

東スポWeb より

今季GPシリーズの得点は非公認 選手のモチベーションに影響必至


国際スケート連盟(ISU)の広報担当者は26日、新型コロナウイルスの影響で変則開催となった今季のフィギュアのグランプリ(GP)シリーズについて、得点は世界歴代最高や自己ベストなどISUの公認記録に反映しないと明らかにした。  今季のGPシリーズ6大会は、出場者を地元選手や開催国に拠点を置く選手らに制限。そのため開催国のジャッジにばらつきが出ることが懸念されていたが、公平性を保つためにISUが決断を下した格好だ。これにより、24日まで行われていたGP第1戦のスケートアメリカ、男子ショートプログラムでネーサン・チェン(21=米国)が出した、自己ベストを上回る111・17点も非公認となる。  もともと全日本選手権や全米選手権などのローカル大会や、GPシリーズ前に各地で行われる下部大会の得点は非公認だったが、今季はGPシリーズも同等の扱い。すでに新型コロナウイルスの影響で第2戦のスケートカナダ、第4戦のフランス杯が中止。12月に中国で予定されていたファイナルも同時期の開催を取り止め、延期か中止の判断を先送りにしているように、シリーズそのものの価値は暴落している。今回の得点非公認の決定で、選手たちのモチベーション維持が心配されるところだ。
(東京スポーツ)


最早これをGPシリーズと呼ぶこと自体、無理があるし相応しくないと思います。
名前も変えて欲しいところです。

NHK杯は今のところ観客動員して実施するらしいですが、感染しても自己責任という前提らしいですから、決死の覚悟で観戦しなければなりません。

今更ながら、羽生選手がこういう事態を想定して、自分を守ると同時にファンをも守ろうとして、欠場と言う決断を早期に下してくれたことに感謝しかありません。

もし、NHK杯に羽生選手が出場していたら、ファンはどんな危険を冒してでも現地に行こうとすることは分かりきっているからです。

私もきっとその内の一人だったと思います。

ISUの正式決定によって、ようやく心穏やかに、出場する選手たちの今シーズンの成果を見せていただくことができそうです。


結弦くんは新SPの練習と4Aの研究に没頭しているのかな。
いつか観られるその日まで、楽しみに待っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 00:07│羽生結弦 | 出版物
マッシさんの投稿からベスト3を選ぶとすれば