時差ボケはタイムマシーンのように歴史的存在YUZURU HANYU

2020年04月22日

2年前の仙台の青い空



2年前の仙台での凱旋パレード

行っても羽生選手が見られるのはほんの一瞬なんだろうな。

人混みの中で長い時間待たなくてはならないだろうな。

そんなことが頭の中にチラつきました。

でもやはり一瞬でもいいから自分の目で見て、おめでとう~と叫びたい。


そんな、同じ空の下で同じ空気を吸いたいという強い気持ちに背中を押されるようにして、
仙台に向かいました。



空は東京よりも濃い青。

Tシャツでも大丈夫なほどの温かさ、と言うよりも、初夏のような暑さ。


パレードの通る道沿いには既に大勢の人たちが場所取りをしていました。

どこで待機したらいいのかなと思いながら東二番町通りを歩き、

市役所前の広場の交差点近くで待つことにしました。



パレードが始まり、段々近づいてくる音楽にドキドキしながら待っていました。

18-4-22 パレード 15_Fotor



そして羽生選手の姿が現れた時、
自然に「おめでとう〜ありがとう〜」と叫んでいました。

18-4-22 パレード 6_Fotor


18-4-22 パレード 7_Fotor


すごく嬉しいのに、なぜか涙が出てきました。


カメラも持って行ったのですが、それを構える余裕もなく、、、
それよりもこの目に焼き付けようと決めました。

18-4-22 パレード 5_Fotor



僅かにスマホで撮った写真が残っていますが、
いずれも「羽生選手を撮るの下手くそ選手権」に入賞しそうな類です。


でも、目を閉じれば、あの日の青い空と、それを背景にした手を振る羽生選手の姿、
そして突然吹き渡った涼やかな風を思い出すことができます。

18-4-22 パレード 2_Fotor


18-4-22 パレード 13_Fotor


あれからまだ2年しか経っていないのですね。

もう5年くらい経ったような気がします。




今日はあの日のパレードのノーカット動画で追体験したいと思います。
(最初の13分間は無音です)




羽生選手もどこかでこの日のことを思い出しているに違いありません。

こんな状況の中でも、少しでも幸せな気持ちになってくれたら嬉しいですね。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


ご登録いただくとLINEに記事更新のお知らせが届きます。


withgoldenwings at 16:28│羽生結弦 | 仙台関連
時差ボケはタイムマシーンのように歴史的存在YUZURU HANYU