2019年07月

2019年07月13日

氷上の王ジョン・カリー



今週は月曜日以来ブログの更新が滞ってしまい、これはもう1週間も前のことになってしまいますが、
7月7日、雨の七夕の日、渋谷にお出かけしました。


渋谷は電車で10分ほどで行けるところですが、いつもは通過駅のような感じで、滅多に降りることはありません。
しかし、この日はどうしても東急本店まで行かなければなりませんでした。


勿論このはがきのためです。


IMG_3892


IMG_3890


IMG_3889




東急本店までは少し歩かなければならないのですが、渋谷駅から無料のシャトルバスがあるので、渋谷の人混みが苦手な私はいつも利用させていただいています。



この時期毎年仙台の七夕祭りと提携してキャンペーンをやっていますね。


IMG_3891

SEIMEI様も左上にいます。


以前、『週末仙台』もここ東急本店でいただいたことがありました。
あの時は余裕でいただけたのに、今回は抽選で1000名って、結構厳しい争奪戦ですね。


七夕の短冊には、羽生選手の健康と、今シーズンの全試合の必勝のお願いを書いてきました。


この日は渋谷でもう一つ目的がありました。
東急本店から歩いてほんの3分ほど先に、現在『氷上の王、ジョン・カリー』を上映中の映画館アップリンク渋谷があります。


クリアファイル付きだったので初めて購入してみたムビチケです。


IMG_3887


なんでもクリアファイル付きというと買ってしまう良くない習性がついているみたいです。


映画の前には雪肌精のCMが大画面で流れ、








映画終了後には「町田樹×宮本賢二登場ジャパンプレミア映像(37分ver.)」が上映されるというおまけ付きで、お得感がありました。


映画は完全にドキュメンタリーとしての作り方で、カリーの試合やショーでの演技、プライベートに撮影された写真やビデオ、家族や友人の回想、当時のフィギュアスケート関係者の証言、カリー自身の自筆の手紙等を資料に、カリーの真実に迫っていくという映画でした。



1976年のフィギュアスケートヨーロッパ選手権、インスブルック冬季五輪、世界選手権の三冠を制覇し、「リンク上のヌレエフ」と呼ばれるほど、男子フィギュアを芸術と合体させたと称賛された彼は、プライベートでは父親との葛藤や、自らのセクシュアリティの問題を抱えていたのです。

その他、採点方法を巡る問題、練習環境や競技を継続するための経済的な問題、スケート選手にはつきものの怪我の問題等、現在も続く多くの困難の中で、カリーは強い意志で自らのスケートスタイルを確立していったのです。



インスブルック五輪後に現役を引退し、自分のカンパニーを結成し、ロンドンのアルバートホール、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場にリンクを作り、大観衆からスタンディングオベーションと拍手を受ける場面は圧巻です。



予告編で少しでも映画の雰囲気を感じて下さい。





映画の監督は数多くのスポーツや芸術をテーマとしたドキュメンタリー作品を手掛けている英国人のジェイムス・エルスキン。

映画のパンフレットに載っていた彼のインタビューによると、、ジョン・カリーの伝記『Alone』を読んで、「すごい話だ」と思い、すぐに版元に電話して映画化の権利について問い合わせたそうです。
カリーの演技をネットで5分見ただけでも感動したから、映画にしてもっと長い映像とともに、彼の人生を描けば多くの人の心に響くんじゃないかと、彼をもっと広く知らしめることができるんじゃないかと思ったということです。


インタビューでは羽生選手についての言及もあります。


ー他に現在のアイススケート界で惹かれるスケーターはいますか?

実はそれほどアイススケートに詳しくないのだけれど、例えば以前ガーディアン紙でも記事になっていた羽生結弦選手は、アスリートとして極めて優秀だし、アーティスティックな面でも卓越していると思う。天才スポーツ選手でも、カリーや羽生選手のような、観客が単純に「すごい」と感心するだけじゃなくて、見ていて共感を覚えるような魅力を兼ね備えた選手はなかなかいない。


映画の最後に流れる、ジョン・カリーと3人の男性スケーターによるカルテットで演じられる「美しき青きドナウ」が美しかった。
ブルーを基調とした衣装はカリー自身がデザインしたもので、テーマは「友情」。

Jhon CURRY  1



カリーはまたインタビューでこんなふうに語っています。
「スケートを含めた舞台芸術は、他人の人生に喜びを与える。”生きていてよかった”と。現実的な事だけじゃ人生はつまらない。人間はなにかを見て、喜んだり悲しんだり心を動かされる。僕は自分のスケートで人の心を動かせたことを嬉しく思う」。


IMG_3920



1987年、カリーはHIV感染と診断され、91年にエイズを発症し、94年に44歳の生涯を閉じました。

今、LGBTQは社会的に認知され、エイズの治療方法もあります。
人は自分の生きた時代の制約からは逃れられないけれど、本物はやがては理解され、時代が追いついてくる日が来るのです。


映画は現在全国の映画館で上映中です。
氷上の王、ジョン・カリー・公式サイト


フィギュアスケートに関心のある方ならきっと感動する内容だと思います。


そしてカリーの系譜を継ぐ者として、否応なしに羽生結弦選手を思い起こしながら、帰りは東急本店まで戻り、シャトルバスで濡れずに駅まで。

雨の日曜日の渋谷散歩でした。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 21:43|Permalink

2019年07月08日

金色の誘惑



今日は羽生選手とは直接的には関係のないお話です。

でもただ一つでけ共通点があります。

それは『金』、ゴールドです。


羽生選手が金色が大好きなのは皆さんご存知ですね。

その影響で私もいつの間にかアクセサリー類からシルバー系がなくなり、全てゴールド系になってしまいました。


あれはいつだったか、2017年の4CCでした。
グリーンルームで「金くれ!金!」と叫んでいましたね。


17 4CC グリーンルーム 12-1

あの時のパトリック、なんかクールでカッコ良かったな。



17 4CC グリーンルーム 13 (2)


17 4CC グリーンルーム 2


ネイサンに金メダルを持って行かれて悔しがる羽生選手の肩にそっと手を添えてくれたのはパトリックでした。


17 4CC グリーンルーム 3-1


でも翌2018年、同じ平昌のリンクで見事にオリンピック金メダルを掴んだのは羽生選手だったのですから凄いですね!

決めるべき時に決められるのが王者というものです。



18 OLP 金メダル




今日は、そんな『金』が重要モチーフとなる、残り3日となったクリムト展に行ってきました。

場所は上野の東京都美術館です。


IMG_3895




昔、ギリシャ・ローマ礼賛派の絵描きの友が、アルプスの北には何もない、と言った言葉を真に受けて、旅行はほとんどアルプスの南にしか行かない私ですが、アルプスの北の街で唯一興味があるのがウィーンです。


今回は過去最高の大規模なクリムト展で、是非行こうと思っていたのですが、雑用続きでギリギリになってしまいました。


日本の琳派を連想させる、クリムトの金(結弦くんの大好きな金ですよ!)を多用した作品は妖麗で美しく、アルプスの北の古都ウィーンの雰囲気をしばし味わってきました。


クリムトと言えば、一番知られている『接吻』は残念ながら今回は来ていません。


クリムト 接吻




今回、私的には一番良かったのはベートーベンの第九に捧げられた『ベートーベンフリーズ』。
(本物は分離派館の壁画なのでこれはレプリカですが)


中でも竪琴を持ったミューズが現れるところ。


ベートーベンフリース 2


こちらは騎士として表現されたベートーベン。


ベートーベンフリース 1


「金の時代」のクリムトだけでなく、印象派を思わせる点描画法の風景画や肖像画もあり、楽しいひと時を過ごせました。

ただし、終了間際とあってかなり混雑していました。
レジは長蛇の列で(羽生結弦展ほどではないけれど)グッズの購入は泣く泣く諦めました。


クリムト展は7月10日までです。

見て損はない展覧会だと思います。


少なくとも上野はウィーンより近いです!

お時間の許す方には是非お薦めです。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 23:09|Permalink

2019年07月07日

最後までやってやる!



「最後までやる! 」ではなく、

「最後までやってやる!」 というところが、挑戦的でいかにも羽生選手らしいところ。

書かれた字体にも意気込みがこもってる。




最後までやってやる! 2012 世戦前


ニースのロミオにはいつも泣かされます。




ニース空港に到着したところから

Nice 7 (2)



天に向かって突き上げる右手まで


2012 セセン fs 3





Nice 6_Fotor



「絶対に負けたくない、自分に」

Nice  15



Nice 9_Fotor



「日本人は前を向いているんだよ、ということを示したい」


12 セセン fs  2



Nice 27



12 セセン fs 1 (2)_Fotor



Nice  12



12 ワールド fs_Fotor



Nice 24



Nice 1


震災から1年後の3月のことでした。


12 セセン 表彰式 3-1_Fotor


   


あれから7年経ちますが

結弦くんはきっと今でも同じことを思っているのでしょう。





17 07 13 仙台市ポスター_Fotor BEST



どうか結弦くんの願いが全部叶いますように!


 

ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 09:58|Permalink羽生結弦 | 仙台七夕

2019年07月06日

雪肌精とクリスタルメモリーズ




雪肌精のホームページに新しい画像が追加されていました。


雪肌精&羽生選手



KOSEさん、羽生選手と雪肌精の優位性を関連付けて、なかなかいいアイデアですね。

演技の特徴と関連づけた表現は羽生選手にも気に入ってもらえそうですね。



FaOIで披露された「マスカレイド」はスキャンダラスなほどの衝撃で、いつまでも頭からはなれません。

ですが、もう一つのプログラム、「クリスタルメモリーズ」も、ロマンチックでリリカルな
うっとりするような美しいプログラムでした。



Toshiさんのクリスタルヴォイスが羽生選手の透明感を一層強調して、素晴らしいコラボレーションでしたね。


しかし、マスカレイドの魅惑的な画像や写真はたくさん出ているのに、
クリスタルメモリーズの画像や写真は全然出てきません。

どうしたことなのでしょうか。




実は私は密かに、クリスタルメモリーズは雪肌精の次回CMに使われるのではないかな、と勝手に思っています。


だって、白いビーズの装飾は雪の結晶のようだし、また整った理想的な肌のキメのようにも見えませんか。 (考えすぎ?)


衣装デザインは、これはもう伊藤聡美さんに違いないですね。


袖の部分は同じく伊藤さんデザインの、ファイナルタイムトラベラーの衣装を踏襲しています。


FTトラベラー 59 (2)_Fotor




きれいな動画もあまりなく、キャプチャーするにも限界がありますが少しだけトライしてみました。



クリメモ 仙台 1_Fotor



クリメモ 神戸 1



クリメモ 神戸 2_Fotor



クリメモ 神戸 5



クリメモ 神戸 6_Fotor



クリメモ 神戸 7_Fotor



クリメモ 神戸 9_Fotor



クリメモ 神戸 10_Fotor



クリメモ 神戸 13_Fotor



クリメモ 神戸 15_Fotor



クリメモ 神戸 16



秋に向かって、雪肌精の新CMに期待したいと思います。


IMG_3768_Fotor

本当に雪肌精にぴったりな衣装

  

クリメモ 2_Fotor


「透明感、それは美しさの原点」

思わずつぶやいてしまいます。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 00:03|Permalink羽生結弦 | コーセー

2019年07月03日

スケ連HPのイコノロジー



日本スケート連盟は90周年を迎えたそうですね。 

日本スケート連盟 3



そのこと自体は大変喜ばしいことと思います。



しかし更新されたホームページをよく見ると、なかなか素直におめでとうございます、とも言えない気分になってしまいます。



今日は刷新されたホームページを拝見した感想を書いてみたいと思います。

主にフィギュアスケートに関するページを中心に見ていきます。


ページを開いてまず最初に出てくるのはOtonalの羽生選手です。

羽生選手だけではなく、スピードスケート選手、フィギュアでは紀平梨花選手、宇野昌磨選手、三原舞依選手の画像が自動的に流れます。


日本スケート連盟 1


この下にある「JSF VISION-創立100周年に向けて」というタイトルからPDFで90周年記念サイトが開くようになっています。分かりにくいです。


それではコンテンツを見ていきましょう。

日本スケート連盟 4


まず90周年のご挨拶です。

ここでもう驚いてしまいました。


日本スケート連盟 5


あいさつ文は右下に書かれていますが、そのあいさつ文にぴったりと寄り添っているのは、現役時代の橋本聖子会長のガッツポーズと高橋大輔選手の決めポーズなのです。


普通の感覚では、自らが会長というポストについている場合に、自分のガッツポーズを一番目立つ位置に置くことを躊躇するのではないでしょうか。

しかもその下の会長名の真横にはご贔屓の選手の決めポーズです。

二人のために世界は(スケ連は)あるとの宣言でしょうか。
相変わらず自制心とは無縁の方のようです。

このお二人は共にオリンピック銅メダリストです。
競技成績がすべてと言っても過言ではないアスリートの世界で、日本スケート連盟では、どうやら金メダリストよりも銅メダリストの方が高く評価されているかのようです。


宇野選手の画像は、橋本会長の上方にあり、彼女は二人のお気に入りに挟まれてガッツポーズという、ちょっと見るほうが照れてしまうような構図になっています。

そして橋本会長と高橋選手の間に位置する集合写真は当然のように羽生選手が不在の時のものが選ばれています。


羽生選手はといえば、挨拶文の中で、「国民栄誉賞をいただく選手」(輩出はしていませんね、羽生結弦選手ただ一人だけです)に言及しながらも、左下方に暗くて誰なのかはっきりしない画像が載せられています。
しかも他の選手は全て競技プログラムの画像を使用しているのに、羽生選手だけは敢えてエキシビションプログラムの暗めの画像というのはどうしたことでしょうか。
ここではこれまで90年のスケ連の歴史を振り返っているのならば、誰にでも分かり易いソチでの「パリの散歩道」、あるいは平昌での「バラード第1番」とか「SEIMEI」の画像を使うべきでしょう。


また、ここにフィギュアスケートで初の金メダルを獲得した荒川静香さんの画像がないのもおかしなことだと感じました。
荒川さんは現在スケート連盟副会長の座にありますが、ほとんどその存在感はありません。
名ばかり副会長なのでしょうか。



日本スケート連盟 7



次のページです。
ここでは現在のスケ連の成果を披露しているようです。

画面右端の画像をみると、平昌オリンピックで日本選手を応援している観客席の風景ですね。
私は最初、当然ながら、羽生選手がオリンピック2連覇という偉業を達成した時の光景なのだと思いました。

しかし、違いました!

日本スケート連盟 8
画像を拡大してみると、宇野選手の応援なのがはっきりと見て取れます。
その横にはトゥーランドットの衣装の宇野選手の画像が置かれています。

一方、羽生選手の画像は、位置的に下方となる左下に置かれています。


考え過ぎだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はこの3月の、さいたま世界選手権でのスケ連の羽生選手への酷い仕打ちを目にして以来、この組織を全く信用できなくなってしまいました。


日本スケート連盟 9



次のページはスケートを「する人」「見る人」「支える人」というテーマのようですが、流石にこの大きな画像では他の選手の応援画像を使うことはできなかったようで、羽生選手のバナーが映っています。右端のカメラの放列の多さから見て、その先には羽生選手が被写体としているのだということは容易に想像できます。しかし、決して羽生選手の画像は使いたくないのでしょう。


日本スケート連盟 10


日本スケート連盟 10-1


JSF MISSION のページにこれまでの金メダリストの画像があり、ようやく荒川静香さんの画像が出てきました。



日本スケート連盟 11

フィギュアスケートで今日までにオリンピック金メダルを獲得したのは、荒川静香、羽生結弦という、共にアイスリンク仙台をホームリンクとしていた二人だけです。



こちらはホームページ下方にある、INFORMATIONのリンクから今年度の強化選手の項目です。

日本スケート連盟 2



日本スケート連盟 2-1

男子シングルの強化選手は4人。
その順番を見てみましょう。
宇野選手ー高橋選手ー田中選手ー羽生選手の順です。
何か違和感を感じませんか。

当然成績順ではありませんね。女子シングルを見れば、アイウエオ順に並べたわけでもなさそうですね。
昨シーズンの世界選手権でトップの成績の羽生選手がなぜ一番下にリストアップされているのでしょうか。
理由は理解できません。



美術作品を読み解く方法としてイコノロジーがありますが、このようなホームページにさりげなく置かれている画像からも、その真意がどこにあるのかを読み解くのも興味深いなと思いました。
意外に組織の深層心理や密かな願望、本音が隠されていたりします。



ところで橋本聖子氏は2006年から既に13年間、公益財団法人日本スケート連盟会長の座についています。
これはいくら何でも長過ぎませんか。

世界で一番強大な権力を持つというアメリカ大統領でさえ、2期8年以上継続してその権力の座に座ることは憲法により禁じられています。

また、フランス大統領の任期は5年で、これも憲法により連続2期までと定められています。

その他、主要国ではドイツ、ロシア、中国でも国の首長の3選は憲法によって禁じられています。

しかし不思議なことに、日本国憲法には総理大臣の任期制限が規定されていません。


私は、総理大臣のみならず、全ての公益に資するポストには継続年数に制限を設けるべきと思ってます。

長期的な権力は必ず腐敗するからです。 

どんな組織にも小判鮫のような人間は多数寄生しています。
権力が変わらないと見れば、忖度が組織の中に蔓延していきます。 


ついでに言えば、我国の現総理大臣も在任期間が歴代3位とか。
このまま続くと11月20日に歴代最長になるということです。

でもこれは決して自慢できる話ではありません。
長期間に亘り一人の人物が権力の座についていると、そこには権力者の驕りと、その権力に忖度する人間が少なからず現れるということを意味しているからです。
実際、その証左は皆様ご存知の通りです。

現総理大臣はどうしても憲法を変えたいようですが、もしどこかを変えたいのならば、9条に手を掛けるよりも前に、まず最初に、権力の歯止めとして総理大臣の任期の制限を憲法に明記すべきと、私は考えています。



話がそれてしまいました。
スケ連の話に戻ります。


結論として、公益財団法人である日本スケート連盟の更新されたホームページは「厚顔無恥」という言葉に当たるでしょうか。
一人の人物に長期に亘って権力が集中するとこうなってしまうということです。


一日も早く、現執行部が一掃され、例えば日本フェンシング協会のように、若く先進的な指導者の下で100周年に向かって欲しいものですが、あまり、というか、全く、期待はできそうもありません。

いつの日か、それにふさわしいのは羽生結弦氏でしょうけれど、同時に羽生結弦という人物はそんな小さな世界に納まるようなスケールではないのもまた真実です。

そして、そのような小さな世界に納まって欲しくもありません。


5年後、10年後、20年後の羽生結弦氏の未来に栄光と幸あれと心から願っています。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

P.S. 橋本聖子会長と高橋大輔選手の関係についてのまとめ記事を見つけたので置いておきます。

ちなみに、橋本氏は現在、自民党参議院議員比例区選出で4期目を務めており、今月21日に投開票を予定されている参議院議員選挙に立候補を予定しているようです。




withgoldenwings at 02:51|Permalink

2019年07月01日

カッコよすぎて罪深い



今日は7月1日。

新シーズンの始まりですね。

これからまた1年、羽生選手の応援ができる幸せをかみ締めています。

    


昨日は幕張公演の放送を観て、あまりのカッコよさに言葉を失いました。。

カッコよすぎて罪深い・・・ 



今年のFaOIの季節は留守にしていて、一度も実際に観られなかったゆえに、一層想像力が膨らんで心を奪われました。





FaOI 2019 幕張 ラスト 1





初日終了後のインタビューもとても素敵でした。

KillUA1111様twitterより感謝してお借りしました。




顏、声、内容、三拍子揃った素晴らしいインタビューでしたね!


FaOI 2019 幕張 マスカレイド 1


FaOI 2019 幕張 マスカレイド 3


FaOI 2019 幕張 マスカレイド 2

「妖艶でありつつ、カッコよく・・・」

正に、ね。




放送を観た後、FaOI 幕張公演を特集したKISS & CRY をもう一度見直しました。
実は買う前はそれほど期待もしていなかったのですか、実際にはとても良かったんです!


KISS & CRY FaOI 2019



KISS & CRY FaOI 2019 目次



KISS &CRY  FaOI 19   3



KISS &CRY  FaOI 19   2




KISS &CRY  FaOI 19   1




KISS &CRY  FaOI 19   4


まず表紙を開くとまた表紙のダブル表紙になっていて、

IMG_3883



そして綴じ込まれたポスターが素晴しい!

IMG_3884


A42枚のサイズとA43枚をつなげたサイズのものが各1枚です。
表裏4枚の内3枚がマスカレイド、その上本誌78ページの内、巻頭の10ページがマスカレイドに割かれています。
この本のメインテーマは「マスカレイド」と言ってもいいでしょう。

オープニング、フィナーレを含めれば、FaOI幕張公演の写真が全体の半分に当たる40ページを占めています。


今後もFaOI関連の雑誌が発行されると思いますが、これは今年のFaOIの記念として、是非買っておきたい1冊だと思います。お勧めです!






<今後の発売予定本>













しばらくは不定期更新の気まぐれブログになってしまいますが、今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。




今シーズンも結弦くんの笑顔がたくさん見られますように!

18-11-4 ELLE  表彰式 1



そして皆様の元に幸せがたくさん訪れますように!




ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたもの、撮影したもの、感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 12:45|Permalink羽生結弦 | FaOI 2019