ガンディさんの全日本分析*FS編今日と明日はMusic with Wings

2020年01月05日

フィギュアスケートマガジン全日本特集号



昨日はフィギュアスケートマガジンの発売日でした。





お正月も4日目となると家でゴロゴロにも飽きてきて、帰省していた方たちも東京に戻り始め、本屋さんのレジは長蛇の列になっていました。


フィギュアスケートマガジン 19 全日本 2


”Happy New YEAR 2020 ”を”Happy New Jump 2020” 替えた表紙。


フィギュアスケートマガジン 19 全日本 1



フィギュアスケートマガジン 19 全日本 4



フィギュアスケートマガジン 19 全日本 3

世界最高得点(非公認)110.72点でも笑顔は見られなかったですね。

点数が出た直後の羽生選手の表情が忘れられません。

19 全日本 SP キスクラ 3



私の勝手な憶測かもしれませんが、宇野選手の105.71に対して羽生選手が110.72と、点数差があまり出なかったことに対して何かしらの戸惑いがあったように感じられました。

私は宇野選手が105点台ならば、羽生選手は115点くらいが出てもおかしくないと感じていました。
つまり10点差くらいはあってもいいのではと。


ガンディさんのSPプロトコル分析参照)


フィギュアスケートマガジン 19 全日本 5


そしてFSでは羽生選手のジャンプが乱れたとはいえ、宇野選手とは13点近い点差、2位となったジュニアの鍵山選手に対しても4点差で敗れるというまさかの結果。

ジャッジングには大いに疑問を感じますが、(ガンディさんのFSプロトコル分析参照)


フィギュアスケートマガジン 19 全日本 6



それでも表彰式では、宇野選手の勝ちを気持ちよく認め、称えていましたね。

この画像だけ見ると、まるでうなだれる宇野選手を慰めているようにさえ見えます。


羽生選手はこの時何を思っていたのでしょう。

私は2015年の世界選手権で、初めてハビエル選手に負けた時のことを思い出していました。

あの時、初めて自分に勝てたハビエル選手を称えた気持ちを、この日の羽生選手はなぞっていたのではないでしょうか。

ハビエル選手は後に、2015年の世界選手権で羽生選手に勝てた時から二人の関係はより深くなり、本物の友情が生まれたと語っていたと記憶しています。

これを機に宇野選手の中にあった屈折した気持ちが解消し、羽生選手との間に共感と仲間意識が生まれるのならば、この敗北も長い目で見れば、羽生選手にとって無駄ではなかったということになるでしょう。


いつものように山口さんのレポートも毛受カメラマンの写真もとてもよかったです。


そして恒例の記者座談会のタイトルは、

原因は疲れなので、
シリアスになる必要なし。
2月の四大陸が、
3月の「夢成就」へのキーになる!

本当にその通りだと思いました。


記事の中での共同通信の吉田学史さんの発言ですが、

構成が高度になっているぶん、体へのダメージが大きくなるわけですから、ファイナル、全日本を高次元で戦うためにはGPシリーズは1戦目、3戦目あたりに出て、その後は調整、練習に充てるのがいいのではと思います。
羽生選手の場合、GPシリーズであればMAXの構成にしなくても勝てると思うので、GPの期間中は4回転は2種類、3本くらいにとどめておいてもいいのではないかと。それで、前半戦でファイナル行きを決めておいて、あとはクワドアクセルを練習するとか。


今回のGPシリーズのネイサン・チェン選手の戦略はこの通りでした。
チェン選手とラファエルコーチの戦略勝ちと言っても間違いではないと思います。

本当に戦略が大切ですね。

もしも来年のGPシリーズに羽生選手が出場するならば、今度は試合と試合の間隔を考慮して慎重にアサインを決めてほしいものです。
お願いですから無理してGPF直前のNHK杯に出たり、出させたりしないでください!!



ともかく現場で起こったことを知るにはフィギュアスケートマガジンを読むしかありません。

こちらのGPF特集号も必読です。





最後に全日本の美しいOtonal、もう一度見たいと思います。
キス&クライを含んでいる動画です。
フジテレビの公式動画にはキス&クライが何故か含まれていません。





このプログラム、あと2回しか見られないのですね・・・



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。
写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。



withgoldenwings at 05:03│羽生結弦 | 雑誌・ムック
ガンディさんの全日本分析*FS編今日と明日はMusic with Wings